10年以上前のバイクなのですが、燃料フィルターが錆で詰まってしまいました。
それで、タンクを外してガソリンを抜いてみたらタンク内がかなり錆びていました。
水道のホースを突っ込んで洗ったら嫌というほど錆びた鉄片やごみみたいなものが出てきます。
給油口からのぞいて少し錆びてるなと思っていたのですがこんなに錆びてるとは思いもよりませんでした。
今日の夕方から、錆取りの「花咲G」を使ってタンクの錆取り作業を行っているところです。
20倍に薄めて丸1日置いておくつもりです。

そこで質問なのですが、
元のガソリンにも錆が混じっているようです。
このガソリンは布で濾すなどしたら使えますか?
また、使えない場合どうやって処分したらいいでしょうか?ガソリンスタンドで引き取ってもらえますか?

錆取り処理したら錆は完全に取れるでしょうか?
もう少し長い時間処理したほうがいいでしょうか?

廃液はどう処理したらいいでしょうか?
下水に流しても問題ないでしょうか?

錆取りは初めてなもんで宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

花咲Gは比較的ゆっくりと錆を取っていくので,中の錆の取れ具合を見てから取り出す日を決め手よいと思います.


また,文面だとかなり錆びているようですので,通常では液が廻らない給油口の前後(タンクの上面)などもタンクを横にしたり斜めにしたりて全面を綺麗にした方が良いです.

この液は安くないのと再利用可能ですので,ポリタンクに入れて取って置いたほうが良いのではないでしょうか.

この回答への補足

こんばんは。
教えていただいたサイトその他ホームページを参考に3日間処理し、本日処理液を抜きました。ガソリンは捨てる事にします。
結果、想像以上に錆が取れていました。元、錆のあった所は若干ザラっとなったような感じですが、十分満足のいく仕上がりです。
処理済の液は黒っぽくなって水洗いすると錆の取れたカス状の物が出てきました。
後、原液を薄めたものでもう一度洗って乾燥させているところです。
とりあえず灯油缶に保管してありますので今後有効利用します。ありがとうございました。

補足日時:2004/11/16 19:59
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
花咲かGに限らず錆取り液は確かに高いですよね。
再利用可能とのことですが、一度使えば暫く使わないと思いますが確かに捨てるのももったいないですね。
処理時間をかけ過ぎたらタンクに良くないのでしょうか。
1週間くらいそのまま放置した方がいいでしょうか。

お礼日時:2004/11/13 22:07

#3 補足です.



この製品は錆び取り語の安定化処理もしてくれる製品だったと
記憶していますので,放置時間,並びの,さび落とし後の処理も
水洗い位で大丈夫だったはずです.

これを使わなければサンポール(トイレ用洗剤)ですごく
綺麗かつ安価(数百円)になりますが,後処理(さび止め)が必要になります.

この回答への補足

さきほど、タンクの処理液を半分ほど出して中の様子を見てみたら見違えるほど綺麗になっていました。
明日、全て取り出して作業を終えようと思います。完了しましたらこの場で結果の報告をさせて頂き、質問を締め切らせて戴きます。
処理液はさほど真っ黒と言うわけでもなく、薄茶色ってな感じです。もちろんバケツの底は見えないほど黒っぽいですが。
正直言って、花咲かGって胡散臭いネーミングでどうなのかなって思っていましたが、どこの店にも置いてあるし店の人からもお勧めだと聞いていたので半信半疑試していたのです。

この商品は人にも紹介できるくらい本当にお勧めです。#2さん、私は処理液を濾すのにコーヒーフィルタでは時間がかかると思い台所用品の油こしを使ってみました。これもお勧めです。灯油ポンプで思い切り出しても溢れることなくゴミを取ってくれました。

皆さんありがとうございました。

補足日時:2004/11/16 03:11
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の御回答ありがとうございました。
d--b様のアドバイスや#4様のサイトなどいろいろ調べた結果、もう暫く処理を続行しようと思います。
3日位放置しても問題ないようですので、明日位にでも少し処理液を出して様子を見てみようと思います。
サンポールを10円玉にかけたら一瞬で綺麗になりますよね。ちょっとバイクには怖いです。
処理が終わればリンスしてくださいと説明書にありましたが、それで防錆になるんですよね。

