dポイントを20倍にするたった2つの方法

今、僕は「ブリタ」と言うポット型浄水機を使用しています。
一応、目安として毎日2杯使ったとして、2ヶ月ぐらいで交換となっているのですが、
取説にはポットのサイズに関わらずそう書いてあるようなので正確でないし、
地域によって水道水の塩素濃度も違うだろうから、浄水能力を調べて、
性能が悪くなったらカートリッジを交換するようにしたいと思っています。
(除去しているのは塩素だけではないのでそれだけ調べても駄目だという事は承知していますが…)

そこで、塩素試薬を買いたいのですが、薬局で購入できるのでしょうか?
できれば、いくらぐらいで買えるのかも知りたいです。

また、他の成分についても、素人でも簡単に(かつ安価に)調べられる方法があればお教え下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

missonさんがおっしゃるとおり、上水の検査はパックテストでは力不足かもしれないですね。

パックテストの「おいしい水検査セット」は全硬度と残留塩素のセットのようです。

書き忘れていましたが、1~2年前、百円ショップ(ダ○ソーではない)で「浄水器チェッカー」という名前でDPDの希釈粉末(2回分入り、当然百円)が売っていたので買ったことがあります。なので大きなスーパー、デパートの浄水器売り場など探すと残留塩素の測定試薬が売っているかもしれません。

o-トリジンは劇物ではありませんが、6697さんお書きのとおり、発ガン性が疑われるため労働安全衛生法の第一種特定化学物質に指定されています。取り扱いには注意してください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません!! 何度もご回答頂き、ありがとうございます。

なるほど、ハンズや百円ショップとかでも購入できるんですね!
ぜひ今度探しに行ってみます。できたら百円ショップで見つかるといいなぁ…。

とにかく、安価なものもある事がわかって安心しました。
ケチる為にやるのに、高いものを買っては本末転倒ですからねぇ(笑)。

お礼日時:2001/07/06 20:48

再び、6697です。

こんばんは!
ところで聞き忘れていましたが、なぜ、浄水器を使用されているんですか。
そこのところがわかるとまだ別の答えようがあるかとは思いますが。たとえば、鉄が出て水が濁るとか、かび臭いとか、ですが・・・。
いずれにしましても日本の水道は世界トップクラスの安全性を誇っています。
ただし、忘れてならないことは、そのギャランティーは、家庭なら給水栓まで、ビルなどですと下の受水槽までで、あとは受水者の管理責任になります。汲み置いた水を飲んで健康を害しても必ずしも水道事業者の責任にはなりません。

missionさんがおっしゃっていますように、濃度測定ですと比色法でも試薬より器具が高くつきます。
私は、ある自治体で水道行政、その他を現在担当しています。今日も今日とて、O157,26の事例がありました。また、水道法改正に伴う簡易専用水道の規制強化による検査問題などいろいろあります。今後ともによろしくお願いいたします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません!!
何度もご回答頂き、ありがとうございます。

僕が浄水器を使っている理由は、そんな大した理由ではないのです。
ふつ~の一般人ですし、水道局にどうこうという気もさらさらありません(笑)。
日本の水道水の安全性が世界的に見て高い事も、一応知っていましたしね。
残留塩素やトリハロメタンを取り除きたいだけなんです。
効果のほどはともかく、精神的に安心したいというのもあります。
以前は、煮沸して塩素を飛ばすとかしていたんですが、さすがに面倒になって、
手軽な「ブリタ」を選んだわけです。

それから、この質問をしたのも、貧乏くさい性格なのでカートリッジの性能を試験して
性能が悪くなってきたら交換するようにしたいから、というだけです。
ですので、たっかい器具などを買ったり、難しい検査をするつもりは毛頭ありません。

自分なりにも調べていたんですが、やはり「OT法」は発ガン性が問題になっていると言う事なのでやめておきます。

お礼日時:2001/07/06 07:18

塩素試薬とは、「残留塩素濃度」測定用試薬のことですよね。

みなさんの回答のとおり、「残留塩素濃度」を測定するために試薬として、オルトトリジン法(OT法)とDPD法やポーラログラフ法などがあります。
OT法およびDPD法は有試薬法で、ポーラログラフ法は電気的に測定するものです。
OT法では試薬溶液が0.1%塩酸溶液なので、劇物指定がある関係上、試薬としての購入は難しいと思います。
ですから、「残留塩素測定器」として買うのよいでしょう。これですと1万円程度です(DPD法もあります)
ポーラログラフ法は、試薬不要なのですが、測定器は7万円程度と記憶してます。
メーカーですが、オーヤラックス・SIBATAあたりが広く使われてますね。購入先ですが、住んでおられるところの市役所水道関係部局に問い合わせるといいかもしれません。(水道の必需品ですから)
他の成分ですが、水道の水質からいうと、安価に調べられる濃度レベルのものはないと思います。
パックテストですと、河川水・排水レベルの濃度のものが精一杯ですよ。物質にもよりますが、パックテストで検出できる水道なら水道水質基準はクリアしてません。

