最新閲覧日:

九州の人、特に九州男児の方々は、
関西弁特有(?)の語尾に「わ」をつける言い方
例えば、「よう言わんわ」のような言い方が
気に入らないと聞いたことがあるのですが本当ですか?
九州男児の意見を聞かしとくれやす。

A 回答 (13件中11~13件)

はーい、九州男児でーす。


京都の人?
う~~ん。別に気にいらなくはないですね。
人にもよると思いますよ。
個人的には、嫌いじゃないけど、好きじゃないね。
関西人のイメージとして、欲望の向くままに生きているような感じがするから。九州は、我慢強いイメージがありますね(マイナスイメージとして頑固者、負けず嫌い)。男児は。
印象ですよ、印象。全員が全員ってわけじゃないですけど。

自分も、頑固者ですからね。亭主関白の家で育ったから、なおさら。

付けたしに、京都の人の印象として、2種類ですね。全体的には礼儀正しい。
親切。しかーし、観光ポイントに住んでいる京都の人、最悪。お金に、がめついは、不親切やは、人情ってもんがないね。どれほど、嫌な感じを受けたことか。
でも、何回もいちゃう俺って。。(だって、きれいなんだもん)
 
 おわり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見頂きまして、おおきにm(_ _)m
京都の人の言葉遣いと親切は、仮面とお考え下さい。
人によるといえば確かにそうなりますね。

お礼日時:2001/07/15 19:08

福岡在住です。



関西弁に嫌悪感はないですよ。もともと吉本新喜劇や松竹新喜劇が昔からテレビ放送されてた土地柄ですから、むしろ親近感があるといっても良いくらいだと思いますが。
藤山寛美劇場には毎週一家揃って泣かされてましたよ。
吉本では平三平(足が弱いおっちゃん)とか 岡八郎(奥目の八っちゃん)や船場太郎(せん、ばたろー)、原哲男(誰がカバやねん)、花紀京(帽子にニッカポッカ)なんかよく覚えてますし、なんといっても木村進(のちの博多淡海)は地元出身のスターでしたから。寛平とのコンビは絶品でした。
そういうわけで関西弁にはかなり昔から接してきている土地なのですよ。

ただ、商売敵などのライバル関係だと、関西弁は不愉快ですね。絶対勝てそうな気がしないからです。言葉でリードするなんて卑怯ではないか!というコンプレックスの裏返しかもしれませんが。博多も商人町ですが、やはり本場は関西かなあ、と思ってしまいます。

「~わ」も「~やねん」も、「で~」も「がな」もぜんぜんあかんことおまへんで~、きにしなはんなや~、という事です。そんでも、ま、ひとによる、っちゅうことはあるやろけどな、気にしとってもしゃーないがな、おかしなへんけん、もたんといてや~、たのんどきますわ、ほんま。という事です。

私は学生時代に東京(晴海)までモーターショーを見に行った事があるのですが、そのときの東京人の学生の会話のほうが耳障りでした。「なにいってんだよ~ほんとかよ~」「だからさ~」・・。
うっ、気色悪い!関西の「わ」より東京の「さ」のほうが苦手な人が多いように思いますよ。気取ってんじゃねーぞって感じで。博多弁でいうと「なんツヤ~にしとうとや~、くらさるーぞ、きさーん」という事になります。

以上、昔話ですから。東京の方、怒らないで下さい。今は私も東京の言葉に違和感はありませんし、関西弁についても当然です。はじめて異文化に生で触れた地方人のたわごととして寛大な心でお許しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございますm(_ _)m
う~ん、確かに。
今、関東南部の県の大学に行ってますのでvitamin-powerさんの言うこと分かります。
関東地方の方々が稀に使う東訛りの関西弁は、聞き苦しい気がしないでもないです。
関西弁が九州の方に親しまれているのは嬉しい限りです。

お礼日時:2001/07/15 18:53

私は、九州にずっと住んでいますが、そのような話はきいた事がありません。

  

だた福岡特に博多の人は、関西弁があまり好きじゃない人が多いって聞いたことはあります。多分それは、博多弁に誇りを持ってるってことじゃないですかね。

ちなみに、私は関西弁は大好きです!!(男児じゃありませんが・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

嬉しいです。
良かった。この話を友達から聞いたときは、九州に裏切られた!と思ってしまいましたから...
九州が好きだったもんですから。
やっぱええとこやね、九州!!
shiju812さん、ご意見有難うございます。

お礼日時:2001/07/15 18:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