この前、現行型のインプレッサWRXStiを買いました!納車が楽しみなんですが、早速ブローオフを付けたいです!どなたかナ~イスな音色のブローオフ教えてください!!音色はプシューンとかパシューンもいいんですが変わった音もいいですねー。それと今の車って慣らしってした方がいいんですか?みんな答えがまちまちで・・・。長くなりましたけど教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは、私もEJ20乗りです。

さて、ブローオフの役割等は皆さん書いておりますので省略します。私は以前HKS製のスーパーブローオフを装着しておりました。アイドル不調等の問題はありませんでしたよ。(確か、パシューンというような音でした。)しかし、今は装着しておりません。なぜかと申しますと、とにかくいつでも作動する為、ちょっと恥ずかしいときもあったのです。さらに、剥き出しタイプのエアクリを装着するとさらにエアクリからの音もするので、和音になる?のです。個人的には音を堪能したいのであれば剥き出しタイプのエアクリのみで宜しいのでは?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ブローオフとエアクリの音で和音ですか?すごいですね(笑)エアクリだけでもそんなにおっきい音がするんでしたらエアクリだけでもいいかな~とかも思ったりもしますね!

お礼日時:2001/08/07 14:36

NEWインプですか、納車が待ち遠しいね。


自分もインプ乗りですよ。(前の型のSTi)
自分はブローオフをお値打ちに手に入れる機会があったので
特に欲しい部品ではなかったけど、SARDのブローオフが付いてます。
SARDのブローオフはあまり音が大きくありません。
音を重視するなら、お薦めはしません。
音的には自分の友人が付けてるHKSのは、大きな音がしますよ。
ブローオフ装着での性能は、たぶんほとんど変らないと思います。
気にして乗れば少しレスポンスが良くなったと感じるくらいかな

ちなみに、純正でもブローオフバルブと同じ役目をする部品(エアーバイパスフィルター)が、
入っていますがわざと音が出ないようにしてあるんです。
だからブローオフバルブ事体が不要な部品というのではありません。
言いかえれば、純正のものでも充分ということですね。
ただ、大気解放する事で、エアフロで計測した空気量と実際の空気量に
差が出来て、不調になる(信号待ちでエンスト等)と言われています。
じぶんのSARDのブローオフは、一度も経験ありませんが
自分は、乗り手の気持ちが高揚するというアイテムだと思ってます。

もし、raiさんが音を重視するのであれば
ブローオフキャップという商品も出てますよ。
これは純正のブローオフのキャップを交換し
大きな音を出す様にする部品です。
ブローオフバルブよりも安価で取り付けも簡単です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ブローオフキャップですか?そんなのがあるって知りませんでした。でもブローオフってほんとに「乗り手の気持ちが高揚する」ってところ同感します!街で聞いたりしたら「カッコイ~な~」って思いますもん!でも現行の丸目インプッレッサにはブローオフがまだ無いみたいです(泣)

お礼日時:2001/08/07 13:10

補足に関して


簡単に一言で『ブローオフバルブ』って説明すると
エンジンの回転数が下がってもタービンの回転数を維持するために
タービンの回転を抑えようとする圧力を逃がす装置

アクセルONで加速中にシフトアップするとエンジンの回転数は下がりますよね、そのときタービンには高い排気圧がかかっており、タービンは高回転を維持しようとしているがエンジンは低回転に変わっていく。そのまま放っておけば給気側の圧力でタービンの回転数も下がり有効な給気圧が確保できずターボラグが発生することになる。
チューンドカーやレースカーの場合、ブースト圧も普通じゃないですから最悪タービンの羽根が破損することもある。
そのときに『ブローオフバルブ』で給気側の圧力を抜いて、タービンの保護やタービンの回転数が下がらないようにする。

したがって
街中で通常の加減速時に『ブローオフバルブ』を「ぷしゅ~」とか「ぱしゅ~」って景気のええ音させてるのはバルブの作動圧力の設定を下げて音が鳴りやすいようにしているハッタリセッティングってことですわ。
変わった音にしたいなら・・・
究極の手段はバルブの排気部に『笛』をつける、バルブが動作するたびに「ぷわぁ~ん♪」とか「ぴりぴりぴり~~~♪」って 
目立ち度300%マチガイナシやね!

メーカー仕立てのノーマルエンジンでは必要の無いものです。
ジムカーナやサーキットでタイムを競うチューンドカーなら必需品ですが、そういう人達の車はバルブの作動圧力の設定が高めになっているので街中では『ブローオフバルブ』は動作していないはずです。


蛇足
スバルは『ガラスのミッション』の異名を持っていますから運転操作には注意してくださいね。
あと・・・
ブースト計は必需品ですよ。 特にインプレッサの場合は当たり外れが多く、当たりの車はエアクリーナーを社外品に交換しただけでブーストが上がり過ぎてブローすることもあるようです。

参考URL:http://www7.lunartecs.ne.jp/~analysis/dritech/in …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど~。笛ですか~。街中であの独特のボクサーサウンドのドドドドドドって音の後に笛のぷひょ~ん♪ってな音が鳴ったら目立ちまくりですね!!インプレッサは現行の丸目になってからミッションはまだマシになったと聞いたんですが相変わらずのガラスのミッションなんですかね~?参考URLとても参考になります!ありがとうございました

お礼日時:2001/08/07 13:06

あの~


  ブローオフバルブって何をする物か理解してますか?

慣らしをするかどうかは
自分の車に対するスタンス次第じゃないでしょうか?
  それなりに乗るか?
  愛車として扱うか?
いまどきの車は慣らしをしなくても普通に走ります。

蛇足
ターボ車はオイル管理をキッチリしてあげてくださいね。

不足がありましたら補足して下さい。

この回答への補足

>あの~
  ブローオフバルブって何をする物か理解してますか?

なんとな~くわかっているって感じなんですが、要するにタービン内の空気を逃がす?ってところですか?よく分かってないので教えていただければうれしいのですが・・・。
>慣らしをするかどうかは
自分の車に対するスタンス次第じゃないでしょうか?
  それなりに乗るか?
  愛車として扱うか?
いまどきの車は慣らしをしなくても普通に走ります。

そうですよね。愛車として乗りたいのでやはり慣らしはしようと思います!
それでブローオフのことなんですが性能はあまり変わらないという風に聞いたので音を楽しみたいと思います!ここがお勧め!というメーカーや商品を教えていただけるとうれしいです!

補足日時:2001/07/23 14:25
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナメクジをビールで退治する際使用する容器何を使う?

現在台所水回りやお風呂にナメクジが大量発生して困っています。
そこでビールでおびき寄せる罠を作ろうと思ったのですが丁度よい容器が見つかりません。
この方法で駆除されてる方はどんな容器にビールを入れていますか?
またナメクジが入りやすいような高さを是非とも教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ペット用のエサ入れが最適です。ひっくり返らないように底の部分が広くなっていますから登りやすいです。
ナメクジにとっては高さはあまり関係ありません。その気になれば百メートルでも登るでしょうが、どうやってその気にさせるかです。口径が広いほど匂いが拡散しやすいので誘引効果も十分期待できると思います。

Qターボのブローオフにつきまして

先日、、1600ccのターボ車(欧州車)のマフラーをワンオフ制作にて交換したのですが、、その瞬間から、変速時にターボのブローオフらしき「シュー」という音が聞こえるようになりました。

逆に言うと、、それまでは、一切聞こえてこなかったので、マフラー交換が理由かと思いますが、
これはどう言う理由からなのでしょうか?

マフラーメーカーの回答としては、以前よりもヌケがくなったので、これまでむしろ無理して音を抑えていた状況よりも、性能的には確実に良くなっている ということなのですが、、

この音自体を以前のように消したい場合は、マフラーを元に戻す以外に方法はないのでしょうか?