最後に、この場を借りまして、6697さんの「専門家と称して・・・云々」については、私も同意見です。
ちなみに、私は、ある市の水道部で水質検査を担当しているものです。これからもよろしくお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません!! ご回答頂き、ありがとうございます。

やっぱりその他の成分を調べるのは、一般人では無理のようですね。その必要もないでしょうし。
僕は全くのド素人で、ネットで水道水の残留塩素の事を調べた程度なので、難しい事はわからないし出来ないですから。

市役所へ行って、聞くのも手かもしれませんね。

お礼日時:2001/07/06 07:30

再び、6697です。

誤字がありました。
昇華、 居る、です。
anisolさんがおっしゃっているように、パックテストはチューブのやつですね。それと、オルトトリジンは来年始めまでは、使えますよ。ハンズにあるんですね。溶かした溶液は冷暗所保管です。

失礼しました。
    • good
    • 1

簡単に水質検査ができる、共立理化学研究所の「パックテスト」が東急ハンズに売っています。


また、o-トリジン試薬も東急ハンズに5mL入りぐらいのが売っていたと思います。
(地方のかただったらごめんなさい)
    • good
    • 2

現在の公定法はDPD法です。

(ジエチルフェニレンジアミン)
従来はオルトトリジン法(黄色に発色)でしたが、発がん性が問題となって測定方法が変更になっています。ほかに公定法では電極法もあります。オルトトリジンは粉末で塩酸溶液に溶かしますが、その過程で一部が消化して鼻腔粘膜を刺激して無性にくしゃみがでてました。私は実際に経験に基づいて書いています。普通は溶かした溶液を購入しますが高くつくので自分で作っていました。
しかし、この教えての回答者の中には専門家と称して、ネットで調べてきて、その結果を書き込む人がいますが、それはインターネット検索の専門家であって個々のジャンルの専門家ではありませんよねえ。なんとも無責任ですが、ポイントを追っかけて折る一部の人だとおもいます。余談になりましたが、結論から言うと、DPD試薬を購入して、定性試験(色が付くかどうか:紫系統)を試みたら良いですが、普通の薬局には売っていません。
試薬屋さんへ聞いてみて購入できます。イエローページで試薬を探してください。または最寄の保健所へ聞いてみれば紹介してくれると思います。
浄水器なら中空糸膜プラス活性炭のカートリッジ式で2万円までであります。有名メーカーが無難でしょう。中空糸膜は原虫(クリプトスポリジウム、ジアルジアなど)にも効果があります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道水の水質チェックをしたいです。

生水は危険と親に言われてきましたが
本当に水道水を飲むといけないのでしょうか?
都内の水は汚そうですが・・
水質をテストする方法はありますか?
・リトマス試験紙
・浄水器の営業の人がやってる黄色になるやつ
とか・・

あと、魔法瓶に水を入れて持ち歩いているのですが
魔法瓶のゴムの味がします(T_T)
なかなか健康でおいしい水を安く飲むのは難しいのかなぁと思うこの頃です。

Aベストアンサー

生水というのは、井戸水のことだと思います。
十分に殺菌されていないと、細菌や微生物などが繁殖することがあります。
実際埼玉で、井戸水より微生物が繁殖して、飲んだ人が下痢や腹痛を訴えた例があります。

水道水には、塩素や発がん性のある、トリハロメタンなどが入っておりますが、飲んだからがんになるほどの量は入っていないと思います。

最近では、オゾン処理を行っており、以前に比べて、塩素の量もカビ臭も大分減っています。

東急ハンズに行けば、簡単な水質検査薬が、1500円くらいで売っています。
色々な種類がありますので、自分が調べたいものを選んで下さい。

ゴムの味は、パッキンの匂いだと思われますので、ホームセンターで、新しいパッキンを購入したほうがいいと思います。出来ればゴムより、シリコンのほうがいいです。

Q残留塩素の調べ方

自由研究で水道水の残留塩素を調べることになったのですが調べ方がよくわかりません。
なにか専用のキット?を買わなくてはいけないんでしょうか?買うとしたらどこで、いくらぐらいで売っていますか?
もし買わなくてもいい方法があれば是非教えてください。
。夏休み一週間きってるんでかなりあせってます!どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

残留塩素の測定ですが、
アクアショップで塩素テスターを1000円程で
売ってますよ。
塩素濃度を細かく測定は出来ませんが、
色の変化によって大まかに測定できます。
塩素が在るか無いか程度でしたら全く問題在りません。
我が家では水槽の水替え用に浄水器を
使用しており、そのフィルター管理用に
塩素テスターを使用しています。
浄水器を扱っているアクアショップなら
必ずあると思います。

Q浄水器の性能のいいものは?