お礼日時:2004/11/14 22:43

参考までに下記サイトを読むことをお勧めします。



花咲Gはわかりませんが、一般的にタンク錆取り剤は
錆だけを除去するのでなく、鉄分から錆を剥がしていく過程で鉄分も溶かしていきます。

よって錆がよくとれるイコール錆だけがとれるでない
ことを頭にいれて作業をされることをお勧めします。

一般論ですが、錆取り処理後気をつけないとすぐ錆が
発生します。

参考URL:http://www.bbb-net.ne.jp/contents/bike_teach/qa/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考とさせていただきます。

お礼日時:2004/11/14 22:44

処理のしかたについては「花咲G」で検索すればある程度見つかると思います


http://www1.ocn.ne.jp/~tet03/adatiR/taniguti1.html

バイクを大事にしたいのであればガソリンは破棄した方が良いと思いますよ
数千円をケチって酷いトラブルになったらタンクを綺麗にしても意味がありません
すぐに使うのであればパーツ洗浄になどにも使用できるので火気や保管に気をつければ再利用は可能です

使用後の花咲Gは金属むき出しで錆びている部品に使えます
タライなどに入れてパーツ洗浄をしたり、同じバイク乗りを集めて液を再利用しタンク洗浄パーティーでも行ったらいかかがですか?

この回答への補足

こんばんは。
教えていただいたサイトその他ホームページを参考に3日間処理し、本日処理液を抜きました。ガソリンは捨てる事にします。
結果、想像以上に錆が取れていました。元、錆のあった所は若干ザラっとなったような感じですが、十分満足のいく仕上がりです。
処理済の液は黒っぽくなって水洗いすると錆の取れたカス状の物が出てきました。
後、原液を薄めたものでもう一度洗って乾燥させているところです。
とりあえず灯油缶に保管してありますので今後有効利用します。ありがとうございました。

補足日時:2004/11/16 19:48
    • good
    • 2
この回答へのお礼

さび取り開始から18時間経ちました。
タンクの中の液体は黒っぽくなっています。
まだ処理続行中ですが、なんとなく効いているようで楽しみです。
リンク先やその他のページも見ました。
処理済みの液で他のパーツのさび取りでもしてみます。

お礼日時:2004/11/14 12:17

回答の補足です。

ガソリンをコーヒーフィルターで濾したことがあります。うまく出来ました。

この回答への補足

こんばんは。
本日、処理液を抜いてみたらタンクの中の錆が見事になくなっていました。
ガソリンは捨てる事にしますが、処理液を濾すのに台所用品の油こし紙を使ってみました。液体の流れる速度も速いのでお勧めです。
参考になる情報ありがとうございました。

補足日時:2004/11/16 19:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コーヒーのフィルターとは気づきませんでした。
名案ですね。
再度ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/13 21:50

古いガソリンなら腐っている可能性があるのでスタンドに引き取ってもらいましょう。

花咲かGは使った事が無いので分かりません。すいません。バイクのタンクは、昔、兄貴が細かい砂利とオイルを入れたのを、私にシェイクさせてました。効果のほどは不明です。回答になってませんね、すみません。

この回答への補足

kenkenpapa さんありがとうございました。
コーヒーフィルターの情報、本当に助かりました。
ポイントを差し上げたいのですがシステム上2件しかできませんので文面にてお礼申し上げます。

補足日時:2004/11/16 20:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答ありがとうございます。
ガソリンは先日入れたところで新しいです。
抜いたら錆が混じっていました。
ほぼ満タンだったので捨てるにはもったいないのです。
でも捨てたほうがいいのかな?

