プロが教えるわが家の防犯対策術!

メゾネット住宅に住んでいます。

私は現在出産直後で里帰り中なのですが、旦那から連絡があり、2階の寝室にゴキが出たそうです。


1階の台所や風呂場ならまだしも、水気のない2階の寝室…ということにショックを受けています。


来月から赤ちゃんを連れて戻るのですが、ゴキの被害を受けないか心配でなりません。

ベビーベッドではなく床に布団を敷いて寝かせようと思っているため、どこに寝かせたらいいか分からないです。


旦那はバルサンを焚くと言っていますが、バルサンだけで効果はあるのでしょうか。


家の両隣が畑なので、どれだけ焚いても効果はないでしょうか…


焦っています。
駆除の方法を教えてください。

A 回答 (4件)

あなたと赤ちゃんが戻るまで、まだ暫くありますか?それまでに旦那さんに出来ることは限りなくやっておいてもらいましょう。

実害があるかどうかよりも、あなたがお子さんのためにも目にしたくない存在だと理解しています。

とにかく、最初にまずバルサンを焚いて下さい。
焚いた後に、ゴキブリホイホイなどを寝室、家具や冷蔵庫の下、台所などのめぼしい場所に設置して捕獲出来るかどうか確認。また、コンバットなど買って置けば、巣ごと絶滅させてくれます。
そして、さらに以下のこときちんとやった上で効果が出ているかも確かめること。

1つ目は、暑い時季ですが、旦那さんに出来る限り余計な隙間を塞いでもらう。
外と内を出入りドア、窓、換気扇、エアコンの室外機との連結部等々、いろいろあります。
中でも、ドアや窓の上下の隙間はちょうどいい侵入場所・経路になってしまいます。
網戸なども少しでも破れていたら、そこから侵入されます。
何と言ってもゴキは薄っぺらく全体が脂っぽいので、ほんの1㎜に満たない隙間からでも入ってこられますから。ここで、いかに不要な隙間をうまく見つけて埋められるかです。
意外と玄関ドアの上下の隙間から侵入も多いようです。隙間を埋めるガムテやビニールテープは100均で買えます。

2つ目は、水回り(台所・流し回り・洗面所・風呂場・風呂桶・排水溝等)を清潔に保つこと。出来ればシンクに生ごみ用の三角コーナーなどは置かず、レジ袋やビニール袋をスーパーからもらってきて常備しておき、それらを二枚三枚重ねて使います。そして、それらに捨てていくようにする。
私がよく利用するのは、食パンの袋です。食べ終えた後の袋はマチが広く深くついているので、普通のレジ袋などたくさん入って、より最適です。
もちろん、料理などの際に肉や野菜のくずなどを捨てるのでもしっかり水気を切ること。
一番はゴミを出さないことなのですが、料理で捨てる箇所を少なくし、食べ切る工夫もしてうまく利用すること。これで食品ロスを抑えることも出来る、ゴミも少なく出来て一挙両得です。

3つ目は、冷蔵庫の裏です。一年中電気を切らない場所なので、暖かくゴキの棲みかには最適です。冷蔵庫からの出し入れでこぼれた食品のカスや飲み物のこぼれ汚れ等はゴキの格好のエサになってしまうので、冷蔵庫の裏側も3ヵ月に一度は動かして掃除機をかけること。

4つ目は、しっかり清浄を保持した上でも万が一出てしまったら、ゴキに最大級の恐怖を与えること。どこかの隙間や狭い家具の下側に逃げ込んだとしても、その辺りを雑誌や新聞紙、スリッパなどでバンバンと叩き、出て来たら一発で殺すよ言う無言のアピールをします。それを繰り返しやられているうちに、ゴキがその家を怖がって、お隣りさんなり別の家なりにお引越しを行います。ゴキはだてに2億年も生きていません。頭も結構いいですから、身の危険があると分かれば自分たちからそこを出ていくそうです。

以上、徹底して出来ることはやっておき、ゴキを上手に排除して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。


家には9月頭に戻る予定です。


ベランダや網戸に隙間はない筈なのですが、どこかに見落としている所があるのでしょうか…


ゴキブリホイホイではなく(死骸を見るだけでも苦手なので)、コンバットを考えています。

ですが、昔住んでいた一軒家でゴキがたくさん出た際、コンバットが全く効かなかった経験があるので、効くのかな?という不安もあります。


赤ちゃんが万が一ゴキを口にしてしまったら…という恐怖があります。

お礼日時:2018/08/15 08:12

#3です。


>ベランダや網戸に隙間はない筈なのですが、どこかに見落としている所があるのでしょうか…
先ほど書いたように、ほんの1㎜以下の隙間でも、です。あまり人が意識して塞ぐような隙や幅でないところもあると思います。また、網戸のサッシと窓の間にも微妙な隙間が空いていたりします。
そして、地からも飛んできても、よそから侵入する経路としてベランダは多いです。
例えば、植木など置いてあれば水やりをするし、洗濯物や布団を干したり取り込んだり等で開け閉めも頻繁に行う場所です。そんな時にちょっと開いていたら、すかさずサッと入ってくる恐れもあります。要するに、人の住まいに隙間が全くないのがあり得ないのと同じで、入ってくる経路もあり得ない場所だったりすると言うことです。
    • good
    • 0

Gが布団の上を走り回っていても、何の被害もありませんよ



Gは、人のフケとかを食べますから、二階に居ても不思議ではありません
    • good
    • 0

排水口、換気口


ドアポストや窓は目張り
侵入ルートを塞いで、
バルサンする
卵は死滅しませんから、
1週間程度空けて
再びバルサンをする

新生児がいるなら、
掃除は徹底する
窓は開けない
空気清浄機を使用する

ゴキブリは集合ホルモン
糞で仲間を呼びます
とにかく掃除する
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

侵入ルートを徹底的に塞ぎたいと思います。

お礼日時:2018/08/20 09:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング