『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

普通にやるスキーの板とアルペンスキーの板は全く違うものですか?

A 回答 (2件)

基本的には同じです。


ただし、材質や、硬さ、エッジの性能、Rの付け方など、
レーシング用になっているのが、アルペン競技用の板です。
いわゆる、上級者が高速で滑って、切れのあるターンができるように
設計されています
もちろん、お値段もぜんぜん違いますからね。
板だけで、軽く10万超えていきますから。

まあ、車で言えば、普通の車と、スポーツカーの違いぐらいかな。
我々一般のスキーヤーが履くスキー板は、
初心者から中級、上級者まで滑りやすく作られていますが、

競技用の板はそうではありません。
初心者では、扱いにくい板です。
硬すぎたり、重すぎたり。

まあ、そういうレベルの違いだと思ってください。
でも、見た目は、それほど違いはありませんね。
    • good
    • 0

>アルペンスキーの板


そもそも、これが何の意味なのか・・・・・

アルペン競技(SLとかGSLとか)に使う為の板の意味で
普通にやる板というのが、一般人がその辺のゲレンデで滑る板という意味なら
似ているが違う

距離やジャンプで使う板と対比した場合の意味なら、基本的には同じ
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)


人気Q&Aランキング