"flash"はイタリア語では「フレシュ」、スペイン語では「フラス」と発音するんですよね?どうしてこの語はイレギュラーな発音をするのでしょうか?イタリア語とスペイン語でそうなったのは偶然の符合ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>ソスィソンはエソスィソンと発音するんですか。



語頭にSが来ると発音できない・・・は外来語でS+子音の場合と訂正いたします。スペイン語にはS+子音の単語がありません。

ソスイソンのつづりが分かりませんが、もしSo-で始まるなら発音できます。Tho-で始まるなら彼らはトと発音するでしょう。以上はあくまで原則論であり、英語を理解できる人が増えた現在ではS+子音でも困らない人は多いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうmartinbuhoさん!
また質問するときはよろしくお願いします!

お礼日時:2004/12/01 17:47

問題は英語のflashをどう発音するかということですね。

一般の人はフラッシュと英語の発音を真似ます。
英語と縁のない人、flashを初めて見た人はさまざまな発音をするでしょうね。語尾にーeを加えて
フラッシェと発音する人もいます。

スペイン人は語頭にSが来ると発音できない人が多く、英語のstopは語頭にe-を加えて「エストップ」と発音します。イタリア語のscuola(学校)はescuela, stazione(駅)はestacionとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

flash がイレギュラーな発音をするのは印欧文法のバミューダ海域か!といきり立ちましたが、大げさな反応だったと自重しています。
ソスィソンはエソスィソンと発音するんですか。

お礼日時:2004/12/01 14:02

flashは、もともとは英語で、イタリア語もスペイン語も、「flash」は外来語です。



イタリア語に「sh」というつづりは基本的に存在しません。英語発音をそのまま採用したものでしょう。フレシュというより、フラシュに近い発音と思います。

スペイン語にも「sh」は基本的に存在するものではありません。「h」が無音(国名のHaitiはアイチと発音。より正確にはアイティ)なので、フラスと発音されるようですが、手もとのスペイン語辞典によれば、フラシュ、フラスの両方での発音が存在するようです。

つづりが同じでも、発音が国語により異なるのはご存じでしょう。その逆もあります。例をあげれば

chi →→→ ドイツ語ではヒ、スペイン語ではチ、イタリア語ではキ。

ポーランド語 →→→ szaがシャ、saがサ。

ハンガリー語 →→→ saがシャ、szaがサ。

などです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

"hat"や"cat"の「エァ」の外来語の音をイタリア語では「ア」とするか「エ」とするかの問題だと思います。
明らかに「フレッシュ」と聞こえたので、不思議に思いました。他の外来語で-ashで終わる単語はイタリア語でどう発音するのでしょう?(後方一致で単語の部分でも検索できる検索エンジンが早くできればいいのですが)
ポ語とハン語が逆現象なのは面白いです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/12/01 13:44

以前聞いた事がありますが、スペイン語には無音と有音の"H"があるそうです。


flashの場合は無音のHだから、その発音になるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかフランス語には有音と無音があって、リエゾン(エリズィオンだっけ?)に関わってくると思うんですけど、スペイン語にもあったとは知りませんでした。今から調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/30 18:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語

無料で出来るスペイン語の翻訳サイト有りませんか?

日本語→スペイン語  スペイン語→日本語
   または、
英語→スペイン語   スペイン語→英語

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろあるサイトです。
http://www.kooss.com/honyaku/#P10

スペイン語←→日本語は、無料サイトだと無いのではないでしょうか?
英語と各国語はありますが。

皆さんおっしゃるように、不完全なものです。
単語の意味だけ調べるにも足りないことがありました。
(saludがhealthとしか出ない。乾杯の意味があるのに。。)

でも英語→日本語よりは、横文字どうしのほうがマシかも?
Webサイトの英文和訳をするとかなり笑えます・・・・。

Qクロアチア語のRの発音はイタリア語やスペイン語と同じですか?

クロアチア語のRの発音はイタリア語やスペイン語と同じですか?

Aベストアンサー

舌先を震わせるRです。スペイン語の語中に見られる1回だけ舌をはじくRではありません。
またRが母音として音節を作ることがあるという特徴があります。
rt「岬」
brzo「速く」
Trst「トリエステ」
これらではアクセントはrにあります。

Q英語とスペイン語、両立出来るかどうか…。

去年1年間スペイン語教室に通って、趣味でスペイン語をやってました。
スペイン語の響きはとても好きで、これはこれで地道に続けていこうと思っています。
しかし、日本に住んでいてスペイン語の出番なんてほとんどないのがネック…。

そこで英語を始めようかどうか迷ってますが、スペイン語学習の経験って少しは役に立つのでしょうか?

ちなみに、学校の英語は赤点スレスレのレベルです。
文法などの小難しい事はどうも苦手で、勉強時間の大半は「喋る」「聞く」でに費やしてきました。
(YouTubeのスペイン語講座を繰り返し聞いて発音する、スペイン語のスポーツ中継や歌をひたすら聞く等)
しかも、去年1年スペイン語漬けだったので、英単語を見てもスペイン語っぽくなってしまいます(笑)

1から英会話を始めようと思ったら、今までのスペイン語学習経験は全て忘れて英語に没頭するぐらいの方がいいですか?
単語レベルでは日本語=英語=スペイン語(駅=station=estacionみたいな感じ)で関連付けて覚えたりもしてましたが…。
スペイン語を続けたおかげで外国語へのトラウマは少しなくなりましたが、英語/スペイン語を平行して勉強する事でデメリットはありますか?

最終的には、外人に道を聞かれたりや海外旅行で役立つ程度は覚えたいと思っています。

去年1年間スペイン語教室に通って、趣味でスペイン語をやってました。
スペイン語の響きはとても好きで、これはこれで地道に続けていこうと思っています。
しかし、日本に住んでいてスペイン語の出番なんてほとんどないのがネック…。

そこで英語を始めようかどうか迷ってますが、スペイン語学習の経験って少しは役に立つのでしょうか?

ちなみに、学校の英語は赤点スレスレのレベルです。
文法などの小難しい事はどうも苦手で、勉強時間の大半は「喋る」「聞く」でに費やしてきました。
(YouTubeのスペイン語講...続きを読む

Aベストアンサー

私はずっと英語をやっていて、最近、スペイン語を始めました。
スペイン語の響き、いいですよねー!rrの巻き舌発音が大好きです。

スペイン語と英語の並べ方はほぼ一緒です。
英語はスペイン語のように動詞の活用が多くないし、名詞の女性/男性の区別もなし。ただし、イレギュラーな活用が結構多いですね。
それと英語は主語が必ず必要。

スペイン語と英語は、とてもよく似ているので、英語で書いてある教材で勉強した方が楽に学習できます。その逆も然り、だと思います。

スペイン語とロシア語とか、スペイン語とアラビア語を同時に学習するとなるとめちゃくちゃ大変そうですが、スペイン語と英語ならイケると思います。

単語の覚え方は、私は英語とスペイン語でしか覚えてないです。日本語が入ると逆にややこしいので。まだ難しい言葉を覚えていないからかもしれませんが。

Qイタリア語、フランス語、スペイン語

タイトルにある3つの言語は同じラテン系の言語なのでよく似ていますよね。しかし、地理的には中間であるフランス語だけが発音など特殊な要素がありますが、どういった背景があるんでしょうか?

Aベストアンサー

地理的に他民族との接触によると言われています。

1 ケルト人との接触
u を /y/ と発音するのはケルト人の発音習慣によると言われています。

2 ゲルマン人との接触
/∫/ の発音や、あいまい音の e 。ゲルマン人は発音のための努力が弱く、弱い音節はあいまい音化したり脱落したりする。

ついでに
スペイン語における f → h の変化はバスク人の影響と言われています。
(ラ)facere(フ)faire(ス)hacer
(ラ)fabula(ス)hablar

Qスペイン語にしてください

私はスペイン語は全然話せないよ。私にとってスペイン語は難しく感じる。私のスペイン語は間違っていないかな?大丈夫?(相手が君は何故スペイン語が話せる的な事を言っています)

Aベストアンサー

rafhafさんはスペイン語は少し書けるけど話せないと言うことですか。もしそうなら相手に分かってもらうのは難しいですよ。何故なら彼らにとって外国語が出来ると言うことは話せると言うことです。書けるが話せないは理解困難で、話せるが書けないなら理解してもらえます。

私はスペイン語は全然話せないよ
No puedo hablar nada de espanol.

私にとってスペイン語は難しく感じる
Me es muy dificil aprender espanol. 私にとってスペイン語は難しい。
Me cuesta mucho hablar en espanol. 私にとってスペイン語で話すのは難しい。

私のスペイン語は間違っていないかな?大丈夫?
Hay muchos errores en mi espanol, verdad?

Qフランス語・スペイン語・イタリア語の関係

よくこの3言語は「ロマンス語」として近縁だと言われます。知っているケースでは、イタリア語を大学で第二言語として学んだ人は、フランス語を第三言語として自習するときにとてもスムースに習得ができた、というのも聞きました。

そこでこの3つの言語ってそれぞれ互いにどういう関係なのでしょうか。外国語に詳しい方、特に以下の点が知りたい点ですので、お教えください。

1) フランス人、スペイン人、イタリア人(○○人という言い方は○○語を母語とする人、という定義とします)は互いにコミュニケーションをとることが出来るくらい言語は似ているのでしょうか。(一説ではスペイン人とイタリア人は、互いに方言ぐらいに聞こえる程度で、会話はできる、と聞きました)

2) 私はフランス語を学んでいます。ゆくゆくはスペイン語を学びたいのですが、フランス語→スペイン語、というのは流れとして入りやすいでしょうか? イタリア語→フランス語はやりやすい、とききましたが、「フランス語→スペイン語」、「フランス語→イタリア語」というのは負担は少なくて済むのでしょうか?

3) その他、四方山話などがあれば・・・

よくこの3言語は「ロマンス語」として近縁だと言われます。知っているケースでは、イタリア語を大学で第二言語として学んだ人は、フランス語を第三言語として自習するときにとてもスムースに習得ができた、というのも聞きました。

そこでこの3つの言語ってそれぞれ互いにどういう関係なのでしょうか。外国語に詳しい方、特に以下の点が知りたい点ですので、お教えください。

1) フランス人、スペイン人、イタリア人(○○人という言い方は○○語を母語とする人、という定義とします)は互いにコミュニケーショ...続きを読む

Aベストアンサー

ロマンス語
分かりにくい名称ですが古代ローマ帝国がヨーロッパ大陸(南部)に残した俗ラテン語が地域語の影響を受けながら、ローマ帝国崩壊後に各地で発達した言語です。今日のような特徴を備える言語と完成したのは500~600年前といえるでしょう。ロマンス語の仲間はイタリア語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ルーマニア語及びこれらの地域に残る比較的大きなグループの地域言語(方言)すなわちスペインの
カタロニア語、フランスのオック語、スイス・イタリア国境のレト・ロマンス語などがあります。通常は
国との関係で上記の五ヶ国語を指します。

類似性
いずれの言語も俗ラテン語を母体とするので語彙としては非常に似ています。しかしルーマニア語にはスラブ系の語彙が多く遠い親戚といった感じがします。発音はそれぞれに発達したので五ヶ国語間の類似性を一言で表すことは困難だと思います。私の経験からいえば観光用語(サバイバル会話レベル)であればイタリア語、スペイン語、ポルトガル語間は通じます。しかし、少し込み入った会話になれば母語としての話者でも難しいでしょう。通じるとはどのレベルかによります。スペイン人がイタリアに旅行し買い物をする程度であればほとんど不自由しないでしょう。話者の語学力(田舎のおばあちゃんか、大学教授か)や出身地による差も出てきます。古語を含めた語彙が多く、発音の癖の理解力のある人ほど理解できることになります。

ロマンス語習得の順番
五ヶ国語を勉強したわけではないので正確にはわかりませんが、フランス語は発音、読み、書きともに他の
ロマンス語より難しいので、フランス語から展開するのが正解かも知れません。私はポルトガル語の発音をスペイン語より難しい(鼻濁音とアイマイ母音のため)と感じました。しかし、最初に勉強した言葉をやさしく感じる(その言語を基準、標準として比較するので)のが一般的だと思います。一見やさしく感じても最初のうちだけですよ。

日本人にとってある言葉が出来るとは読み書き話すことを意味しますが、国境を接した、あるいはロマンス語間では、まず日常会話(生活用語)で何とか意思疎通が出来ることを意味します。どの程度、書けるか読めるかはまったく別の話になります。したがって、彼らとある言葉が話せるかどうかという話をするとき、日本人が考えていることは彼らと同じではないことが
多いのです。私はよく冗談で英語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、パピアメント(カリブのキュラソーの言葉)、標準日本語、日本の二つの方言が話せるといいますが、彼らは真に受けてホー、8ヶ国語が出来るのかと感心します。

ロマンス語
分かりにくい名称ですが古代ローマ帝国がヨーロッパ大陸(南部)に残した俗ラテン語が地域語の影響を受けながら、ローマ帝国崩壊後に各地で発達した言語です。今日のような特徴を備える言語と完成したのは500~600年前といえるでしょう。ロマンス語の仲間はイタリア語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ルーマニア語及びこれらの地域に残る比較的大きなグループの地域言語(方言)すなわちスペインの
カタロニア語、フランスのオック語、スイス・イタリア国境のレト・ロマンス語などが...続きを読む

Qスペイン語の違い

こんにちは。
こないだの春休みにメキシコはカンクンに行ってきました。あそこの人たちのテンションには参りました!船の兄ちゃんたちや、バスを待っているおじちゃんまでが密かに音に合わせて揺れていてビックリしました(笑)
そこで聞いたスペイン語が印象的で、私は外大なので第3ヶ国語はスペイン語にしようと決めたんです。しかし、いざスペイン語クラスのお試し授業(うちの大学にはそういう期間があります)を受けてみたら、私がカンクンで聞いたスペイン語となんか違うんです・・・。音が滑らかというか。"音"の違いで熱が冷めてしまい、スペイン語は取りませんでした。

実際、本土スペインのスペイン語と南米のスペイン語はどのように違うんでしょうか?

Aベストアンサー

スペイン語は方言(dialecto)が極めて大きい言語です。
それは、音声学的な国際的な標準語というものがないからです。
スペインでしたらスペイン国営放送のスペイン語が標準語となるのでしょうが、それでも地方やスペイン領にいくと語彙やアクセントがかなりかわり、アンダルシアなどではその訛りに誇りをもっています。
又、中南米や南米の人は自分たちのスペイン語こそ、本流だと思っています。言語学でいうところの「恣意的な選択」といえるのかもしれません。といったところで、各自勝手に(?)話しているので、発音、語彙、イントネーションもかなり違い、国や地方によっては通じない事もよくあります。

母国語としてある言語を身につけると、微妙なアクセントの違いを見分けるのがが難しかったり、発音を治すのが大変ですが、外国語としてとらえると柔軟に対応できます。つまり切り替えはネイティブほど困難ではありません。
だから学校で習うスペイン語をしっかり身につければ、カンクーンに行ったときは彼らのように話せます。

スペイン語の多様性を感じたエピソードとしては、映画でメキシコ人とスペイン人が会話しているのですが、お互い気付いていないけど、会話が全くかみあっていない、というシーンがありました。
あと、(本当の話)、南米にいたとき、メキシコの観光客とお店の人の会話が通じていなかったのを、外国人の私が通訳してあげたこともありました。(単にその人はジュースを買いたかっただけなのですが、何で相手が分っていないのかが分っていない、つまり使っている単語が違ったわけです)
その他スペイン語の多様性で笑ってしまったエピソードは山ほどあります。それだけ奥深く楽しい言語です。

アメリカのマイアミにいくと、本当に色々なスペイン語が氾濫しています。私が音声的に面白いというか最初冗談かと思ったのはアルゼンチンのスペイン語のアクセントです。それでも住んでいると自然にそのように話してしまってました。キューバのスペイン語もとても特徴があります。

外語大いいですね。外大にすすんだ私の友人も、選択でここぞとばかりあまり学べない希少な言語(古代ギリシャ語とか)を学んでいました。
語学はきっとお好きなのですね。だったら是非スペイン語に挑戦して、この多様性を楽しんでくださいね。

スペイン語は方言(dialecto)が極めて大きい言語です。
それは、音声学的な国際的な標準語というものがないからです。
スペインでしたらスペイン国営放送のスペイン語が標準語となるのでしょうが、それでも地方やスペイン領にいくと語彙やアクセントがかなりかわり、アンダルシアなどではその訛りに誇りをもっています。
又、中南米や南米の人は自分たちのスペイン語こそ、本流だと思っています。言語学でいうところの「恣意的な選択」といえるのかもしれません。といったところで、各自勝手に(?)話してい...続きを読む

Qスペイン語かフランス語かイタリア語か迷っています。

イタリアでスペイン語が通じるなら、スペイン語だけ勉強しようと思っています。
前にイタリアでスペイン語はなんとなく通じると聞いたので。

フランスにも行きたいのですが、フランス人はフランス語に誇りを持っているので英語、その他言語で話しかけてもフランス語で返してくる、無視するらしいので(あ、英語で返してくれる人もいます)フランス語も勉強しようと思いました。

スペイン語、フランス語、イタリア語か

皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

私はフランス語が話せて、フランスとイタリアに行った経験があります。
まずこれらの国は隣国であり、とても有名な観光地なので大体英語、フランス語、イタリア語、スペイン語は話せます。また、中等教育の過程で、たとえばフランスでは(地域によって)イタリア語、スペイン語、またはドイツ語のどれかを選択しなければいけないので、大体どの国でも通じます。
フランスでも同じことです。確かにフランス語に誇りを持っていますが、だからと言ってほかの言語で無視するということはないと思います。。。(というか私の場合そうでした)
あと各言語のむずかしさですが、スペイン語やイタリア語は比較的学びやすいですが、フランス語は難しいです。まず日本人は発音の問題がありますし、動詞の活用(conjugaison)がとても多いです。

それらを踏まえて、質問者さんが自分に合っているなと思うお好きな言語を選んでくだされば良いと思います。
勉強、がんばってくださいね(^^)

Qスペイン語を学ぶ利点は?

スペイン語を学ぶ利点は?
大学に入ってスペイン語を学ぶとします。
英語はある程度で着ます。大学卒業時点で英語、スペイン語がぺらぺらだとします。
スペイン語を話す人の人口は多いと思うのですがスペイン語が話せるとどのような利点がありますか?
(将来の就職などにおいて)
なるべくモチベーションがあがるものをお願いします。

Aベストアンサー

外国語を学びそれを生かすためには先ず人に頼らないことです。英語やスペイン語を生かして仕事をする人はそういう人ばかりですから生存競争に負けます。(前置き)

英語やスペイン語が堪能なら:
1.商社やメーカの海外部門で活躍できるでしょう。現在は中南米18カ国に商社が進出しメーカも10カ国以上に生産基地を持っているので現地で活躍するチャンスがあります。勿論スペイン本国でもチャンスがあるでしょう。
2.スペイン語は国連の公用語なので日本語、英語、スペイン語が堪能なら大いにチャンスがあります。
3.語学的には、英語を基盤としてスペイン語を18才で学ぶので、15才で初めて接した外国語(英語)とは理解度や学ぶスピードがまったく異なります。英語の単語の6割ぐらいはスペイン語と同じ語源(英語はフランス語経由のラテン語起源の単語が多い)なので、スペイン語を学ぶことにより改めて英語を見直すことが出来ます。
4.日本人は英語を通じてアングロサクソンの世界を知るわけですが、スペイン語を通じてラテン社会を知ることになり、ひいてはアフリカや中近東などの世界も従来と違った視点で見ることが出来るようになるでしょう。
5.スペイン語という第二言語を学ぶことは姉妹語のイタリア語、ポルトガル語、フランス語などへの興味が湧き、多言語社会への理解が深まるでしょう。
6.趣味の世界も広がるでしょう。(旅行、映画、音楽、スポーツ、絵画、彫刻など)
7.スペイン語はアフリカの赤道ギニア共和国(公用語)プエルトリコ(カリブ海)キュラサオ(カリブ海の蘭領)アンドラ公国(スペインとフランスの間)、フィリッピンの一部階層、イスラエルの一部階層及び北米のhispanic(4千万人以上)の多いニューヨーク、マイアミ、カリフォルニアなどの州でも通じます。

外国語を学びそれを生かすためには先ず人に頼らないことです。英語やスペイン語を生かして仕事をする人はそういう人ばかりですから生存競争に負けます。(前置き)

英語やスペイン語が堪能なら:
1.商社やメーカの海外部門で活躍できるでしょう。現在は中南米18カ国に商社が進出しメーカも10カ国以上に生産基地を持っているので現地で活躍するチャンスがあります。勿論スペイン本国でもチャンスがあるでしょう。
2.スペイン語は国連の公用語なので日本語、英語、スペイン語が堪能なら大いにチャンスがあ...続きを読む

Qスペイン語の発音で、LもしくはNの後のRの発音がどうしてもできません。 LからのRは舌先を歯茎につけ

スペイン語の発音で、LもしくはNの後のRの発音がどうしてもできません。

LからのRは舌先を歯茎につけた後、rのふるえ音に入るとのことですが、どうしてもLの音が消えてRのふるえ音のみ発音してしまいます。なにかコツはありませんか?

NからのRは、Nで舌先を歯茎につけた後、rのふるえ音に移る際にヌの音が入ってしまいますが、発音としては合っているのでしょうか??(sonriend=ソンヌリrrエンド)

回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

最初に断っておきますが、この回答は回答にはなりません。

ことばって、なんだと思います?

無数と言ってもいい人の間で、口から口へ伝えられ、鍛えられて生き残っているものはそんなに柔では無いです。

日本人的には法理の隅をつつくような細かいことを言う人もいますが、基本的には神経衰弱的妄言である事が多いのです。

気遣う前にやってみて! という気持ですね。何もかも相手に合わせる必要はない、というのが言語の特筆です。

ごめんなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報