アムウェイの浄水器は世界基準で最高と聞きましたが本当でしょうか?
もっと、専門メーカーで優秀なのがあるのでは?と思っていますが・・・。
また、安物でも「東レ」や「三菱レーヨン」ような一流企業のを、適切に交換するほうが、と思いますが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ
>アムウェイの浄水器が世界基準で最高?

まったく根拠のないことです。そもそも世界基準があることすら変な話、確かにその国ごとに飲用水の水質基準はありますが、浄水器をに関する基準は世界にはありません。そもそもおいしいかいなかは、本人が基準ではないでしょうか?

水処理の関係の設計をしていましたが、東レの技術もかなり良いと判断していました。
おっしゃるように、一流企業の安価なものでも定期的にメンテすれば良いと私は思いますよ。
性能的には、いかに水の中にある不純物をろ過できるかが問題なので・・。おいしいかどうかは、浄水性能とは関係なく、おいしいと人間が感じるのは、硬水又は軟水の区別などで感じるものです。天然水で作ったりんごジュースなんてのも、そもそも田舎の井戸水を活性炭ろ過して、紫外線殺菌したものです。

そんなに気にしなくて、良いと思います。
水道水を入れた容器に備長炭や竹炭をいれて、一日置いておいても、水の味はかわりますよ。参考までに・・。

QPH紙が買えるのはどこ?

理科の実験などで使うPH紙をどこで買えるかご存知の方はいないでしょうか?

Aベストアンサー

実験室では、アドバンテックの製品がよく使われていると思いますので紹介します。
注文は薬局経由で可能でしょうし、営業所に問い合わせてみるのもいいと思います。

まずは、用途に合うものを選ぶのが先決です。

http://www.advantec.co.jp/japanese/hinran/tanpin/phpaper.html

参考URL:http://www.advantec.co.jp/

Qカルキが抜ける時間は?カルキ抜きをした水に添加剤はしない方が良い?

アクアリストビギナーで基本的なことをお尋ねします。
ここのアドバイスやショップの定員さんの話から、水道水のカルキ(塩素)が抜ける時間は
・日光に当てて4~5時間
・外に出してて2~3日ぐらい
・屋内でよいので一週間必要(ぐらいが安心)
(日光に当てるとコケがすぐ生えてしまう→というのはバクテリアが増えて栄養過多てこと?でも、オトシンや石巻貝のエサにはいいかな・・・?)

など、いくつかの異なる答えを頂いています。

以上のことをした場合は、すでにカルキは抜けているので、
カルキ抜きの添加剤(テトラ コントラコロライン等)は入れない方がよいのでしょうか?

以前に、4時間ぐらい外に出しておいた水道水を大丈夫だろうと思って、テトラ コントラコロラインを入れずに1/4換水に使ったら、
翌日、立ち上げからずっと元気だったミナミヌマエビがふらふらとなって☆になりショックでした。
(この足し水の残カルキが原因かはわからないけど、、
そもそもカルキが残っていたかも不明)
それからはこわくて、外で寝かせた水道水でもカルキ抜きの添加剤(テトラ コントラコロライン)を少し入れて換水に使います。
カルキの抜けた水にカルキ抜き添加剤を加えるというのは、
薬付けになって逆に良くないのでしょうか?

どうしたらいいのだろうといつも迷います。
よろしくお願い致します。

アクアリストビギナーで基本的なことをお尋ねします。
ここのアドバイスやショップの定員さんの話から、水道水のカルキ(塩素)が抜ける時間は
・日光に当てて4~5時間
・外に出してて2~3日ぐらい
・屋内でよいので一週間必要(ぐらいが安心)
(日光に当てるとコケがすぐ生えてしまう→というのはバクテリアが増えて栄養過多てこと?でも、オトシンや石巻貝のエサにはいいかな・・・?)

など、いくつかの異なる答えを頂いています。

以上のことをした場合は、すでにカルキは抜けているので、
カルキ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>カルキ抜きの添加剤(テトラ コントラコロライン等)は入れない方がよいのでしょうか?
入れる必要がありません。
塩素チェッカーで計測すれば瞬時に確認できます。

>・日光に当てて4~5時間
中和できていないはずです。
>・外に出してて2~3日ぐらい
3日で抜けます。

中和剤を使用しないときには、24時間エアレーション。
この水が二酸化炭素も抜けて、使用するには一番良いでしょう。

ハイポ(中和剤)を20リットルに1粒で、30秒後には確実に中和されています。

>薬付けになって逆に良くないのでしょうか?
入れすぎても大した弊害を感じた事は有りませんし、4分の1の水換えで水道水を直接入れても弊害を感じていません。

ホームセンターで塩素チェッカーが2000円前後で販売されていますので、購入されると迷う事はなくなります。

Q水道水と井戸水の見分け方

 風呂場にいくつも蛇口がついているのですが、
もう10年以上前なのでどれが水道水でどれが井戸水か
分からなくなってしまいました。
 水道水といっても田舎なのでそれほどカルキ臭くなく
どうやって見分けたらいいかわかりません。
 何か科学的にいい方法はないでしょうか?
リトマス紙みたいな。

Aベストアンサー

No.1の方も書かれていましたが、科学的にということならやはり塩素の測定がよいと思います。

水道水と井戸水の判別のためだけなら(残留塩素の濃度を求めるのでなければ)、1200円前後の残留塩素の測定用の試薬だけ購入されて、透明の空き瓶などでチェックされるので十分かもしれません。
塩素が含まれている水(水道水)は赤っぽく着色します。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Qオルトトリジンについて質問です。

先日、とある健康食品の販売員が水道水に試薬を入れ、変色後SODウォーターと言う液を入れると透明に戻ると言う実験を見せられました。
この時は、塩素の発 がん性を主張し、このSODと言う酵素が無害化するとの説明を受けました。しばらく後にこのオルトトリジンは禁止試薬であり、発がん性の危険がある事がわかり、販売員に伝えたところ、
「そんな事は知っている、だからSODという酵素で有害を無害にするところまで実験している」との返答を受け、????状態でした。
もはや最初の塩素除去の事すら疑わしくなって来ました。
と言う事で、私が知りたいのは
1、SODと言う酵素はオルトトリジンの有害性を無害化する効果が本当にあるのか?
2、SODは塩素の無害化は本当か?
3、この実験を伴いSODウォーターを売ると言う行為に問題は無いのか?
以上、やや質問の趣旨が雑多になって申し訳ありませんが一つでも結構ですので、教えていただきたいと思います。
出来ればお答えの参考も添えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

禁止試薬というものはありません。
たしかにオルトトリジンは特定管理化学物質に指定され、管理が必要です。

私はSODなるものを知りませんし、調べる気もありません。
その上で、

1.無い。単に残留塩素が分解されているだけ。
2.本当。レモン汁一滴で、コップいっぱいの水の残留塩素が簡単に分解されます。
3.素人相手に実演販売、問題です。エセ科学と言われても仕方なし。(テレビCMのイメージ映像も似たりよったりだが)

特に1. は、本当に無害化されるなら、0.1%オルトトリジン溶液コップ一杯、飲んでもらってください(塩酸酸性だったような)

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Qたまに水替えしてのショックよりも頻繁な水替えできれいな水にした方が良い?

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日きれいな水を1/4入れ替えています。

それからは魚、エビ(の動き)がとても安定しているように見えて、
今のところ死魚が一匹も出ないようになりました。
水替えにも、魚は「また来たか」て感じで(魚の気持ちは、わかわないけど・・・)、毎日の行事にしています。

たまの水替えペースのために、水が汚れてしまうより、あるいは、その時に水質が突然変わり、ショックを与えるよりも、、、
頻繁な水替えできれいな水になるべくしていた(これも魚にとってショックを与える)方が良いのでしょうか?

でも、頻繁な水替えはバクテリアを減らしていることなので
良くないのかな・・・とも思うのですが、、、

いまのところ(水替えしなかった時よりも)調子いいですが。。。?

