ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

仕事でCiscoルーター2610やスイッチCatalyst1910を使って、4年ほど経ちます。

ところで、一般的にCiscoのこの程度の機器の寿命というのはどのくらい、と考えたらよろしいでしょうか。空調付き機械室のラック収容で、停電は1年に1回あるかないかのほぼノンストップ運用という条件です。なお今まで60台ほどのルーター、20台ほどのスイッチを使用してきましたが、故障(初期不良)は1回あっただけでした。

皆様の経験則で結構ですので、4年ならもうそろそろ...とか、まだまだ大丈夫とか、教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お礼返信ありがとうございます。


>保守契約は2年ごとに更新
シスコと言えども古い機種をいつまでもサポートするわけにはいかないので、ある期限で保守が打ち切りになります。この場合、オンサイトでもセンドバックでも保守が受け付けられなくなります。すでに販売終了した古い機種をお使いでしたら一度ベンダーに確認してみるといいでしょう。
うちで使ってる3640ルーターは、たしか2007年12月31日でサポート終了でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その話は聞いたことがありますが、在庫がある(多く買い過ぎてしまった!)ので使い捨てでもいいかと、ベンダーさんと話していました。今、メーカーホームページを見たところまだ2610は生産中のようなので、もう少しは大丈夫かな。でもご忠告ありがとうございます。念のため確認してみます。

お礼日時:2004/12/03 17:04

スイッチについては、2950、3500シリーズを100台近く使用していますが、トランス劣化と思われる故障が3年で数台ありました。



2610ルーター、1910スイッチは保守はいつまでできました?故障より先にCISCOの保守期限の方が来る様な気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり数があると、いかにCiscoでも多少の故障はでるのですね。保守契約は2年ごとに更新だったのですが、あまりの機械が結構あるためベンダーの緊急時駆けつけだけにしてもらって、修理自体はスポットのセンドバックにしてコストダウンすることになりました(させられました)。ご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/12/03 14:50

Cisco、富士通のルータを1994年から10数台使用しました、ネットワーク再構築で2002年に更新しましたが、経年劣化によると思われる故障はありませんでした(当然24時間365日運用、設置場所によっては年1回受電設備点検のための停電時に停止)



電話交換機ならば10年以上使用できますがネットワーク機器はそこまでの寿命は無いようです

まだ2・3年は大丈夫と思いますが、重要なネットワークならば予備機を持つとかの対応は必要です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

8年で故障無しですか。パソコンなどは3年を過ぎると、故障が出始めますので、ちょっと心配になり始めていたところでした。やはり一応、天下のCisco製品ですので、まだしばらくは期待できそうですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/12/03 08:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネットワークの設備の耐用年数について

お世話になります。

ヤマハのルーターRTX1200を営業所にばらまいて、ネットワークを
構築しようとしています。大体700万程度かかります。

その他通信機器とすれば、耐用年数10年だと思いますが、
人によっては、サーバーでいいのでは?とか・・・(5年)

やはりルーターという以上、10年なのでしょうか?

ご経験のある方がいらっしゃれば、是非ご教授下さい。

Aベストアンサー

耐用年数表の工具器具備品の中に下記の分類があります。

-------------------------------------
事務、通信機器
 電子計算機
  パーソナルコンピュータ(サーバー用除く) 4 年
  その他のもの               5 年
-------------------------------------

ここで電子計算機の附属設備ということで「その他のもの 5年」を適用するということで良いのではないでしょうか。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

Q故障率の算出方法を教えてください

こんにちは。

いつもお世話になっております。

質問は、タイトルどおり、故障率の算出方法です。

例)A社の主力製品であるB装置が全国で1,200台稼動しているものとする。
1,200台のうち、発生する故障台数は24台である。
B装置の故障率を求めよ。

上記例題を見ていて、24÷1,200=0.02件/年と考えたのですが、こんな安易な算出方法で良いのでしょうか。
基本的なことかもしれませんが、ご教授頂きます様、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>例)A社の主力製品であるB装置が全国で1,200台稼動しているものとする。
1,200台のうち、発生する故障台数は24台である。
B装置の故障率を求めよ。

故障の発生した期間が無いが、1年間ならそれでいいのではないですか。
月間なら、1/12でね。

http://www8.plala.or.jp/ap2/shinraisei/shinraisei3.html#koshouritu

Qスイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いについて

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッチ(ただし、異なるセグメントにも搬送波を流す方法はある)とのことで、
上記の機能がなく、MACアドレスで識別するだけのものをスイッチングハブ、という回答をもらいました。
 VLANとは別にそういった機能をもったものがレイヤ2スイッチとのことだったのですが、この認識で正解なのでしょうか?
 色々とサイトを見て回りましたが、スイッチとレイヤ3スイッチやルータの解説などは書いてあるところはありますが、レイヤ2スイッチとスイッチングハブの違いについて書かれたサイトが見当たりませんでした。

 違いについて皆様のお知恵を拝借お願いいたします。

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッ...続きを読む

Aベストアンサー

これは言葉の言い回しだけです。
スイッチングハブとは、解釈の通りでMACアドレスを管理し、必要なポート以外にはデータを流さない装置です。
レイヤ2スイッチはMACアドレスのみ。
レイヤ3スイッチはIPアドレスまで管理しています。
世の中にはレイヤ4スイッチという装置まであります。

要はみんなスイッチングハブです。
レイヤ2スイッチは、スイッチングハブに含まれます。

Qルーターの寿命はどのくらい

ルーターの寿命は何年くらいですか?

