以前もこちらでご質問させて頂いたのですが、アミューズメント・レジャー産業のマーケティング戦略についての論文を書く予定です。
以前は「無形のサービスなので難しいのでは?」というご指摘があったのですがやはりこのことについて書きたいのです。
しかし、いざ始めてみると漠然としか思い浮かばず先が思いやられます。

今最も熱い「TDL」「USJ」を前面に出しつつその影で消えていくアミューズメントパークを対比して書こうと思っているのですが…

それだけではあまりに陳腐です。

どなたか「こんな風にすると面白いんじゃない?」といったアドバイスありましたらお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参考になれば、ということで


去年、あるアミューズメント・レジャー施設
それもTDL人気の陰で苦戦を強いられているレジャー施設における
スリルライド・アトラクション導入プランを手掛けたときの
視点についてお話します。

>今最も熱い「TDL」「USJ」
が何故熱いか、というと
資本力を武器にしたパーワーゲームを仕掛けてきているからです。
簡単に言えば
●定期的に導入する新しい大型アトラクション
●定番イベントによる顧客リテンション
●キャラクターグッズなどの外部収益
の三位一体攻撃に
●対抗しようとすると資本がもたない
●放っておくと客が奪われる
ということです。
そんなジレンマを前提に各レジャー施設の展開を見ていくと
サバイバル戦略の上手さ/下手さが見えてくる筈です。

私が手掛けたのは
TDLに客を奪われている関東エリアの
老舗の某レジャー施設だったのですが
ポイントとしては、エリア密着型に割り切り
(エリア競合環境はさほど厳しくなかったので)
(メディアの使い方などが変わってくることに注意)
新しいスリルライド・アトラクションの導入を
如何に顧客リテンションに繋げるか、という
プランを提案しました。
プランの表コンセプトは
従来ありがちの怖さを競うスリルライド訴求を弱め
景観の美しさを中心にしようということだったのですが
裏コンセプト、というか真の狙いは
地元高校生のデートスポットととして再生しよう
というプランだったのです。
(詳しい方ならもうお分かりですね、アレです)

もちろん、ここに至るまでの事前の様々な分析があり
さらに、狙いを定着させるための、この後の色々な展開があるわけですが
(お蔭様で、初年度は目標値をクリア致しました)
まあ「肝となる視点」ということで、ココではこの位で
あとは勉強してください。

たとえ無形のサービスであっても
たとえひとつの単純なアトラクション導入に見えても
比較検証していけば
様々な戦略が見えてくる筈です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CUE009さん、度々有難うございました。
そろそろ本格的に卒業論文にかからないといけなくなったので…

やはり、教授にも「TDLとかUSJのハナシもいいけど、日本のアミューズメントパークをもっと掘り下げてみたら?」ということを言われました。

でも、イチ学生の私としてはナカナカ裏舞台まで見えないというのが残念です。
稚拙な論文にならないように頑張りたいと思います!!

お礼日時:2001/07/31 23:37

多分


>>以前は「無形のサービスなので難しいのでは?」というご指摘
をしたのはぼくだと思うのですが、どうしてもというなら、次のように考えていったら良いと思います。

1)まず何を売るか、宣伝するかを決めます。これを「コンセプト」と言います。「楽しさ」、「興奮」といったことになると思いますが、これだけでは平凡なので、なにか独特の特徴を考え出します。これが成功の基本となります。これから訴求点が出てきます。

2)つぎにそのコンセプトを、どのように表現するかを考えます。宣伝広告、HPなど、媒体とともに、強いアッピール力のある、表現です。ここでも特徴を出すことが鍵です。キャラバンを組んで町に出ることやイベントも1つの方法です。

3)次に大事なのは、そうしたマーケがどのように受け止められているかを、何らかの方法でフィードバックさせます。間接的には、アミューズメントに来てくれた人で分かるわけですが、それらの人からいろいろ感想を聞き出すことから始めて、なんかの方法で、マーケの反応を直接聞き出すことです。そのなかで一番大事なのが、「苦情」、「批判」の類です。なぜならそこに裏返しのニーズが含まれているからです。

マーケというと、どうしても2)に注目してしまいがちですが、1)と3)が重要なことを、肝に銘じて下さい。

分かりにくいところがありましたら、補足して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

orimotoさん、こんにちは。そうです、以前もorimotoさんにご指摘頂いたんです。
やはりこのテーマでやって行きたいと思ったもので…

マーケティングって、とても幅の広いものですよね。どうしても多くのお客さんの目が集まるものに意識が集中してしまいそうですが、地道にインタビューでもしてみようかしら…怪しいかな。
レジュメを自分なりに考えて教授に提出したら、「TDLやUSJは元はアメリカのものだから、代表的な日本のアミューズメントパークを取り上げて、日本的なマーケティング方法について触れてみると良い」と指摘されました。

沢山の施設があって、コンセプトも異なり結構大変な作業になりそうですが、好きなことなので頑張れそうです。

2度もご回答ありがとうございました。

また何かあったら質問すると思いますが、その時は宜しくお願いしますね。

お礼日時:2001/07/29 14:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q孫マトリクスの名前の付け方

よろしくお願い致します。

メインマトリクス→子マトリクス→孫マトリクス
まであるプログラムを作成しようと考えております。

孫マトリクスまである事自体どうなのだ?
という指摘もあるかもしれませんが、

メインマトリクス:MainMtx
子マトリクス:SubMtx

とすると、孫マトリクスはどのような名前にするのが適当でしょうか?

メイマトリクス、子マトリクスの名前から変更しても問題ありません。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1案
MainMtx,KoMtx,MagoMtx
2案
MainMtx,ChildMtx,GrandChildMtx
3案
MainMtx,Sub1Mtx,Sub2Mtx
4案
ParentMtx,ChildMtx,GrandChildMtx

個人的には3案、
英語にこだわれば、4案、
わかりやすさで言えば、1案です。
3案の理由は、現在、便宜上、子マトリクス、孫マトリクスと呼んでいるだけなので、将来、曾孫(ひまご)が出来るかもしれません。そのようなとき、3案以外は、またネーミングで悩むことになります。3案は、Sub3Mtx,Sub4Mtxといくらでも拡張が可能です。

Q自力陳腐化戦略について

難しい言葉かと思うんですが自力陳腐化戦略とはどのような戦略なんでしょうか?教えてください できれば知っている事例があればその事例もお願いします

Aベストアンサー

聞いたことないですね。

陳腐化戦略といえば、たとえば企業やマスメディアが商品や文化の宣伝や広告を打つ事で、まだ使えるのにも関わらず、古いと思わせたりすることだろうから、それの自力ってことでしょうか?(つまり他力か自力かってことかな?)

知らないので確信はまったくありませんが。

たとえばマイクロ……とか、洗剤など新商品のCMで「当社比○%アップ!」っていうのもそのひとつかもしれませんね。

Q2×2のマトリクスで競合との対比をさせたい

マーケティングについてご教授下さい。

上司より、
自社と競合のサービスメニューを比較して
「2×2のマトリクス(PPM?バルーンチャート?)で表すように。」
「縦軸は「成長率」で、横軸は適当に。」
との指示をうけました。

現在入手している情報は
(1)自社のサービス毎売上高
(2)競合3社のサービス毎売上高 です。

成長率は前年度の売上と比較すれば明確ですし、
売上高についてはバルーンの大きさで表記できるかと考えているのですが、横軸に何を設定するのかが分かりません。

私はマーケティングの知識もない為、上司に確認したのですが
どうやら上司も自分で作成しようとしたが、出来ずにこちらに振ってきた業務のようでした・・・・。

そこで伺いたいのですが、上記のような場合は
縦軸、横軸に何を持ってきて競合との関係をチャートに表すべきなのでしょうか?
ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

PPM:プロダクトポートフォリオマトリクスを使いたいというのであれば横軸は市場の中での相対的なマーケットシェア。ここで注意するのは左がシェア大、右がシェア小というふうにすることです。
つまり、縦軸に成長率、横軸にシェアということで、左上に行けばいくほど現在有望なサービスで将来にわたって伸びていくしその中で自社の占めるシェアが大きいから競争に有利である。左下なら将来的に成長はしないけどシェアを持っているから今現在大きな売り上げにはなる。たぶん何年かしたらすたれるだろうから、いまのうちにマーケットから取れる金があるうちにひたすら稼いでおこうというのがここですね。

逆に右上だとそのサービスは有望だけど現在の自社のシェアは低いからシェアを取るためにも厳しい戦いになる、右下は成長もしないしシェアもとってないのでどうしようもない、というものです。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/ppm.html

Q資産と負債の分類の対比なのですが、次のような整理でよいでしょうか?

資産と負債の分類の対比なのですが、次のような整理でよいでしょうか?

資産 流動、固定           負債 流動、固定
資産 貨幣性、費用性        負債 貨幣性、収益性
資産 財貨権利等、会計的資産  負債 債務、非債務(会計的負債)

Aベストアンサー

これは、資産と負債ではなくて借方と貸方の対比ですね。

Q電気回路学の2端子対回路のマトリクス表示について

電気回路学の2端子対回路のマトリクス表示について
マトリクス表示には、Zマトリクス、Yマトリクス、Gマトリクス、Hマトリクス、Fマトリクスとありますが、これらの表示の仕方がいまいちわからず、応用がききません。
添付した画像の回路ではそれぞれ、

V1=(Z1+Z2)I1+Z1I2
V2=Z2I1+(Z2+Z3)I2

I=(Y1+Y2)V1-Y2V2
I=-Y2V1+(Y2+Y3)V2

I1=g11V1+g12I1
V2=g21V1+g22I2

V1=h11I1+h12V2
I2=h21I1+h22V2

V1=AV2+BI2
I1=CV2+DI2

と表せると思うのですが、なぜこうように表せるのでしょうか?どのような考え方なのか全く分からないので、詳しく教えてください。

Aベストアンサー

ZパラメータをZ11,Z12,Z21,Z22とすると、

Zの基本の式

V1=Z11I1+Z12I2・・・(1)式
V2=Z21I1+Z22I2・・・(2)式

(1)式より、I2=0のときV1側から見たインピーダンス(開放駆動点インピーダンス)がZ11となります。
回路図のV2側を開放すると、I2=0となり、Z3も無関係になります。残ったのは、Z1とZ2の直列接続だけです。したがって、

Z11=(V1/I1)ただしI2=0
  =Z1+Z2

次に、(1)式より、I1=0としたとき、I2によってどれだけV1の電圧が現われるかと言う意味で、開放伝達インピーダンスといいます。回路図のI1をゼロにすれば、Z1の電圧はゼロ、このときV1は、Z2の電圧降下のみであり、Z2には、I2が流れています。(1)式とあわせると、

Z12=(V1/I2)ただしI1=0
  =Z2
となります。


(2)式よりZ21は、I2=0のとき、I1によってどれだけV2の電圧として現われるかを示すもので、開放伝達インピーダンスといいます。(2)式のI2=0とすれば、

Z21=(V2/I1)ただしI2=0
  =Z2

最後に、(2)式のI1=0としたとき、V2から見たインピーダンス(開放駆動点インピーダンス)は、

Z22=(V2/I2)ただしI1=0
  =Z2+Z3

となり、(1)式、(2)式を書き直せば、

V1=(Z1+Z2)I1+Z1I2
V2=Z2I1+(Z2+Z3)I2

となるわけです。

このほかのY,G,H,Fについても同様の定義があり、電圧をゼロにしたり、電流をゼロにしたりして、パラメータを求めていきます。
説明は長くなるので、他のは回路網理論などの書籍を読んでください。

個人的に、hパラメータは、トランジスタの静特性とhパラメータを勉強しておくと一番意味が分かり易かったです。

ZパラメータをZ11,Z12,Z21,Z22とすると、

Zの基本の式

V1=Z11I1+Z12I2・・・(1)式
V2=Z21I1+Z22I2・・・(2)式

(1)式より、I2=0のときV1側から見たインピーダンス(開放駆動点インピーダンス)がZ11となります。
回路図のV2側を開放すると、I2=0となり、Z3も無関係になります。残ったのは、Z1とZ2の直列接続だけです。したがって、

Z11=(V1/I1)ただしI2=0
  =Z1+Z2

次に、(1)式より、I1=0としたとき、I2によってどれだけV1の電圧が現われるかと言う意味で、開放伝達インピーダンスといいます。回路図...続きを読む

Q高度経済成長といざなぎ景気について

高度経済成長の一定期間がいざなぎ景気になっていますが、
どうちがうのでしょうか。

高度経済成長は、経済規模が大きくなっていることを指し、
いざなぎ景気は景気がよくなっていることを意味しています。

経済と景気は違うのでしょうか。

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

高度経済成長とは1950年代後半から1970年代前半にかけての約20年間にわたってGNP(国民総所得)が対前年比の成長率が10%以上で推移した経済拡大期のことです。

その中でも成長率の上昇や下降が起こっていて、特に長期間にわたって成長率が10%を超えていた時期が神武景気・岩戸景気・いざなぎ景気であって、違いはそんなにありませんが、詳しく言うと違います。

経済とは人間の生活に必要な財貨・サービスを生産・分配・消費する活動でまたそれらを通じて形成される社会関係です。
一方景気とは経済の変化を表したものです。
たとえば、好景気は経済活動が良い状態のことを言います。

QiPhoneでマトリクス形式アプリ探してます

iPhoneで無料のマトリクス形式アプリはありませんか?

事柄をマトリクス形式で整理する目的なので
sumなどの計算はできなくてかまいません。

「マトリクス形式のメモ帳」のようなイメージです。

できればネットにつながずにオフラインで使えるアプリが希望です。
googleドキュメントは操作が少しめんどくさくて、さらにネット必須なので。

Aベストアンサー


エクセル互換のアプリがいくつかあると思うんですが、それではダメということでしょうか?

Q自然科学(化学)との関連・対比でなく、経済(学)から見た狭義の“錬金術”について。

 「金(GOLD)が市場(マーケット)で高騰している」、とのことですが…。
 連想で、“狭義の錬金術”について、想いを馳せてしまいました。
  以下のとおりです。「もし、錬金術(師)が鉄くず等から、本物の 金を生成することに成功したならば、金が通貨=貨幣として認知され ている社会では、[金の原価=鉄くず等+加工賃(※1)]となれば、そ の結果“狭義の錬金術”は、経済全体に(1)具体的にどのような影響を
 及ぼすと考えられるか。(2)それは、どのような過程を経て、最終的結 果に到達すると考えられるか。(3)実現した“狭義の錬金術”は、社会 に福利、富をもたらし得るのか。もし、もたらしうるのならば、どん
 な条件下でか、について。/ 「経済(学)」がわからないので、また 不勉強なので[“狭義の錬金術”の実現≠富、財貨の増大]という仮定
 、或いは想いつきで、質問させて頂きました。
  ※1 加工賃については、それぞれのケースが考えられると想いま   すので。ここでは仮に「原価の9割」として検討お願いします。   素人なものですみません。(特に縛られる必要はありません)。

 「金(GOLD)が市場(マーケット)で高騰している」、とのことですが…。
 連想で、“狭義の錬金術”について、想いを馳せてしまいました。
  以下のとおりです。「もし、錬金術(師)が鉄くず等から、本物の 金を生成することに成功したならば、金が通貨=貨幣として認知され ている社会では、[金の原価=鉄くず等+加工賃(※1)]となれば、そ の結果“狭義の錬金術”は、経済全体に(1)具体的にどのような影響を
 及ぼすと考えられるか。(2)それは、どのような過程を経て、最終的結 果に到達すると考えられるか...続きを読む

Aベストアンサー

まず、金が工業的に大量生産できるとすれば、その原価近くまで金の価格は下がります。現在の高騰は将来のリスクに対する対応なので、おそらく相当に下がると思います。
もっとも、工業的に作られる金と自然にある金が違うというのであれば、人工ダイヤと自然界にあるダイヤの違いのように、別物として取り扱われる可能性があります。その場合は、自然界の金は現在のまま高騰し、工業的な金のみ原価近くになります。

また、金は延性、伝導性などで非常に優れた材料の一つなので、価格が充分下がれば、例えば電線などが金に置き換わる可能性があります。この場合、発電所からの送電時のロスが小さくなります。

こういったことによって経済全体が利益を得ますので、社会に福利・富をもたらし得るでしょう。

QMATLAB 7.2を使用しています。2つのマトリクス(例えば40x4

MATLAB 7.2を使用しています。2つのマトリクス(例えば40x40等)間に有意差があるか調べたいときに使用できる検定方法を探しています。マトリクスはランダムな数の場合もあればdissimilarity matrixのような対角に0行列を持つ対称的なものの場合もあります。Mantelテストなどはこの場合ふさわしいのでしょうか?

あと、2つのマトリクス間の相関関係を調べるときは、

R=corrcoef(matrixA,matrixB)

で計算してよいのでしょうか?


急ぎの解析で困っています。ご教授いただけると大変ありがたいです。

Aベストアンサー

こんばんは、
マトリックスの有意差というのは統計でいう検定のことですか?もしそうなら普通にt検定とかしたらいいのではないでしょうか?

あと行列間の相関はcorr2でできます

Q以前ここで質問した経済学に関してです

http://okwave.jp/qa/q7941967.htmlで質問して、回答No2の解答欄の真ん中より下の部分に、

価格上昇の、正常財の所得効果はプラス、劣等財の所得効果はマイナス といことがどんな教科書でも説明されているはずです。正常財でも、劣等財でも課税されると消費者がその財に対して支払う価格は上昇しますが、その上昇が需要に与える効果のうち所得効果の部分を取り出して、問題になっている財が正常財なら、それ(所得効果)はマイナスであり、劣等財ならプラスだといっているにすぎません

と回答していただいたのですが、冒頭部分に
価格上昇の、正常財の所得効果はプラス、劣等財の所得効果はマイナス といことがどんな教科書でも説明されているはずです。

と書いてあり、

後半部分に
価格は上昇しますが、その上昇が需要に与える効果のうち所得効果の部分を取り出して、問題になっている財が正常財なら、それ(所得効果)はマイナスであり、劣等財ならプラスだといっているにすぎません

と逆のこと書かれているような気がするのですが、お分かりの方教えて下さい。


もし前回書いていただいた方がこれ見られたら、書いていただいた後、返信が随分遅くなりすいません。やっと最近時間が取れたので、読んでいます、失礼しました。

http://okwave.jp/qa/q7941967.htmlで質問して、回答No2の解答欄の真ん中より下の部分に、

価格上昇の、正常財の所得効果はプラス、劣等財の所得効果はマイナス といことがどんな教科書でも説明されているはずです。正常財でも、劣等財でも課税されると消費者がその財に対して支払う価格は上昇しますが、その上昇が需要に与える効果のうち所得効果の部分を取り出して、問題になっている財が正常財なら、それ(所得効果)はマイナスであり、劣等財ならプラスだといっているにすぎません

と回答していただいたの...続きを読む

Aベストアンサー

見たことのあることのある文章だなと思ったら、私の文章ですね!

>価格上昇の、正常財の所得効果はプラス、劣等財の所得効果はマイナス といことがどんな教科書でも説明されているはずです。


価格上昇の、正常財の所得効果はマイナス、劣等財の所得効果はプラスということがどんな教科書でも説明されているはずです。

と直してください。後半が正しい。それから、回答3のほうも見てください!そこにも正しい表現があります。ここで、「価格上昇の、正常財の所得効果はマイナス」とは、「価格が上昇すると、所得効果はその財(正常財)に対する需要を引き下げるように働く」という意味であり、「劣等財の所得効果はプラス」とは、「価格が上昇すると、所得効果はその財(劣等財)に対する需要を増やすように働く」という意味です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報