gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

あなたが思う死の世界はどんな世界ですか?
わたしが思う世界は生まれる前と一緒で何も無いと思います。夢を見てない時の睡眠のような感じ。
三途の川を見た人などは意識がある中で見ているだけで意識がなくなったら何も無くなると思います!
どう思いますか?

A 回答 (45件中1~10件)

手前は、肉体には霊体があり、冥府へと裁判に行くと思います。


現世と幽界には間には川が流れていて、それが境界となって居るのだと思います。親より早く死んだ幼子が賽の河原で延々と石を積んでいるのは、あの世とこの世の境目で転生しやすいからだと思います。

裁判により、地獄、天道、人間道、畜生道、修羅道、餓鬼道に分別されるのだと思います。
    • good
    • 1

古代エジプト人は、人を誘導する手段とはいえバカなものを開発しましたね。


人間では反撃不能な神という存在を作り、災害が起これば神が怒っていると、
民衆を自在に操りました。死後の世界があり、また戻ってくる事にすれば
悪さをしでかす事も抑止できます。
そりゃいい方法だと近隣国も真似しますよね。
おかげで神様がいっぱい増えてしまいました。
宗教が広がりつつ、各地で都合のいいルールを設けて、
もう各国バラバラの内容です。いかに全ての宗教が人為的な創造物かわかりますね。

お賽銭しても、使うのは神様じゃないのに神様にお願いしてるし、
そもそも、はした金で大きな見返り求めるってバカ丸出しです。

幽霊も、時代の流れで自在に変化しています。
ネットが普及して、リング公開以降、世界の幽霊は似たような感じになりました。

世界、その全ての宗教は詐欺です。
人を動かす手段、資金源などであり、結局は神の恩恵なんてありません。
同じ仏教でも、かなり細かくルールがあり、神様が礼を何回だの
鐘を鳴らすタイミングだの、求めているとは思えません。人が決めただけです。

世界で人口が増え続けてますが、天国も地獄もスカスカになりますよ。
もうバカバカしくて笑えない。

死は全ての終わり。
全ての宗教は争いの元でしか無いと思っています。
    • good
    • 1

無です。

他の植物や動物同じく土に帰るということです。そして新たな生命の誕生のささやかながらの糧になればと思います。
    • good
    • 1

私も、なにもないと思います。


多分、果てしなく広がる無の世界、自分の意識もない。
今いる自分には、生まれる前の記憶ってなにもないですから。
忘れちゃっただけかもしれませんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

記憶を忘れてるだけかもしれないですね!あり得そうです!

お礼日時:2018/12/17 09:42

肉体を離れて心だけが天界へ帰ります。


生まれる為に背負った運命を全うし帰れば霊格が上がります。
あの世は心だけの世界ですから、美しい心の人が美女、イケメンです。整形美容は肉体だけ。
心が姿なので、あの世に行っても、知人を探すのは無理。
しかし、肉親にはあなたが帰る日が知らされていて、死んだ日にだけ、あなたにわかる昔の顔形で会いに来ます。
そして心の顔で、心の合う人だけの世界に分かれていしまいます。

勲章もそのこの世での価値だけの場合、あの世では首からぶら下げて足かせになっているかもしれません。辞退する人正解かも。
自分の運命に沿った両親の元にしか生まれてくるチャンスはありません。
だから中絶は罪です。

肉体があるから、ウソがつけます。
「ご冥福をお祈りします」とアナウンサー。
「うそつけ!」と思いますが、その方便を使ってこの世を渡らなければなりません。
修行のためこの世に生まれたたくて懇願し、願いが叶えられたのに、運命に負けて自殺は最も重い罪。

肉体があれば、心を変えることが出来ます。叩けば痛い。その痛みで学ぶことがある。肉体が無いと叩く意味がない。

長患いで寝たきりだった人、死んで肉体を離れているのに死んだとを知らない霊。
苦痛に喘いでいて、とうとう亡くなった人。
「死んだんだよ」「もう苦しくないよ」とそれぞれのパターンで、親族が声かけて遺体を病院から引き取っていないから、病院は浮遊霊がうじゃうじゃいるよと霊感の有る知人が言った。
神道では50日、仏教では49日に、お迎え(指導霊)が来ても死にたくないと従わなければ、お迎えは帰ってしまいます。
もうお迎えは来なく幽霊となります。
あの世に時計はありませんから、何万年でも幽霊を続け、助かりたいと霊の合致する人を探します。
そして・・・・・・。