Aベストアンサー

ハードウェアの寿命(動作しなくなるまで)という意味では、メーカーや設計者、また販売価格帯によってもかわると思いますが、一般的には3~10年だと思われます。

しかし、なんとも言えない要素が多いです。
例えば電解コンデンサのようなケミカル部品は非常に寿命のばらつきが大きく、仕様値の決め方ですらメーカーごとに大きく異なります。
某国内メーカーではどれだけばらついても絶対に下回らない値としており、実力値は仕様値の倍以上あると言われています。
某海外メーカーではばらついて最も良い個体であれば達成出来る値としており、実力値は仕様値の半分程度であると言われています。
つまり、上記の二種類の電解コンデンサを使用し、スペックを元に同じ設計寿命で作ったとしても国内メーカーのコンデンサを使った物は海外メーカーのコンデンサを使った物よりも4倍程度長寿命となるかもしれません。
また、某メーカーが仕様値を実力に対して2倍の余裕を持っているという事は、同じ部品を使っても個体によっては2~4倍のばらつきがあってもおかしくないという事です。

電解コンデンサを例にとりましたが、他の部品でも同様の場合があるため、まったくもって何とも言えませんが、個人的なイメージでは5年程度でしょうか?

ハードウェアの寿命(動作しなくなるまで)という意味では、メーカーや設計者、また販売価格帯によってもかわると思いますが、一般的には3~10年だと思われます。

しかし、なんとも言えない要素が多いです。
例えば電解コンデンサのようなケミカル部品は非常に寿命のばらつきが大きく、仕様値の決め方ですらメーカーごとに大きく異なります。
某国内メーカーではどれだけばらついても絶対に下回らない値としており、実力値は仕様値の倍以上あると言われています。
某海外メーカーではばらついて最も良い個体で...続きを読む

QCiscoルータの電源について

教えて下さい。Cisco1600シリーズのルータを今後購入する予定なのですが、ルータの電源は常にONにしておく必要があるのでしょうか?ネットワーク機器としてはやはり常時電源をONにしておく方が良いと聞いたのですが?そこで、もし毎日電源スイッチによるON/OFFを行わずに電源供給を止めてしまった場合には、ルータに何らかの影響があるのでしょうか?(ブレーカーなどから電源供給を止めるなどの場合など・・・。)Ciscoのマニュアルには記載されておりません。変な質問で申し訳ございませんが、ルータにお詳しい方回答をお願い致します。

Aベストアンサー

>最初の質問で挙げていた正常終了(電源スイッチでのON/OFF)以外で毎回>電源を入/切した場合は、NVRAMには影響ございませんか?

停電の電源供給停止の場合などは、電気製品なので、電源 SW で電源を ON/OFF しください。あと、ルータの電源供給には、サージプロテクト(雷対策)を必ず準備してください。(雷の電流でルータハードウェアが破損する可能性があります)

また、電源コードを間違って引っこ抜いても、1回や2回くらいなら、NVRAM には影響ありません。(設定時に固まったしまった場合、この手をよく使います)

また、正常終了以外という意味は、パソコンを電源 OFF したときに、異常終了するのではないか?ということですか?それとも、ダイアルアップ接続で、回線が自動的に切断した場合にどうなるか?ということですか?

どちらにしても、インターフェイス側が通信断を起こすだけなので、NVRAM 上は通信 Down が検知されるだけです。

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

QCiscoルータコマンド(どのくらいの帯域を使ってるか確認する為)

Ciscoルータのコマンドについて教えてください。

128Kの専用線を使って、あるサーバにアクセスしていますが、この専用線の帯域がどれくらい使用されているのかを確認する為には、どんなコマンドを打てばいいのか分かりません。

sh int bri 0/1と打って、出力された
Available Bandwidthで確認できると聞いたのですが
これは、あくまで設定値みたいで、ある時点でどれくらい使用されているのかを確認したいと思っています。

IOSは、12.です。ルータはCisco1700です。

ご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

トラフィック測定ということでしょうか?
Ciscoルータはあまり詳しくないので、ずばりといったコマンドはわかりませんが...、

sh int で5分平均の送受信量(bps と pps)が出ますが、どうでしょうか?

秒単位のトラフィックとなると、snmpのmibで"ifInOctets""ifOutOctets"を定期的に採取して
そこから求めるといった事になると思います。
例えばMRTGを使うとか。
http://www.iin.gr.jp/~taka/server/mrtg.html


人気Q&Aランキング