今、僕は「ブリタ」と言うポット型浄水機を使用しています。
一応、目安として毎日2杯使ったとして、2ヶ月ぐらいで交換となっているのですが、
取説にはポットのサイズに関わらずそう書いてあるようなので正確でないし、
地域によって水道水の塩素濃度も違うだろうから、浄水能力を調べて、
性能が悪くなったらカートリッジを交換するようにしたいと思っています。
(除去しているのは塩素だけではないのでそれだけ調べても駄目だという事は承知していますが…)

そこで、塩素試薬を買いたいのですが、薬局で購入できるのでしょうか?
できれば、いくらぐらいで買えるのかも知りたいです。

また、他の成分についても、素人でも簡単に(かつ安価に)調べられる方法があればお教え下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

missonさんがおっしゃるとおり、上水の検査はパックテストでは力不足かもしれないですね。

パックテストの「おいしい水検査セット」は全硬度と残留塩素のセットのようです。

書き忘れていましたが、1~2年前、百円ショップ(ダ○ソーではない)で「浄水器チェッカー」という名前でDPDの希釈粉末(2回分入り、当然百円)が売っていたので買ったことがあります。なので大きなスーパー、デパートの浄水器売り場など探すと残留塩素の測定試薬が売っているかもしれません。

o-トリジンは劇物ではありませんが、6697さんお書きのとおり、発ガン性が疑われるため労働安全衛生法の第一種特定化学物質に指定されています。取り扱いには注意してください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません!! 何度もご回答頂き、ありがとうございます。

なるほど、ハンズや百円ショップとかでも購入できるんですね!
ぜひ今度探しに行ってみます。できたら百円ショップで見つかるといいなぁ…。

とにかく、安価なものもある事がわかって安心しました。
ケチる為にやるのに、高いものを買っては本末転倒ですからねぇ(笑)。

お礼日時:2001/07/06 20:48

再び、6697です。

こんばんは!
ところで聞き忘れていましたが、なぜ、浄水器を使用されているんですか。
そこのところがわかるとまだ別の答えようがあるかとは思いますが。たとえば、鉄が出て水が濁るとか、かび臭いとか、ですが・・・。
いずれにしましても日本の水道は世界トップクラスの安全性を誇っています。
ただし、忘れてならないことは、そのギャランティーは、家庭なら給水栓まで、ビルなどですと下の受水槽までで、あとは受水者の管理責任になります。汲み置いた水を飲んで健康を害しても必ずしも水道事業者の責任にはなりません。

missionさんがおっしゃっていますように、濃度測定ですと比色法でも試薬より器具が高くつきます。
私は、ある自治体で水道行政、その他を現在担当しています。今日も今日とて、O157,26の事例がありました。また、水道法改正に伴う簡易専用水道の規制強化による検査問題などいろいろあります。今後ともによろしくお願いいたします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません!!
何度もご回答頂き、ありがとうございます。

僕が浄水器を使っている理由は、そんな大した理由ではないのです。
ふつ~の一般人ですし、水道局にどうこうという気もさらさらありません(笑)。
日本の水道水の安全性が世界的に見て高い事も、一応知っていましたしね。
残留塩素やトリハロメタンを取り除きたいだけなんです。
効果のほどはともかく、精神的に安心したいというのもあります。
以前は、煮沸して塩素を飛ばすとかしていたんですが、さすがに面倒になって、
手軽な「ブリタ」を選んだわけです。

それから、この質問をしたのも、貧乏くさい性格なのでカートリッジの性能を試験して
性能が悪くなってきたら交換するようにしたいから、というだけです。
ですので、たっかい器具などを買ったり、難しい検査をするつもりは毛頭ありません。

自分なりにも調べていたんですが、やはり「OT法」は発ガン性が問題になっていると言う事なのでやめておきます。

お礼日時:2001/07/06 07:18

塩素試薬とは、「残留塩素濃度」測定用試薬のことですよね。

みなさんの回答のとおり、「残留塩素濃度」を測定するために試薬として、オルトトリジン法(OT法)とDPD法やポーラログラフ法などがあります。
OT法およびDPD法は有試薬法で、ポーラログラフ法は電気的に測定するものです。
OT法では試薬溶液が0.1%塩酸溶液なので、劇物指定がある関係上、試薬としての購入は難しいと思います。
ですから、「残留塩素測定器」として買うのよいでしょう。これですと1万円程度です(DPD法もあります)
ポーラログラフ法は、試薬不要なのですが、測定器は7万円程度と記憶してます。
メーカーですが、オーヤラックス・SIBATAあたりが広く使われてますね。購入先ですが、住んでおられるところの市役所水道関係部局に問い合わせるといいかもしれません。(水道の必需品ですから)
他の成分ですが、水道の水質からいうと、安価に調べられる濃度レベルのものはないと思います。
パックテストですと、河川水・排水レベルの濃度のものが精一杯ですよ。物質にもよりますが、パックテストで検出できる水道なら水道水質基準はクリアしてません。

最後に、この場を借りまして、6697さんの「専門家と称して・・・云々」については、私も同意見です。
ちなみに、私は、ある市の水道部で水質検査を担当しているものです。これからもよろしくお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません!! ご回答頂き、ありがとうございます。

やっぱりその他の成分を調べるのは、一般人では無理のようですね。その必要もないでしょうし。
僕は全くのド素人で、ネットで水道水の残留塩素の事を調べた程度なので、難しい事はわからないし出来ないですから。

市役所へ行って、聞くのも手かもしれませんね。

お礼日時:2001/07/06 07:30

再び、6697です。

誤字がありました。
昇華、 居る、です。
anisolさんがおっしゃっているように、パックテストはチューブのやつですね。それと、オルトトリジンは来年始めまでは、使えますよ。ハンズにあるんですね。溶かした溶液は冷暗所保管です。

失礼しました。
    • good
    • 1

簡単に水質検査ができる、共立理化学研究所の「パックテスト」が東急ハンズに売っています。


また、o-トリジン試薬も東急ハンズに5mL入りぐらいのが売っていたと思います。
(地方のかただったらごめんなさい)
    • good
    • 2

現在の公定法はDPD法です。

(ジエチルフェニレンジアミン)
従来はオルトトリジン法(黄色に発色)でしたが、発がん性が問題となって測定方法が変更になっています。ほかに公定法では電極法もあります。オルトトリジンは粉末で塩酸溶液に溶かしますが、その過程で一部が消化して鼻腔粘膜を刺激して無性にくしゃみがでてました。私は実際に経験に基づいて書いています。普通は溶かした溶液を購入しますが高くつくので自分で作っていました。
しかし、この教えての回答者の中には専門家と称して、ネットで調べてきて、その結果を書き込む人がいますが、それはインターネット検索の専門家であって個々のジャンルの専門家ではありませんよねえ。なんとも無責任ですが、ポイントを追っかけて折る一部の人だとおもいます。余談になりましたが、結論から言うと、DPD試薬を購入して、定性試験(色が付くかどうか:紫系統)を試みたら良いですが、普通の薬局には売っていません。
試薬屋さんへ聞いてみて購入できます。イエローページで試薬を探してください。または最寄の保健所へ聞いてみれば紹介してくれると思います。
浄水器なら中空糸膜プラス活性炭のカートリッジ式で2万円までであります。有名メーカーが無難でしょう。中空糸膜は原虫(クリプトスポリジウム、ジアルジアなど)にも効果があります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次亜塩素酸ソーダのpH値

タイトルの通りです。次亜塩素酸ソーダのpH値を教えてください。

Aベストアンサー

たとえば「水酸化ナトリウムのpH」といわれても、濃度がわからなければ、答えようがありません。
通常は、次亜塩素酸は不安定な物質なので、水酸化ナトリウムと共存させています。したがって、2の答えにあるように強アルカリ性であることは間違いありませんが、そのアルカリ性はおおかた水酸化ナトリウムによるアルカリ性です。

ちなみに、「アルカリイオン製水機」の「酸性水」は、次亜塩素酸です。

Q過塩素酸 塩素酸 亜塩素酸 次亜塩素酸

高校生の授業なのですがなぜハロゲンのオキソ酸で
でてくるたいとるのものとしては塩素酸が基準と
なっているのでしょうか?何か歴史的経緯はあるのでしょうか。接頭語はそれだけしかないからというこたえ
では納得できないです。急いでいますので
できれば速く返答お願いします。

Aベストアンサー

補足します。

このような非金属イオンの酸化物とみなせる物質を一般に「オキソ酸」と
言いますが、もっとも安定な酸を基準にするそうです。

化学IB・IIの新研究/卜部吉庸/三省堂

Q次亜塩素酸ナトリウムと酢酸を混ぜたときのpHを計算したい。

0.04%の次亜塩素酸ナトリウム1リットルと1%の酢酸1リットルを混合させたとします。
ここから得られるpHはいくつになるでしょうか。

塩素ガスが発生し、一般にはまぜるな危険ですが。
化学反応は以下の通りですか。
2NaClO+2CH3COOH→2CH3COONa+2H2O+Cl2

Aベストアンサー

反応が完結し塩素が完全に抜けた後であると考えると、って言うかそれしか正確に答えられないが、
0.04%の次亜塩素酸ナトリウムのモル濃度を計算する。それがナトリウムとして残る。だからナトリウムイオンの最終濃度は次亜塩素酸ナトリウム濃度の1/2。
1%酢酸のモル濃度を計算する。それを1/2する。
この酢酸の濃度からナトリウムイオンの濃度を引く。すると「残っている酢酸の濃度」が分かる。ナトリウムイオンの最終濃度は酢酸「イオン」の最終濃度と等しい。
あとは酢酸の解離定数(酢酸のpKaからも求まる)を用いれば水素イオン濃度が分かるのでpHを求める。生じる水は無視して良い。
です。^^

Q残留塩素の測定について教えて下さい。 受水槽の清掃を良くするので残留塩素も良く測定しています。 残留

残留塩素の測定について教えて下さい。
受水槽の清掃を良くするので残留塩素も良く測定しています。
残留塩素測定器に試薬だけを入れ色を見ています。
ところがビル管の試験問題にて
【DPD法の発色には、残留塩素と反応するDPD試薬とpHを中性に保つリン酸塩が必要である。】(H26問109抜粋)
と記載が有りました。
リン酸塩は使用した事が有りませんしリン酸塩を使用する事も聞いたことが有りません。
普通はリン酸塩も使用して測定するものなのでしょうか?
使用する場合はリン酸塩はどのタイミングで使用するのでしょうか?
もしかして、一般的なDPD試薬には既にリン酸塩が含まれているのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

>普通はリン酸塩も使用して測定するものなのでしょうか?
DPD試薬による反応について理解をしていれば、6.5pHリン酸塩試薬を使うことはありません。

>使用する場合はリン酸塩はどのタイミングで使用するのでしょうか?
初めから試薬に混合して投入する。

試薬メーカーによっては遊離残留塩素だけでなく結合塩素にまで反応する試薬がある。
たしか酸性側に偏るはず。(細かいプロセスは省略するが、試料水が酸性になると結合塩素の反応が強くなる)
それを中性に保ち結合塩素との反応を遅らせることを目的として使用するのです。

試料水に結合塩素が含まれる場合、色が徐々に濃くなります。
そのため遊離残留塩素のみを測定する場合は速やかに値を読み取る必要がある。
もたもたしていると結合塩素により色が濃くなる。
結合塩素にまで反応してしまう試薬を使用している場合、
試薬が多少溶け残っても計測には影響しないので5~30秒以内に計測をすることで遊離残留塩素の濃度を計測可能。
比色で読み取る場合はこれでよい。
透過光を使って色を読み取る簡易測定器を使う場合は、試料水とDPD試薬を混合した時に資料水中の小さな気泡が測定誤差になるので
混合する際に気泡を発生させないようにする注意が必要。

・・・
このように理解していれば、遊離残留塩素だけの計測と結合塩素を含んだ全塩素の測定を簡易的ではあるが一度に行える。

要はもたもたせず、さっさと測れと言うこと。

・・・余談・・・
残留塩素に関わる水質事故を起こしたことのある浄水場や水道事業体では遊離残留塩素にのみ反応する残留塩素計を導入していますが、
多くの浄水場や水道事業体では結合塩素も補足する残留塩素計が使われています。

>普通はリン酸塩も使用して測定するものなのでしょうか?
DPD試薬による反応について理解をしていれば、6.5pHリン酸塩試薬を使うことはありません。

>使用する場合はリン酸塩はどのタイミングで使用するのでしょうか?
初めから試薬に混合して投入する。

試薬メーカーによっては遊離残留塩素だけでなく結合塩素にまで反応する試薬がある。
たしか酸性側に偏るはず。(細かいプロセスは省略するが、試料水が酸性になると結合塩素の反応が強くなる)
それを中性に保ち結合塩素との反応を遅らせることを目的とし...続きを読む

Q塩素消毒について

塩素消毒に関して、質問があります。
薬剤師国家試験の黒本という本に
☆塩素消毒の原理
「水に液体塩素を入れると、塩素は水と反応して、以下の反応が起こる。
Cl2+H2O⇔HClO+HCl
HClO⇔ClO-+H+
両者の存在比はpH5ではほとんどがHClOであり、pH7.5ではHClOとClO-がほぼ半々となり、pH10ではClO-が大部分を占めるようになる。」とあり、pHが上がっていくごとに次亜塩素酸HClO-の解離が進むように書いてありますが、なぜ、pHが上がっていくごとに次亜塩素酸の解離が進むのでしょうか?

Aベストアンサー

pHを上げていくということはアルカリを加えるということです。
それによって中和反応が起こりClO^-の割合が増えていくのです。
仮にNaOHを加えるとすると
NaOH+HClO→NaClO+H2O
の変化が起こります。

>水に液体塩素を入れると・・・

塩素の沸点は-34℃ですから常温で気体です。「液体」塩素と書いてありましたか。

ボンベの中では圧力がかかっていますから液体になっています。でもボンベからガスとして噴出させて水に溶かすのですから「液体塩素を加える」という表現はしないと思うのですが。

プロパンもボンベの中では液体になっています。燃料として使うときはあくまでも「ガスとして燃やしている」という表現になるはずです。

Q塩素分検出試薬

よく、水道水の塩素分を検出するときなんかに使う試薬で、塩素があると黄色く変色する試薬はなんというものでしょうか。

Aベストアンサー

あなたが考えておられるのはオルトトリジンだと思いますが、
昨年から使用されなくなっています。
以下のHPに詳細があります。

http://www.navi21.jp/dron/water/olto.htm

参考URL:http://www.navi21.jp/dron/water/olto.htm

Q水道水、浄水器のPHの違いについて

もしかするとカテゴリ違いかもしれませんがお願いします。


テトラのPHトロピカル試薬を使ってうちの水道水のPHを測定したところPH8.0ぐらいでした。

浄水器(三菱クリンスイUZC2000)の水を測定したらPH7.5ぐらいでした。

塩素も測定したところ、浄水器の水は塩素が検出されませんでした。

この浄水器は以下の物を除去してくれるそうですが

●遊離残留塩素
●濁り(雑菌・固形鉛など)
●総トリハロメタン(クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム)
●溶解性鉛
●農薬(CAT)
●カビ臭(2-MIB)
●テトラクロロエチレン
●トリクロロエチレン
●1,1,1-トリクロロエタン

これらがなくなることでPHが下がっていると言う事なのでしょうか?

この浄水器の水を水槽に使用しても問題はありませんか?


