私は農学部の4回生です.女です.
机の上の勉強よりも実際に農業をやってみたいと
最近よく思います.でも,はたして私に農業が
やれるか,不安が大きいです.

農業をする上でなくてはならない能力があるとすれば
それは何だと思われますか?
ぜひ教えてください.お願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

こんにちは。


なんだか怖くなるような回答もありますが、それもまた事実なんでしょう。でもnknykさんはまだ若いようですし、焦ったり余計な予備知識をつける必要もないでしょう。米や野菜なんて誰だって作れます。実際作っている人たちは大学で作り方を学んだわけでもないのですから。要は“やる気”かな。作り方がわからなければ、わかる人に聞いたらいい。農地が取得できなければ借りたらいい。機械も借りたらいい。お金だけは借りれないかも(爆)・・・。その中でつまずくこともあるでしょうが、そこでくじけるか乗り越えるかはあなたの選択。たとえくじけても必ずよい経験になるでしょう。
農業に必要な能力をあえて言うなら“やる気”です。やる気さえあればおのずと結果はついてきます。そして“楽しく”“明るく”農業をしてください。あなたの気の持ちようでこの仕事はすばらしいものとなるでしょう。
米や野菜の作り方なんて、知らないからこそやってみたくなりますよね。収穫物を知らない人の家に売りに行く・・・今からわくわくしませんか?
若いんだからとにかくやってみてください。そしてあなたの良き理解者となるパートナーができれば・・・もう最高ですよね!!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
正直私はあまりにも焦っているのだと思います.
もうちょっと心を落ち着けて,今を楽しみながらこれからを決めていきたいと思います.

お礼日時:2001/07/22 16:29

農業を“あこがれ”ではなく“現実”として見る目と考える頭脳



+(プラス)挫折と矛盾に負けない気力と笑い声。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます.
現実は大変厳しいようです.
よく考えて結論を出そうと思います.

お礼日時:2001/07/28 16:29

農村社会の1形態として.身分制度が実質的に残っている地区があります。


有名な所では.小説「土」の舞台になった現在の筑波学園都市の近隣の地域があります。新規転居者は「よそ者」であり.最下層階級に位置づけられます。土を読んでみて下さい。
比較的有名な身分制度が残っている地区は.栃木県黒磯市周辺でしょう。この地区で.ある日心臓麻痺で急死した方がいらっしゃいました。役場に死亡届が出されたわれですが.書類上の不備がありました。つまり「死亡診断書」がついてなかったのです。それで医師のところに届出者が出かけました。医師は.患者を診ないで診断書をかけません。患者を見に行きました。患者は.棺桶に入れられ墓穴が掘られ.集落一同葬儀の為にそろっていました。医師が患者を診たところ.心臓麻痺には違いないでしょうが.若干普通の心臓麻痺では見られない状態にありました。つまり.外傷があり.出血多量による死亡でした。直ちに医師は警察に連絡しました。事情聴取に応じた集落の人々は.同じ事を繰り返すだけでした。「あの人は心臓が悪かった」と。農村の開拓集落ですから.集落民以外の人々が出歩いていたらは.促不信人物であり.集落民以外の証言は得られません。いつのまにか年月が流れ.殺人罪の時効が成立しました。

新規土地取得ではなくても.既存土地利用であっても.農業経営が満足に行かない人がいます。某村の庄屋の孫で.その村の実質的土地所有者ですから.地租改正・松方デフレ・農地解放を潜り抜けても10hr程度の土地所有があります。ただ.農地法の関係でかなり多くの土地が小作に出ています。この農家の孫は.才女で地元農学部に進学し.後継者問題も熟知していますので.適当な人間を亭主に選び.首に縄をつけて家に連れて帰り.婿養子にしました。結婚生活は長く続きませんでした。同級生との所得格差が激しいこと.農村ですから遊ぶところがないこと.プライバシーもありません。その結果.5年程度で破綻しました。
プライバシーがないことの例としては.うちの子供の成績を上げましょう。うちの子供の成績は親ですがまったく覚えていません。同然のことですが.子供も覚えていません。が.隣家の嫁さんに聞くと全部教えてもらえます。隣家の嫁さんは.通信簿をもらう日に通学路にたむろしていて.かえってきた子供たちの通知票を取り上げてみていたのです。その他.うちに誰が来たかということは.私よりも隣家の嫁さんが詳しいです。

このような生活が農家の暮らしです。農作物を作れて当たり前.知識は不必要.しかし.色々なその地域独自の社会通念が待っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
「土」読んでみたいと思います.

お礼日時:2001/07/22 16:17

たくさんの回答(応援、激励)が寄せられましたね!


実は、この質問を見てちょっと心配したのは、
厳しい現実問題ばかり突きつけられて、
nknykさんのやる気がそがれはしないかな…と。(^^;
でもnknykさんの意志は相当強固みたいですね。頑張って下さい!
ところで、
私の経験上、過去に挫折したnknykさん先輩達に共通した問題があります。
それは「田舎暮らし」「自然とのふれあい」に対する憧れだけで
農業を始めた…ということです。
これは必要条件かも知れませんが、
絶対条件ではないのですね。
農業とは言え、生きていくための経済活動ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
たくさんの回答をお寄せいただいて本当にありがたいです.ありがとうございます!

私は農村の実情を直接的にはほとんど知りません.現実を見たら
簡単に挫折してしまうかもしれないという不安はあります.
でも私の動機は,田舎暮らしへのあこがれとはまた違うところにあるように思います.
無知が露呈するのが怖くてここにはうまくかけませんが.すみません.

中途半端な気持ちではやっていけないのだろうと思います.
やはり不安なので,研修などもして,いろいろ情報収集してから決断したいと思います.

お礼日時:2001/07/20 12:09

精神論は.色々ありますけど.新規参入で農業を続けていく方に共通していることがあります。


それは.農業収入がどんなに赤字でも.生活していけるだけの経済力です。

まず.物を販売しようとも売れません。市場に出すと.市場までの交通費を売り上げで確保できるかどうか.が疑問です。又.小泉内閣が政策としている構造改革によって.勤労者世帯の購買力は急速に低下しています。又.農産物輸入自由化で.低価格の農産物がちまたに溢れています。1ヘクタールの年間売り上げが1万円なんてザラですから。農家の場合に.生活に困ると土木作業員として働きます。小泉内閣の構造改革として.公共投資の大幅減が予定されていますので.農家の土木作業員としての雇用はないでしょう。つまり.農産物が売れなかったときの現金収入が皆無になります。
赤字にならなければ.「うまくやった」方でしょう。

副収入があって.農業所得がいくら赤字でも暮らしていける方は別として.専業農家の破産が3軒続きました。年間売り上げ100万以下で.新規土地購入の利子払えますか?。
農業は趣味.他に生活を支えるだけの経済力の有無が.新規参入農家に必須の能力です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
新規に農地を取得し経営をするのは難しいだろうと思っていました.
物を販売しようとも売れない,ですか.私の考えは甘かったかもしれません.
やっぱり私には盲点がいっぱいあるようです.よく考えてみようと思います.
ぜひもっといろいろなご意見お聞かせください.

お礼日時:2001/07/20 10:39

薬用植物の栽培指導などもしてきましたので、一応、経験者ということで‥


農業をする際に必要な力とは
土と話すことができる
作物と話すことができる
空と話すことができる
肥料と話すことができる‥
能力であると考えています。
教科書や栽培指針の通りに作業を行なってもうまくはいきません。
その地域のその場所の土と話して土壌改良を施し
肥料と話して適正な醗酵度のものを適量用い
気候と話して潅水や日覆などの適切な処理を施し
作物と話して健康状態を知り、何をして欲しがっているかを理解する‥
こういったことが本当に大切だと思います。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
経験によってしか学べない能力が必要なのですね.
早くチャンスを見つけて少しでも身につけたいです.

お礼日時:2001/07/20 10:29

・トラクターを移動する際に公道を運転するには小型特殊免許が必要です。

普通免許で漏れなく運転できます。
・機械化により昔程の体力は要りませんが、稲作以外では結構手仕事があります。植付け・定植・間引き(野菜)、剪定、実選り(果樹)、人工受粉(りんごは特に。マメコバチより確実)収穫(全部)は人間の判断によるところがあり、まだまだ完全な機械化には程遠いです。大抵は中腰状態で姿勢が悪いので腰が痛くなります。畜産も大変です。殆ど休み無し。
・健康管理。無農薬有機栽培が流行っていますが、消費者はわざわざ高価で見てくれの悪いものを買わないでしょう。(有機栽培→勇気栽培という言葉も)本当に自分の健康を考えて食品を買っている人ってまだまだ少ないと思います。つまり、農薬や化成肥料に頼る部分がどうしても出てくるはずです。労力と経済性、育て易さ、病害虫等の防除を考えると。つまり、農薬に触れる機会が増えます。多少なりとも。脅す訳ではありませんが、体力が落ちている時に農薬を体内に入れてしまった場合、極端に解毒能力が落ちてますので、言わなくても分かりますね。
・消費者のニーズに合う新しい発想。商品価値が高く市場の動向に鋭い人間が勝ちます。軌道にのって余裕が出てきたら、流通にも手を出さないといけません。生産物のアピールと消費者直の販売ルートの確保。(中間マージンを抑え、安くて良い物を提供するシステム構築)農家の生き残り合戦もTVでみると凄いですね。
・農業と言っても「野菜」「果樹」「畜産」がありますが、何をやりたいのですか?。相手は生き物ですから育たなかったり、病気になったり、病気で全滅することもあります。「野菜」「果樹」は台風や日照りに弱いですし。
・最後に。「畜産」をやるなら情が移ると出荷したくなくなります。最初は泣くでしょうね。動物もトラックに乗せる時点で本当に嫌がります。分かっていると思いますよ。殺されることが。育てるときに愛情いっぱい。出荷するときに非情になれ・・・でしょうか。多分慣れると思いますが。
昔、農業科を経験した現在会社員。32歳男
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
お米や野菜を作りたいです.近所の家々に売って歩きたいです.
現実性に欠きますよね.すみません.何についても,実は育て方を一切知りません.
大学では圃場の整備のしかたや里づくり計画の策定について学んでいます.免許はAT限定です.
力は余り無いですが簡単な手仕事なら出来ると思います.


問題が山積みでどこから手をつけたらいいのだか….
わざわざ大学に4年間もいたのだから何かいかせたらいいなと思います.

お礼日時:2001/07/19 18:43

ご質問からはずれているかもしれませんが・・・


全くの非農家なのであれば、農地の取得などさまざまな面で難しいかもしれません。その場合は下記の方法で就農してみてはいかがでしょう?

1.農業法人への就職
大規模農業を営んでいらっしゃる農家では、法人組織となっているところがあります。そこに就職し実際に農業に触れ「自分にできるかどうか」を判断し、経営のノウハウを学んだ後、経営者の協力をあおいで独立してみてはいかがでしょうか?遊休農地を借りたりする上でも、地域の有力な農家の力を借りることでスムーズに進みます。

2.新規就農支援プログラム
最近、各地の農業改良普及センター(行政関係の組織です)で新規就農者募集をしているようです。2年程度のカリキュラムで、農地の斡旋など就農までの一切のバックアップをしてくれます。書類・面接など審査がありますが、農業に意欲を持たれる、しかも女性(一生やってくれそうでしょ?)ということでかなり有利なのではないでしょうか。また、プログラムに乗っかれば、農協からの支援(設備投資資金の借入れ)も受けやすいです。
ただし、2年間ほぼ無給ということを覚悟してください。

農業は、本人のやる気に比例して結果が表れる職業だと思います。個人的には「がんばってください!」と応援させてください。無責任ですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
農業会議所のホームページなどをみて,インターンシップや研修制度の利用を検討中です.
週に一回程度は大学に通いながら農業を研修したいなどと贅沢なことを考えていまして,
それが可能な研修先を探しているところです.
がんばります!

