プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

昔飼っていたペットに謝りたい。後悔ばかりしています。

私が生まれる前からこの家にいた猫が一昨年死んでしまいました。老衰です。
他の猫に比べて怒りっぽいところはありましたが、幼かった頃の私が何をしても手は出さず見守ってくれていました。
わたしが小学校に上がった頃から、もう1匹の猫を飼い始めました。その猫は気が弱く、二匹が仲良くなることはなく、いつも先住猫のほうがその猫に怒っていたように感じました。そこから私は先住猫の躾がなってないのだと思い叩いたりしてしまいました。
先住猫はほっといてもう一方の猫だけを可愛がるようになりました。

死んでしまった今、どれだけ浅はかなことをしていたのかと後悔ばかりのこっています。
心の底から謝りたいです。できるのならだきしめたいです。
テレビなどで似た猫を見たりするたび涙が出ます。
どうしようもなく悲しくて自分が大嫌いです。

もうどうしようもない事はわかってます。
どうしたら向き合っていけるでしょうか。

A 回答 (7件)

今、気づいただけでも良かったと思います。

我が家でも保護して譲渡出来ない子が、娘だけには慣れて私にも余り慣れない猫が居たのですが、病気になってから、私だけになつく用になりました。すい臓ガンで朝から深夜迄食べる子でした。食べても痩せるだけですが、最後の番もいっぱい食べて、そのまま旅立ちました。なつかない猫でしたが、心では、遠慮して居たのか等考えていとおしく思いました。娘にだけになついて居た時は、私も娘に任せてばかりでした。亡くなった時は、辛かったのですが、娘になついてくれただけでも良かったと思っています。(16才)今度は、同じ事の無い用にして上げて下さいね(^-^)ごめんねの気持ちだけでも、大事ですからね。保護しても、なつく子と、なつかない子といます。それは、その子の性格もありますので、自由にさせています。譲渡出来ない猫は、最後迄我が家で世話をしています。いつまでも、その気持ちを大事にして上げて下さいね(^-^)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

この気持ち忘れずに生きていこうと思っています。おかげですこし心が軽くなりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2018/02/01 22:27

猫ってね、すごく立派な生き物で人間(飼主)の過ちを寛大に赦せるんですよ。


そして、人間の心を育ててくれるのです。

動物の魂は、人間の執着に引き付けられてしまいます。

ごめんなさい、ありがとうと、速やかに天にお返ししてあげてください。

大事なことを教えてくれたきれいな魂は虹の橋を元気に渡って、いつか成長したあなたを見に来ますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なんだか泣けます…
これからも大事におもっていきます。
ありがとうございます!

お礼日時:2018/01/25 23:16

たぶん、こころ残りのネコちゃんの写真や動画を携帯やパソコンに残していると思うので、それを全て削除して見られないようにしましょう。



残したり、記録していなければ、大丈夫ですよ。

なぜなら、そういったこころ残りのネコちゃんの写真を見たりするたびに思い出がよみがえって、辛くなるからです。

いつまでも後悔ばかりしても、こころ残りのネコちゃんは成仏できないのではないでしょうか。

本当に申し訳ないことをしたと思うなら、あなたが元気に前向きに暮らすべき。

そうしたら、ネコちゃんも安心して天国に行けると思います。

ただ、先ほど書いたようにネコちゃんとの思い出を削除してしまうのは惜しいですよね。

それなら、考え方を変えて「ネコちゃんは亡くなった後も自分のそばにいるんだ。」

というふうに思えるようになったら、少しはペットロスの辛さが軽減するのではないでしょうか。

あなたがペットロスについて、あまりに酷く傷ついている場合は、精神科、特にカウンセリングをオススメします。

ペットロスについて書かれた本もたくさんありますから、そういった本を読むのも良いですね。

悲しい時や辛い時は、泣きたいだけ泣いたら良いです。なぜなら、涙の成分にはストレスに関係するものが含まれているからです。

ちなみに、ハムスターを自分の過失で亡くしてしまった私のオススメの本です。

ご参考までに
『 ペットたちは死後も生きている 』https://www.amazon.co.jp/dp/453108134X/ref=cm_sw …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この考え方のおかげですこし心が軽くなりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2018/01/21 15:19

大丈夫ですよ。

猫ちゃん、老衰で亡くなったんですね。幸せな長い一生をあなたのおうちで過ごせた、ラッキーな猫ちゃんでしたよ。

小学生のあなたがぶったところで、猫パンチみたいなものでしょう。

今では、動物をぶったりしてはいけないといろいろなところで言われています。私自身もそれが正しいと思います。でも知らなかったころ、確かに犬を叩いたこともあります。けれど、好きだから叩いたんです。言わば、愛の鞭です。あなたもそうだったのです。子供なりに躾けなくてはと思ってしたことです。

これからは、その優しい気持ちを忘れずに、亡くなった猫ちゃんの分も、たくさんの動物を可愛がってあげてくださいね。猫ちゃんは、天国からあなたを見守っていますよ。あなたのこと、大好きだったのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

温かいお言葉に涙が出ます…
前向きになれるよう頑張ります
ありがとうございます!

お礼日時:2018/01/21 15:19

>幼かった頃の私が何をしても手は出さず見守ってくれていました



その先任ネコにとって、
質問者さんは永久に赤ん坊で「守るべき存在」。
成長したクソガキがイタズラしても
「ちっ!、しょうがねぇなぁ」
くらいにしか思ってなかったはずです。

犬だったらきっと先任はかわいそうな境遇だったでしょうが
基本的に一匹でもやっていけるネコにとって
他のネコをかわいがろうが「関係なし」。

なんにも思ってないよ。

実際、そうだったんじゃないですか?
怒ったりしましたか?
(ネコは我慢とかしません)

のほほん、と好きなように生きていたから
そんなに悔やんだりせず
幼かった時に見守ってくれたネコを
永久に覚えていたら
それだけで満足のはずです。

質問者さんと一緒に住んでいた事が
先住ネコにとっての幸せ。
それ以下でもそれ以上でもない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おかげで気持ちが少し軽くなりました。ありがとうございます!

お礼日時:2018/01/20 13:08

その猫への謝罪の気持ちを一生待ち続けることが唯一あなたにできる償いだと思います。


悔やんでも戻ってこない命。
これから先の人生で飼う動物を同じ目に合わせないようにしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

二度と後悔しないようにします。
ありがとうございます!

お礼日時:2018/01/20 13:08

そういうふうに罪悪感を感じていらっしゃることがもうすでに猫への謝罪になっているのではないでしょうか。

辛いと思うし、過去の自分を責めたくなるのもわかります。でも、いくらそうしても何も変わらないんです。今できることは、先住猫への謝罪と感謝の気持ちをもつこと、そして、今もし飼われているペットがいるのなら、その子に愛情を注ぐことじゃないでしょうか。同じことを繰り返さないためにも。どうか自分を嫌いにならないでください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今出来ることは精一杯がんばろうとおもいます。ありがとうございます!

お礼日時:2018/01/20 13:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング