マンガでよめる痔のこと・薬のこと

生体を構成する元素の割合(ヒト)は
生重量では O C H N
乾燥重量では C O N H
となっている(教科書より)のですが、なぜこのような順になるのですか??
特に、水のH2OによりHが1番、Oが2番目に思えるのですが…( ; ; )

A 回答 (1件)

原子量が全然違いますよ。


C:12 O:16 N:14 H:1 です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに…!そうですよね、ありがとうございます

お礼日時:2017/12/21 17:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乾重量と生重量の違い

乾重量と生重量の意味の違いがよくわかりません。

●子葉の乾重量
●子葉の生重量

とはどういったことを指してるのか教えて下さい。

検索してみましたが、いまひとつ意味合いがはっきり
しませんでした。
これは水分を含んでいるか、含んでないかだけの違いと
いうことでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

子葉の乾重量と子葉の生重量とは、
水分を含んだ生の状態と、
乾燥させた状態です。

乾燥ですが、熱風乾燥、フリーズドライ、天日乾燥、
水分を含んだ乾燥(乾燥芋、魚開き、燻製など)
多種に登ります。

水分量を重量を目安に比較して行きます。
成分も5倍になり、
ダイオキシン濃度も5倍になりますから、この点では注意が必要です。

間違っても、5倍検出なされないで下さい。^0^

Q炭素

「人体の乾燥重量の2/3は炭素である。」

このような文がありました。
よく、意味が分からないのですが。

まず、乾燥重量とは何ですか?
人って60%が、水なのでは?

Aベストアンサー

乾燥重量→水分を抜いた重量ではないかと思います。
>人って60%が、水なのでは?
 →残りの40%の内2/3が炭素
 →つまり26.6%が炭素、その他13.3%
全体重の比率は
水:炭素:その他=60:26.6:13.3

Q人体を構成する元素

人体を構成する元素について調べています。
ある資料を見ると、人体に最も多く含まれている元素は「水素」で60パーセント以上だとあり、また別の資料では「酸素」で約60パーセント以上だとありました。どちらが正しいのでしょう?
人体の約70パーセント以上が「水」だということであれば、「水素」が最も多いという説明になりそうなのですが・・・お願いします。

Aベストアンサー

 No1の方のとおり、重量比で並べれはO、原子数ならHですが、Hを第一位とは、普通しません。

これは、大学の教科書レベルの問題です。ですから、改まったデータが無くても、計算可能です。

 人体の組成は、人によって異なりますが、水分60%、タンパク15%、脂質20%(人によって、男女によって異なる)、微量元素5%と仮定すれば、計算できます。
 水分はHとO、タンパクはCとHとOとN、脂肪はCとHとOがほとんどすから、タンパクはロイシンあたり平均に見立て(タンパクの平均窒素量は14%とされている)、脂肪はリノール酸でも平均と仮定すれば、計算できるでしょう。

 60%の酸素を第一位に挙げるのは、栄養素としては微量元素が問題になるからです。微量元素は、原子の数ではなく、微量というように1日何mg必要、と表現します。原子の存在比は、どうしても重量で元素を並べるからでしょう。原子数では、教えたことはありません。

Q生体構成元素について

生体を構成する元素にはどのような物があるか教えて下さい。
特にFe,Mn,Mgについて、どのくらい使われているのか、どれだけ重要なのかが知りたいです。
できれば植物もしくは光合成微生物についてそれを知りたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

植物の生命の維持や成長に対して必要欠くべからざるものを必須元素といい、次の16種類が挙げられます。すなわち、C,O,H,N,S,P,K,Ca,Mg,Fe,Mn,Cu,Zn,B,Mo,Clの16元素です。このうち、前半の9つは特に多量に必要とされるため多量元素、残りの7つを微量元素といいます。植物体内にはこのほかにもSi,Al,Na,Iなどが比較的多量に含まれており、これらが欠けても正常な発育ができないという人もいます。ご質問のFe,Mn,Mgの生体内における割合については手元の資料に記載されていないため分かりませんでした。その役割について、まず鉄は葉緑素の生成に密接に関与しており、鉄が不足すると葉緑素の生成が妨げられます。また、鉄は植物体内の呼吸作用に関係のある酵素の重要な成分です。その2価と3価の荷電変化によって呼吸基質から分子状酸素に至るまでの電子伝達の中間体として働いています。次にマンガンは各種の呼吸酵素の賦活材として働いており、マンガンの供給により通気不良に対する抵抗性が助長されます。またマンガンは植物の窒素代謝や、光合成過程の中の水の光分解にも関係するといわれています。最後にマグネシウムは葉緑素の構成成分として全ての緑色植物にとって必要です。また、マグネシウムは種々の重要な代謝過程において、特にリン酸代謝に関係する酵素や光合成酵素の作用と密接な関係があるといわれています。加えてマグネシウムは植物体内でのリン酸の移動にも重要な役割を果たしています。
以上で大体のことは説明しましたが、更に詳細な説明は養賢堂の農学大事典等を参照してください。

植物の生命の維持や成長に対して必要欠くべからざるものを必須元素といい、次の16種類が挙げられます。すなわち、C,O,H,N,S,P,K,Ca,Mg,Fe,Mn,Cu,Zn,B,Mo,Clの16元素です。このうち、前半の9つは特に多量に必要とされるため多量元素、残りの7つを微量元素といいます。植物体内にはこのほかにもSi,Al,Na,Iなどが比較的多量に含まれており、これらが欠けても正常な発育ができないという人もいます。ご質問のFe,Mn,Mgの生体内における割合については手元の資料に記載されていないため分かりませんでした。その役割につ...続きを読む

Q透過率から吸光度を計算する際のlogの計算がわかりません

75%の透過率から吸光度を算出
その際のlogの計算が解けません。
75%(75/100)を両方を5で割って、
75/100=15/20=3/4
log10(3/4)=log3ー2log2
=0.477ー0.301
=0.175
と算出出来たのですが、0.125が正しい答えなのですが…。
計算はどこが間違っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

吸光度=-log(透過率/100)
=-log(75/100)
=-log(3/4)
=-(log3-log4)
=-(log3-2log2)
=-(0.477-2×0.301)
=-(0.477-0.602)
=0.126

Q染色体の短腕長腕をp q と表す語源は?

染色体の短腕をp 長腕をqで表します。この語源は何でしょうか。もとは何語でしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

短腕の p は petite (プチ) からきてます。フランス語の「小さい」です。
長腕の q は、p の次の意味です。

以下、参考URLからの抜粋。

Scientists have labelled each of the arms of a chromosome. The short arm is called "p" for petite or small. The long arm is called "q" simply because it's the next letter in the alphabet!

参考URL:http://members.optushome.com.au/karens/t5.htm

Q酵素の反応速度論

酵素の反応速度論についての実験をしました。Lineweaver-Burk plotやHanes-Woolf plotで解析し、Vmax,Km,Kiなどを求めました。
実験中は実験をただ進めることに集中してしまい、考えていなかったのですが、これら(Vmax,Km,Ki)の値から、酵素についての何が分かり、それを酵素科学の研究などにおいてどのように活用できるのでしょうか?どなたかご教示ください。よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

エンドポイントアッセイ(終点分析法)は目的成分と試薬を反応させて、全てを生成物に変化させたあと、吸光度の変化総量を測定して、目的成分を定量する方法です。エンドポイントに達するまでの時間は、Km値が小さく、Vmaxが大きいほど短くなります。

レートアッセイ(初速度分析法)は目的成分と試薬を反応させて、その反応が進行しているときの速度を単位時間当たりの吸光度変化量として測定し、目的成分を定量する方法です。レートアッセイは1次反応領域で吸光度変化を測定するので1次反応領域が大きい方が適しています。従って、Km値が基質濃度より十分大きい必用があります。一般的に1次反応領域は[S]≦0.05Kmです。ゆえに、レートアッセイは全ての酵素で成立するわけではありません。また、用手法での測定は困難なので、自動分析法で使用します。

自分が知ってるのは医学の分野だけなので、知識に偏りがあるかもしれません。お役に立てればいいのですが…

Q履歴書の志望理由

履歴書の志望理由

わたしは病院就職希望の臨床検査技師です。
地元の病院(実家のすぐ近く)を受験するのですが、
以下のような志望動機を書こうと考えています。

「貴院を志望した理由は、貴院が幼い頃から身近な存在であり、
家族がお世話になったこともある、とても信頼できる病院だからです。
また、地域では数少ない総合病院なので、
今までに学んできた知識や技術を役立てることが出来るとともに、
更なる専門性の高い検査技術の会得にもつながると考えます。
現在私は細胞検査士資格取得に向けて勉強中なので、
がん診療連携拠点病院として指定されている貴院で、
将来的には病理部で細胞検査士として働きたいと考えています。」

もっと具体的に考えたほうが良いでしょうか?
文面や言葉遣いも含めて添削いただけませんでしょうか。
よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

こんにちは。

志望動機はとても説得力があり、好感がもてると思います。
ただ少々気になる部分があったので下記に書かせて頂きます。

>今までに学んできた知識や技術を役立てることが出来るとともに、更なる専門性の高い検査技術の会得にもつながると考えます。

残念ながら、現場の職員にとって学生時代に学んできた知識・技術は大したものではありません。
あまり強調すると、誤解を招く可能性があると思います。

自己を過大評価せず、協調性を持って仕事をしていきたい意志が感じられると良いと思います。 
「社会人としてスタートラインに立ったばかりの未熟者ですが、諸先輩の指導の下、1つでも多くの知識や技術を吸収し、貴院や患者に必要とされる医療人になりたい」
みたいな内容はいかがでしょうか。

また後半の細胞検査士についての記載ですが、配属先が未定の場合はつっこまれるかもしれません。
私であれば、病理部に配属とならなかったらどうするかと聞きたくなります。

将来的に細胞検査士として働きたい希望はありますが、色々な仕事を経験することで、幅広い視野がもてるようになると思うので 配属先にこだわらない旨の回答があると安心できます。

文章がお粗末で恐縮ですが、方向性を感じてもらえると幸いです。
希望の就職先に勤務できることをお祈りします。がんばってください!

こんにちは。

志望動機はとても説得力があり、好感がもてると思います。
ただ少々気になる部分があったので下記に書かせて頂きます。

>今までに学んできた知識や技術を役立てることが出来るとともに、更なる専門性の高い検査技術の会得にもつながると考えます。

残念ながら、現場の職員にとって学生時代に学んできた知識・技術は大したものではありません。
あまり強調すると、誤解を招く可能性があると思います。

自己を過大評価せず、協調性を持って仕事をしていきたい意志が感じられると良いと思います。 ...続きを読む

Qオキシダーゼ反応ってどんなのでしたっけ?

細菌の同定に用いるオキシダーゼ反応ってどんな反応ですか?

手持ちの本に載っていなかったので教えてください。
たしか、細菌を2分する視標だとおもったんですけど。

これが陽性の菌と陰性の菌で何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

細菌の同定に用いるのに「カタラーゼ反応」があります。
コロニーに過酸化水素水をかけて酸素の発生の有無を調べるやつです。
見当違いならすみません。

Q【mg/dL】⇔【mmol/L】の変換方法について

簡単な式でmmlo/Lに18をかければmg/dLに変換できるという記事を見ました。
一方で、違うmg/dLに0.5551をかければmmlo/Lに換算できるという記事も見ました。

そこで、友人に聞くと「そもそもの定義が違うから厳密には換算できない」と言われました。

質問は次のとおりです。

1 実際に【mg/dL】⇔【mmol/L】へ正確に変換は出来ないのでしょうか?
2 また、できなかった場合なぜできないのかを説明頂けませんでしょうか?もしくは、詳しく載っているサイトを教えて頂ければうれしいです。

どうぞよろしくお願いいいたします。

Aベストアンサー

mmol/Lの意味は1リットルの体積に何ミリモル(1000分の1モル)の物質量が含まれているかを示している単位です。
それに対してmg/dLの意味は10分の1リットルの体積の質量を表しています。
そもそもどんな物質が含まれているかも分からない状態で、物質量から質量への換算など出来るはずもありません。
1リットル中に含まれる物質量が1ミリモルの場合であってもその物質が酸素であるのか窒素であるのか水素であるかによってその質量は大きく変わります。
mmol/Lに18をかければmg/dLに変換できるという文章から判断するとおそらく水蒸気を想定することができますが、その場合には1mmol/Lに含まれる水蒸気の質量は18mgです。1デシリットル中には水蒸気質量の10分の1ですから1.8mgとなります。したがってその場合にはmmol/Lに18ではなく1.8をかければmg/dLに変換できるということになります。
mg/dLに0.5551をかければmmlo/Lに換算できるという文章では上記のように水蒸気を想定した場合には1mgの水蒸気が10分の1リットルの体積に含まれているのですから1リットルの体積の中には10mgの水蒸気が含まれることになり,この水蒸気をモルに換算すれば
10 / 18 = 0.5556
したがってmg/dLに0.5556をかければmmlo/Lに換算できるというということになります。少し数値が違うようですね。
いずれにしても物質が与えられていなければmmol/Lからmg/dLへの換算など出来るはずもありません。その意味では「そもそもの定義が違うから換算できない」というのが正しい意見ですね。

mmol/Lの意味は1リットルの体積に何ミリモル(1000分の1モル)の物質量が含まれているかを示している単位です。
それに対してmg/dLの意味は10分の1リットルの体積の質量を表しています。
そもそもどんな物質が含まれているかも分からない状態で、物質量から質量への換算など出来るはずもありません。
1リットル中に含まれる物質量が1ミリモルの場合であってもその物質が酸素であるのか窒素であるのか水素であるかによってその質量は大きく変わります。
mmol/Lに18をかければmg/dLに変換できるという文章から判断...続きを読む


人気Q&Aランキング