学校の授業で一部を使ったんですが興味本位に出典が知りたいです。
学校はもう終わってしまったんで…

チャプター、パラグラフごとの題名は次のようになっています。
1 About science
1.1 The Basic Science-Physics
1.2 Mathematics-The Language of Science
1.3 The Scientific Method
1.4 The Scientific Attitude

となっています。
1.3 The Scientific Method ではガリレオとフランシスベーコンの写真が載っていました。

たまたま知っている人がいたらでいいです。
書籍名を教えてください。おねがいします。

A 回答 (1件)

「CONCEPTUAL PHYSICS」

http://www.phschool.com/science/cpsurf/
の『Unit1 Mechanics』の内容が同じ構成になっています。(参考URL)

参考URL:http://www.phschool.com/science/cpsurf/mechanics …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに速くに見つかるなんてすごいです!!
早速明日にでも図書館に行ってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/13 17:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPhysics What is the net work done on a planet dur

Physics

What is the net work done on a planet during each revolution as it moves around the Sun in an elliptical orbit?

Help me

Aベストアンサー

0.

No extra energy is required for a planet to move around the sun.

QCPM(Constant photocurrent method)について

タイトルの通り、
CPM(Constant photocurrent method)を使用しています。

サンプルは、
カバーガラス上にプラズマCVD法で製膜した水素化アモルファスシリコンです。

膜厚は1ミクロン(1μm)です。


結論から申しますと、光電流の定義がわかりません。
要は、CPMの測定方法がわからないということに直結しますが。

これまで、
600nm波長、70Vを光電流としてきましたが、
これがどうやらおかしいみたいです。

測定は、600nm~1400nmまで行い、
ランプの定格が100Vなので、
こういった選定になったのか、、、

なんせ、過去の測定方法を見てもバラバラで、
CPMの測定方法など書かれたものがなく、

僕が知っている限りでは、
光電流は、波長と光源電圧で決まり、
暗電流を無視できるぐらい十分の値(暗電流の約100倍)をとる
ということですが、

では、光電流というのは、
サンプルによって、波長、光源電圧が変わり、
長波長や短波長、電圧が高い、低いなどという概念に縛られなくてよいのでしょうか?

どなたかアドバイスよろしくお願いいたします。

タイトルの通り、
CPM(Constant photocurrent method)を使用しています。

サンプルは、
カバーガラス上にプラズマCVD法で製膜した水素化アモルファスシリコンです。

膜厚は1ミクロン(1μm)です。


結論から申しますと、光電流の定義がわかりません。
要は、CPMの測定方法がわからないということに直結しますが。

これまで、
600nm波長、70Vを光電流としてきましたが、
これがどうやらおかしいみたいです。

測定は、600nm~1400nmまで行い、
ランプの定格...続きを読む

Aベストアンサー

光電流というのは、半導体に電圧をかけても暗いところにおいてあるとほとんど電流が流れません。ところが光を当てると、電子正孔が発生し、電流が流れますよね。この流れる電流のことが「光電流」です。

だから「600nm波長、70Vを光電流としてきましたが」というのは、とてもおかしな表現です。

CPMとは光吸収係数の測定法の一種です。波長を変えると光の吸収の度合いも変わるので、光電流(光をあてることにより発生する電流)の大きさも変わります。

CPMでは波長を変えて仮に光電流が減った場合は、同じ光電流の値が得られるようにランプの光量を増やすようにフィードバックをかけます。光電流が増えたら光量を減らします。

このように光電流を一定にするようにして得られたランプの光量の波長依存性は、光吸収の大きな波長で光量が小さく、吸収の小さな波長で光量が大きくなります。なんか、ランプの光量の逆数が光吸収係数に比例してそうでしょう。

要するにこの方法では光吸収係数の相対値しか求まりません。

学生さんか、院生さんですか?
ここに書いた質問の内容を研究室の先生に見せて、詳しく教えてもらった方がいいかもしれません。授業料払っているのならば、聞かないと損です。

光電流というのは、半導体に電圧をかけても暗いところにおいてあるとほとんど電流が流れません。ところが光を当てると、電子正孔が発生し、電流が流れますよね。この流れる電流のことが「光電流」です。

だから「600nm波長、70Vを光電流としてきましたが」というのは、とてもおかしな表現です。

CPMとは光吸収係数の測定法の一種です。波長を変えると光の吸収の度合いも変わるので、光電流(光をあてることにより発生する電流)の大きさも変わります。

CPMでは波長を変えて仮に光電流が減...続きを読む

Qガリレオ慣性の法則について

ニュートンの運動の第2法則からガリレオ慣性の法則を求められると聞いたことがあるのですが、どうやって導くのか分かりません。ご存知の方、教えていただけますと幸いです。

Aベストアンサー

ニュートンの運動の第2法則って、
 F = ma = m*dv/dt = d(mv)/dt = dp/dt
(p=mv :運動量)

ということですか?

ここで、外力が働かなければ、
 F = 0

よって
 dp/dt = 0
より
 p = mv = const.
質量は一定なので
 v = const.

つまり、速度、運動量は一定(運動量保存)で保持されます。

これが「ガリレオ慣性の法則」ですよね?

QGauss-Seidel Projection Method (GSPM)とは?

Gauss-Seidel Projection Methodとはどのような方法なのでしょうか?イメージがわかないので概要のみでも結構です、教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは^^

答えようにもチンプンカンプンでしたので、ネットで検索をかけてみました。
次数の高い連立方程式で用いられる反復法だとか…
もしかしたら下記のHPで何かわかるかも?^^;
(たいしたアドバイスも出来ず申し訳ありません)

参考URL:http://next1.cc.it-hiroshima.ac.jp/numeanal2/node11.html

Q探偵ガリレオの…

 

ドラマを見てる人にしか
わからないと思うのですが…


福山雅治主演ドラマ、
「探偵ガリレオ」で
福山雅治が閃いた瞬間、
机や黒板に
ずらーっと数式やら証明やらを書いていますよね。


あれって、
ちゃんと意味があって
理に適っているものなのですか?


実は、演出のためにてきとうな数式やらを書き並べてる
なんてことはないのでしょうか?


私はど文系で
書いてあることはさっぱりなのですが
気になってたまりません。


わかる方、
是非教えてくださいm(__)m



ちなみに土曜日にガリレオの映画がテレビでやるみたいです。
いま再放送もやってます。

Aベストアンサー

意味があります。下記ページに良くまとめられています。

引用>福山さんが黒板の文字を消しながら話す場面では、毎回黒板の文字をOさんが書き直します。(中略)本番も何度も撮り直すのでそのたびに書き直し。「そこ、1ではなくIですよ」などと気づいたときには僕も声をかけます。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jps/Galileo/GalileoTV.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報