お迎えの来るまでの49日間は、世界中、宇宙もどこでも行こうと思った瞬間そこに行けます。
OOがエッチしてるところも見られるのです。

輪廻転生と仏教では言います。
生まれ変わる回数が多いほど、潜在意識の蓄積多く、各界で才能を発揮できるのです。
裁くのはすべて自分です。
どんなに、うまく弁明しても、自分の心は真実を知っています。
その心が天界での長い長い時間の自分を裁くのです。
天網恢恢疎にして漏らさず。
そして、神の世界には、陸地のように国境(神界)があるのに、それを超えて布教したり、住みながらその地の神に挨拶も無い。
黙って許す、日本の神の偉大さ。

若いころ読んだ多くの本と、霊能者の方々によってまとめた、私の考えです。
    • good
    • 1

1)キリスト者の死後感は実に明確です。

その留まらない目標があるので死も恐れずという感じ。「信ずる者は救われる」という昔からその内容をよく理解されない方でも聞かれたことがあるその言葉。キリスト教に少しでも関心を持たれてその触りを現世の意識で言語化されると少なくとも理工系の思考をもたれている方はミッション系を出たNo.20のfukumasa17さんのような考えを通過するようです。僕もそうでしたから。
2)生まれる前と同じで何も無い。そういう意識すらもなくなる。・・・仏教での般若心経。しかし、キリスト者は生を受け誰でもが必ず飛び去っていく今生にその意味を見いだそうと、そのために神によりこの世界に自分の生が落とされたことに価値を見いだします。今生は永遠の世界への通過点。「新たに生まれなければ神の国を見ることはできない」とイエスは言われたと。古くさいカビだらけのキリスト教の歴史を脱ぎ捨て、自分の言葉で生きているイエスと対話できると今と言うときもこれほど深淵で普遍な世界に活かされていることに感激を覚えるというか、今の世界が見えてきます。
・・・いずれ次の世界を明確に持たなければ、汚染に満ちそしてこの地球も他の星のようにいつかは無くなるでしょう。私の言葉は滅びることがないといわれ永遠の世界に招くために十字架にかかったと言われるイエスを信するかどうかは、人が作った宗教というジャンルに関わらず、その声は今も世界の人々に投げかけられているのです。私を信ずる者のために、次の世界に部屋を備えにいくのだ・・・というようなこともイエスは話されていたなぁ・・・Ω
    • good
    • 1

私は死後にも世界があり、いわゆる善人が行ける天界、悪人が落ちる地獄、どちらとも言い難い人が天上に至る為の試練を受ける煉獄の3つがあると思っています。


と言っても、これらの知識は漫画の影響によるものなので信じたいから信じている、というのが大半の理由です。
    • good
    • 1

真っ暗。

段々光が見えてくるかな?
死後の世界は賛否両論本当かね
    • good
    • 1

丹波哲郎の大霊界や日本テレビで放送されたあなたの知らない世界のイメージですが、家のおふくろが今年の2月17日に亡くなっているから、

おふくろは多分その世界にいると思います、
    • good
    • 1

人・動物・生物・食物・植物!!この地球上に生をなすものすべてが土となり大気に戻る事それが市の世界だと思います!!大気から発性(生ま

れ)そして進化・成長・朽ちて消える!!輪廻転生と言葉がありますが?人・動物・知能を持っていても前世?の記憶ってありますか???死ですべてが消え去るのです!!そしてまた新たな生が始まるのです!!話では三途の川・花畑・川の向こうから手を差し伸べて迎えが来ると聞きますがそれはその人の脳が記憶を蘇らせて想像の上に成り立っているのだと思いますだから!!天国・地獄は宗教上の世界であって死の世界???それはあり得ない事だと思います!!心臓が止まり呼吸が止まればそれで人間は体を焼かれるまで形はありますがそれが最後です!!後は残る人の心の中に生き続けていますが♡
    • good
    • 0
1  2  3  4  5 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング