ちょっと変わったマニアな作品が集結

アルバイトの交通費日割り支給とはどういう意味でしょうか?

A 回答 (1件)

出勤した日数分だけ支給でしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2018/01/31 18:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパート勤務の交通費の計算は?

交通費全額支給の職場で、パートで週4日以下で勤務する場合、たとえば月額支給であれば交通費の計算はどのような形になるのでしょうか?

(1)勤怠記録をもとに、ひと月に出勤した日数分の金額だけを給与に加算して支給
(2)通勤区間の1ヵ月分の定期代をまとめて給与に加算して支給

もちろん職場によって条件はいろいろですし、おそらく常識的に考えて(1)だろうとは思うのですが、ご経験者の方のご意見を1つでも多くお教え頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

IT関連企業にてパート(準社員)契約にて勤務をしてます。

私の会社だと、月出勤日数が15日以上であれば定期、15日未満であれば月締めに近距離清算を作業報告書と共に提出し、給料日にその月の交通費を支給だったと思います。
15日以上の勤務は定期代の方がお得になるからとか何とか(正社員時代にそんな事言われた記憶が。)。
バス代は私の会社は使用者は3ヶ月単位で支給。でもこれも出勤日数が少ない人は近距離精算になるのかなと思います。(私は勤務日数多めと言う事なので定期にて通勤、バス代は3ヶ月単位にまとめて自動支給。この辺は正社員と同扱い。)

定期はうちは他社勤務でなければまとめ買いが基本なので、定期代は6ヶ月分まとめ買いしてます。
ただ私の会社のパート(準社員)の人は大概が勤務年数が長い人だったりとかで、かくいう私も正社員5年勤めた後、家庭の事情によりパート契約切替で勤務なので多少正社員同等に見られているケースもあるのかも?しれません。

うちは正社員・パート問わず仕事により深夜帰宅になればタクシー代も精算してくれるような会社なので待遇がだいぶ良い会社かもしれませんが…(かわりに仕事がハードな時は契約上はパートなのに徹夜もしてます…)

IT関連企業にてパート(準社員)契約にて勤務をしてます。

私の会社だと、月出勤日数が15日以上であれば定期、15日未満であれば月締めに近距離清算を作業報告書と共に提出し、給料日にその月の交通費を支給だったと思います。
15日以上の勤務は定期代の方がお得になるからとか何とか(正社員時代にそんな事言われた記憶が。)。
バス代は私の会社は使用者は3ヶ月単位で支給。でもこれも出勤日数が少ない人は近距離精算になるのかなと思います。(私は勤務日数多めと言う事なので定期にて通勤、バス代は3ヶ月単位に...続きを読む

Q交通費(定期代)の日割計算

交通費(定期代)の日割計算について質問です。
うちの会社は3ヶ月定期が標準なのですが、月の途中で入った場合は日割計算です。
この日割計算なんですが、何日で割るのが普通なのでしょうか。

Aベストアンサー

それはあなたの会社の規定によるでしょう。
質問者さんは、通勤費を支給する立場の方ですか、それとも途中入社の社員の方ですか。

一部のローカル私鉄では、平日専用の定期券などが発売されることもありますが、一般的な定期券は、1ヶ月間毎日通用します。
事故や災害で丸 1日以上普通になったときなど、鉄道側の事情で払い戻しをする場合は、30日を分母として日割り計算をします。
会社での日割り計算を、30日を分母とするか、出勤日数を分母とするかは、それぞれの会社が決めればよいことですから、ここで明解を得ることはできません。

Q中途採用の交通費日割りについて

弊社の給与は、15日締、当月25日支給なんですが、
このたび、社員が入社しまして、11日に入社になったのですが、交通費の日割りはどうしたらいいと思いますか?

給与の支給が25日なので、そのときに1か月分の定期を渡したほうが良いのか、11日に一ヶ月の定期代を支給したほうが良いのか、わからなくなってしまいまして。
11日に渡すと、12月11日に定期が切れてしまいます。
そこから25日までの交通費はどうすれば良いのか教えてください。

無知で申し訳ありません。

Aベストアンサー

まずお聞きしたいのは今まで前例がないのでしょうか?
また、こういった場合の計算は事業所ごとに決めるものです。
質問者様が決まりを作ることを一任されているのであれば、
ここでアドバイスを受けることもありとは思います。

それを踏まえて、私が今まで実際に経験してやっていた計算方法は次の3通り(3社)です。
1、入社日から締日まで、通勤した日数×一日あたりの往復交通費
2、1か月定期÷所定勤務日数×締日までに通勤した日数
3、1か月定期÷締日までの暦日日数×入社日から締日までの暦日日数
上記の金額を最初の給与支給時に支給というやり方でした。
このように各事業所で、決まり事があります。
ちなみに、定期が切れる時期を考慮することは無いです。

もし、質問者様の会社で決まりが無いのなら、この際、上司に相談の上決まり事を作っておくことを
お勧めします。傷病手当金の受給申請を作るときに、どういう計算方法で算出したのか書いたりする
機会もあるからです。

締日まで日にちが迫ってきていますから、質問者様が無知なのではなくて、
上司にお聞きになってみてくださいね。解決すると思います。

まずお聞きしたいのは今まで前例がないのでしょうか?
また、こういった場合の計算は事業所ごとに決めるものです。
質問者様が決まりを作ることを一任されているのであれば、
ここでアドバイスを受けることもありとは思います。

それを踏まえて、私が今まで実際に経験してやっていた計算方法は次の3通り(3社)です。
1、入社日から締日まで、通勤した日数×一日あたりの往復交通費
2、1か月定期÷所定勤務日数×締日までに通勤した日数
3、1か月定期÷締日までの暦日日数×入社日から締日までの暦日日数
上記の金...続きを読む


人気Q&Aランキング