国民年金法には保険という文字が入らないのに厚生年金保険法には保険という文字が入っています。なぜだかご存知の方いれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「保険」というのは、保険料を納める多数の人がいて、保険事故を起こした少数の人への保険金を払うというシステムです。

厚生年金は基本的にこのような制度によって(「基本的には」ですけどね)運営されています。
しかし、国民年金は、No.2の回答にもあったように、福祉的な考え方を含んでいるので、「保険」という文字は入りません。同様の趣旨の法律に「生活保護法」「老人保健(保険じゃない)法」その他「○○福祉法」等があります。
#ところで、どうして「エネルギー」のジャンルにしてしまったのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。
「福祉的な考え方をはっきりさせるため。」というのがキーワードと考えてよろしいのですね。
そのために「保険」という文字が入らないというわけですね。
ちなみに老人保健法については被保険者がその費用を負担しない(各保険者の拠出金、国、都道府県、市町村が負担)ため保険ではないというようなことを聞きました。
考え方としては合っているのでしょうか?
よろしければまた教えてください。
それからジャンルがエネルギーといのは単なる選択間違いです。
すいませんでした。(””)

お礼日時:2001/07/22 12:52

 「国民保険法」の名称に「保険」の字を入れなかったのは、保険以外に福祉的な考え方を含んでいるものということを強調させるためにいれなかったとしています。

下の「国民年金も保険制度だから、保険料を納めなければ、年金を支給しないのが当然ではないのですか?」の回答に書かれています。

参考URL:http://www6.airnet.ne.jp/munenkin/Q&A.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。
「福祉的な考え方をはっきりさせるため。」というのがキーワードと考えてよろしいのですね。
そのために「保険」という文字が入らないというわけですね。
参考URLとても役に立ちました。(^-^)

お礼日時:2001/07/22 12:54

 法律の名称に「保険」が国民年金にはついていないこと.


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「法律の名称に「保険」が国民年金にはついていないこと」
まさにそれが知りたかったのです。
他の方の回答によって答えがわかりました。
ちょっと不思議でしたよね。

お礼日時:2001/07/22 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q30代の保険で三大疾病特約は必要ですか?

主人の保険を新しく入り直そうと思っています。
解約→新契約で、余計なものを取り除き新商品に入り直します。
今まで(20代で契約)の時は三大疾病を付けていたのですが、
ここにきて本当に必要か悩んでいます。

なぜなら、他のガン保険に三大疾病(65歳まで300万、65歳以降半額)に加入しているからです。

それと三大疾病って、あまり若い人はかからない気がするのですが・・
今日のニュースで円楽さんが心筋梗塞?だそうなんですが、彼は80歳代でしょうし・・・

ただ、50歳代で、今の保険は更新になるのですが、その時に三大疾病を付けたら、すごく高くなるのでしょうか?
(若い時に三大疾病を付加していると、更新時に多少は金額的に楽なんでしょうか?

Aベストアンサー

なんの為に保険に加入するかを考えるといいかと思います。
生命保険は、万一のときに残されたご家族に経済的負担をかけないことが目的です。
死亡したときは、今回の話ではないので別として、
三大成人病になったときのことを考えてみてください。
まず、入院しますよね。
ガン保険についている三大疾病のついているガン保険に加入なさっているようですが、保険にもよりますが、多少の一時金は給付されますので、当座の費用は大丈夫でしょうし、入院給付金や高額療養費制度などによって入院に関してはまかなえるのではないでしょうか?
もし、終身なら必ず受取れるのでいいのですが、定期保険をご検討なら、あえて三大疾病による保険金は必要ないのでは?
また、脳梗塞などで寝たきり状態になったときや、半身不随になったときなどは、生命保険本体から保険金支払がされたり、保険料支払免除となるのである程度リスクは担保できるのではないでしょうか?

Q雑草が生えない土の固さをご存知の方

雑草が生えにくい土の固さは2ニュートンと聞いた事がありますが
本当でしょうか。知っておられる方がいらっしゃいましたら2ニュートンの根拠か参考資料を教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

植物の根系は、土壌中を伸長するとき、土粒子の縁に沿って伸長するか、根の膨圧で土粒子を押しのけながら伸長します。また、根も生物なので、過湿条件では根も伸長をいやがります。したがって、根系が伸長しやすさは、土壌の締め固まりと、三相構造(単位体積の土壌中に占める気体(空気)・液体(水)・固体(土粒子)の割合)によって決まります。

で、回答ですが、土壌の硬さは、山中式土壌硬度計という機械ではかるのが一般的です。農作物を栽培する圃場では、この山中式土壌硬度計で計測した値が25mm以上だと、根系の伸長が阻害される研究結果が得られています。ここでいう25mmとは、1平方cmあたり140kgを加えた値になります。また、25mm以下の値でも、土壌の三相構造の固体や液体の割合が大きくなると、根系の伸長が阻害されます。

ここにも回答されているので、見てみてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=14736

Q三大疾病による保険料払込免除特約は必要でしょうか?

こんにちは。
私は29才女性、終身の医療保険加入を検討中です。
色々考えてDr.ジャパンに入ろうかと思っているのですが、
「三大疾病による保険料払込免除の特約」を付けるかどうかで迷っています。

もともと特約は無しで良いかなあと思っていたのですが、
代理店の方に「これは付けた方が良いですよ」と勧められ迷い始めました。
代理店の方いわく「うちで申し込む9割以上の方が付けてます」との事。

もちろん人が付けているから付けるという訳ではないのですが、
やっぱり付けておいた方が安心かなあと思ったり、
特約保険料(350円程)もかかるしわざわざ付ける必要ないかな
と思ったりで揺れています。

主人の医療保険なら間違いなく付けたと思うのですが、
妻の方にも付けた方が良いのか・・・本当に悩みます。

みなさん、どうお考えですか?
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

保険は「もしそうなったら・・」の為に加入しますよね。yuzu55さんが三大疾病になったら、とイメージして下さい。その時に保険料払込免除の特約は必要ですか?

付けるメリットとしては、当たり前ですが月々の支払いをしなくても入院すればお金が貰えることです。三大疾病になったら他の保険に加入することは(殆ど)無理でしょうから、その保険をずっと続けていくようになります。長生きをすればいずれその保険は時代遅れ?になってしまうかも。それでも続けていかなくてはならないとしたら?
ただ終身の医療保険の保険料自体はそれほど高額ではなかったと思いますので、免除にならなくても支払いが継続出来るから関係ない、といった考えもできますが。

350円位なら付けておいた方が良いかも。30歳の女性で今後20年以内に三大疾病になる確率は8.5人に一人です。また患者さんは全年齢合計430万人以上います。(H14年厚生省の患者調査)
自分には必要ないと思うならもちろん付けることはありません。

Q変圧器の容量選定方法をご存知の方

当方新入社員ですが、工場の設計を任されてしまいました。
電気工学卒業が私だけなので、いきなり設計を任されてビビッております。

工場の増設計画で、トランスを増設する必要があるか?またどれぐらいの容量を増設すればいいのか?悩んでます。
ご教示頂ければ幸いです。

【現状】
トランス 3相6.6kV/220V 500kVA
負荷・・・旋盤、切削の生産設備 336KVA
     (説明書のKVAを足しております)
コンプレッサ・・・37kW
空調・・・15kW×2台

【増設予定の機械】
負荷・・・旋盤、切削生産設備 300KVA
     (説明書のKVAを足しております)
コンプレッサ・・・37kW
生産設備は平日の12時間稼働で、同時稼働率は70%前後と考えてます。

【懸念点】
・Trを増設するのにどれぐらいの容量がいいのか?
・旋盤や切削の機械って突入電流とか考慮する必要あるのか?
・キュービクルは屋外で夏場は暑くなってます。

以上よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

相談先を間違っていませんか。何処の事業場にも必ず電気主任技術者がいて、その人が電気設備の設計から保守まで全責任を負います。もし事故が起きたら刑事責任も負うのです。
小規模の会社だと、外部に委託しているかも知れませんが、それでも法律上の責任は変わりません。新入社員で未経験のあなたが担当者として為すべきは、まず「保安規定」を読んで、あなたの会社の電気業務の約束事を掌握すること。次に電気主任技術者に相談あるいは指導を求めることでしょう。

Q医療保険・がん特約・三大疾病特約について

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾病払込免除特約がある・ガンの場合日額2倍プランがある・七大成人病60日延長特約を付加すればキュアと同じ感じ・三大疾病一時金特約はキュアより安い(入院が必要かどうかが把握できていないので、どなたか教えてください。)/保険料が高い

アリコ…生活習慣病特約で一時金50万・ガン特約は初回のみ入院が無くとも保障される・先進医療特約の内容が充実している・保険料も割安/三大疾病特約がない

特に比較したいデメリットは三大疾病保障・ガン給付金についてです。アリコに三大疾病特約があればとても魅力的なのですが…。キュアの三大疾病一時金は入院が必要とのことですが、ガンの場合いきなり入院しない事もありますよね?入院しないという事は保障がない。でも入院が必要ない時点で医療費もそんなにかからないのでしょうか?高額医療の制度もありますし…

医療保険の特約ではなく、単独でガン保険や三大疾病保険(あるのかな?)に加入するべきですか?医療保険の日額を1万で考えているから単独で入るとムダが出る気がして。ガン保険も高いですし…

御意見宜しくお願いします

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf


(2)新EVERの長期入院は、入院給付金日額と同額を付加できます。
つまり、基本が1万円ならば、長期入院特約も1万円まで付加できます。

(3)健康のお守りの三大疾病一時金は、入院が条件となります。
三大疾病払込免除特約は、終身払いでこそ威力を発揮します。
60歳払済ならば、保険料を払いこんでしまったら、この特約は
有名無実になります。
当然ですが、終身払いの方がこの特約の保険料は高いです。

(4)三大疾病とは……
がん・脳卒中・急性心筋梗塞です。
急性心筋梗塞は、虚血性心疾患の半分です。残りの半分は、狭心症です。
症状も手術の内容も似ていますが、狭心症は心筋壊死がないので、
死にません。
急性心筋梗塞の平均の入院日数は、65歳以上でも31日です。
治療費は高いですが、高額療養費制度の適用になるので、自己負担は
少なくて済みます。

脳卒中は、脳血管疾患の65歳以上の平均入院日数が118日なので、
長期入院となる典型的な疾患です。
入院中よりも、退院後の介護の方にお金がかかります。

がんは、総合的な治療をする典型的な疾患です。
入院もあれば、外来もあり、一概には言えないので、総合的な保障が
必要です。
抗がん剤が一般の方は想像ができないぐらい高いので、外来の自己負担が
一回数万円になるので、最初は何かの間違いと思う人が多いそうです。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/HCN.pdf
がんに備えるならば、がん保険です。

(5)まとめれば……
急性心筋梗塞は、普通の医療保険で対応可能。
脳卒中は、1回の入院限度日数が少なくとも120日以上が必要。
むしろ、障害が残ったときの介護を考えて、介護保険が必要。
がんは、がん保険でなければ、十分に対応できない。
つまり、三大疾病保険(単独もあります)は、補助的な意味合いの
強い保険です。

(6)自営業ならば、「所得補償保険」を検討することをお勧めします。
良く似た名称に「収入保障保険」がありますが、似ているのは名前だけで
内容はまったく違います。

まずは、死亡保障。
次に、医療保険、所得補償保険を上手に組み合わせてください。
できれば、がん保険も組み込んでください。
余裕があるのならば、介護保険。
さらに余裕があるのならば、三大疾病保険。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saik...続きを読む