わかりずらい質問、書き方で申し訳ありません。

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日き...続きを読む

Aベストアンサー

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをしていると疲れるんですよね...
もうちっと、論理的にいきたいところです。
===========================

ビギナーなら「正しい水替え」を知りたいところでしょう。
が、「正しい水替え」って、どこのサイトさんでも詳しく解説されていないんですよ。
私としても、解説できるかな?なんて思ったのですが、ほぼ飼育法全てを解説するほどのもの凄い分量になります。
なので、さわりだけは説明させて頂きます。

■水替えする目的
(1)pH(アルカリ度)を適正範囲に戻す。
(2)水の濃さ(浸透圧,硬度etc.)を適正範囲に戻す。
(3)余剰汚泥の除去。
(4)微量元素の補給。
(5)飼育水の富栄養化を防止。(コケの栄養源を取り除く)
<特別なケース>
(6)アンモニア,亜硝酸を除去。(水槽立ち上げ時など濾過不足の場合only)

≪残り餌,排泄物→アンモニア(猛毒)→亜硝酸(有毒)→硝酸(ほぼ無毒)≫
というのが生物濾過の構図ですが、最終生成物の硝酸はpHを酸性に傾けます。
水棲生物には生物毎に、生存可能なpHの範囲があり、その範囲を外すと体調を崩し、死んでしまいます。
そこで、pHを定期的に計測しながら、硝酸(塩)の蓄積を追っていくわけです。

この時の前提条件として、水槽内に水質を変化させるようなものを入れないことが挙げられます。
水質を安定化する底床,濾材は全部NG。思わぬ水質急変を引き起こすキッカケとなり得ます。
現実として、水質を変化させるもの(特に底床)は沢山あるわけですが、
それを使用する場合、それぞれの性質を熟知して使う必要があり、
特に不都合な環境を引き起こすトリガー条件を把握する必要があります。
これは、いちいち解説していられません。ゴメンネ。

基本的に水道水はアルカリ性(1日放置して計測)で、餌が硝酸塩に変化することにより、pHは徐々に低下します。
ある程度下がったら、水替えでpHを引き上げます。
この下がる周期が個々の水槽の水替え周期と言えますね。(あくまで基本)

期間が経つと、pHの下がる周期が早くなってきます。
これは硝酸が硝酸塩として濾材や底床に入り込んでいるためだと思われます。
よって、水を換えてpHを上げてもすぐに硝酸が溶け出してpHを下げるわけです。
ここで、底床クリーナーで掃除,もしくは軽くリセットを掛け、硝酸塩を洗い流すと、またpHの下がる速度が遅くなります。

もう一つは、水の濃さです。
餌をやることで、様々な物質が水の中に溶け込み、水は濃くなっていきます。
魚は飼育水の浸透圧に合わせて適応していきますが、濃くなり過ぎると代謝機能が不健全化します。
で、水替えで濃くなり過ぎた飼育水を薄めてやることになります。
この時、大量換水で、あまり濃度差を付けてしまうと、魚が急激な変化に対し、
浸透圧の調整に対応しきれず、細胞が破壊され大やけどと相成ります。

--
ついでに、複合パターンの一例を出しておきます。
底床に大磯砂を使っていたとします。
未処理の大磯砂にはサンゴや貝殻が入っていて、主成分が炭酸カルシウムです。
ここに硝酸が加わると、炭酸カルシウムと硝酸が反応して、硝酸カルシウムが生成されます。
すると、本来、硝酸が増えたことにより下がるはずであったpHが下がらずに弱アルカリ性で固定されます。(pHの緩衝作用)
その代わりに、カルシウムの溶出により全硬度GH(これも濃度を示す一指標)が上昇します。
この場合、GHの動向を追うことで、水替えを行うことが出来ます。

まあ、こんな感じで、水槽内の状況を推測していくことができるわけです。

なお、pHを単発で計測しても、それほど意味はありません。
雑誌に最適pH6.5~6.8と書いてあるからと言って、そこに合わせる必要などないわけです。
pH7.5であっても、魚が調子良ければ、全く問題ありません。
しかし、継続してグラフ化して変化を追っていくことで、異変を事前に察知することができるようになります。

そのうち、魚よりもさらに生育条件が厳しい水草の育ち具合や、泡の消え方、
魚の様子,貝の様子などで、徐々になんとなく水槽内の状態を掴めていけます。
「数値に拘りすぎると良くない」とも言われますが、目安となる物差しがないと、経験も蓄積していかないということです。

さわりだけでしたが、pHベースの飼育法でした。
週○回1/○の換水なんていう、初心者仕様の水替え方法からの脱却です。
取り敢えずは、pHを定期的に計測していくことでしょう。
ペーパーでは大まかな数値が取れないので、試薬かpHメーターをお求め下さい。
http://aquamindlaboratory.com/products/new.html
pHが予定より下がった時だけ水替えすれば良いので楽ですよ。

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報