消費社会の特徴は何ですか?色々な意見を聞きたいので、複数の人の意見を待ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ぼくはこうとらえます。



いままでは、供給側(産業)が、設備投資をどんどんして、不況脱出・経済成長を計るという論理でしたが、消費社会の論理は、生活者がどんどん消費をして、不況脱出・経済成長を需要側が牽引するという解釈です。

しかし供給側も魅力的な商品を出す、プロダクト・イノベーションを行わないと、消費は盛り上がりませんから、需要・供給の協力作業が必要なんでしょうね。

参考:織畑基一『ラジカル・イノベーション戦略』日経(↓URL)

参考URL:http://www.nikkei.co.jp/pub/newbooks01-05/14906/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。orimotoさんの意見を参考にして色々考えたいと思います!

お礼日時:2001/07/19 00:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代の消費社会の特徴

現代の消費社会の特徴について、分かりやすく書かれている本を紹介してください。

Aベストアンサー

G. リッツア/正岡寛司監訳『マクドナルド化する社会』(早稲田大学出版部)は、現代の画一化された消費社会を形成をする側(売り手の側)の戦略を克明に分析しています。読んで楽しい本です。ただし、この本だけで社会全体を論じるのは、軽率です。

参考URL:http://www.waseda-up.co.jp/bhtml/99413.html

Q【社会・消費拡大しないのはなぜ?】今の日本は消費が低迷しているらしいですが、今の日本って共働き時代で

【社会・消費拡大しないのはなぜ?】今の日本は消費が低迷しているらしいですが、今の日本って共働き時代で、女性も働く時代で更に結婚しない出来ない独身者時代ですよね?

独身者は子供を育てるためのお金を浪費してますよね?

それが共働き時代で女性も一定収入があり、男性も給料が減ったと言っても昔と比べて5割も減ったとか言う話じゃないですよね?

男の収入が女の社会進出で5割減ったわけでもなく、ついでに女性も収入を得ていて、更に独身でお金を子供を育てる分のお金を日夜趣味や週末の花金や休日に散財してる。

それなのに消費が減ってるってどういうことですか?

なぜ共働き時代+独身者時代に消費が低迷する理屈が分かりません。

どういう仕組みですか?

Aベストアンサー

結婚しない出来ないと、フルタイム共働き家庭より、単純に世帯収入が5割減。
世帯数が倍になって、世帯収入が半分になったら、一家族当たり当然消費は冷え込むよね?
総中流社会を半分に割ったら、総低所得社会。
欲しいものの半分しか買えないし、必要な量も半分だし、子供がいない分で実質半分以下だし。

Q【米とパンの消費量の話】10年間で日本人の米の消費が24%下がって、パンの消費が13%増えたという。

【米とパンの消費量の話】10年間で日本人の米の消費が24%下がって、パンの消費が13%増えたという。

米の24%減からパンの13%増から11%が米とパン以外の消費に流れていることが読み取れる。

日本人は米とパン以外の第3のものを主食としている人が11%いる。

この新たに10年間で出現した主食11%はなんだと思いますか?

Aベストアンサー

はい。ナンだと思います。

Q各国の経済社会の特徴

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、そして日本の経済社会の特徴を教えてください。どこがどう違いますか?

Aベストアンサー

コーポレートガバナンス(企業統治)の観点から特徴を大雑把に申しあげます。

アメリカとイギリスは資本の論理が徹底していて、企業とは株主のものであるという考え方が定着しています。企業経営に対する監督責任は株主の後押しを受けて外部から派遣された取締役が担当し、経営の執行責任者であるCEOを厳しく監督し、CEOに対する人事権を行使します。従業員との雇用関係もドライであり、労働市場における流動性が高いのが特徴です。

日本は変化をしはじめているものの、まだまだ組織の論理が支配する経済社会であり、企業とは経営者と社員のものであるという考え方が定着しています。株主は物言わぬ静かな存在であることを期待され、それが株式の持合や総会屋の暗躍を許してきました。生え抜きではない取締役のことをわざわざ社外取締役と呼んだりしています。雇用関係はいわゆる終身雇用の保証されたロイヤルティー(愛社精神)重視の体制がまだまだ主流です。欧米の経済社会では当たり前の労働市場(再雇用・転職の市場)が未発達です。

フランスとドイツはこの中間形態といえるでしょう。株式公開企業の場合はほぼアメリカ、イギリスと同じ資本の論理が定着していますが、伝統的な家族経営の中小企業の存在を大切にしているところが特徴的です。食文化や伝統的なクラフトマンシップの担い手が中小企業であり、文化政策として中小企業を保護している面が根強くあります。雇用関係も株式公開企業と中小企業とでは、がらりと変わります。株式公開企業での雇用関係は流動性が高く、中小企業では定着率が比較的高いのが特徴です。

今後はグローバリゼーションの流れの中でこのような特徴がどう変化して行くかが研修テーマとして面白いところです。

コーポレートガバナンス(企業統治)の観点から特徴を大雑把に申しあげます。

アメリカとイギリスは資本の論理が徹底していて、企業とは株主のものであるという考え方が定着しています。企業経営に対する監督責任は株主の後押しを受けて外部から派遣された取締役が担当し、経営の執行責任者であるCEOを厳しく監督し、CEOに対する人事権を行使します。従業員との雇用関係もドライであり、労働市場における流動性が高いのが特徴です。

日本は変化をしはじめているものの、まだまだ組織の論理が支配する...続きを読む

Q意見を聞きたいのですが…

経済政策の中の、金融政策と財政政策で、小泉内閣が行った主な政策を教えてください。
また、その政策のいい点、悪いの意見ををお聞かせください。
お待ちしております。

Aベストアンサー

小泉首相は僅か5年で外貨準備高としてドルを約5000億ドル買い増した。その中心が米国債で、米国債保有額が2005/02には 日本 7020億ドルの断トツの世界一位となった。

政策のいい点:小泉首相がブッシュ大統領/政権の寵愛を受け、プレスリーの故郷に招待されました。日米間の摩擦もなくせた。(運命共同体の親友となった)

政策の悪い点:なお、米国債残高70兆円分のかなりの部分は塩漬け状態で、赤字国債同様の将来の日本国民の負債になるリスクが高い。

※ 宿題を聞いているのなら、自分の言葉にして書き直してね。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3167423.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報