お礼日時:2001/07/19 12:47

女性で農業をしたいという人は最近では珍しくなりましたね。


農業は国の基本ですから女性にも大いに頑張っていただきたいと思います。
さて、農業は、天候に左右されます。
集中豪雨があるかと思えば日照りもあります。
昆虫や、動物との付き合いもあります。
自分一人の努力で何とかなるという作業ではありません。
昔から、雨乞いやお祭りなどがあるように、何か特別な力を感じざるを得ないのが農業です。
ここで必要になるのは、そう言った自然と付き合いが出来るだけの気力と体力そして資力と言ったものでしょうか。
晴耕雨読と言いますが、決して焦らずかといって自然のサイクルに逆らわず自分を合わせていく。
人が生きていくために備えている全ての知識が無ければ、やって行けないとも言えますし、何もなくても気力と体力でやって行けるとも言えます。
どんな仕事でもそうですが、失敗にくじけないことは大切なことだと思います。
今風に言えば、要は何をどんな風につくって生きていくかで問われる能力は変わってくるでしょう、が答えになるでしょうか。
恵みに感謝し、経験を生かして新しいことを工夫をする能力が一番求められるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
私はせっかちで,挫折にも弱いので,自然とうまくつき合っていけるか,不安になってきました.
でも,こつこつ努力する方なので,いろんなひとに助けてもらえればやっていけるかもしれません.
皆さんにたくさんの回答をお寄せいただいて,心強い限りです.

お礼日時:2001/07/19 12:38

農業を新規にあるいは継承してやられる方が少ない、さらに減反政策と米の自由化が叫ばれている中、第一次産業を決断をされたあなたは偉いと思います。


私は、兼業農家で両親の手伝い程度ですが稲作・畑作をしています。
まず、ご質問の”力”ですが、稲作は機械化されて昔のように椀力でやることは少なくなりました。トラクターや田植え機・コンバイン・乾燥機の運転ができればある程度できますよ。
また、収支から見ると大変な割には収入が少ないもので、単位耕作面積に対して多くの収穫を期待することになります。しかし、作況指数が良と出ても高く買い取ってくれない現状も把握しなければなりません。
また、”能力”ですが凶作にも強い品種の改良品を用いて、毎年安定的に効率よく作ることが望ましくなります。(ブランド米はある程度の値段で取引される。)
この数年前に米が無くなる事態がありましたよね。
確かに、あの年は1反歩(300坪)で200kg以下でしたから大変でした。通常は500~650kgですのでざっと1/3ですね。自然がもたらした現象ですが、この自然とも向き合うことになりますね。
水管理、肥料のやる時期、追肥する時期、さらにウンカ・カメムシの防除・立ち枯れなどの病気も考慮する必要があると思います。
しかし、収穫時期になるとその結果がわかるわけなので、逆に自分が施した楽しみになりますね。
以上簡単に思い出せたことを書き込みました。足らなければ補足します。頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
まだ現段階では,まったく知識も経験もなく,女である私に,果たして農業ができ得るかを悩んでいまして,決断はできていません.
もう少し考えて,両親や担当教官にも相談して決定したいと思います.

お礼日時:2001/07/19 12:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国での農業求人の状況

先日このカテで、学習している外国語を話す国にお金をかけないで生活する方法を投稿させていただいた者です。もうしばらくこの投稿は締め切らずにおこうと思うのでご了承ください。

私は現在40歳の子供のいる独身女性です。

外国語学習が趣味ですが、漠然と農業をやってみたいという願望もあります。
そこでふと思ったのですが、外国で外国人の農業の手伝いの求人の需要というのはあるものなのでしょうか?

私は今英語・中国語・スペイン語を学習しているので、これらの言葉を話す国で農業の手伝いができたら面白そうだなと思います。

外国に住む際仕事を探すことになるかも知れません。
仕事の種類にもいろいろあるでしょうし、年齢や外国人ということで制約もあるかと想像します。

そんなとき、健康であれば農業の仕事に就くことも十分選択肢に入ると思われますが、実際求人がないと話になりません。

私はあまり流行に追われた街の生活に魅力を感じないので、田舎に住むことはむしろ面白いと感じます。もちろん、一口に田舎の生活と言っても楽しいことばかりではなく、その国によっては想像を絶する生活になるかも知れないですが、それもこの先の自分の人生にとって興味深い体験になるかと思います。

外国(英語・中国語・スペイン語圏)での農業の求人状況について、何かご存知のことがありましたら、ぜひ教えてください。

先日このカテで、学習している外国語を話す国にお金をかけないで生活する方法を投稿させていただいた者です。もうしばらくこの投稿は締め切らずにおこうと思うのでご了承ください。

私は現在40歳の子供のいる独身女性です。

外国語学習が趣味ですが、漠然と農業をやってみたいという願望もあります。
そこでふと思ったのですが、外国で外国人の農業の手伝いの求人の需要というのはあるものなのでしょうか?