お礼日時:2004/11/13 21:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトヨタ「セラ」の燃料タンク容量について

私は平成5年式のセラに乗っているのですが、
前期のカタログだと燃料タンクの容量が40リットルに
なっているのに、燃料計の針がEの下まで行ってから
満タン給油しても30リットル弱しか入りません。

前期と後期で容量が違うのでしょうか?
それとも、Eの下にいってから、あと10リットル分走るのでしょうか?
怖くて試せないのですが、ほかのセラ乗りの皆さんの
場合はどうですか?

燃料計の警告ランプは、Eに重なる直前あたりから
点灯しはじめます。

Aベストアンサー

>Eの下にいってから、あと10リットル分走るのでしょうか

まあだいたいそんなところです。

>燃料計の警告ランプは、Eに重なる直前あたりから点灯しはじめます

車の取り扱い説明書に「燃料警告灯の点灯」についての記述があると思います。

Q不圧式のガソリンタンクでガソリンがもれる理由

不圧式のガソリンタンクを使用していますが、ガソリンコックをどの位置にしてもガソリンが少しづつ漏れます。コックが悪いのでしょうか?

Aベストアンサー

コックの不良で間違いないです。
メーカー、車種によっては内部の部品だけ購入できる
ものもありますので、バイク屋さんで相談してみて
下さい。

Q燃料タンク容量

よく遠出をするんですが車が小さい(トヨタ・パッソ)ため
ガソリンタンクには40リットルしか入りません。
取り扱い説明書に書いてあるタンク容量は正確なものでしょうか?
残量7.5リットルで燃料計が点滅するのですが、その時点で給油すると
32リットルくらいなので、容量40リットルならば計算は合うのですが。
また、正確なものとして、40リットル全て使い切ることは出来ますか?
ちなみに、ガス欠をしたことはありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私もキューブのガソリンタンク(45L)に、42.5L給油した
コトがあるんですけど・・・いやあ、あのときは焦った(笑)

基本的に、給油場所が絶対に水平と言うわけじゃない
ですし、あれにはタンクまで行くパイプの容量は含まれて
いないので、多少のプラス誤差がある事は確かです。

ですが、エンジンに行くパイプへ、必ずしもタンク内の全
容量が流れるとは限りませんし、それこそ上り坂や下り
坂でタンク内のガソリンも傾くので、全容量を使い切る
ことは「現実論として無理がある」ことになります。

警告灯が点灯した時点で、原則として高速上の次のS.A.
までは走ることが出来るような設計をしている、と聞いた
ことがありますが、ま、その程度の余裕しかないと思った
方が良いでしょうね。

・・・S.A.のスタンド休業はチェックした方がいいです(苦笑)

Qタンクの錆

今日、ガソリンを入れようとタンクの中を見ると錆があり、びっくりしました。バイク屋さんに頼んだ場合料金はいくらぐらいかかりますか?(店によって違うと思いますが・・・。)
 あと、自分でやる場合どういった手順でやればいいのですか??些細なことでも構いませんのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こん**は

 タンク内の錆取りは明確に決まっていないので
 どれくらい時間が掛かったかで値段が出てくると思います。
 バイク屋によっては新しいタンクを勧められるところもあります。
 直接バイク屋に聞いた方が良いでしょうね。

 ご自分でされる場合、花さかGを使うのが良いでしょう。
 説明書は添付(貼り付け)されていたと思うので参照してみてください。
 注意点は少しでも錆は残さないようにする事です。

Q「トヨタ」と「マツダ」の提携ですが、実際に何を期待しますか?

元々何年も前から、提携関係にあったはずで
マツダ・メキシコ工場での、トヨタ車の生産(OEM・デミオベース)
「アクセラ・HV」のHV部分の技術供与
既に、製品が市場に出ています。
やはりトヨタは、マツダの「SKYACTIV」が欲しかったのでしょうか?
クリーンディーゼルの技術が、喉から手が出るほどだったとの噂もあり、
HVのエンジンとして
マツダのクリーンディーゼルとの組み合わせが最強という人もいます。
クリーンディーゼル↓ 昔のディーゼルとは別物ですね。 ↓
http://www.nedo.go.jp/hyoukabu/articles/201301mazda/index.html

それと、マツダでは小型のロータリーエンジンを発電ユニットとして
搭載する(燃料タンクは10ℓ程度)も開発中らしいです。

トヨタとマツダの今後は期待してもいいでしょうか?

Aベストアンサー

北米で人気のトヨタ車に比べ、マツダ車はヨーロッパで非常に人気が高いイメージがあります。ですから自分は、トヨタはヨーロッパ市場のニーズについてのノウハウが欲しかったのか?と思ってしまいました。ヨーロッパの大衆のニーズと言えば、まず(ビジュアル)デザインの好みが来ると思います。それはトヨタ車のような「日本で受け入れられ易いビジュアル」とはかなり性質の違うものだと思います。
もしおっしゃるような技術面の狙いもあるのなら、マツダにとってはトヨタの提携は資金面以外あんまり魅力が無い気がします。

Q燃料タンクの錆取り洗浄

バイクの燃料タンク内を洗浄しようと思います。
「花咲かG」を使用します。  燃料コックは外しての洗浄が好ましいでしょうか? 破損を考えると外すほうが良いことは分かりますが、コック内やフィルターの洗浄を考えるとつけたままのほうが良いのではと思いました。
 専門知識のあるかた教えてください。

Aベストアンサー

殆どの燃料コックは、アルミ製なのでタンク錆取剤(酸性)で
溶けてガタが出て高くつきます。必ず取り外して単体で分解洗浄してください。
お湯ですると効果が早いけど、コック取付部を布製テープでふさいでも
接着剤が弱くなり漏れる場合もあるので、漏れてもいい工夫をするといいです。
どうしても取りきれない、出しきれない錆がタンク内に残るので
当分燃料フィルターは装着するほうがいいです。
http://www.hcz.jp/history/2006_09_06.html

サンポール(錆取)+マジックリン(脱脂と中和)でも、効果抜群なので
興味あれば、花咲かG購入前であれば経験談、参考サイトをご紹介しますが。

Qトヨタの燃料電池車(FCV)について教えて下さい。

トヨタが、燃料電池車(FCV)を2014年に販売するとの報道がありました。以下教えて下さい。

1.ガソリン車の燃費を100とすればEVは20位ですが、FCVはどれ位ですか?
2.水素はスタンドでどうやって車に入れるのですか(液体or気体)?
3.燃料タンクの大きさはガソリン車を100とすればどれ位ですか?
4.燃料となる水素はどのようにして製造するのですか?
以上です。

Aベストアンサー

1.たぶん、燃費じゃなくて1充填あたりの走行距離のことだと思いますが、現在600km~800kmほどです。発売する頃にはガソリン車と同等くらいになっているでしょう。
2.気体の形で充填することになりそうです。
3.今のところトヨタもホンダもガソリン車の倍くらいデカイです。350気圧~700気圧で詰め込んでいるのですが、水素吸着合金などの技術でタンクの形状が今後変わってくるかもしれません。
4.現在、工業的には天然ガスを原料にして作っています。
石油会社はこの純度90%の水素で、石油の脱硫に使っていますが燃料電池車用には99.99%くらいの純度が必要です。
石油の消費が減る中、今後石油会社の収益の柱にしようと考えています。
将来的には、洋上風力発電で海上から電気を送る代わりに水を電気分解して水素燃料を作る計画もあります。

Q黒錆び状態のタンクサビ取りについて

当方中古のタンクを入手したのですが、タンクの中を見ると一面サビだらけのまま黒錆転換剤?(もしかしたらコーティング剤かも・・?)らしいものでいい加減に処理された状態でした・・
錆の表面が黒錆化されてるせいかタンクを振っても辛うじてサビでカラカラとはなりませんが、均一には処理されてもなくサビは全面酷い状態なのでどうにか取り除きたいです・・
表は状態もよくまた非常に入手困難なタンクなのでどうにかさびを落として使いたいのですが、一度黒錆び転換などの処理されているタンクの場合通常のタンクサビ取り剤等で処理できるでしょうか?
また黒錆び除去の方法等ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

