「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

塩化アンモニウムが必要になりましたが、薬局では取り合ってもらえませんでした。
通販を見つけましたが、送料を考えると、店で直接、購入することを希望します。

東京近郊で、購入出来る店をご存じでしたら、教えてください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

必要量とグレード、用途はなんですか?


1級試薬500g瓶なら薬局で取り寄せられないなんて、たかが塩化アンモニウムで有り得ません。
普通に乾燥剤(水取りぞうさんの類の押入乾燥剤とか)として使われている物質で、劇薬でも無いですし。

薬局だとたしかに乾燥・融雪用塩化アンモニウムフレーク20kg袋は扱って無いとは思いますが、送料が見合わないという事は欲しいのは500g瓶ですよね?
ひょっとして薬局じゃなくて薬店に行きませんでしたか?
薬店だと薬剤師がいないので、法的に販売はできてもし入れルートが無いかもしれません。
調剤薬局という看板の出ている薬局でしたら取り寄せ可能です。(さもなくば調剤できませんから)

この回答への補足

早速の回答、ありがとうございます。必要量は500gです。特殊なものは、求めていません。

大変、恥ずかしいんですが、薬店と薬局の区別が付きません。店頭で、どのように判別するのでしょうか?

補足日時:2005/12/19 19:36
    • good
    • 0

工業薬品を扱う 薬局はそばにないでしょうか?


参考までに、水取りゾーさんみたいな水分取りは、塩カルです。
欲しいものが 硫安なら肥料店にも有るかも??
硝安は、手に入りにくいかもね。

普段から試薬を使うことが多いのなら、
薬品の代理店を探しておきましょう。
そうすれば 世の中に有る試薬の9割以上が数日以内で入手可能。
法律に触れる試薬は 入手不可能かもね?
過去の実績で 入手できるかは決まります。  
    • good
    • 0

もしかしてドラッグストアのような店に行きませんでしたか?



ドラッグストアのような店だとバイトが多いのでその場にないものは「ないですね~」で取り合ってくれません。

昔からあるような町の小さい薬局の薬剤師さんを訪ねてみてください。
(でも取り寄せになる場合もあります。)

もしくは・・・一般人相手に取り合ってくれるかはわかりませんが、大学や研究所などに試薬を卸している専門業者に問い合わせてみるのも方法の1つかもしれません。

東京ならたくさんありますし、質問者さんが何に使用されるかはわかりませんが、塩化アンモニウムは毒物でも劇物でもありませんのでもしかしたら売ってくれるかもしれません。

http://www.wako-chem.co.jp/
http://www.wako-chem.co.jp/link/index.htm
    • good
    • 1

薬店とは薬種商という資格を持った人がやっている店で、


処方箋を必要としない、パッケージ化された薬品のみ扱えます。

薬局とは薬剤師がいて、処方箋による調剤の出来るお店です。

法的な分類では薬店なのに『薬局』という名前で店を出している場合が実際多いので、“処方箋受けつけています”と店頭に掲示している所は確実に薬局であるとわかるのですが、薬剤師は居るけど処方箋は扱っていないという薬局も実際にあるので、その場合はお店の人に聞いてみないと薬局なのか薬店なのかの区別はつかないです。

今回は別に薬局と薬店を見分けるのが目的じゃ無いですから、“処方箋受けつけてます”という掲示のある薬局に行けば良いと思います。最近はドラッグストアでも処方箋扱っている所が多いのでそんなに探しまわらなくとも見つかるでしょう。

ちなみに薬局だと手に入るのは大概特級試薬という最高グレードのもの(基本的に仕入れ先が医薬品問屋だから)なので、神田の理化学材料屋とか、あればですけど東急ハンズの店頭在庫の方が安いかもしれません、塩化アンモニウム程度ですとワンランク下の一級試薬も手に入る可能性があります。とはいえ、探す手間と交通費考えると特級でもかまわないとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早速探してみます。

お礼日時:2005/12/19 20:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銅の表面に人工的に緑青(りょくしょう)を作るには?

銅製の表札を購入しました。なんとかアンティーク調にしたいと考え、いろいろとホームページを見たところ、緑青(りょくしょう)という処理があると書いてありました。銅は年数が経つにつれて錆びてくるのですが、それを人工的にやる方法があるそうです。そこで、その方法をご存知の方、「具体的な方法」を教えてください。

Aベストアンサー

東急ハンズにその手の薬品が売っています。
あと、自分がやった事があるのは塩化亜鉛(劇薬)
で、錆を出させた事もあります。でも結局は雨曝
しでほっておくのが一番きれいな気きがしますけ
どね。

marimo_cx

Q緑青の作り方は?

染めの原料として緑青の粉を作りたいのですが、銅に水をかけてもバーナーであぶってもなかなか錆びてくれません。鉄のようにすぐ錆びてくれる良い方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

染め物に使えるかどうかは別として
金属銅を簡単な錆させる方法は.

