マンガでよめる痔のこと・薬のこと

誰か一緒に考えてください!!
学校で、自分史を書くことになりました。

書くとしたら、家庭科部で部長だったことか、職場体験で保育士の仕事をやってみたことについてかなって思ってるんですけど…
あまりかけるような事は体験してなくて困ってます。

部長のことをかくなら、周りを気にかけて行動できるようになったと

職場体験のことをかくなら、積極的に行動できるようになった

という感じで書こうと思ってます。
一生のこるので、何かうまいこといいたいのですが、考えられなくて。。
嘘でもいいので
誰か一緒に考えてもらえませんか?

A 回答 (1件)

自分史とは学校の文集か何かですか?書くとしたら多少誇張してもいいと思いますよ。

でも、明らかな嘘や不自然なことは書かない方がいいでしょう。嘘でもいいならちょっと例を出してみましょう。
 「私は、家庭科部で部長を務めていました。部長となると部を代表して部員たちを動かさないといけません。そんな責任のある仕事の中、学んだことが二つありました。
  一つは、先輩としていろいろ後輩に指導できたと思うことです。1年生が入部したときは、料理のイロハを全く知らない人ばかりでした。それどころか、洗い物のやり方をきちっと知らない後輩もたくさんいました。部活をする上で基本的なことなのにこれではいけないと思い丁寧に指導しました。すると、1ヶ月もすれば後輩達はしっかりと洗い物がきちっとできるようになり、丁寧に速くできるようになりました。これは、私が1年のときは、3ヶ月ぐらいかかる領域が後輩達はそれを2ヶ月速くできるようになったのです。これは、指導のしがいがあると同時に後輩から学ぶこともあったと思いました。
  二つ目は、文化祭のときにどう予算を配分するかでした。家庭科部に当てられた予算は高くありませんでした。ほとんどは、運動系の部に当てられたため工夫する必要がありました。家庭科部では、定食ものを出し物として出す予定でした。調理器は、元々家庭科室を使っていたから問題はありませんでした。問題は材料でした。予算だけでは足りないので部員達と協力して調達しなければいけませんでした。それでも足りませんでした。そこで、部員達にクラスの友達に声をかけて材料をもらえないか指示しました。私も自分のクラスや1年と2年の時同じクラスだった友達に頼みました。それと同時に先生にも分けてもらえないか頭を下げました。すると、みんな夕食のためにスーパーで買いすぎた食材がありすぎたために喜んでもらうことができました。他の部員たちもいい友達がたくさんいた為に本来必要な予算以上に材料を手に入れることができました。これらのから文化祭を通して人と人との繋がりは大切であるということを学びました。
  これが家庭科の部長として学んだことです。これらの経験は学校生活を通していい思い出になりました。社会できっと活かせると思います。それだけ、家庭科の部長の仕事はやりがいがあると今でも感じています」

  これが、私が考えたものです。かなり、臭い内容かもしれません。これは私の経験によるものではなく創作です。もし、使えそうなら使ってみるのもいいでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報