子供の頃、悪ガキがカブトムシの頭をねじ切ってしまったことがあります。
そうしたら、腹部だけで延々歩き続けていたんです。ストップをかける脳がないから止まらないんだなーと感心しつつも、首無しゾンビを地でいく不気味さにトラウマってしまい、今にいたるまでムシ嫌い。
それはともかく、脳にあたるとこの制御を離れてこんなふうに脚が動き続けるのは、どういう神経をしてるからなのでしょう?いや生物学的に。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ほ乳類などの脊椎動物は脳で運動を制御するために複雑な運動を行うためには大きな脳が必要となりました。


しかし昆虫は根本的に脊椎動物と進化の道が違います。
その進化の方向は単純な神経組織で複雑な運動が出来ることを達成しています。
(ハエや蚊、のみやだになどの動きを脳が直接制御していたら、とてもあの大きさに入らないでしょう)
そのため各種の運動はたぶん反射に近い形で制御しているのだと思います。
決まった運動は各部分で独立して運動可能で、部分同士が直接連動しているのではと思います。

でもなんか考えている様に見えてしまうのですが、きっと錯覚なのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそう、そうなんです。でたらめに動くんではなく、連動してきちんと歩いていたんですよ。
頭から前進とか停止とかの指令が送られるだけで、脚はプログラムされた通り連係して動くってことでしょうか。うわ、ロボット…。もっともそうでなきゃ、ムカデはとてもやってられませんね。

お礼日時:2001/07/26 18:54

 昆虫の中枢神経は、体節ごとに区切られた形をしています。

一応、すべての動物は体節をもっているのですが(脊椎動物の椎骨もその系列)、昆虫の場合はその体節のひとつひとつが中枢神経(脳の代わり)として独立して進化しています。そして、なかでも高等なものがその体節の神経節間の連絡をとるようになり、連動できるのです。

 各体節はその部位にある神経によって支配されています。ヒトでも脊髄損傷で腰から下だけが動かなくなるとかありますよね。あれはこの体節の位置に従っているのです。

 で、ご質問のカブトムシの件ですが、上記しましたように、体節ごとの神経支配が重要ですから、頭部の神経そのものは即死をまねくほどのものでは無いわけです(但し、まともに生活できる訳もなく、傷そのものが原因になったり、アリに襲われたりして近いうち死ぬでしょう)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば、昔リアル指向でリメイクされたアニメ「鉄人28号」がそんな設定でした。昆虫がモデルだったのかな。そういう制御のロボットも実際研究されているんでしょうね。
詳しい回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/26 18:58

先に回答されていますように、体の各部分にある神経の塊が中央指令(脳の指令)を離れて動かしているのですネ。


アリは頭だけになっても相手を噛み続けますし、交尾の時にメスに食われたオスカマキリは腹部だけが交尾を続けていますし、針(毒袋と筋肉も)だけが刺し続けるミツバチ‥例を挙げるとキリがありませんネ。
動物でも切り落とした尻尾が長時間暴れ続けるトカゲのような例もありますネ。
脳の指令(制御)を離れるからこそ、動きかけた部分は止まらずにエネルギーがなくなるまで活動しつづけるのですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
当時、「この上、いきなり胴体だけで飛んだらどうしよう」とびくびくしていたことを思い出してしまいました。直前の動作を継続するだけで本当によかった。
昆虫の生態って、人間の恐怖心をあおるものが多いような気がする…。

お礼日時:2001/07/26 18:52

カブトムシには脳というほどのものはありません。


運動をつかさどっているのはほとんどが神経索という部分です。
人間も条件反射で動く時、脊髄の中を通っている神経で反射運動をしているんですよ。

で、ご質問のカブトムシですが生き作りの魚が船の上で跳ねているのと同じです。
首をもがれても神経細胞や筋肉細胞はすぐに死んでしまうわけではありません。
だから神経索からの信号で手足を動かせるわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ただ、バラバラな動きではなくて、しっかり歩いてたんですよね。
脚を動かす連係パターンなんかは、胴体だけで制御されているもんなんでしょうか?
最初からこう書けばよかった。わかりにくい質問でごめんなさい。

お礼日時:2001/07/26 18:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【脳の処理能力】脳は起きているときに視覚情報が8割脳を使っているそうです。残りの2割は何に使って

【脳の処理能力】脳は起きているときに視覚情報が8割脳を使っているそうです。

残りの2割は何に使っているのでしょうか?

視覚、聴覚、味覚、触覚

視覚が8割の脳の処理に使われているなら、次は聴覚ですか?触覚ですか?

体を動かすのに脳は処理能力を使ってない?

どうなんでしょう?

Aベストアンサー

1位、目 2位、手 3位、口 4位以下、耳鼻足胴体
感覚のホムンクルスで検索してみましょう

Qこのムシはなんというムシですか。

どこのカテゴリで聞けばよいのか、よくわからなかったので、生物には違いないと思って、ここでお尋ねします。
カメムシのようなてんとう虫のお化けのような、この丸いムシはいったいなんでしようか。今朝、台所にいたんです。

http://izakayacho7.gozaru.jp/ka.jpg
http://izakayacho7.gozaru.jp/kam.jpg

Aベストアンサー

アカスジキンカメムシの幼虫と思います。
参考URLを見て下さい。

参考URL:http://mushinavi.com/navi-insect/data-kame_akasujikin.htm

Q【脳科学で】ファーストスリーピングは左脳が活発化するそうです。 左脳って計算脳でしたっけ?美術脳で

【脳科学で】ファーストスリーピングは左脳が活発化するそうです。

左脳って計算脳でしたっけ?美術脳でしたっけ?

ファーストスリーピングとは宿とかに普段寝ていないところに寝る初日のことを言います。

だから、作家はアイデアに困ったときにホテルとかに宿泊して、自宅とは違う環境で寝てサスペンスのネタ作りをするのかとハッとしました。

ドラマの脚本家もホテルで原稿を書くそうですが、これは脳科学的に正しいということでしょう。

作家の脚本も左脳ですか?

Aベストアンサー

>ドラマの脚本家もホテルで原稿を書くそうですが、これは脳科学的に正しいということでしょう。
これはかなり違う様です、早い話「缶詰」です、内容は二の次で締め切りまでに原稿を埋めなくてはならないので、プロダクションが監視しているのです。
なるほど、良い事を聞きました、いま少し行き詰まっているのです。その前は隔週別の宿へ移っていましたが、出費が大きく成果が出ないので切りました、これも良くない。でもどうしてもハズレの宿には行きたくないので、悩んでいました。もう少し考える事にします、有り難うございます。

Q【クワガタムシ】昔から気になっていたのですが・・・【カブトムシ】

昔から気になっていたのですが、日本のクワガタムシには『ノコギリクワガタ』、『ミヤマクワガタ』、『オオクワガタ』、『コクワガタ』など種類が豊富なのに対し、日本のカブトムシは1種類しかいませんよね?
それは何故なのでしょうか?是非教えてください。

Aベストアンサー

4種類いるそうです

カブトムシ、コカブトムシ、タイワンカブトムシ、クロマルコガネ

参考URL:http://allabout.co.jp/pet/smallanimal/closeup/CU20020801A/?FM=cukj&GS=smallanimal

Q人間の脳と像の脳

人間は何故賢いかというと、脳が大きいからですよね?

そして、人類より頭の大きな像達は、当然、脳も人類より大きいのではないのですか?

なのに、言語力や知能は人間より下なのは何故ですか?

Aベストアンサー

まあ,人間の基準でゾウの知能を測るのも何なのですが・・・
脳は単純に大きさ・重さだけで判断できません。
知的活動に関係しているのは,大脳新皮質における神経細胞の数とネットワーク(シナプスと言います)が影響します。
ヒトでは,直立二足歩行によって前肢が腕となり,言語活動と体に比して大きく重い脳を支えることが可能となりました。手と言葉を使うことで知的活動が触発され,それによってますます脳が発達したものと考えられています。
ゾウの場合も記憶などの面ではヒトに劣っていないらしいですが,言語と手を使って創造的活動(文字の伝達など)が出来ないので「いわゆる知能」は発達していないように見えるのです。
その分,巨体からくる力が生存に有利に働いています。ですから,体積が大きかったとしてもゾウの脳では,感覚・運動に関する領域がヒトよりも大きいのでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報