また、そもそも、ブローオフはエアクリから音が出ると思っていたのですが、、今回の場合、どこから音が出ているのでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

マフラー交換で、僅かに過給圧が上がることもありますよ。
いわゆるブーストアップ状態で、シフト操作後のアクセルオン時に、過給圧が早めに立ち上がるようになり、音が目立つようになった可能性もあります。あとは、僅かに過給圧が上がったため、ブローオフ時の圧力差が大きくなって音が聞こえやすくなったか。

せいぜいサブタイコからの交換だと思いますが、マフラーのパイプの径が大きくなり、タービンのエキゾースト側の排気ガスの抜けが良くなる分、反対側のコンプレッサー側が良く回りますので、自然に過給圧が上がると。

一般的に、純正のブローオフは、タービンのコンプレッサー側のインに戻しています。社外品の「バシュッ」と鳴るタイプと違って、大気開放はしません。
ブローオフバルブからタービンインまでのリターンパイプを通る時に鳴り出した可能性もありますし、ブローオフバルブが開いた時にブローオフバルブを通過する時に鳴りだした音かもしれません。

また、純正ブローオフバルブだと、ブローオフバルブそのものにも過給圧上昇防止(タービンの過給圧上昇防止のアクチュエータ等とは別)の細工がされていることがありますので、そこを通過する時の音が目立ちだした可能性もあります。

いずれにしても、一般的なマフラー交換の効果は得られたということでしょう。

マフラー交換で、僅かに過給圧が上がることもありますよ。
いわゆるブーストアップ状態で、シフト操作後のアクセルオン時に、過給圧が早めに立ち上がるようになり、音が目立つようになった可能性もあります。あとは、僅かに過給圧が上がったため、ブローオフ時の圧力差が大きくなって音が聞こえやすくなったか。

せいぜいサブタイコからの交換だと思いますが、マフラーのパイプの径が大きくなり、タービンのエキゾースト側の排気ガスの抜けが良くなる分、反対側のコンプレッサー側が良く回りますので、自然に...続きを読む

Qビールの容器は、なぜ種類が多いのか?

日本中でよく飲まれるビールですが、なぜここまで様々な容器で販売されているのでしょうか?

1種類のビールでも
昔からある瓶詰めのもの(大・中・小)
アルミ缶(100ml~3Lまで)
飲食店向けの樽

それに、最近ではアサヒの「スタイニーボトル」(従来の小瓶とどう違う?)もあれば、キリンやサントリーの「ボトル缶」(従来のアルミ缶とどう違う?)などというものもあります。

さまざまな容量の容器があるのは判りますが、ここまで様々な形態の商品が流通する理由が判りません。 容器の種類を絞った方が、なにかとコストダウンを図れていいような気がするのです。
それぞれのビールの味に対する影響や、リユース・リサイクルの観点からの特徴などとあわせてご回答頂ければ幸いです。

また「瓶の方が、缶より炭酸ガスの圧力が高い」というのは本当でしょうか? わたくしの理解では、ビールの炭酸というのは、シャンパンのように発酵過程で自然に発生するものであって、添加したりコントロールするものではないと思うのですが・・・ また、スタイニーボトルも同様に高圧で充填されているのでしょうか? 正直、店頭で何を買っていいのか判らなくなるのです。

日本中でよく飲まれるビールですが、なぜここまで様々な容器で販売されているのでしょうか?

1種類のビールでも
昔からある瓶詰めのもの(大・中・小)
アルミ缶(100ml~3Lまで)
飲食店向けの樽

それに、最近ではアサヒの「スタイニーボトル」(従来の小瓶とどう違う?)もあれば、キリンやサントリーの「ボトル缶」(従来のアルミ缶とどう違う?)などというものもあります。

