Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

灯油18リットルを少なめに購入して、30分ほど走り、
そのあと、車の中に2時間ほど置いておくことは安全でしょうか?
今の時期だと、車の中はそんなに温度は上がりませんが、夏場とかだと危険なのでしょうか?
詳しい方、回答をお願いします。

A 回答 (3件)

灯油の引火点は40℃。

灯油の温度が40℃以上になり、気化ガスがタンクから社内に噴出し何らかの原因(静電気)で火花が飛び散ったら車内はガソリンエンジンのシリンダー内のような爆発が起きます。車は吹っ飛び火災が起きるでしょう。灯油はタンクから漏れ火災となることでしょう。
容器以外に厳密な規制はないようですが炎天下の車内に置いて事故が起きれば何らかの責任は問われると思います。ポリタンクでなくガソリン携行缶なら安全性は高いです。自己責任です。

タンクを断熱材で巻いておけば危険性はぐんと下がると思います。衝突したときは大変危険ということもあります。

灯油の運搬と容器
http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/seikatsu/mi …
    • good
    • 0

倒れないように固定してあるんだったら、まあマシです



ただこの季節でも(外気温が21度ぐらいでも)晴れた屋外で炎天下であれば、室内は50度以上になる事もあるので、危険といえば危険です。
    • good
    • 1

大丈夫だぁー!

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています