仏教はインドが発祥の地なのに、なぜインド人は仏教を捨ててヒンドゥー教に改宗したんでしょう?


ヒンドゥー教の教えの方が仏教の教えより上だったということでしょうか?

ヒンドゥー教の経典の、教典、聖典は何ですか?

A 回答 (3件)

そもそもの成り立ちはヒンドゥー教の方が(原典と言う意味では)先なのです。


厳密には、仏教以前から存在した「バラモン教」から聖典やカースト制度を引き継ぎ、土着の神々や崇拝様式を吸収しながら徐々に形成されてきた多神教で、仏教以降に再編成されて出来たものが「ヒンドゥー教」になります。
だから改宗したと言うより回帰したと言うのが正解になります。
因みに「釈迦(仏教の開祖である釈迦牟尼)」もヒンドゥー教ではヴィシュヌ神の9番目の化身とされています。
ですので日本人が(明治以降の神道ではなく自然信仰的に意味での)神道を捨てなかったのと似ているのかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/17 19:42

1,外的な理由


 バラモンとの権力闘争に敗れた。
 バラモンは王権と結びついて、仏教を攻撃しました。

2,内的な理由
 仏教の僧たちの生活を支えていたのは商人たちでした。
 しかし、6世紀ごろからインド全体の経済活動が沈滞化していって、
 暗黒の時代と呼ばれるようになっていきます。
 そうすると商人たちは、仏教の信仰活動をやっていた
 仏教僧たちを支えることができなくなってしまいました。

3,もともとの仏教を信仰している僧たちは、どんな信仰生活を
送ったかというと、人里離れた山や森の中、あるいは洞窟の中とか、
そういう所でやっていたわけです。
そうしますと、人々を救おうというよりは、
むしろ自分たちがその信仰の中で救われていこうという、
そういう欲求が非常に強くなります。


このように、バラモン教が王権や民衆に近づいていったのに対し、
仏教の僧たちはそこから離れてしまいました。

こうした背景から、社会からのサポートを得られなくなっていった
仏教はインドで衰退してしまいました。

(以上 NHK 高校講座 世界史)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/17 19:41

いくつか理由があります。



1)仏教の教えの「無我」が誤解された。

「無我」の教えが「魂が無い」という意味に誤解されて広まった。
仏教としては、人間に魂があるのは当たり前すぎて、あまり明確に教えてなかったようです。
当然「魂が無い」なんていう教えと思われたら、一般民衆の支持は失うでしょうし、他宗に負けるのは当然でしょうね。

2)「殺すなかれ」を尊重しすぎて、正当防衛さえもしなかった

外部からの攻撃・侵略があっても、日本の憲法9条みたいに敵であっても、「殺すなかれ」の教えを守った。
そのため、ブッダの生まれた国さえも、防衛戦をやらず、滅ぼされてしまいましたね。

いちおう仏陀が敵軍の前に出て、出身国の侵略を防いだのですけど、それは3回しか有効ではありませんでした。
このことから「仏の顔も3度まで」なんて諺が生まれたようです。

僧侶たちが殺されてしまえば、廃れていくのもしかたないでしょう。

ちなみに、仏教系である幸福の科学は、侵略軍と戦って敵を殺すことは正しいとして、「殺すなかれ」という教えを条件付に修正しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/17 19:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ日本は神道の方が優れた教えだったのに仏教の教えを取り入れたのでしょう? なぜ神道一本でいかなかっ

なぜ日本は神道の方が優れた教えだったのに仏教の教えを取り入れたのでしょう?


なぜ神道一本でいかなかったんですか?

Aベストアンサー

仏教と共に先進文物が入ってきたから。また、黄泉の国より極楽の方が魅力的でもあった。死んだらそんなこと分からないが死の恐怖にたいする回答が良かった。

ローマは太陽信仰であったが死後どうなるかという疑問と不安に答えられなかった。キリスト教はその回答を与えたので改宗した。詐欺師の回答に大満足したローマであった。

Q一神教の精神・信仰が、よく解らない日本人です。

万物を創造した唯一絶対の神、主に従う、
とか

すべては神の御心のままに、

とかいうのは、
日本人の言葉で言うと

人事を尽くして天命を待つ、

という感じかな?と思ったのですが、どうでしょうか?
ほぼ当たりと思っていいでしょうか?
それとも、全然見当違いですか?

神の御心と人間の主体性についてあれこれと考えています。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
儒教的概念の天も、最初は人格を持った存在として認識されましたが、最終的には一種の法則(理)として捉えられました。
したがって、天の理は全てに平等で、分け隔ては無い事になります。
アブラハムの宗教の「神」は、人格神ですから、「神」の御心と言う物が想定されます。(つまり、「神」には意志があるわけです)
「神」は、絶対的な選択者と想定されますが、全てにおいて平等と言う事は想定されていません。
人間から、見れば、天の理がわからなければ、結果がどうなるかはわからないです。
ただし、天の理にかなった結果が平等におきる事は想定されます。
アブラハムの宗教の「神」は、意志を持っているので、御心で結果は変わります。
したがって、同じ事でも、結果が変わる可能性はあります。
ただし、「神」を絶対的善として想定する人の場合は、善を成す結果が起きると想定する場合がありえます。(この場合は、天の理とそれほどの差はありません)
実を言えば、この世で不合理と思われる結果(運命)がある場合の説明の方法が難しいわけです。
仮に、天の理があるとすれば、人間が不合理と思っても、それは天の理にかなった事と捉えられるでしょう。
「神」の御心によると考えれば、これは「神」の意志によるので、人間が不合理と思っても、それは「神」の意志です。
どちらにしろ、人間が予測できないと言う事では同じと言えば同じです。
両方は、何らかの原因により、運命が決定されていると言う、決定論的世界観を生み出します。
したがって、定められた運命に対しての、人間の自由意志はかなわないと言う結論に到達します。(人間が完全に自由な意思決定をできる余地が無いと言う事です)
これを天命にまかせるとか、「神」の御心と表現するならば、実際の現象としては同じ事にはなります。

お礼ありがとうございます。
儒教的概念の天も、最初は人格を持った存在として認識されましたが、最終的には一種の法則(理)として捉えられました。
したがって、天の理は全てに平等で、分け隔ては無い事になります。
アブラハムの宗教の「神」は、人格神ですから、「神」の御心と言う物が想定されます。(つまり、「神」には意志があるわけです)
「神」は、絶対的な選択者と想定されますが、全てにおいて平等と言う事は想定されていません。
人間から、見れば、天の理がわからなければ、結果がどうなるかはわか...続きを読む

Q仏教とキリスト教、どちらが平和になる世の中を作るのに適してますか?

仏教とキリスト教、どちらが平和になる世の中を作るのに適してますか?

Aベストアンサー

仏教ですね。他の宗教は、神頼み他力本願なのに対し仏教では、この世は修行の場
悟りを開くまで何回も輪廻転生します。天国と地獄の概念は、後付です。
神道も良いと思いますよ。生きとし生けるものは、全て神簡単に殺しては、いけない。

Qきのう、友人から、借りて 読んだ本があります。 この文章の意味がさっぱり、わかりません。わかる方いら

きのう、友人から、借りて
読んだ本があります。

この文章の意味がさっぱり、わかりません。わかる方いらっしゃいますか?

『文章を書き慣れた人は、いまわたしがもっともらしく述べたようなこころの中での手続きを、文字化する以前に頭の中である程度はすませておくものだ。
その場合にしたって、書けば、かわる、
のである。』


「考える力」をつける本、より。

Aベストアンサー

その文章は、多くの方が簡単に理解できそうですよ。
繰り返し、何度も本の頭から読み直すことで、分からない本も分かるようになりますよ。

Q善悪の判断基準

私は、このような人間とか社会の基本的なことを、過去の哲人たちの思索を
手掛かりに、一般大衆がよくよく考えるべきであると思います。
もはや、我々一般大衆が、力を持っていることを自覚するようになった、そ
ういう時代になったと思うからです。

現代人にとっての「善悪」は、絶対的なものが存在するわけでなく、移り変
わる状況の中で、その都度おこってくる問題との関連で、一人一人がどう生
きるのが最も善の生き方であるかを選択する以外にないという「状況倫理」
の考え方でとらえているのが多数派であろうと思います。

しかし、私はこの「状況倫理」という考え方は、信念を持とうとして持てな
かった結果であり、一種の諦めであるように思えます。

その結果として、地に足のつかない、軽薄で自己中心の社会になり、相互不信
と断絶の状況になっているのではないでしょうか?

今から思えば、倫理・道徳感の残っていた「昭和」と、昭和生まれの人間もそ
れを捨てつつある「平成」とを比べてみれば、歴然たるものがあると思います。

さて、絶対的な「善悪」というものは何なのかという「観念論」とともに、善悪
の基準を持つべきなのか、また、いかなる基準を持つべきかという「現実論」に
ついて、ご意見をお聞きしたい。

私は、このような人間とか社会の基本的なことを、過去の哲人たちの思索を
手掛かりに、一般大衆がよくよく考えるべきであると思います。
もはや、我々一般大衆が、力を持っていることを自覚するようになった、そ
ういう時代になったと思うからです。

現代人にとっての「善悪」は、絶対的なものが存在するわけでなく、移り変
わる状況の中で、その都度おこってくる問題との関連で、一人一人がどう生
きるのが最も善の生き方であるかを選択する以外にないという「状況倫理」
の考え方でとらえているのが多...続きを読む

Aベストアンサー

>また、いかなる基準を持つべきか

お礼欄を拝読すると、これはもう結論が出ていますね。責任を持つこと。可能な限り長期的な視野で。
無責任、場当たり的責任の取り方は、「悪」ということになりそうです。
平成の様々な失敗を前にすると、そう言わざるを得ないでしょう。
責任を取ることを前提に、それぞれが多角的に議論を戦わせられるようになると、次の世代はうまくいくかもしれません。

Qよくよく考えたら、なんで人類に宗教が必要なのでしょう?

よくよく考えたら、なんで人類に宗教が必要なのでしょう?

Aベストアンサー

>よくよく考えたら、なんで人類に宗教が必要なのでしょう?

自分の頭で考えない人が多いからです。

Qシュレーディンガーの猫はもっと簡単な思考実験にバージョンアップできないのでしょうか?

思考実験は、複雑な事象を理解す安くする目的があると思うのですが、シュレーディンガーの猫の思考実験はあまり分かりやすくないと思います。

箱に入れるのはラジウムなどの放射性物質(=分かりにくい)の代わりに、氷が溶けたらCOを排出する装置など、ニュートン力学の世界(=分かりやすい)の実験装置で思考実験をするのではだめなのでしょうか?

物理学や思考実験の設計にお詳しい方よりアドバイスいただければ助かります。


==以下引用==
まず、蓋のある箱を用意して、この中に猫を一匹入れる。箱の中には猫の他に、放射性物質のラジウムを一定量と、ガイガーカウンターを1台、青酸ガスの発生装置を1台入れておく。もし、箱の中にあるラジウムがアルファ粒子を出すと、これをガイガーカウンターが感知して、その先についた青酸ガスの発生装置が作動し、青酸ガスを吸った猫は死ぬ。しかし、ラジウムからアルファ粒子が出なければ、青酸ガスの発生装置は作動せず、猫は生き残る。一定時間経過後、果たして猫は生きているか死んでいるか。
この系において、猫の生死はアルファ粒子が出たかどうかのみにより決定すると仮定する。そして、アルファ粒子は原子核のアルファ崩壊にともなって放出される。このとき、例えば箱に入れたラジウムが1時間以内にアルファ崩壊してアルファ粒子が放出される確率は50 %だとする。この箱の蓋を閉めてから1時間後に蓋を開けて観測したとき、猫が生きている確率は50 %、死んでいる確率も50 %である。

思考実験は、複雑な事象を理解す安くする目的があると思うのですが、シュレーディンガーの猫の思考実験はあまり分かりやすくないと思います。

箱に入れるのはラジウムなどの放射性物質(=分かりにくい)の代わりに、氷が溶けたらCOを排出する装置など、ニュートン力学の世界(=分かりやすい)の実験装置で思考実験をするのではだめなのでしょうか?

物理学や思考実験の設計にお詳しい方よりアドバイスいただければ助かります。


==以下引用==
まず、蓋のある箱を用意して、この中に猫を一匹入れ...続きを読む

Aベストアンサー

観測問題って呼ばれるやつなのですが、猫ばかりが注目されてしまうのですよねw
さらっとガイガーカウンターがって書いてますが、実際にはガイガーカウンターの一部であるセンサーがってことで、さらにどんどん突き止めていけば素粒子同士の相互作用がってことになるのですが(おそらく、そこまでのどこかに”線”がなければならないのでしょうが)、素粒子がそこにあるだけでは観測にはならないってことになってます。では逆に考えて、ガイガーカウンターの一部ではなくガイガーカウンターが観測している、ガイガーカウンターではなく(猫の入った)箱全体が観測している、って考えると、箱自体が不確定な状態になっちゃう。さらに言えば実験室全体がブラックボックスになって我々もその中にはいってしまう。まぁそのようにも考えられるわけです。
とりあえず箱全体が観測してるって考えると、箱の中が不確定な状態になるよね、中の猫もそうだよね、ってなって現実と齟齬が生じるわけです。
でもその”線”がどこなのかが分からない。
これがシュレディンガーの猫の本質なのですが(多分)、分かりづらいですよねー。

Q人生の目的と手段

国や民族によって、その生き方は様々ですね。

戦後の日本は、米国の後押しもあって世界にもれいがないほどの高度経済成長を成し遂げました。
しかし、その後のバブル崩壊に機を発し、現在では長い低成長の時代が続いています。

そういう日本では未だに人生を楽しむよりも、職場に張り付いた拘束時間が優先されています。
学業の場と職場に使う時間がとても多い日本人です。

学業と仕事は手段だと思いますが、これらが目的になっているように感じるのですが。
皆さんはいかがお考えですか?

Aベストアンサー

学業や仕事が楽しいと感じる人も少ないですしね。しがらみも多い。
悪癖となってるからそれを直すのも難しい。何でもかんでも取り込みすぎて、どっち向いてるのかわからないような社会になってしまったかなと言う感はあります。

ただ、職人が尊敬される風土が、国を建ててきた側面はあると思います。ドイツもそうらしいですね。

今は生産と消費に追われ、どのように人生を過ごすのか、あまり考える暇も実践するゆとりも無いのが現状ですね。

役に立たないことは切り捨てられてきた社会ですが、役に立たない事をすることも、十分に必要ですね。それが発想の源にもなるし、ゆとりにもなるし、豊かさにもつながるのでは無いかと思います。無駄な事をしないのを秀才とするなら、無駄な事を厭わないのが才能であると思います。
そんな、才能を重宝する社会であるなら、また未来も開けるのではないでしょうか。
社会はもっといろんな可能性を認識して良いと思います。

Q最近、独身者が増加していますが、結婚せずにいることが可能になったから、でしょうか?

ある本を読んでいたら、次の文章に出会いました。
<日本人が今まで懸命に築き上げてきた平和と繁栄の“おつり”によって独身者は結婚せずにいることが可能なったかもしれません>

最近、独身者が増加していますが、その理由は何でしょうか?
1、引用したように、結婚せずにいることが可能になったから、でしょうか?
2、逆に、社会の状況において、結婚しずらくなったから、でしょうか?
3、社会に関係なく、独身の方が、家庭に縛られず生活(人生)を興ができるから、でしょうか?
4、その他
識者は、どのように分析されていますか?

Aベストアンサー

理由は一つではありません。

こういうのは、社会学者が専門的に調査して
おりまして、次のような原因が挙げられています。

その中で、最も基本的なのは、結婚せねばならぬ、
という規範が崩れてきたからだ、としています。


1,必要性の減少
・女性の社会進出が進み、結婚しなくても生活
 出来るようになった。
 元来、女性は、自分よりも高収入、高学歴の男との
 婚姻を望む傾向があるが、女性の高収入化、高学歴化
 により、対象となる男が制限される結果となった。
・男の方も、家事の家電化、コンビニ、風俗などが整備され、
 あえて結婚する必要性が減少した。

2,価値観の変化
・結婚するのが当然という価値観が崩れた。
・かつては見合いが主流だったが、現代では
 恋愛結婚が原則となったため、恋愛難民が
 出現した。

3,経済の停滞
・非正規社員が増え、妻子を養うことが難しく
 なった。

Qキリスト教、回教、仏教と三大宗教がありますが、仏教だけ違うところがありますね。キリスト教にも回教にも

キリスト教、回教、仏教と三大宗教がありますが、仏教だけ違うところがありますね。キリスト教にも回教にも神様がいますが、仏教には神様がいません。仏教では誰でも修行によって仏になれるのです。それは宮沢賢治の雨にも負けずを読めばわかります。そういう人に私はなりたいとの一節です。彼の中では、そういう人が仏の姿だと思いますが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

宮沢賢治は法華経に帰依してくださいと父にたのんだんですよね。法華経というのは天国も地獄も自分が作り出すと、我が心の中にあるとの教えです。ひとつの事にたいして怒りを覚える人、又可哀想だと思える人、さまざまですがどちらが仏のような人なのかー。単純に考えて分かりますよね?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報