私は今英語・中国語・スペイン語を学習しているので、これらの言葉を話す国で農業の手伝いが...続きを読む

Aベストアンサー

農業の手伝いは一般の作業になるので外国人へのビザは
発給されないと思います(アメリカで違法滞留者を使っているケースは別)

従って農業体験希望者として観光ビザの期間内で渡航し
現地で就農の可能性を探るという道しかないと思います。体験農業として思いつくのはブラジル(ポルトガル語)パラグアイ、アルゼンチンぐらいです。これらの国には日系の農業従事者が沢山いるので、住み込みで2-3ヶ月ぐらい体験をさせてもらう交渉が出来る可能性があります。

夫々の国の日本人会や県人会と連絡を取り、事前に条件に合うところを決めて出発すればビザの期限を有効に使えるでしょう。パラグアイなどはお奨めです(治安、国の規模、物価、気候などの観点から)

外国人の農業従事者(特殊技能者、農業指導者などを除く)の募集はありませんので、如何にしてとりあえずの滞留先を探すか、そうして現地で長期滞留のための可能性を追求(模索)するか、個人の運と努力にかかってくると思います。目的達成までの生活資金も必要です。

Q農業高校、農業大学(農学部)の収穫物

 こんにちは。カテが「学校」かなと思ったのですが、分からなかったのでこちらで質問します(違ってたらすみません)。
 農業高校や大学の農学部なども色々科があって全員ではないとは思いますが、イメージ的には実践的に作物を作って学んでいるイメージがあります。質問ですがその収穫物はどうされているんですか?うちの方では年に1回だけ農業高校で採れた野菜を街中で売るんですが(ニュースで見ます)、それ以外にも沢山採れるし、乳牛とかだったら牛乳も毎日搾乳していると思います。皆さんで食べているのでしょうか?それとも売っているのでしょうか?近くにないのでよく分からないのですが、もしかしたら売店とかあって近所の人が気軽に買ったりしているんでしょうか?地域や学校によって違うと思いますが、知っている方がいましたら教えて下さいm(__)m。

Aベストアンサー

私の知っている農業高校は毎週1回、時間限定で直売をおこなっています。
野菜も卵も低価格で安心・安全ということで遠方からはるばる購入しに来られる人もいるそうです。
他にも花や手作りパンも売っているという話でした。
評判が良いため、販売開始後1時間くらいで売りきれてしまうとか。
自分は行ったことがないので人づてで聞いた情報です。

「農業高校 直売」で検索をかけると、農業高校の活動について触れているページにヒットします。
質問者様のお住まいの地域の場合はどうなっているのか、気になったときにでもお調べください。

Qネットで農業求人のサイトは何故無料で利用できるのでしょうか?考えすぎですが不信です。

第一次産業ネットという農業の求人サイトを見てて思ったのですが、何故このような凄い情報量や相談等のサポート体制もきちんとされているのに無料で利用できるのでしょうか???不思議です。

Aベストアンサー

 求人に関してピンハネをしたり手数料を取る事は法律で規制されていると思います。
 農業求人がしっかりサポートされているということは、それだけ農業が人手不足だという事です。ぜひ農業をされて下さい。

Q【農業】についての質問です。大学生時代にサツマイモの栽培ぐらいしかした事ありません。農学は全くの人

【農業】についての質問です。
大学生時代にサツマイモの栽培ぐらいしかした事ありません。農学は全くの人間です。

Q,スーパーに並ぶ農作物の仕入れ値はどのような過程で決められてますか?

Aベストアンサー

青果物市場での値段です。
ただし、青果物市場を通さず 直接JAないしは農家の人と取引する場合もあります。この場合は、前もって値段を決めておいて取引しますが 市場価格が大きく変動したら 多少調整するシステムです。

Q農業求人の倍率

法人化されている農業の求人の事で質問です。
もちろん案件にもよるのでしょうが、条件が良かったりすると
応募者殺到したりするのでしょうか?

ちょうど車で30分くらいの所で募集が出てます。
観光牧場です。
アラフォーで農業未経験ですが、やはり転職は厳しいでしょうか?
主に牛・山羊・その他動物の世話、売店での接客などです。

今まで東京でサラリーマンしてました。
殺伐とした環境が嫌になり、田舎へ戻りました。
こんな動機だと続かないでしょうか?
休みは週一で8時~17時勤務だそうです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 >条件が良かったりすると応募者殺到したりするのでしょうか?

 殺到はしなくとも、倍率が上がる可能性は高い。

 >アラフォーで農業未経験ですが、やはり転職は厳しいでしょうか?

 厳しい。相当の覚悟と体力が必要。尚且つ雇う側からすると、若いヒト達に負けない何かが欲しいと思う。

 >こんな動機だと続かないでしょうか?

 分かりません。応募してから考えたら?

Q農学って農業を勉強するのですか?

農業の消費者拡大について勉強したいのですが、どういう分野で研究されているのかよくわかりません。
農学がそうかと思ったりもするのですが、いったいどこ(研究分野)がそれに相当するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

初めまして。
ちょっと個人的にも気になったのでいろいろ調べてみました。

まず、農学(農学部)というのを調べてみましたが、語から判断する以上に多種多様な研究対象がありました。
農作・農業から畜産・獣医学関係まで幅広いものでした。

さて、ご質問していらっしゃる分野ですが…。
「農業の消費者拡大について」とは「農作物に対する消費者(需要)の拡大」と捉えてよろしいのでしょうか?

もしそうならば、経済学・経営学で取り上げられる分野ではないでしょうか。
どちらも「農業経済学」「農業経営学」という分野があり、学会も存在します。

一度ネットで検索してみて、ご自分にあった分野が研究できる大学等を探されることをお勧めいたします。

Q農業労災について

企業でやっている農業をやろうとおもっているのですが、そこの求人欄に「農業労災」と書かれてましたが、ど言う意味でしょうか?。国民保険みたいな感じなんでしょうか?。
詳しい方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

一般論になりますが
企業(法人)が人を雇った場合に場合に入る(入れる)社会保険の制度は、
労災保険、雇用保険、厚生年金、健康保険の四種類ですが・・

ご質問の「農業労災」は、労災保険の事だと思います。
これは、仕事中や通勤中に事故にあった場合(職場で転んでケガをして治療を受けた場合なども含みます)に、治療費(100%)や休養している場合の所得補償とかをする制度です。
法人であれば加入が義務付けられています。
もし、加入していなかった場合に万が一、授業員が仕事中に事故にあったら、すべて雇主が補償する義務を負います。通常は、人を雇う場合は、是が非でも入っておくべ制度です。(義務があるから保険が作られたと言うことのようですが)

なお、ついでにそれぞれの制度で保険料の負担の仕方が違います。
・「国民年金」に対応するのは、「厚生年金」です。
 国民年金は全額自腹、厚生年金は雇主と授業員の折半
・「雇用保険」は、失業保険と一般に言われているものです。
  (実際は、色々な助成や給付制度が組み合わさった物ですが・・・)
 保険料は、雇用主負担
・健康保険は、組合(会社とかで入る)と国民健康保険(個人とかで入る、全額自腹)
 二本立てだったと記憶しています。

人を雇う会社(法人)であれば、一部例外を除き加入義務があるのですが、会社の体力(資金力)などの関係で、残念ながらすべて整備されていない場合もあります。特に中小企業では、会社にとってけっこうな負担となります。
保険は、保険料を払って初めて補償を受けれる権利が発生するものですから、何かあった後で入りたいと言ってもダメです。そして、それがよく揉める元になります。

なので、いままで見てきた中では、
労災保険→雇用保険→健康保険→厚生年金 の順で整備してるところが多いような気がします。

年金と健康保険は、自分で払えば何とかなるのですが、労災と雇用保険は従業員が個人的には入れない制度なのでこの二つは雇う側は優先しますし、特に労災は最優先で皆さん加入しているようです。 