バレル研磨用の研磨材がかなり有効です。

Qトヨタ エスティマエミーナ CXR-10G に ついて質問があります。

トヨタ エスティマエミーナ CXR-10G に ついて質問があります。117000kmで冷却水のリザーブタンクにオイルが、混ざっていました。詳しい方、お願いします。

平成18年7月に、52000km走っているのを買いました。oilは、5000km毎にきちんと交換し、エレメントも約10000kmごとに交換してきました。77000km頃から、オイル、水の減り方が早くなり、平成21年12月末に112000kmで、タイミングベルト、ウォーターポンプの交換、エンジン外部の水、オイル漏れ修理のためホースの交換をしました。この時にヘッドカバーのボルトが腐食していたので、トヨタがで無償で交換してくれました。ところが、約117000kmで冷却水、オイル共に警告ランプが点いたので、とりあえず補充しようと思い、リザーブタンクを開けると水にオイルが混じっていました。オイルゲージは、下線ギリギリでした。そして、車屋に持って行く途中に、水温計が上がり始めましたが、どうにか工場に着きました。車屋は、はっきりと原因がわからないから、トヨタの工場に持って行くと言っていました。先日、トヨタから連絡が入り、「はっきり原因を調べるには、オーバーホールしないと判りませんが、おそらくガスケットの損傷により、冷却水にオイルが混じったのでしょう。オイルの不良によるものと考えられます。これは、ユーザーの責任の範囲ですので、うちの責任でのオーバーホールはできません。」との返事が返ってきた、と電話がありました。 私としては、納得できずにいます。オイル、水、バッテリーのメンテナンスは、最低限のことはしてきたと思っています。もしかして、ヘッドカバーのボルトの緩み・・・かと思っていました。
それで、車に詳しい方、よく似た故障をしっている方、お願いです。原因、修理費用、など教えてもらえませんか?

トヨタ エスティマエミーナ CXR-10G に ついて質問があります。117000kmで冷却水のリザーブタンクにオイルが、混ざっていました。詳しい方、お願いします。

平成18年7月に、52000km走っているのを買いました。oilは、5000km毎にきちんと交換し、エレメントも約10000kmごとに交換してきました。77000km頃から、オイル、水の減り方が早くなり、平成21年12月末に112000kmで、タイミングベルト、ウォーターポンプの交換、エンジン外部の水、オイル漏れ修理のためホースの交換をしました。この時にヘッドカバーのボ...続きを読む

Aベストアンサー

各系統の原因を推察します。
・Eオイル消費⇒シリンダーブロック、ピストンリングの摩耗、衰損にてオイル消費(EG横置きの為)
        ターボチャージャー内ベアリングの摩耗(いずれも青い排気ガスが出ます)
・水温上昇⇒シリンダーヘッド内ウォータージャケットヒビ入り(ピストン側とW/J側両方ヒビ入り)
      によるオーバーヒート及び冷却水消費(排気ガス白煙大、甘い匂いする)
・リザーブタンク内オイル混入⇒シリンダーヘッド内部亀裂有りの為オイル、冷却水が混入している
・ガスケットの損傷⇒メタルガスケット使用してますので有りえません。
・ユーザーの責任範囲⇒これもメーカーはしっかりとした保証基準を設けていますのでトヨタの責任                   はないでしょう(ヘッドカバーのボルト?はタイミングベルト交換の時にボルトが供回りして外れなかったので無償だったと思います)
・修理方法としては最低限シリンダーヘッドのリビルト品交換をお勧めします。オイル消費は治りませんがオーバーヒート系はバッチリ治りますよ! 修理費用はおよそ25~30万円程度と思います。
 中古エンジン載せ替えも有りますがこの手のエンジンは殆どシリンダー割れてますのでお勧めできません。
・いずれにしてもこの車はこの様な不具合傾向が多いです。もう少し調べてから購入したほうが良かったのでは・・・北海道では皆知ってますよ。(でも車自体は使い勝手が最高ですけど)

以上 ご参考にしてください。

各系統の原因を推察します。
・Eオイル消費⇒シリンダーブロック、ピストンリングの摩耗、衰損にてオイル消費(EG横置きの為)
        ターボチャージャー内ベアリングの摩耗(いずれも青い排気ガスが出ます)
・水温上昇⇒シリンダーヘッド内ウォータージャケットヒビ入り(ピストン側とW/J側両方ヒビ入り)
      によるオーバーヒート及び冷却水消費(排気ガス白煙大、甘い匂いする)
・リザーブタンク内オイル混入⇒シリンダーヘッド内部亀裂有りの為オイル、冷却水が混入している
・ガスケ...続きを読む

Qガソリンタンクの防錆

ガソリンタンクの中の防錆処理として、内部を黒染したらどうなるのでしょうか?弊害はあるのでしょうか?ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

全くの素人ですので一つの意見として読んで頂けたらと思います。

黒染めは鉄の表面を四三酸化鉄に変化させることでそれ以上の酸化を防ぐものです。
四三酸化鉄は隙間がたくさんある分子構造になっているそうなので、その隙間の中に油分や防錆剤が染みこむとより錆びにくくなると思われます。

そこでガソリンタンクが錆びる原因を考えてみます。
まず錆びと聞いて思い出すのが水分ですよね。
ガソリンタンクの中にも結露などで水分が溜まる事は十分に考えられます。
しかし液体の水分はガソリンよりも重くガソリンの中では表面張力で毬藻(まりも)のように丸くなってしまいます。
ということはタンクの内面(鉄の表面)に液体の水分が接触することは考え辛いような気がします。(確認したわけではありませんが・・)

ではガソリンの無い上部に水滴が結露して錆びるのでしょうか?
ガソリンタンクの中はガソリンが蒸発できる限り蒸発しています。
そのような状態で車が揺れてタンクの上部にガソリンが着いた場合は、限界まで上昇したガソリン蒸気圧のせいでほとんど蒸発できません。
重力で下に下がりきるまでガソリンで濡れたままです。
このことはペンキの缶の側面についたはずのペンキが、次に缶を開けるまでに溶剤の蒸気のせいで乾かずに完全に下に落ちきっていることと同じ原理です。

長時間乗らずに放置してある車などでは水の結露による錆びも加速度的に進むかもしれません。
しかし常時乗っている車のタンクが水の結露だけによって錆びて穴があくとはやはり考え辛いような気がします。

では錆びる原因は何か?
僕が思いつくのはガソリン中の残留硫黄分が原因のような気がします。
もし脱硫しきれずに残っている硫黄分のせいで錆びるのであれば、黒染めによってできた表面の隙間からガソリンそのものに含まれる硫黄が入り込み、まだ四三酸化鉄になっていない鉄と結びつき腐食する恐れがあります。
求める防錆効果の程度にもよりますが、完璧を求めるなら黒染めは不向きかもしれませんね。

たぶん錆びる原因は複合的(たとえば水分と硫黄分で硫酸か亜硫酸が発生するとか)なものだとも考えられますから、やはり剥離しない樹脂のコーティングなどの方がいいような気がします。

以上、全くの素人の推察でした。
長々と書きまして申し訳ありません。
間違いもあるかもしれませんし、見当違いかもしれませんのでその時はご容赦願います。

全くの素人ですので一つの意見として読んで頂けたらと思います。

黒染めは鉄の表面を四三酸化鉄に変化させることでそれ以上の酸化を防ぐものです。
四三酸化鉄は隙間がたくさんある分子構造になっているそうなので、その隙間の中に油分や防錆剤が染みこむとより錆びにくくなると思われます。

そこでガソリンタンクが錆びる原因を考えてみます。
まず錆びと聞いて思い出すのが水分ですよね。
ガソリンタンクの中にも結露などで水分が溜まる事は十分に考えられます。
しかし液体の水分はガソリンよりも重...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング