『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

たとえばドラマや小説の中などでは豪邸に住む登場人物が使用人を雇っていたりしますが、
そのなかでも執事的な立場の使用人がいたとします。

この場合、現在の豪邸の主であるA氏のことを「Aさま」と呼ぶとして(もしかして現代でも屋敷の主に対しては『ご主人さま』と呼ぶ方が自然なのでしょうか?)、
過去にこの屋敷に住んでいたAの父親(当時はこの人物が屋敷の主)のことを、
Aと話す思い出話などの中では何と呼ぶものでしょうか。

当時と同じ「Aさま」では現在のAに対するのと同じ呼び方になってしまいます。
何かAの父親に対する呼び方で自然なものはないでしょうか。

それともAに対する呼び方のほうを過去も現在もAの下の名前Bで「Bさま」呼ぶことにしたほうが自然でしょうか。

変な質問ですみませんが、よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

>何かAの父親に対する呼び方で自然なものはないでしょうか


「先代様」とか「大旦那様」とかですかね。
下の名前で呼ぶのも、別に変ではありません。
非常に近しく仕えてきた老執事であれば、先代のほうを「旦那様」、現在の主人を「若様」と
呼んで「いいかげん若様はよせ」「わたくしにとって若様はいくつになられても若様でござい
ます」なんて掛け合いをするのもあるあるネタでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先代様、大旦那様ですね。

あるあるネタ、そういうの色々とありますね。
とっても参考になりました。
ご回答をありがとうございました!

お礼日時:2019/03/18 13:28

先代のご主人様でしょう。

何度の話に出るときは省略して、先代様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先代様! これもよく聞きますね。
いろいろな呼び方があるのですね。参考になります。
ご回答をありがとうございました!

お礼日時:2019/03/18 13:26

「大旦那様」ですかね。



この場合はAは「旦那様」が自然かと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答をありがとうございます!
なるほど。旦那様、大旦那様ですね。とても自然ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2019/03/18 13:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q読める方いますか?

読める方いますか?

Aベストアンサー

達筆過ぎて読めない。部分的には読める字もあるが、全体を読む自信はない。「芸術・クラフト」の「書道」で質問をしてください。

Q※カタカナ言葉は本当に何とかしてほしいですね。

明治時代の日本人は西洋の文化を学んだときに、漢文の知識を活用して西洋の新しい概念を漢語にして翻訳しました。
現代は漢文の読み書きができる人がいないために安易にカタカナで外来語を増やしていますが、本当にやめてもらいたいですね。
中国語の文章を翻訳していたら“内容産業”という言葉が出てきたんですが、意味を検索したら「コンテンツ産業」でした。
外来語はなるべく使いたくないんですが、現代日本語にするためには使わざるを得ないことがあります。
カタカナ言葉は昔から溢れていましたが、IT時代に入って その勢いは増すばかりですが、
みなさんは 現代日本語のこんな風潮をどう思いますか?

Aベストアンサー

日本語で表見した方が言葉数も少なく且つ適切に伝わる言葉も多いのにカタカナ語をわざわざ使う理由が解りませんね。
カタカナ語の方が定着して居て日本語にすると固いと言う言葉もありますし、そこはカタカナ語でも良いとは思いますが、何でも
カタカナ語にしたがる。
特に国のお偉い人達が使いたがるし、今の行政のトップは最も使いたがる。
それが偉い賢いと思い込んで居るのでしょうが。
自ら国の文化を壊していると言うのに一方では文化を守るなどと何の説得力も無いし。
多様性に満ちていると言えば良いと言う風潮も有るみたいですが、それは多様性じゃ無く「かぶれ」だろうとツッコミを入れたくも
なりますが。(笑)

Q<雨がふります 雨がふる>は、前が丁寧文であり、後は普通文ですね。なぜ、丁寧文と普通文が連なっている

北原白秋の作詞の童謡「あめ」は、親しまれていますね。
<雨がふります 雨がふる>が、繰り返し5回現れます。
ところで、このフレーズは同じような内容で、前が丁寧文であり、後は普通文ですね。
質問は、なぜ、丁寧文と普通文が連なっているのでしょうか?
(調子の良い七五調になっていますが)

Aベストアンサー

質問者の方が既にお気づきのように、歌全体を通して調子の良い七五調になるように、
言い方を変えているのでしょう。初めから歌われることを前提にした作詞のはずです。
丁寧な言い方と普通の言い方の組み合わせも、初めは違和感を覚えるかもしれませんが、
<雨がふります 雨がふります>より、また、<雨がふる 雨がふる>より、響きが断
然優れていることに~口に出したり、歌ってみれば~気がつきます。

Q「元気」「覇気」などのように後ろに「気」が付く漢字熟語をひく辞書

あるのかどうかわからないのですが、例えば「気」と入力すると「元気」「覇気」などのように後ろに「気」が付く漢字熟語がずらっと出てくる辞書サイトを教えていただけませんでしょうか。逆引きということです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

子には子の侠気があって口つぐみ  川越 麦そよぐ

侠気 「きょうき」 または 「おとこぎ」 と読むようです。

川柳なので「おとこぎ」と読むのかもしれませんね。
意味は、弱いものを助けて正義を行おうとする性質
    男らしい性質 気持ち

ちなみに、
グーグル検索で
子には子の〓気があって口つぐみ 
と入れたら、川柳を載せているブログが出てきましたよ。

https://blog.goo.ne.jp/manryu1105/e/ddabfff5c379f9a69cc9e1c5658beffa

Q「ライブ演奏」、あるいは「ライヴ演奏」?

アンケートカテゴリーがなくなったので、こちらで質問させていただきます。

【質問】書き物をするときに、皆さんはどちらの表記を使われますか?

1a ライブ演奏
1b ライヴ演奏

2a ボーカル
2b ヴォーカル

3a ビビッド
3b ヴィヴィッド
( vivid の意味です)

私は書き方にいつも迷うので質問しました。なお、これについて持論をお持ちの方は教えていただくと助かります。

Aベストアンサー

ライブ演奏
ボーカル
ビビッド

を使います。
出版社の下請けのような仕事(原稿作成)をしているのですが、外来語については表記のゆれを防ぐために「記者ハンドブック 新聞用字用語集」のルールに従って書いています。
この本によれば、基本的には「ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォ、ヴュ」を使わず「バ、ビ、ブ、ベ、ボ、ビュ」で表す、とのこと。
個人的な文章なら好みでカタカナを選んでいいと思いますが、なにか拠りどころが必要ならこういったガイドブックをお勧めします。

Q重複はジュウフクと読むけど、慎重はシンジュウと読まない。なぜ?

ほんの思い付きの疑問です。

重複は「じゅうふく」という読みがほとんどOKになり、辞書にも載っています。
しかし、慎重を「しんじゅう」と読むのはほとんど聞いたことがありません。
誤字変換が多いIMEの漢字変換でも出て来ません。

「リストに重複がないかどうか、慎重にチェックしてください」を「ジュウフクがないか、シンジュウにチェックして」と言ったら、「シンジュウ?」と聞き返されるかもしれませんが、ジュウフクはおそらく見逃されます。

同じ「重」の読みなのに、なぜ変わるものと変わらないものがあるのか?と疑問に思いました。

ジュウフクは「重はジュウと読む」という固定観念からジュウフクに変わったのだと思います。
ならば、なぜ、慎重はシンジュウと読み間違えられないのか?

時の流れによって変わる言葉と、変わらない言葉は何がちがうのでしょうか?
それとも、慎重も、20年後にはシンジュウになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

>学校のテストで、重複をジュウフクと書いても×にならなくなったのはいつ頃からでしょう?

良く分かりませんが、平成13年版の辞書には「ジュウフク」でも OK になっていますね。
私が学校で習った当時は「重箱読み(ジュウバコヨミ)」と云って、NG の代表とされていました。

本来の 日本語は、
「重(ジュウ)」は、主に「おもさ」を表す言葉に使います。
「重(チョウ)」は、主に「かさなる」の意味に使います。

普段使う言葉で「重」を「チョウ」と読むのは、「慎重」の他に
「重宝」「丁重」等がありますね。
尚、「自重」は、「ジジュウ」と「ジチョウ」では 意味が違いますね。

Q「道」という字は「ふみ」とはどうしても読めませんか?? 古くからの言い伝えなどなんでもいいので情報が

「道」という字は「ふみ」とはどうしても読めませんか??

古くからの言い伝えなどなんでもいいので情報が欲しいです!お願いします!!!m(_ _)m

Aベストアンサー

「名乗辞典」 道
ジ・チ・ネ・ツナ・ツネ・ノリ・マサ・ミチ・ユキ・ヨリ・オサム・オサメ・ナオシ・ワタル
出てこない。
 「大江山生野の道の遠ければまだ踏みも見ず天の橋立」からの連想で読むことはあるかな? ま、ちょっと無理。

Qクリスチャンではない日本人の意識について 私はクリスチャンではないのですが、よくさまざまな教会へ行き

クリスチャンではない日本人の意識について

私はクリスチャンではないのですが、よくさまざまな教会へ行きます。
教会によって違った特徴があるのでそれを目的に見に行っているといってもいいかもしれません。

今回は旅行先の沖縄で日曜礼拝に参加しました。
そこは観光地なので、会う人達に「今日はどこへ行ったの?」と聞かれるので、普通に礼拝に行ってきました。と伝えると、ワンテンポおいてから「へぇ、、、」みたいな返事になってました。(その後で、クリスチャンだったんか…と影で言われました)また、その教会の道中、道を聞いたりすると地元民でも「ちょっとそこはよくわからないかな」といって濁されてる感がありました。

私は宗教関係は特に何も意識することはないのですが、日本人的には気にしちゃうのでしょうか?地域差とかあるのでしょうか?もしかして、タブーだったりするのでしょうか?

沖縄は教会が多いイメージがあって、他の県より抵抗みたいなのが少ないと思っていたのですが、そんなことはなかったみたいです。

詳しい方教えていただきたいです。

Aベストアンサー

私は沖縄県民ですがキリスト教だけが偏見があるのでは無く、布教活動のある宗教に良い印象が無いと思います
私は歴史的な寺社仏閣を巡る事は私も好きですし、遺産的な価値のあるイタリアの教会には憧れもあるので貴女の気持ちはわかります。
しかし信仰心もマナーも無くパワースポットと呼ばれる場所へ行けばご利益があると勘違いした有象無象の観光客と一括りにされると嫌だなとも思っています。
日本だと人の信仰は自由だけど関わりたくないと思うのが大多数かと思いますが、そ
私は沖縄県民ですがキリスト教だけに偏見があるのでは無く、布教活動のある宗教に良い印象が無いのだと思います
日本では他人の信仰は否定しないけど勧誘してくる宗教には関わり合いたくないのが一般的ではないでしょうか?
単純に沖縄は戦争で死体がゴロゴロあったので死体置き場の後にアメリカ人が建てた教会が結果的にゴロゴロあるだけだと思います。
なので慰霊碑的な宗教施設だと思うんですね。礼拝は洗礼を受けた家族が習慣で通うようなイメージです。

Qやはり、知恵のある人間はいても、 全ての面で賢い人間、全知全能な人間はいませんし、 また、男らしい人

やはり、知恵のある人間はいても、
全ての面で賢い人間、全知全能な人間はいませんし、

また、男らしい人間、しっかりした人間はいても、
100%強い人間や完全無欠な人間はいませんね。


どんなに知識や知恵があって優秀な人に遭遇していても、
全知全能でない他人の事を何でもかんでも「知恵が無い(または足りない)」とか、「君、本当に賢いのかあ?」
とか謗ったり、

また、完全無欠でない他人の事を、何でもかんでも「男らしくない」だの情けない」だの「男のくせに」だのと謗ったりするのは、相変わらず流行ってるんですかね?

なら本当、困ったものですよね?

Aベストアンサー

リベルテさんの一連の質問を読んでいて、ある疑問を持ちました。リベルトさんの質問は一貫して他人からの評価をどう解釈したら良いかという質問です。私の疑問と言うのは、どうして、リベルトさんは他人の評価にそこまで執拗に拘っているのかと言う疑問です。

他人の心の中や振る舞いをリベルトさんが制御することは不可能です。その不可能なことにどうしてそんなに拘っているのか、それが私には理解できないのです。

人間の性として、誰からも評価されない状態は耐えがたいことです。しかし、たった一人でも自分を認めてくれる人がいると言うことは、その人に最大級の幸せ感をもたらしてくれます。ですから、私は、他人の評価を全く無視せよと言っているのではありません。また、リベルトさんが多くの人から評価されるようになれと言っているのでもありません。

リベルトさんが接している人々の中で、リベルトさんがこの人と決めた人を選んで、その人から善と評価されるように努力をする。そして、それ以外の人からの評価は全く無視する。それなら、不特定多数の人から評価されるように努力するよりも遥かに簡単です。

リベルトさんも、この世にたった一人でも良いからその人を探して、その方から、リベルトさんがいてくれて良かったと言われるように、その方に尽くしてみたらどうですか。その方から、その言葉が聞けたとき、リベルトさんは至極の幸せ感を味わうことができます。他の人があなたをどう評価しようとも、そんなことに全く無関係に至極の幸せ感を味わえるのです。私の経験では、人間が幸せを感じることができるのは、他の方法がないようです。

リベルテさんの一連の質問を読んでいて、ある疑問を持ちました。リベルトさんの質問は一貫して他人からの評価をどう解釈したら良いかという質問です。私の疑問と言うのは、どうして、リベルトさんは他人の評価にそこまで執拗に拘っているのかと言う疑問です。

他人の心の中や振る舞いをリベルトさんが制御することは不可能です。その不可能なことにどうしてそんなに拘っているのか、それが私には理解できないのです。

人間の性として、誰からも評価されない状態は耐えがたいことです。しかし、たった一人でも自...続きを読む

Q文字と言語について

気になったので質問します。私は頭が悪いので、出来ればでよいのですが簡潔に教えてくれる嬉しいです……。
漢字は一文字一文字に意味があり、漢字だけで平仮名や接続詞を使わなくてもなんとなく意味が伝わります。(例:飯 米)
逆にアルファベットなどは「A」という字自体に意味はないとおもいます。
こういう一文字一文字に意味のある言語と無い言語を表す言葉があったら教えてほしいです。

わかりにくかったらすみません!よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

文字と言語の区別を付けるのは難しいようです。
言語学者たちは口を酸っぱくして、「文字は言葉を書き写したものに過ぎない、文字は言語ではない」というのですが、これでなるほどと思う人は少ないようです。

ま、とにかく、言葉はまず音声です。
その音声をどう書き表すかは、文化や社会や習慣によって決まります。
言語そのものとは無関係です。
したがって、「一文字一文字に意味のある言語と無い言語」という問い自体が成り立ちません。

「一つ一つに意味のある文字と、無い文字」ということであれば、まっとうな問いです。

さて、言葉は音声です。
その音声をどこで区切って表すかによって文字が異なります。
一番小さな音の単位で区切れば、アルファベットになります。
kome のようにね。

音節で区切ることもできます。
「こめ」あるいは「コメ」のようにね。
仮名も「一つ一つに意味の無い文字」ですね。

このように、「一つ一つに意味の無い文字」を表音文字と言います。

最後に単語単位で区切る場合。
「米」がそうですね。
漢字は単語を表します。
単語は意味と発音を表します。
そのため、表語文字と言います。

昔は表音文字と言っていましたが、発音も表す以上、表意文字という名前は不適切です。
本当の表音文字は、意味は表すが発音を持たない文字です。
そんなものある?
あります。絵文字とか、トイレやレストランのマークです。
あれには発音はありません。


「表音文字」を使うか「表語文字」を使うかは、言語の性質とは無関係です。
どの文字を使うかは、文化や社会や習慣によって決まります。
日本人は表音文字である仮名と、表語文字である漢字を使います。
時にはアルファベットも使います。
これは日本語自体がそうさせているわけではありません。
あくまで日本社会の習慣です。

英語だって、書こうと思えば漢字で書けますよ。
彼 勉強ed 英語.
みたいにね。

文字と言語の区別を付けるのは難しいようです。
言語学者たちは口を酸っぱくして、「文字は言葉を書き写したものに過ぎない、文字は言語ではない」というのですが、これでなるほどと思う人は少ないようです。

ま、とにかく、言葉はまず音声です。
その音声をどう書き表すかは、文化や社会や習慣によって決まります。
言語そのものとは無関係です。
したがって、「一文字一文字に意味のある言語と無い言語」という問い自体が成り立ちません。

「一つ一つに意味のある文字と、無い文字」ということであれば、まっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング