世界を飛び回って仕事している人(芸術関係、スポーツ関係(?)など)はビザとかどうしているんですか?
疑問に思ったので。
お金を貰うのであればビザが、必要なのでは?と思いました。もちろん、国によって全然違うかもしれませんが、招かれてその国々に行く場合はどうなるんでしょうか。
もし申請却下とかされたら、仕事キャンセルってことになるんですか?

全て自分で手続きしなくてはならないのだとすれば、相当大変だと思うのですが。

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (5件)

>世界を飛び回って仕事している人(芸術関係、スポーツ関係(?)など)はビザとかどうしているんですか?


>お金を貰うのであればビザが、必要なのでは?と思いました。もちろん、国によって全然違うかもしれませんが、

日本国では「興行」という在留資格があります。ほとんどの国では相当するものがあるはずです。

>招かれてその国々に行く場合はどうなるんでしょうか。

招く者がその国の政府である場合は、政変とか非常事態にならない限りは入国および活動が保証されます。その場合は、興行相当とは限りません。

招く者がその国の芸能事務所や興行会社などの場合、招聘元が推薦状を出したり身元保証をしたり、査証申請したりと様々です。

>もし申請却下とかされたら、仕事キャンセルってことになるんですか?

はい。

>全て自分で手続きしなくてはならないのだとすれば、相当大変だと思うのですが。

本国側でも芸能事務所に所属していることが多いと思われますので、一般的には補助があるでしょう。世界的なレベルの楽器奏者などでもフリーでやっている人は自分で手続きします。スポーツ選手でも所属チームが無い、招聘チームがない状態、エージェントもいない、もしくは用意せずに、例えば入団テストを受けに行くような人は自分で手続きします。
    • good
    • 0

労働可能なVISA取得のための手続きは主に賃金を支払う側の企業や団体が手続きをします。


当然渡航本人側もある程度の手続きが必要ですが、
「世界を飛び回って仕事している人(芸術関係、スポーツ関係(?)など)」に
マネージャーさんや秘書がいないとは到底思えないです。

彼らの確定申告位、心配する問題ではないと思いますよ。
    • good
    • 0

必要に応じて、その都度取得しています



申請却下されたら仕事はキャンセルです。

国賓として招かれた場合を除き、イベントなどへの招待の場合は、便宜は特にありません

申請の手続きはエージェントなどを雇い代行してもらいます、お金がない人は自分で(^_^;
    • good
    • 0

マネージャーさんと、旅行代理店がついています。



コンサートツアーですと、芸術家・スポーツ選手専用のビザがあります。それでも、ロシアなど、ビザの適応が厳しいところでは、ちょっと神経質になっていました。
    • good
    • 0

どんな国でもその国の方からの招待状があれば許可されると思いますよ。


仕事で行くんだから、来てほしい方からすれば当然必要な書類は
送ってくるはずです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報