銅板の上に銀の粉を置く(ごく少し.1粒程度でかなり効果があります)
塩を少し(ppmくらいの分量で効果があります)入れる
水を少し入れ.しんとうを与え.空気と水が相互にかぶるようにする
銅板を釘(金ブラシ)で引っかき.表面に傷をつけておく

位でしょうか。水と空気を相互に与えること.ごく少量の塩素があることが重要です。最初に少し.さびれば(銀や傷をつける理由).後はかなり早くなります。
最後に.銅板は.電気銅を使用すると.大体がさびません。精錬銅を使用して下さい。

Q塩化ナトリウム

訳あって、塩化ナトリウムのみを1kg程手に入れたいのですが、
近くのスーパーの塩のコーナーでは、一番近いものでも、
「塩化ナトリウム+炭酸マグネシウム」が成分になっていました。
塩化ナトリウムのみというのは、
どこで手に入れることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

薬局で売っています。
店頭にないかもしれませんので、お近くの薬局で注文して下さい。

日本薬局方 塩化ナトリウム
で注文して下さい。

Qどうして吸熱反応!?

昔、学校でクエン酸と炭酸水素ナトリウムを混ぜると
吸熱反応になるという実験をして、
その解説も先生にしてもらったのですが、
その内容をあまり覚えていません。
しかし、最近、家で余ったレモン水と重曹で
同じ実験をやってみたところ、興味を持ってしまい、
なぜこうなるのか理由を知りたくなってしまいました。(^^ゞ
どなたか説明していただけませんか?
ちなみに、私の化学に対する知識は、
中学生が高校化学をかじった程度と思っていただければ結構です。
↑成人してるのにお恥ずかしい・・・

Aベストアンサー

熱を出すモノ…火とかホッカイロとかいろいろありますよね。吸熱する現象は珍しいから興味持ちますねぇ。
クエン酸と炭酸水素ナトリウムを永遠に混ぜ続ければ、地球の温度をマイナスにできるかも、って思いますが、残念ながらムリであります。原料のクエン酸や炭酸水素ナトリウムを作っていく上で、やはりどうしても熱が発生してしまい、結局吸熱よりも発熱の方がトータルで大きくなってしまいます。
なぜ、その反応が吸熱なのか、発熱なのかってのは、物質固有の持っているエネルギーが原料よりも、できた生成物のほうが高い、低いってハナシです。エネルギーは目で見えないから分かりづらいすねぇ~

Q試薬の入手方法

学生ですが危険なことには使いません。肥料を調合するのに使いたいと思います。(肥料を買うのもよいのですが・・・高いですし、実験も兼ねて。)
硝酸カリウム、硫酸マグネシウムなど、肥料に使うのは数グラムでよいのに、中村理科工業などの通販では500g単位それぞれ1000~2000円となってしまい、すべて揃えようとすると、高くつきそうな気がします。その上、その注意書きをよく見ると、薬品の通信販売は行っていないそうです。(当然未成年ということもあるかもしれませんが)
確かに危険なので通販では入手できないかと思っていましたが、かといって近くに“試薬を扱っている薬局”などはありません。
学校の先生に質問するつもりですが、そのまえにこちらでこの休日中に質問させて頂きます。
(1)個人には試薬(少量でも)は販売されていないんでしょうか?
(2)試薬を扱うに当たって何らかの資格は必要でしょうか?
(3)“試薬を扱っている店で入手できる”とよく雑誌で見ますが、そんなに身近にあるものでしょうか?

長文で申し訳ありませんが、ご返答お願いいたします。

Aベストアンサー

試薬の販売単位の件ですが、通常、もっとも安い物でも1000円を少し切る程度です。
おそらく、硝酸カリウムや硫酸マグネシウムは、非常に原価の安い部類の試薬だと思いますので、最小販売単位は500グラムだろうと思います。それ以下のサイズのものを作っても、価格を安くすることはできないのです。つまり、安い試薬のコストは、包装や販売にかかる費用が大部分ということになり、それに関してはサイズによる違いは少ないということでしょう。

ただ、試薬にはグレードがあり、純度によって価格が違います。少量しかいらないというのであれば、高純度のものを買えば、小さい単位で買えるかもしれません。しかし、値段は低純度のもの500グラムと同程度またはそれ以上になることが多いでしょう。

要するに、少量しかいらないとしても、トータルのコストを下げることはできません。

また、一般論として、肥料よりも試薬の方が高価であると思います。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q酢酸銅の作り方

硫酸銅水溶液から酢酸銅水溶液の作り方を教えてください。

Aベストアンサー

酢酸カルシウム(溶解度400g/L)溶液を当量より多少少なめに加え、生ずる硫酸バリウムを吸引濾過した後、通常の濾過します。
この溶液に酢酸カルシウムか酢酸バリウム濃厚溶液を1滴ずつ加え、沈殿が生じなくなるのを確認します。
なお酢酸銅(II)の溶解度は72g/Lです。エタノールに溶けるのでエタノールから再結晶するのが良いかと思います。
通常は(CH3CO2)2Cu・H2O の一水和物です。100℃で無水物となります。

注目!)英語版wikiによればよりよい方法はアンモニアと酢酸から作る方法だそうですのでそれを書きます:
2 CuSO4.5H2O + 4 NH3 + 4 CH3COOH → Cu2(OAc)4(H2O)2 + 2 [NH4]2[SO4] + 8 H2O
Cu2(OAc)4(H2O)2としてありますが、これがより正確な構造式のようです。構造図があるので見ておいて下さい。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Copper(II)_acetate


人気Q&Aランキング