Q妙見山、歌垣山、野間あたりの捨て犬保護団体をご存知の方

先日妙見山で、とても可愛そうな捨て犬を見ました(日蓮宗の参拝所のような星型の施設へと上る階段途中)。
とても臆病な感じの白っぽい犬で痩せており、とても寒い中不安そうに歩いており、ずっと気になっています。
私は四月からマンション暮らしで新社会人となるため、その犬を飼える状況ではありませんが、調べてみたところ、妙見山(歌垣山?)から野間という地域あたりで捨て犬を保護して下さる団体があるという情報にたどりつきました。
その団体の連絡先やホームページをご存知の方、いらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ここにその施設の名前、住所等を掲載するととたんに犬を持ち込む人、捨てにいく人が殺到し、たいへんなことになります。
基本的にこの施設も個人からのペットは受け付けていないし、そういう情報による、いわゆる徘徊犬の保護も行っていません。
動物愛護団体はみんな同じ悩みを抱えています。

ずっと同じ場所で見るなら近所の人が食事を与えているのではないでしょうか?まず飼い主、あるいはそれに相当する人がいるのかいないのかを確かめる必要があるでしょう。

Q低解約返戻金特則付 特定疾病保障終身保険(無配当) 三大疾病に備える。

という保険をジブラルタ生命から勧められています。入ろうかなと思った矢先、同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。確かにタイトルの保険は、三大疾病のための保険なんです。皆さん、どう思われますか。     
http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/tokutei_shippei_hoken/tokutei_shippei_hoken.pdf
がこの保険の説明書です。

Aベストアンサー

>同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。

 なぜ、そのような意見か 聞かれましたでしょうか?

 特定疾病(三大疾病)保険は がん以外の給付条件が厳しいといった特長があります。 また、健康診断を欠かさず、生活習慣をしっかり見直していけば 「がん保険」のみに絞る事で、保険料を抑える事が出来るかとも思われます。

 しかし、終身タイプの商品ですと保険料も変わらないことで、継続し易いですし、 重い脳卒中や急性心筋梗塞を患ってしまった場合は確かに有効かも知れません。 また、死亡でも同額保障されて 「解約返戻金」も貯まりますので、掛け捨てが嫌な方は選ばれたり致します。

(個人的には入院日額給付タイプの 医療保険よりは有効かと思います)

 良い商品か悪い商品か と言うことではなくて、ご自身の 希望に合っているかどうかだと思います。


ただ、パンフを見ると 低解約返戻金型にしては それ程保険料が安いわけではないようですね。
 
保障額 100万円から契約出来る会社もありますし、普通の終身タイプでも、もう少し割安な商品もあると思いますので、比較検討されてみてはいかがでしょうか。
   

>同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。

 なぜ、そのような意見か 聞かれましたでしょうか?

 特定疾病(三大疾病)保険は がん以外の給付条件が厳しいといった特長があります。 また、健康診断を欠かさず、生活習慣をしっかり見直していけば 「がん保険」のみに絞る事で、保険料を抑える事が出来るかとも思われます。

 しかし、終身タイプの商品ですと保険料も変わらないことで、継続し易いですし、 重い脳卒中や急性心筋梗塞を患ってしまっ...続きを読む

Q『OIL NOW』という小雑誌ご存知ですか?

先日渋谷の商工会館へ行ったのですが、その時に図書棚の近くにあった『OIL NOW』という小冊子とその紹介をしているHPを探しております。
確か、経済産業省が関連していた石油に関する資料を調査した小冊子です。
また、石油の現状調査、市場調査などを表示したHPを紹介していただければ幸いです。

Aベストアンサー

◆ここだと思います。
石油製品の市況データ、世界の石油事情や国際貿易量等の石油に関する様々なデータが、PDFファイルなどで公開されています。

【石油情報センター】
http://oil-info.ieej.or.jp/cgi-bin/index_emergency.cgi

http://oil-info.ieej.or.jp/cgi-bin/topframemake.cgi?ParaSession=OWF6

#ちなみに冊子体のタイトルは『石油はいま:OIL NOW』のようです。


◆あと、こちらも参考になるかも。。。

【資源エネルギー庁】
http://www.enecho.meti.go.jp/

Q三大疾病特約とガン特約は必要ですか?

保険の見直しを行っています。
そこで、三大疾病特約を付けるか?
また、三大疾病特約をやめてガン特約のみにするか?
はたまた、特約は付けないか迷っています。
現状、脳卒中やガンになる可能性は有ると感じるので付加するつもりではいますが、
ノーマルな自己負担分のみ保証されれば良いと考えています。

三大疾病特約:ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になられた場合に一括して診断給付金100万円
をお支払します。
ガン特約:診断されたとき100万円、入院10,000円、高度先進医療6~140万円、手術20万円

Aベストアンサー

一度、保険のパンフレット・約款などをしっかり確認してみてください。
脳卒中や心筋梗塞の欄に、「60日間以上症状が続いたと医師の診断があった場合」などと書かれている様でしたら、その保険に入る意味はあまり無いと思います。
(現在のほとんどの日本の保険会社の3大疾病特約にはどこかに小さく書いてあります)
脳卒中や心筋梗塞で60日間も入院することはほとんどありませんので。

ガンの場合は個室に入りたいとおっしゃる方が多かったり、入院後の通院で高価な抗がん剤を投薬受けたりすることが多いですので、ガンになられたら一泊あたり2万円程度は出るようにされることをお勧めします。

Q『太陽光発電促進付加金』ってご存知でしょうか?

私の勤める会社は賃貸マンションを経営しています。
建物一括で電力会社から買って自家変電しています。
『太陽光発電促進付加金』が始まったので、使用量に応じて請求したら、住人に支払いを拒否されました
『そんな、聞いた事のない物は払えません。変な事を急に言われると電気代自体の計算根拠も信用できません。』と言われました。
それで、電気代、すべてを払って貰えなくて困っています。
このままだと経営にヒビいてきます。

電力会社は『エコ活動の一環で国が決めた事で自分の所では吸収しません。』との回答でした。
『そもそも、太陽光発電そのものがマスコミで報道されるほど、効率良くなく、電圧も安定しないので、電力会社としても買いたくない。買っても、売れない電気です。』とも仰っていました。
「どこか、言っていくところはないのか?」と聞くと『経済産業省ぐらいでしょう。相手にしてもらえないでしょうけど。』と仰っていました。

結局、私の勤める会社が泣き寝入りすして、ずっと払い続けるしかないのでしょうか?
何か良い方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

・太陽光サーチャージは、「国民の全員参加」による太陽光発電の普及促進等を目的とする「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律(平成21年8月28日施行)」等の制定に伴い、平成21年11月から開始されました。

> 住人に支払いを拒否されました
> 『そんな、聞いた事のない物は払えません。変な事を急に言われると電気代自体の計算根拠も信用できません。』と言われました。

・拒否も何も、、、法律ですから。
聞いたことの有無は無関係。
日本国で生きる以上、個人に拒否権はありません。
支払拒否は違法行為です。
違法行為に伴う賃料や管理費の支払い拒否(一部、全額)は、立ち退きを要求することも出来る事案です。

経済産業省のHPから、下記資料をプリントして再請求してみては如何でしょうか。
(これは、強制力のある法律が根拠ですから、入居者へ支払協力を求める必要はありません)
「平成23年度の太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)の単価の確定に伴う電気料金の認可について(PDF形式:142KB)」
http://www.meti.go.jp/press/20110126001/20110126001.html

・太陽光サーチャージは、「国民の全員参加」による太陽光発電の普及促進等を目的とする「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律(平成21年8月28日施行)」等の制定に伴い、平成21年11月から開始されました。

> 住人に支払いを拒否されました
> 『そんな、聞いた事のない物は払えません。変な事を急に言われると電気代自体の計算根拠も信用できません。』と言われました。

・拒否も何も、、、法律ですから。
聞いたことの有無は無関係。
日...続きを読む


人気Q&Aランキング