【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XK1CP3L/
を買ったのですが、入力に乾電池で3Vを入力してポテンショメーターを右いっぱいに絞っても15Vから下がりません。左いっぱいに回せば40Vほどになるので壊れている訳ではないです。
下限電圧を決める抵抗器(XL6009の5番足の横)も1.3kΩであり、導通チェックをしてもパターンの断線などは無いようです。
なにが悪いのか分かる方いますか?
ポテンショメーターを右いっぱいで入力電圧まで下がらないといけないはずなんですが。

ちなみに、↓これは正常に変えられました。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B077XRVQCP/

質問者からの補足コメント

  • 上の回路を下のように改造したら1Vまで下がるようになりましたが、ボリュームを反対に回したら80Vくらいまで上がってしまい壊れたようです(-""-;)

    「昇圧型DC-DCコンバーターの出力が下が」の補足画像1
      補足日時:2018/07/05 17:27
  • 質問にも書いたように、質問文の下にあるリンクのMT3608を使ったステップアップコンバーターでは3.8Vのリチウム電池を使って出力3~12.5Vまで変えられます。回路は少し工夫をしています。
    しかし、出力2A出せる仕様なのに、0.3Aでシャットダウンしてしまうので、今回はXL6009を使った基板で同じように実験しているのです。
    xpopoさんの指摘で、XL6009の仕様では入力電圧が5V以上とのことなので、入力電圧を6Vでやったら6Vまで下がりました。
    購入する時にAmazonで仕様が3―32Vだったから買ったのに騙されました。
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XK1CP3L/

    MT3608(B62871)は入力電圧仕様が2―24Vなので3V入力電圧でうまく動いたんですね。
    みなさん回答やアドバイスありがとうございました。

    「昇圧型DC-DCコンバーターの出力が下が」の補足画像2
    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/07/07 16:53

A 回答 (4件)

このDCDCコンバータに使われてるIC(XL6009)の仕様(

http://www.haoyuelectronics.com/Attachment/XL600 … )より入力電圧Vinは最小値で5V(データシートの5ページのElectrical Characteristics(DC Parameters)の表の一番上にある項目、Input operation voltageに記載)となってます。従って、電池の3Vでは5V未満なので動作保証外なので正常に動かなくても仕方ないですね。それとこのIC(XL6009)を使った上記の回路は昇圧動作になってますので出力電圧は入力電圧より低い電圧にはできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに書いてありますね。しかし、Amazonでは基板の完成品として入力仕様は3-32Vになっていますね。
私は自宅に余っている携帯電話のリチウム電池(3.7V)を使ってVRを外付けに改造して出力3-12Vの可変電圧電源を作りたかったのでAmazonのサイトで仕様を見て買ったんですよ。
出力が5V以上になるなら使えないなー(^_^;)

お礼日時:2018/07/06 20:35

>携帯電話のリチウム電池(3.7V)を使ってVRを外付けに改造して出力3-12Vの可変電圧電源



これは、ステップアップDC-DCコンバーターでは不可能です。
アップなので、入力電圧よりも出力電圧は必ず高くなります。
ご要望のDC-DCコンバーターは、ステップアップダウンコンバータータイプになります。
即ち、ステップアップと、ステップダウンの2つのコンバーターを切り替えるか、
1つのコンバーターの機能のアップとダウンが切り替えられるものが必要です。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のアドバイスありがとうございます。
でも、それは心配いりません。
質問にも書いたように、質問文の下にあるリンクのMT3608を使ったステップアップコンバーターですでにやっています。
3.8Vのリチウム電池を使って出力3~12.5Vまで変えられますよ。(補足に実際の写真を掲載しました) 要は工夫だと思います。
しかし、出力2A出せる仕様なのに、0.3Aでシャットダウンしてしまうので、今回はXL6009を使った基板で同じように実験しているのです。

お礼日時:2018/07/07 16:42

XL6009 に関しては、下記のページに特性のグラフが載っていました。


https://denshikousakusenka.jimdo.com/%E9%9B%BB%E …

内部の回路を探しましたらありました。
https://denshikousakusenka.jimdo.com/%E9%9B%BB%E …

出力電圧は、50KΩ のポテンショメータと 1.3KΩ の分割で、ピン 5 の電圧が 1.25V になるような制御が行われているようです。前の URL では、電流は確保されているようなので、質問者さんの XL6009 はどこかおかしいのかも知れませんね。因みに出力電流は、出力電圧全範囲ではなく最大となっていますし、損失を考える必要もあります。

回路は単純なので、原因は XL6009 本体ではないでしょうか? 半田付けの浮きや接触不良の可能性を排除するため、各部品の半田付けをやり直してどうなるか見るくらいでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そのサイトは知っていて参考にしていますが、そこにあるようなレギュレーションにならず、それ以前に出力電圧を目的の値(5V)にできなくて困っています。
試しに、回路を改造して補足に貼った回路図の右側にしたら1Vくらいまで下げられました。
ただ、仮にテストしただけなので上限・下限抵抗を付けなかったので、ボリュームを回したら80Vまで上がってしまい、ICが壊れたようです(笑)
もう一つあるので、今度は真面目に制限抵抗器をつけてやってみます。

お礼日時:2018/07/05 17:24

負荷は繋いでいますか?


もし繋いでいないなら、1mA位でも良いので、何かを繋いでみてください。
例えば10kΩの抵抗とか。

負荷を繋いでも下がらないなら不良品でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
一番絞った15Vの状態で170Ωの負荷をつけると電圧が7Vに落ちます。
つまり41mA流れただけで電圧が落ちる訳で、レギュレーション悪すぎますね。
質問に書いたもう一つのは0.25A流すとシャットダウンしましたが、240mAまでは電圧が安定しています。これも2A定格のはずなのにおかしいけど、質問のものはもっとおかしいですね。
ちなみに、下限電圧を決める1.3kΩの抵抗に260Ωをパラに追加したら8Vに落ちますが、やはりそれ以上下がりません。
なんだろうなー?

お礼日時:2018/07/03 19:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAC100V駆動のコンデンサーから100mAを取り出す計算式

AC100Vで直接駆動する電球色LED(Vf:3.3V、If:100mAの回路を
作ろうと思っています。

設計した回路は別図の通りですが、自分の設計した計算式で100mAが
取り出せるか?この計算式で合っているのか?


・・・電流値の計算例・・・

計算式=電源電圧×2×パイ(3.14)×電源周波数×コンデンサー容量

(A)電源電圧=100V、電源周波数=50Hz、コンデンサー容量=3.2uF=1.0uF + 2.2uF

電流値=100×2×3.14×50×0.0000032=0.10048A=100.48 mA

(B)電源電圧=100V、電源周波数=50Hz、コンデンサー容量=3.3uF

電流値=100×2×3.14×50×0.0000033=0.10362A=103.62 mA

(C)電源電圧=100V、電源周波数=50Hz、コンデンサー容量=3.0uF=1.5uF + 1.5uF

電流値=100×2×3.14×50×0.000003=0.0942A=94.2 mA

(D)電源電圧=100V、電源周波数=50Hz、コンデンサー容量=2.2uF=0.0000022F

電流値=100×2×3.14×50×0.0000022=0.06908A=69.0mA

以上の計算上(A)が100mAを取り出せますが、実際ではその80~85%となる様なので、
(B)の103.62 mAでも使用可能な気がします。

コンデンサー容量を1.5uF + 2.2uF=3.7uFで計算する、0.11618A=116.18mAとなり、
その80%の効率だとすると0.092944A≒93.0mAで丁度良いのですが・・・

どちら様かアドバイスを宜しくお願いします。

AC100Vで直接駆動する電球色LED(Vf:3.3V、If:100mAの回路を
作ろうと思っています。

設計した回路は別図の通りですが、自分の設計した計算式で100mAが
取り出せるか?この計算式で合っているのか?


・・・電流値の計算例・・・

計算式=電源電圧×2×パイ(3.14)×電源周波数×コンデンサー容量

(A)電源電圧=100V、電源周波数=50Hz、コンデンサー容量=3.2uF=1.0uF + 2.2uF

電流値=100×2×3.14×50×0.0000032=0.10048A=100.48 mA

(B)電源電圧=100V、電源周波数=...続きを読む

Aベストアンサー

追記です.
回路を見ると,元設計はプロの電気屋がやってますね.
先ず,コンデンサに並列の抵抗は安全規格に従えば時定数が1秒以下の必要があり,まじめにやる場合は270k程度にします.
耐圧も必要ですから,1/2W以上にしておきます.
また,直列の200ΩはLED(ブリッジ・ダイオードも)のサージ電流定格を満足するように決定します.
コンデンサの耐圧はAC120VかDC250V以上が望ましいです.

安全規格を気にしなければヒューズは不要ですが,200Ωの抵抗をヒューズの替わりにする必要があり,酸化金属皮膜抵抗で不燃性のものを使用します.

Q電池の昇圧回路について

単4か、単3電池 2~3本で、9v付近を維持したと考えています。アコーステックギターのアンプ部なので、必要電流は、たぶん100~200mA程度との予測ですけど・・

オークションに出品されてる昇圧回路は、XL6009やMT3608などが使われてるものが多そうですが、固定電圧に対して何ボルトっていう昇圧ならば、電池が減ると、平行して指定電圧も下がると思うのですけど、これらの昇圧キットで、9v維持できますでしょうか。 

例えますと、1.5v電池1本か2本で、LEDを長時間点灯させる回路がありますけど、あんな感じで、電圧を維持してくれると最適なのですが・・

Aベストアンサー

DDコンバーターは発振器内臓なのでアンプに悪さしかねません 微弱信号扱う計測関連でも避けます
なので電池が最適と思います 充電池がお勧めです(NiCdはもう手に入りません中国製だけです)
今後はリチウムイオン電池が主流で置き換えが既に起こっております

9V角型リチウムイオン電池が最も小さく出来るでしょう 中身はリチウムイオン電池二個直列で9Vは無くて8Vです
乾電池単4 6個相当で500mAH程度あり 50mA程度の使用でしたら10時間使えます
非常時は9V乾電池(100均でも手に入ります)もそのまま使えますし 

今は懐中電灯からノートPCに至るまで殆どがリチウムイオン電池に置き換えられております
角型リチウムイオン電池の容量が小さいならリチウムイオン標準サイズ電池(18650サイズ)を二個使えば良いでしょう
これなら1AH以上あるので20時間以上使えます ヤフオクにも出品されてますしケースも手にはいります
角型リチウムイオン電池はネットショップでも売られております 検索を~。


人気Q&Aランキング