なお、この手の制度の専門家は、社会保険労務士ですので、詳しいことお知りになりたいときは、ご相談いただければいいと思います。
この関係は本もたくさん出てますから、簡単そうなのをサラッと読んでみるのも良いかもしれません。インターネット上でも情報はありますけどね。
検索するときは、「社会保険」「社会保障」でいいかと思いますよ。

最後に一言
 社会保険関係は、知らないと損をすることが多いです。基礎的な部分は押えておいた方が良いですよ。

一般論になりますが
企業(法人)が人を雇った場合に場合に入る(入れる)社会保険の制度は、
労災保険、雇用保険、厚生年金、健康保険の四種類ですが・・

ご質問の「農業労災」は、労災保険の事だと思います。
これは、仕事中や通勤中に事故にあった場合(職場で転んでケガをして治療を受けた場合なども含みます)に、治療費(100%)や休養している場合の所得補償とかをする制度です。
法人であれば加入が義務付けられています。
もし、加入していなかった場合に万が一、授業員が仕事中に事故にあったら...続きを読む

Q筑波大農学部と東北大農学部

こんにちは、高3受験生です。

タイトルのとおり、筑波大農学部、東北大農学部どちらを第一希望にするか悩んでいます。

いろいろなサイトをみて自分なりに考えてみたのですが、いまいち決め手となる情報がつかめずに苦労しています。

農学部志望といっても、つい最近までは医療系を目指していたもので、農学部についての基礎もまだ危うい状態です。

筑波大学では○○について多く学べる、東北大学には○○がある
など、特徴を述べていただけるとありがたいです。

ついでに就職のことについても不安があるので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

国立農学部の卒業生です。

親元から通学するのでなければ、各大学のHPをみて教授陣がどんな研究をし、どんな業績を上げているかをよく調べることです。

同じ学科、同じ講座であっても、先生の研究内容はかなり異なります。
将来志望の農学系大学へ進み、幸いにも希望する講座を専攻することになったとき、自分の卒論研究をする際、学生の自由が利くことは希です。
先生の研究分野と同じことを大概は卒論研究テーマとして選び、研究することになります。

医療系から農学系へ志望変更したとのことですが、そもそもどんな勉強したいか、自分のやりたいことに合っているか各大学のHPをみてよく研究することです。
メールアドレスが公開されているなら、大学の入試係や教授陣に質問しても良いと思います。

入ってからイメージと違ってたと失望しないよう下調べを入念に行うことを勧めます(入った大学を退学して受験し直すのも時間、労力、お金がかかることです)。
また、今なら元々の志望である医療系の大学へ再考するのも選択肢かもしれませんよ。

Q農業を仕事にしたいのですが…

今年23歳になる女性です。
大学卒業後、クリエイティブ系の職業に就きましたが
ノルマや人間関係からくる精神的疲弊、会社の方針に対する疑問などの
理由で先月辞職しました。

現在は自宅から通い易い範囲の求人に数件応募しています。
そのような中、折角の機会、いろんな職種に応募したいと考え、
以前から興味のあった農業への応募を現在検討中です。

農業体験をしたことはあるものの、親類に農業をやってる者はいません
ので本格的な農業について全くの無知です。
今回の求人には誰でも出来るとあるので、農業の内容によっては
素人でもできるのかしら、と僅かに希望を持っています。

志望動機は
・デスクワークではなく、体を動かしたい
・自然に囲まれ、マイペースに働きたい
・規則正しい生活をしたい

です。農家に嫁ぎたいという将来を見据えての考えもあるのですが、
働かせていただく事になった場合、実際長く続けられるか(いつまでその就業場所で働くか)農家の方と上手くやっていけるか不安です。

似たような境遇の方や、農家の方からご意見をいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

今年23歳になる女性です。
大学卒業後、クリエイティブ系の職業に就きましたが
ノルマや人間関係からくる精神的疲弊、会社の方針に対する疑問などの
理由で先月辞職しました。

現在は自宅から通い易い範囲の求人に数件応募しています。
そのような中、折角の機会、いろんな職種に応募したいと考え、
以前から興味のあった農業への応募を現在検討中です。