生体はアカヒレ、アフリカンランプアイ、オトシンクルス、レッドビーシュリンプです。

Aベストアンサー

水道水のpH測定は、生水、浄水器出水とも、24時間以上汲み置きしてから測定します。
浄水場から家庭の蛇口まで、圧力を掛けて送水します。
このため、送水途中で窒素、酸素、塩素、二酸化炭素など、様々なガスが溶け込みます。
この、溶け込んだガスが自然抜気し、水道水が安定状態になってから測定しないと正しい数値は得られません。

家庭用浄水器は、水道水中のアルカリ性物質(カルシウムやマグネシウム)も30%~50%程除去します。
家庭用浄水器(中空芯フィルター)の寿命は、水道水中のカルシウムが中空芯に詰まり、通水量が減少によります。

なお、ミネラル成分(カルシウムやマグネシウム)が多めの(おいしい)水道水は、浄水器で濾過すると若干酸性に傾きます。

> この浄水器の水を水槽に使用しても問題はありませんか?
・問題ありません。
UZC2000は中空芯式浄水器です。
うちも、長年、中空芯式浄水器「トレビーノとミズトピア(パナソニック)」で、水槽水替え用水を作っています。

もしも、心配ならば「麦飯石」を一つ、水槽内に投入しミネラル不足の防止すればOKです。
(飼育水中のミネラル分が不足すると、希にエビが脱皮不全で突然死する可能性があります)
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1175080000&itemId=15503

水道水のpH測定は、生水、浄水器出水とも、24時間以上汲み置きしてから測定します。
浄水場から家庭の蛇口まで、圧力を掛けて送水します。
このため、送水途中で窒素、酸素、塩素、二酸化炭素など、様々なガスが溶け込みます。
この、溶け込んだガスが自然抜気し、水道水が安定状態になってから測定しないと正しい数値は得られません。

家庭用浄水器は、水道水中のアルカリ性物質(カルシウムやマグネシウム)も30%~50%程除去します。
家庭用浄水器(中空芯フィルター)の寿命は、水道水中のカルシウ...続きを読む

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。

QpHに対する塩の影響

0.01Mの酢酸緩衝液(pH5.6)に過塩素酸ナトリウムを100mM加えました。その時のpHは変化するのでしょうか?また、その変化量は塩の種類によるのでしょうか。また、簡便な緩衝液に対する解説書など紹介していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

rei00 です。補足拝見しました。

どんな目的に使うかによるかも知れませんが,その内容であれば,書いてられる様に,「あらかじめ10mMの酢酸緩衝液(pH 5.6)を作っておいて、過塩素酸ナトリウムをその溶液に溶かして作」れば良いと思います。

念のため最初に作った時に,そうやって作った溶液の pH を一度 pH メータで測って確認しておけば,以後はそのままでも大丈夫かと思います。

Q残留塩素測定用試薬について

ラピッドDPD試薬を使っての出来事なんですが、これは水道水に塩素が入っていればピンクに変わります。

水道水をクリアカップに半分入れ、指2本で3秒ほどかき混ぜます。
その中にこの試薬を入れるとピンクになりません。
それは塩素を指が吸ったとのこと。

ここまではそうなのかと理解できるような気もするのですが、そのままそのカップを放置すると段々ピンクになってきます。
そうなるとどうなのでしょう。
塩素がなくなったはずの水に塩素がまた入っているということになるのでしょうか。

それともこの試薬は入れた瞬間で判断すべきで、時間が経ったら正確でないということなのでしょうか。

ご存知の方、教えていただけますか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

それともこの試薬は入れた瞬間で判断すべきで、時間が経ったら正確でないということなのでしょうか。

当りでーす

規定は1分以内です

塩素以外にも反応するんです
DPD試薬は酸素や酸化剤の影響を受けて徐々に色がつくんですよ

だから素早く測定する必要がある


塩素がなくなったはずの水に塩素がまた入っているということになるのでしょうか。

はずれ
酸素や酸化剤の影響を受けて徐々に色がつくんですよ

水道水をクリアカップに半分入れ、指2本で3秒ほどかき混ぜます。
その中にこの試薬を入れるとピンクになりません。
それは塩素を指が吸ったとのこと。


がん ガラス棒でまぜるのが常識ですよ
指でかき回すと、いろんな物質が混ざるので
結果が出ない

ちゃんとガラス棒でまぜる

あたり前 基礎ができてない


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング