色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

チオ硫酸ナトリウムの滴定

チオ硫酸ナトリウムの滴定で、溶液が淡黄色になってからデンプン試薬を加える理由はなんですか?ヨウ素が多量に存在している時にデンプン試薬を加えて滴定を続けると誤差が出てしまうのは何故なのでしょうか?

A 回答 (1件)

本当はプロでも難しく、淡黄色では既に遅いのです。

そこは経験あるのみ。それは学ぶしかありません。今回は余り早くデンプン液を加えると「終点」が見にくい、あせって早めに入れたりすると、デンプンとヨウ素の強い複合体が出来「終点」を超えても色が消えなくなるのです。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング