外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

iPhone

ストレージとiCloudの違いというか
使い道を教えてください。

A 回答 (2件)

ストレージとは英語で保管の意味です。



この場合のストレージは、iPhone本体の保存領域を意味していますね。iPhone買うときに決めた64GBとか128GBというのがこれです。

一方でiCloudは、インターネット上にあるストレージです。無料では5GBしか使えませんので、この状態では大きな容量が使えるとはいい難いです。有料にすれば増やせますが毎月130円払っても50GB。これも最近のiPhone本体ストレージより小さいです。1300円払うと2TBになりますけどね。

使い道ですが写真やアプリなどデータは基本的にiPhoneのストレージに入れて、そのバックアップをiCloudに保存するという使い方です。

しかし最近はiPhone本体ストレージの容量が大きくなりiCloudの5GBじゃiPhone本体まるごとのバックアップデータは収まらなくなっています。

なのでバックアップというよりは、他のiOS端末(iPadなど)や、パソコンとのデータ共有のために使う、という感じではないでしょうか。
    • good
    • 0

ストレージは内部保存


|容量は少ない
|読み出し、書き出しの速度は抜群に速い
|どれだけ読み出し、書き出し しても課金される事は無い


iCloudは外部保存
|容量が大きい(広い)、別のサービスでは無制限もある
|読み出し、書き出しの速度は接続しているネット環境に依存するが基本的に遅い
|接続しているネット環境によっては読み出し、書き出しの度に課金される可能性がある


普段の利用はストレージで十分

月1回程度のバックアップ作業の保存先にiCloudを指定するのが定石

容量が大きいからとiCloudに同期設定を行うとパケ死に陥る


悪例)10MBの動画をダウンロード視聴した場合

非同期設定なら10MB分のパケット消費で終わるが

同期設定が有効だと、iCloud側へのアップロードが実行され

更に10MB分のパケット消費が発生し

結果20MB分のパケットを消費する

そして視聴の度にiCloud側からダウンロードしてくるので

月末を待たずにパケット定額の契約容量を使い果たしパケ死に至る
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qiphoneの容量とバックアップ容量が一致しない

iphone5S 64GBを使っています。

itunesに繋いでデータ容量の内訳を見ると
音楽 1.3GB
写真 19GB
アプリ 26GB
その他 4GB  で合計で約56GBを使用しています。

次にitunesを使ってiphoneの完全なバックアップをとりました。
バックアップ先のフォルダ容量を調べてみると24GB程度しかありません。

質問:
なぜiphoneのデータ容量とバックアップ容量がこれほど違うのでしょうか?

アプリの一部データ(動画ファイルなど)がバックアップされていないのかも
しれませんが、それでも30GB近く異なっています。
もしかして写真がバックアップされていないのでしょうか?

Aベストアンサー

バックアップファイルには、電話帳データやアプリデータ、カスタマイズ情報、のみが収められています。

・音楽ファイル
・写真の、PCからの同期分
・アプリ本体
・OS本体
は、含まれません。

それぞれ、
・音楽ファイルはPCから同期してきたもの→バックアップ不要。
・アプリ本体は mobile Applications フォルダにあり、バックアップファイルに含める必要がない。また、そこに無くても、App Store にある。※無くなっている場合復元不可
・OS本体は(バックアップの)復元により書き変わることが無いのでバックアップ不要。

ですので、写真データと連絡先データ、各アプリ内で持っているデータ、合わせて24GB程度、と言うことになったのでしょう。

Qストレージを1.8GBしか使用してないのに…

今年七月からiPhone5cの16GBを使用しているのですが、一週間ほど前から、「ストレージの空き容量がありません」というメッセージが頻繁に表示されるようになりました。
そこで「設定」→「一般」→「使用状況」と見ていったら、使用済みが12.7GB、使用可能が0GBになっていました。
ですが、ストレージを管理で見てみても、一番多く使っているものでも写真とカメラで677MBしかありません。
ミュージック248MB、LINE217MB、GMaps60.2MB、Safari16.6MB…と足していっても、全部で1.8GBしか使用していない計算になりました。
使っていないアプリや元々枚数の少ない写真などを削除しても使用可能は増えず、試しに電源を落として再起動させたら使用済み11.5GB、使用可能1.2GBと変化しました。
いったいこれはどういうことなのでしょう?
何がiPhoneの空き容量を圧迫しているんでしょうか?
お分かりになる方いらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

考えられる可能性はゴミです。
これはコンピュータに共通の要素ですが、ファイル管理機能にはトラブルがつきもので、その際に管理エラーによってどのアプリにも属さないファイルが蓄積されることがあります。
これをわかりやすく表現するとすれば、ゴミだと言えます。

少し具体的な例を挙げると、汎用コンピュータの場合、搭載されているRAMよりも多くのメモリーを必要とする事態が起き得て、その際にはRAMの一部をファイル吐き出す作業が行われます。
そこにファイルの管理エラーが伴うと、大きなゴミが生成されやすくなります。

更にiOSでは、アプリのインストールが完了せず、再起動しない限りアイコンが消えないような事態に陥ることがあります。
こういった際にも、インストール途中だったアプリが除去されずに使われることもなく残っている可能性が考えられます。

こういったゴミは、新しいOSがリリースされバグが多く残っている時期に、より生成されやすくなります。

iPhone5cが発売された時に搭載されていたiOS7や最新のiOS8は、以前のiOSバージョンよりも目立ってバグが残っていると感じています。
私自身、何度もiPhoneがリセットされ再起動するバグに悩まされていますが、こういう時にもゴミが生成されやすくなります。
生成されたゴミを除去するには、復元をおこなうしかありません。

iCloud または iTunes で iPhone、iPad、または iPod touch を バックアップして復元する
http://support.apple.com/ja-jp/HT1766

考えられる可能性はゴミです。
これはコンピュータに共通の要素ですが、ファイル管理機能にはトラブルがつきもので、その際に管理エラーによってどのアプリにも属さないファイルが蓄積されることがあります。
これをわかりやすく表現するとすれば、ゴミだと言えます。

少し具体的な例を挙げると、汎用コンピュータの場合、搭載されているRAMよりも多くのメモリーを必要とする事態が起き得て、その際にはRAMの一部をファイル吐き出す作業が行われます。
そこにファイルの管理エラーが伴うと、大きなゴミが生成され...続きを読む


人気Q&Aランキング