【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

こんにちは。どなたか教えてください。
昨日、レアルマドリードの試合を少し見たのですが、
試合より気になってしまったのは、競技場の周りの
広告です。定期的に表示が代わり、派手な演出があるものもありました。
あれはCGなどの合成なのでしょうか?リプレイシーンなど
全ての状況で映っているのですが。
だけどあれが実際にあの場所にあると
プレイしている選手の目障りになるのではと思ったのですが。。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1 #2の回答は日本のものですね。


おそらく、misaki___さんのおっしゃっているのはリーガ・エスパニョーラの話だと思います。スペインでは、周りの広告が動いてますよね。そのことでしょうか。

あれは、周りの広告(日本ではたて看板だったり、#2さんの回答のようにロールになっていたりしますね)が、すべてテレビのようなビジョンになっています。なので、動画を表現することができるというわけです。
    • good
    • 2

どの試合の事かは見てないのでわかりませんが、国内の


サッカーだとサッカーのフィールドから少し離れたとこをにある
ついたてのようなところの広告は電車やバスの行き先表示のように
ロール式になっています。
定期的に動作してスポンサー名が変わるしくみになっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
という事はCGではないという事ですね。。
なるほど、一体どっちなんでしょう????
試合よりそんな所が気になっているのはどうかと
思いますが(笑)

お礼日時:2004/09/06 13:30

メジャーリーグの中継などで球場の広告がCGであると、先日ニュースで言ってました。


その試合は見てないですが技術的には出来るようなので、CGである可能性は大ですね(^_^)v
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
そうですか。あれがCGなら驚きです。。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/06 13:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうしてサッカー横の広告は立体に見えるのですか?

90°システム広告とよばれるサッカーのゴール横の広告ですが、
あれがカメラを通すと立体に見える仕組みを教えてください。

立体視のメカニズムを調べても、2枚の絵を使った立体視の話が多く、
平行四辺形が立体に見える仕組みについての情報が見つかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

90度システム広告は、ゴール横には実際に平行四辺形の平面の広告シートが置いてあり、それがメインスタンドのテレビカメラから撮影されると、錯覚で立体的に(90°に立って)見えるというものです。

原理としては、単純に、広告シートをメインスタンドのカメラ位置から見て90°に立っているように見える角度と奥行き感を持った形にデザインして、目の錯覚を利用して置いてある平面シートが恰も立っているように感じさせます。
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/5544/repo2002japan.html

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)


人気Q&Aランキング