さまざまな容量の容器があるのは判りますが、ここまで様々な形態の商品が流通する理由が判りません。 容器の種類...続きを読む

Aベストアンサー

 要するにメーカーがどこかに従来にないニーズがころがっていないか、探しては商品開発して来た結果でしょう。

 瓶ビールは大瓶(633ml)は以前は基本的にホームユース(家庭用)でしたが、いまは家庭用は缶ビールが基本になりました。中瓶(500ml)はいわゆる業務用、つまり飲食店用です。小瓶(334ml)はまたもっと特殊な業務用(ホテルの室内冷蔵庫など)が主な販売先になります。もちろんこれは「主として」ということで、実際私の子供の頃家では中瓶を家庭用として酒屋さんからケース買いしていました。

 缶ビールは現在基本的に135ml(これが最小、100mlというサイズは通常流通していません)・250ml・300ml(一部のアサヒビール製品のみ)・350ml・450ml(ボトル缶)・500ml・1L・2L・3Lが流通しています。350mlと500mlが基本で、これ以外の容量は流通量も多くありません。でもスーパーマーケットなどではより小さな250mlや135mlも無視できない数量で販売されています。コストの面では生産から流通まで、種類はなるべく少ない方が良いのはおっしゃるとおりです。上記容量をフルラインで揃えているのは各メーカーの主力商品で、350mlと500mlの2種類しか発売されていない商品もたくさんあります。容器の容量による味への影響は考えられません。

 ボトル缶はおそらく缶メーカー(大和製罐だったかな)が開発してビールメーカーを含めたドリンクメーカーに売り込んだのだと思います。ウリは再栓性(ペットボトルのように、一度開けた容器をもう一度栓をすることができること)ですが、発売当初は容器の目新しさで売れました。実際にはビールのような炭酸ガスを含む飲料には再栓ということ自体あまり適さないので、現在では売れ行きが悪く、遠くない将来なくなるのではないかと思っています。

 炭酸ガスの圧力はビールの商品設計でかなり重要な位置を占めます。決して自然のままに任せるものではありません。スーパードライはガス圧を高めに設定することでメーカーのいうキレを持たせたと言われます。また、かならずコップにつがれて飲まれる瓶ビールと、直接容器に口を付ける缶ビールとではガス圧を変えている可能性は大いにあります。この辺はメーカーの内部でもかなり極秘事項になり、一般社員では知らない(よくわからない)人も多いようです。

 結構メーカーも苦心しているようですよ。

>正直、店頭で何を買っていいのか判らなくなるのです。

 ブランドはお好みで、大きさはその日の体調・気分で。(当たり前すぎますね。ごめんなさい)

 要するにメーカーがどこかに従来にないニーズがころがっていないか、探しては商品開発して来た結果でしょう。

 瓶ビールは大瓶(633ml)は以前は基本的にホームユース(家庭用)でしたが、いまは家庭用は缶ビールが基本になりました。中瓶(500ml)はいわゆる業務用、つまり飲食店用です。小瓶(334ml)はまたもっと特殊な業務用(ホテルの室内冷蔵庫など)が主な販売先になります。もちろんこれは「主として」ということで、実際私の子供の頃家では中瓶を家庭用として酒屋さんからケース買いしていました。...続きを読む

Qブローオフ交換

こんばんわ
先日、プロフのブローオフを購入したのですが、中古品を買ったため、取り付けカタログが付いてなく取り付け方が分からなく困っています。
ブローオフ自体を付ける場所は分かったのですが、そのあと、三叉をどこから持って来るのかが分からなくって。。。。

どなたか、お分かりになる人がいましたら教えてくださーい。
車はS14シルビア 2L K’Sです。

Aベストアンサー

三つ又の位置…ブローオフ本体へ繋ぐ4φ~6φ位の配管を取りたいんですよね?

あれは正負圧の検知です。どこからでもいいんですがブースト計取付け時に
取り出す配管と同じで大丈夫のはずです。
インマニ近辺、インテークパイプ近辺で適当な所から取り出してみて下さい。

Qヨーロッパではビールを飲むのが時間の無駄遣いの最大原因でしょうか

ヨーロッパ人が「時間が無い」と感じるのは、
国民がみな、のべつまくなしにビールを飲むのが、時間の無駄遣いの最大原因だからなのですか。
ヨーロッパのどの国でとくにそうなのですか。

Aベストアンサー

ビール大国ドイツに住んでいます。
住んでいて思うのですが、ドイツの皆さん、そんなに
のべつまくなしにビールを飲んでいるイメージがありません。
日本の会社のように、仕事後の飲み会などもめったにないですしね。
もしあったとしても、2次会、3次会などでダラダラと
続くこともありません。
ドイツで「ビールを飲む」となると、クナイペ(ドイツの居酒屋)
でつまみなしで、ビールを2~3杯ぐらい飲み、家に帰ると
いった感じでしょうか?
ただし、とことん飲む機会があると(例えば夏にBBQなど)
皆さん、グビグビ飲んでますが。
どなたも、それを無駄な時間と思っていないと思います。

Qブローオフを付けてターボが壊れることがありますか?

中古でブローオフバルブを購入して、取扱説明書などがついてなく試行錯誤してどうにか取り付けて、ちゃんと音もなったんですが、2、3ヶ月ぐらいしたらターボが壊れてしまったんですが取付けが悪い場合ターボが壊れる事があるんでしょうか? 

Aベストアンサー

#1です。

車種とブローオフのメーカーがわかりませんが・・・
手順としては合ってると思います。
ただ車種によってはターボインレット側のホースをメクラふたなどで
止める必要があります。

>H2年式で13年ぐらい・・・

純正のタービンはそんなに強い物でもないし 結構小さかったりするので
それくらいの経過年月であれば経年劣化も十分に考えられると思います。

>ネジがついているんですが・・・

上の方に付いてるボルトですよね?
それはブローオフが作動する位置を決めるボルトです。
締め付けると高い過給圧で作動し 緩めると低い過給圧でも作動するようになってます。
締め込みすぎるとエンジンがストール(ストップ)する事はありますが
タービンがブローする事はないと思います。


あくまでも推測ですが・・・
経年劣化でのブローの可能性が高いんじゃないかと思います。
ディーラーや整備工場で見てもらえばわかると思いますよ。

Qブロー容器のサイズ

今、パラワン、アルキデス等のオオヒラタ系を飼育しています。
かなり大きく育ってきていて楽しみなのですが、容器の大きさで心配しています。
(小さい蛹室しかつくれず羽化不全にならないか不安)
仮に超大型(パラワンで110mmオーバー)を育て上げることができるとして、終令時にはどのくらいの大きさの容器が必要でしょうか?
今は2リットル(径約15cm)と1.8リットル(径約13cm)を使用していますが小さいですか?
また、よく市販されている3リットルのブロー容器の直径はどのくらいあるのでしょうか?

Aベストアンサー

↓ここはナラオオの販売ですが
http://www.naraoo.com/shop/showcontents.php?categorie=0,6

■E 径137mm×高さ155mm 1800cc(2リットル)
で(パラワンで110mmオーバー)は可能だと思います。
ただしサナギ室の位置についてのバラツキがありますので
全てが正常に羽化できるとはかぎりません。
幼虫は狭い場合はサナギ室を斜めに造りますので多少の
融通は利きます。
私はマヨビン900で105mmのギラファを羽化させたことが
ありますが、その時のサナギ室は殆ど縦でした
故意にそうしたわけでなく、アンテと間違っただけです(^^;

最近は、スマ、ギラファ、パラワンのオスのときは
100均で売っている5Lのコメビツに、3500ccの菌糸ブロック
をそのまま入れています。
このほうが容積が広いし、管理も楽ですから。

Q「プシューン」とかいう音について

走り屋のクルマで、シフトチェンジの際、「プシューン」と音をたてて走る車がありますが、あれは、ブローオフバルブとかを改造してあんな音を出してるんですよね。
しかし、あの音は、ターボ車じゃないと出ないはずですが、先日みたEGシビックSiRはNAなのに「プシューン」と音をたてて走っていました。
NA車でブローオフバルブのような音を出すことは可能なのですか??また、そんなパーツは出ているのですか?

Aベストアンサー

私なりにいくつかのパターンを考えてみました。

1)シビックにボルトオンのターボチューンをしていた。
  ホンダはあまりターボ車を作らなかったのですが、
  ターボ化する走り屋は結構いました。
  NSXだとか、軽のビートをターボ化するヤツもいたくらいです。

2)jerryさんのおっしゃる様に、ダミーを入れている。
  もしくは、ダミーどころかNAなのにブローオフを入れてみた(笑)

3)ターボ気分に浸りたくて、実はドライバーが運転しながら
  口でプシュプシュ言っていた(笑)

多分、1なんじゃないかとは思いますけどね~。

Q手造りビールの容器は

マニュアルによると、まずビール瓶を用意して、これに王冠をつけるのだそうですが、ペットボトルでは強度に問題があるでしょうか。ペットボトルのほうが多数を集めやすいし、密栓するのも簡単ですが。
サイダーほか炭酸飲料がペットボトル入りで出回っています。これから類推して、ビールもいけそうな気がするのですが。どなたかおつくりになった方はいらっしゃいませんか。

Aベストアンサー

『炭酸飲料のJAS規格』では、20℃におけるガス内圧が「0.29MPa(メガパスカル)以上」と規定されています。
旧来の単位に換算すると「0.29MPa=3kgf/cm2以上」(1平方センチメートルあたり3kg)です。
温度が高くなると急激に内圧が高くなりますので、炭酸飲料容器は相応の安全率を掛けて作られているはずです。
こんなデータもあります(信頼性は不明)→http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/labo/pet.htm
ちなみに、大気圧は約0.1MPa。

ビールのガス内圧は定かではありませんが、0.2MPa程度と聞いたことがあります。
白い泡がよく立つのはホップに含まれるルプリンという物質の働きです。
シャンパンなどのスパークリングワインは、0.5MPa以上あります。

ということで、炭酸飲料用PETボトルにビールを詰めても、それほど危険ではないと思います。
ただし手造りビールは材料の配合次第でめちゃくちゃガスを発生する場合があるので、油断は禁物です。
ガラス瓶の手造りビールを開栓したとたんにブシューッ!と噴出して、半分以上こぼれてしまった経験があります。

PETボトル入りビールがないのは、耐圧性だけでなく気密性(ガスバリア性)や遮光性の問題が主な理由です。
つまり、PET樹脂はガスをかなり透過してしまう、透明なので内容物が光により劣化する、という欠点です。
アサヒビールが数年前にこの欠点を改善した特殊PETボトル入りビールの発売を見合わせた経緯があります。
特殊PETボトルは環境への負荷が大きく、既存のリサイクルシステムにも重大な影響を与えるとして、
環境保護団体から猛反対があったためと聞きます。

『炭酸飲料のJAS規格』では、20℃におけるガス内圧が「0.29MPa(メガパスカル)以上」と規定されています。
旧来の単位に換算すると「0.29MPa=3kgf/cm2以上」(1平方センチメートルあたり3kg)です。
温度が高くなると急激に内圧が高くなりますので、炭酸飲料容器は相応の安全率を掛けて作られているはずです。
こんなデータもあります(信頼性は不明)→http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/labo/pet.htm
ちなみに、大気圧は約0.1MPa。

ビールのガス内圧は定かではあり...続きを読む

Q車検証交付日と納車日

新車購入の場合の件で教えてください。

車検証の交付日と、実際車を手にする納車日は
どのくらい違うのでしょうか?

人気の車だと車検証の交付日と納車日に日数がかかるのでしょうか?
となると、その分、損になるような気がして・・・

おわかりのかたいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

車検場(陸運局)が休みの日でなければ、交付日と納車日を同じにすることは出来ます。
購入の際 担当の営業マンにちゃんと連絡していれば!の話ですけどね。

午前中に登録(車検証交付) 午後に納車。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報