農業体験をしたことはあるものの、親類に農業をやってる者はいません
ので本格的な農業について全くの無知です。
今回の求人には誰でも出来る...続きを読む

Aベストアンサー

我が家も一応農家ですが、私と夫はほとんど携わらず、両親がしています。
もともとお米の農家で、田んぼはすごく多くはないけど米所ですし、まあまあ持っているといえるかもしれません。
祖父の代ではコシヒカリなどは高く売れましたから、田んぼを持っていれば持っている程稼げたそうです。
でも今はお米だけではやっていけません。
お米の値段は安くなったし、国内でも余っているので減反を強制されているほどです。
だから夫は当然会社員です。
周囲には球根や花・野菜など、他の農作物をやっている家も多いです。
本格的に切花をやっている家は(お米も普通にやりつつ)結構稼いでいる感じがします。
その代わり朝から晩まで温度調整やら光の調整やら大変そうだし、決して楽ではありません。
多くの家はお米と、自宅で食べるくらいの野菜を作っています。
野菜を売っている家もあるけど、大きなお金は得られないと思います。
特別な品種を扱ったり、完全無農薬とか、普通と違うことをしない限りは農業だけでの生活は苦しいと思います。
完全無農薬とかは並大抵の苦労じゃないです。
普通の農家は農薬を使うのが常識です。
お米を作っていても、兼業で会社勤めなどをしている家がほとんどです。
毎月の収入がないと生活できないからです。
肥料や農薬や農機具などで経費がすごく、でもやめるわけにもいかないし、自分たちが食べるお米がなくなるのも困るし、売れば収入の助けにはなるといった具合です。
実際両親ともに正社員の年齢は終わっても他の仕事もしています。
おっしゃっている通り、農家に嫁ぐのが一番の方法だと思います。
ただし普通の農家では無理です。
農作業プラス、パートに行く羽目になるだけです。
専業でやっている大農家とか、広大な土地を持っている農家じゃないと。
現実は厳しいと思います。
朝から晩まで畑に出て、きれいな格好なんてたまーにしか出来ないでしょう。
田舎ですから、たまにお洒落しても浮くと思いますし。
それでも農業がやりたいなら、お嫁さんが欲しくて仕方ないお金持ちの農家はあると思います。
遠い県にとついでもいいなら、メールで出会いを探すとか、大農家の跡取りを募集すれば結構反響はあると思いますよ。
ただし、マイペースな生活は出来ないと思った方がいいですよ。
相手(作物)がある以上、気楽にやりたい時だけ、やりたい分だけというわけにはいきません。
田舎の農家にお嫁に行けば姑と同居でしょうから、朝食作りに始まって夕ご飯作り、掃除洗濯、明日も朝早いから夜更かしもできないでしょう。
確かに規則正しい生活にはなるでしょうが、毎日が試練のような大変な規則正しさが想像されます。
人生楽な道はどこにもないですね。
それでも少しでもご希望に合った生活が現実となるといいですね。

我が家も一応農家ですが、私と夫はほとんど携わらず、両親がしています。
もともとお米の農家で、田んぼはすごく多くはないけど米所ですし、まあまあ持っているといえるかもしれません。
祖父の代ではコシヒカリなどは高く売れましたから、田んぼを持っていれば持っている程稼げたそうです。
でも今はお米だけではやっていけません。
お米の値段は安くなったし、国内でも余っているので減反を強制されているほどです。
だから夫は当然会社員です。
周囲には球根や花・野菜など、他の農作物をやっている家も...続きを読む

Q博士(農学)?農学博士?

最近大学の先生と接する機会が多いのですが、名刺に農学博士って書いてある場合と、博士(農学)って書いてある場合があるのですが、これって何が違うんでしょうか?何か明確な区別があれば教えてください。

Aベストアンサー

ある時期から博士(専門分野)という標記に変わりました。10年前後は経っていたかと思います。
何故かというと専門分野が多岐にわたるようになり(中にはすごく長い名称も)頭に専門分野名を置くのが煩雑になりすぎたというような理由だったと思います。

しかし、一般の人にはあまり知られていないのと、学位を持っている本人が新しい標記に馴染めなくて○○博士を使っている場合も多く、まだまだ混乱している状態が続いていると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報