こんにちは。私は、ただいまインターネットサーバーを作成使用として詰まっております。
daemontoolsをインストールするとき、
マニュアルでは、makeをすればOKとなっているのですが、
tai64n
tai64nlocal
のところで詰まってしまい先に進めません。
これに関して、なにをインストールすればいいよ等の情報をお持ちの方是非
教えてください。
ちなみにOSは
Slackware 7&8です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

tai64n.c


tai64nlocal.c
のふぁいるのコンパイルがされていないのではないでしょうか、今一度、makeを実行して、コンパイルのエラーを確認してみてください。CコンパイラーのLibraryの問題かもしれませんが、Cプログラマーではないので、内容は見ていませんs。

ところで、
daemontools-0.70.tar.gzは最新版ですか?
daemontools-0.76.tar.gzが

http://cr.yp.to/daemontools/install.html
にあります。redHat 7.1Jで、daemontools-0.70.tar.gzを試してみました。
tai64nhlocal.cがコンパイルエラーを起こしています。

daemontools-0.76.tar.gzを試してみました。

# /usr/localに展開
# gunzip daemontools-0.76.tar.gz
# tar -xpf daemontools-0.76.tar
tar -xpfの'p'の引数は、全てのパーミッションを抽出する意味です。
/usr/local/admin/daemontools-0.76に移動して、
# package/install
で、エラー無く終了しました。

プログラムは、daemontools-0.70.tar.gzとは異なり、
# cd /usr/local/admin/daemontools/command
に移動して、
# date | ./tai64n | ./tai64nlocal
を実行すると、タイムスタンプが正しく表示されました。
Slackwareで正しく、動作するか、否かはわかりませんが、一度確認されたらと思います。
パイプの後の'./'は、パスを通してないためです。

長くなりました。誰からのレスポンスも無いのでお答えしました。
あまり、期待しないでください。

hogehoge ojin

参考URL:http://www.emaillab.org.jp/djb/daemontools/daemo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

投稿ありがとうございました。
コンパイルできないのは、tai64nlocal.cなどで指定している
ヘッダーファイルの指定の仕方が、異なるみたいです。
指定し直せばうまくいきました。

お礼日時:2001/07/31 15:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンパイル環境の違いによる、浮動少数点の違い

不動少数(float)を使った、c言語の演算プログラムを作っています。

Aマシン(CentOS5, gcc3.4)でコンパイルした、"test_a.so"と"test_a.a"について、
Aマシンで実行した結果、両者の結果は一致します。

Bマシン(Fedora5, gcc3.0)でコンパイルした、"test_b.so"と"test_b.a"について、
Bマシンで実行した結果、両者の結果は一致します。
Aマシンで実行した結果、両者の結果が異なります。

結果の比較をすると、以下のようになります。
"test_a.so"=="test_a.a"!="test_b.so"!="test_b.a"

(1)コンパイル環境と実行環境が違うと、浮動少数の演算に違いがでることがありますか?
(2)コンパイル環境と実行環境が違うと、so と aに違いがでることがありますか?

上記2点について、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
お願い致します。

Aベストアンサー

ちなみに、
"test_a.so"と"test_a.a"をBマシンで実行した結果はどうなりますか?

理屈だけで言えば、
・コンパイルラによるの構文解析及び変換処理の違い
・実行ファイルが使用する浮動小数点ライブラリの違い
で結果が変わる可能性はあります。

QFTPダウンロードしたslackwareのインストール

Libretto70に理研からダウンロードしたslackware8.1をインストールしようとしていてこまっていることがあります。

方法は母艦にWarNFSDaemonをいれてNFSサーバにしてNFS経由でインストールしようとしています。
サーバのメッセージを見てもlibrettoからの接続はできているようでネットワークカードの心配もないとは思います。

スワップ領域をきめて
パーティションのフォーマットもして
ソース(ソースのある場所)も設定して
aセットとnセットだけ選択するというところまではできます。
しかしインストールを開始すると
「aディスクシリーズがみつかりません」
と表示されます。(他のセットについても同じです)
これによりインストールは中止されてしまいます。


windowsパーティションにaセットとnセットだけコピーして別パーティションからのインストールも試しましたが同じメッセージが表示されます。


ソースをwindowsパーティションにダウンロードしたのがいけないのでしょうか。何日もこの状態で行き詰ってます。
研究に必要なのでわかる方どうか助けてください。
よろしくおねがいします。

Libretto70に理研からダウンロードしたslackware8.1をインストールしようとしていてこまっていることがあります。

方法は母艦にWarNFSDaemonをいれてNFSサーバにしてNFS経由でインストールしようとしています。
サーバのメッセージを見てもlibrettoからの接続はできているようでネットワークカードの心配もないとは思います。

スワップ領域をきめて
パーティションのフォーマットもして
ソース(ソースのある場所)も設定して
aセットとnセットだけ選択するというところまではできます。
しかしイン...続きを読む

Aベストアンサー

私はRedHatを常用しているので良くわかりませんが,以下のサイトを参照されてはいかがでしょうか?

参考URL:http://ucchi.avis.ad.jp/linuxinst/libretto20.html

Qビルドとコンパイルの違い

ビルドとコンパイルの違いがわかりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ビルド=コンパイル+リンク
コンパイル=ソースコードを解析し、オブジェクトファイルを作成すること。
リンク=上記のオブジェクトファイルにライブラリを結合し、実行可能ファイルを作成すること。

Q64bit OSのインストールについて

Windowsに限らず、OS全般のこととして知りたいのですが、
以下の認識で正しいかどうか、ご教示ください。

・ハードウェア(チップセット、CPU)の仕様が64bitの場合、
32bit、64bitのOSどちらもインストール可能
・ハードウェアの仕様が32bitの場合、
64bitのOSはインストール不可能(インストールしたとしても起動しない)

認識が誤っている場合、64bitOS搭載マシンとして販売されている比較的
低スペックのPCは、ハードウェアとしては32bitだが、OSだけ64bitを搭載している、ということになりますでしょうか?

Aベストアンサー

> 調べていると、32bitの拡張版?のCPUがあり、本来32bitを前提に作られていて、
> 64bitの完全なパフォーマンスを出すことはできないけど、動かすことはできる。
> という代物があることを知りました。
> 当方が使用している6年ぐらい前のCore2duo搭載PCも、それに当たるようです。

たぶん、あなたは勘違いしています。Core2 Duoは、今となっては古いCPUですが、
当時から大変優秀な64ビットCPUでした。


たぶん、あなたは以下のような5年くらい前の記事を読んだのだと思います。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/qanda/00464bitcpu/64bitcpu_02.html#q4

この記事の「従来のx86アーキテクチャを拡張したIntel64アーキテクチャの
Intel XeonやCore 2 Duoなどと、EPIC(Explicitly Parallel Instruction Computing:
明示的な並列命令によるコンピューティング)アーキテクチャを採用したItanium
(アイテニアム)である。」というような部分を読んでCore2 Duoは64ビットとしては
中途半端で、Itaniumが本来の64ビットCPUであるという印象を持ったのではないでしょうか?

ItaniumというCPUは、サーバー用コンピュータで使われるもので、一般のパソコン向けには
販売されていません。昔はこのCPUでWindowsを動かすこともできましたが、今は対応して
いません。そして各サーバーメーカーも今はこのCPUからどんどん撤退していってます。
つまり、落ち目のCPUです。
(参考)
http://ja.wikipedia.org/wiki/Itanium#.E6.8E.A1.E7.94.A8

最近のCoreiシリーズは、Core2で採用されているIntel64アーキテクチャを引き継いだもので、
パソコン用途としてはこちらが主流です。32ビットを拡張した64ビットアーキテクチャというのは、
中途半端なのではなく、32ビットモードと64ビットモードのどちらのモードでも動作できる
ということです。このおかげで64ビット仕様のハードなのに、32ビットOSと64ビットOSの
どちらでもインストールできるのです。Itaniumでは32ビットOSは動きません・・・というか
ありません。
(参考)
http://ja.wikipedia.org/wiki/X64

以下の「Intel CPU最近の歴史」が、思い入れも入って
熱く語っていて、わかりやすいと思います。
http://www11.big.or.jp/~kkk/pico/?date=20100127

> 調べていると、32bitの拡張版?のCPUがあり、本来32bitを前提に作られていて、
> 64bitの完全なパフォーマンスを出すことはできないけど、動かすことはできる。
> という代物があることを知りました。
> 当方が使用している6年ぐらい前のCore2duo搭載PCも、それに当たるようです。

たぶん、あなたは勘違いしています。Core2 Duoは、今となっては古いCPUですが、
当時から大変優秀な64ビットCPUでした。


たぶん、あなたは以下のような5年くらい前の記事を読んだのだと思います。
http://www.atmarkit.co.jp/f...続きを読む

Qコンパイル言語とインタープリター言語の違いについて

コンパイルするプログラミング言語とインタープリターする
プログラミング言語の違いについて教えてください。
特に、開発上および運営上の利点・欠点についてお願いします。

また、CGIでは、PHPやPERLなどのインタープリター言語が
主流ですが、その理由とC言語などで組むのと比較して、
どのような利点があるのか教えてください。

Aベストアンサー

現在ではもはや古典的な「コンパイル言語」「インタープリタ言語」の区別は意味を持たないでしょう。
Cは確かにターゲットのCPU/OSの環境専用のマシン語にコンパイルされ、実行されますが、Javaや.NET用言語では、ソースプログラムをそれぞれの仮想マシンの仮想マシンコードにコンパイルしてオブジェクトファイルを作り、仮想マシンがそのコードをインタープリトします。

また、PerlやRuby等に置いてもソースを中間コードにコンパイルしてからその中間コードをインタープリトします。

従って、
・純粋なコンパイル言語・・・CPU/OS等環境依存のマシン語ファイルをつくり実行する
・その他のいわゆるコンパイル言語・・・あらかじめ中間コードファイルにコンパイルしておき、その中間コードをインタープリトして実行する
・いわゆるインタープリター言語・・・実行の最初に中間コードにコンパイルしそれをインタープリトして実行する

運営上の問題
・いわゆるコンパイル言語・・・ソースファイルとオブジェクトファイルの関連づけをきちんと管理する必要がある。管理しないとエラー発生時にどのソースファイルを調べればいいかわからない
・純粋なコンパイル言語・・・上記に加えて、異なる環境で動かすためには再コンパイルとテストが必要
・いわゆるインタープリタ言語・・・何度も何度も実行される場合、コンパイルの時間が実行速度に影響する(ウェブアプリでの利用では一度できた中間コードをHTTPサーバープログラム中に保持することでコンパイルの繰り返しを防ぐ工夫がされることが多い)

特定のOS環境でのみ使える機能をつかったプログラムは、どの形式であろうが、その特定の環境でしか使えません。

現在ではもはや古典的な「コンパイル言語」「インタープリタ言語」の区別は意味を持たないでしょう。
Cは確かにターゲットのCPU/OSの環境専用のマシン語にコンパイルされ、実行されますが、Javaや.NET用言語では、ソースプログラムをそれぞれの仮想マシンの仮想マシンコードにコンパイルしてオブジェクトファイルを作り、仮想マシンがそのコードをインタープリトします。

また、PerlやRuby等に置いてもソースを中間コードにコンパイルしてからその中間コードをインタープリトします。

従って、
・純粋なコ...続きを読む

QWindows XP x64か Windows 7 x64か

GENOウイルスに感染してしまいました。という事でOSの再インストール

現在手元には
XP HOME 32bit (以前はこれを使っていた)
XP PRO 64bit (タダで貰って未使用 ほぼ新品状態 宝の持ち腐れ?)
があるのですが、Windows 7 RC 64bitを使ってみるのも手かなぁと考えたりしてます。
その際にはXP64bitはオークションで売ってメモリ増設の資金源にとか考えたり・・

使用用途は
3DCG(ソフトは64Bit対応)
2DCG(PhotoshopCS4)
たまに3Dゲーム(CSS GTA4等 最新のゲーム)

現在メモリは3GBしか無いのですが、64bitにするなら増設も考えています。6GBくらいに

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

どちらにもそれぞれ相応のリスクがあります。
XPx64はハードウェアベンダーから一通りドライバが出てますが、更新はほぼ期待できないし、新製品はすべてがVista以降へシフトしますので新しいデバイスの認識問題が懸念されます。
それに、ソフトウェアでの互換性に問題が出るケースが多い。
「XP」とあるのでx86のXPと同じかと思うでしょうが、どちらかというとServer2003に近い。しかもサービスパックすらないはず。MSとしても今後の開発をこのOSで行うことはないでしょう。はっきりいって過去のリソースのまま継続する場合にのみ有効なソリューションです。

一方、7x64は現状RC版のみの存在。
ドライバはグラフィックなどがぼちぼち出始めている状況。
チップセットドライバはintelベースであれば多分デフォルトで大丈夫なはずですけど(よほど古いものでなければね)、まぁやってみなけりゃわからん、ところですね。
ソフトウェアの互換性ですが、以外にいけます。XP-x64より対応状況的にはいいかも。
http://www15.atwiki.jp/win7/pages/30.html
今現在7-x64 RCでこれを書いていますが、問題となったのはグラフィックのユーティリティ関連です(ドライバではない)。
うちのはASUSのグラフィックカードですが、付属ユーティリティは全滅でグラフィックファンの調整ができず、DEP無効化、UAC最低レベルでRivaTunerを導入しグラフィックカードの温度管理/ファン回転調整を行っています。
nVidiaの最新コントロールソフトでも対応できなかったので、グラフィックボードのメーカーによってちょっと対応に困るかもしれません。
それとRealtekのサウンドカードドライバに関してはかなり問題が出ているようです。これはXP-x64の場合でも共通問題なのだけれど。
http://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/w7itprogeneralja/thread/ad2b9f1f-40f3-40ee-b98d-4c995bfec3a0/
環境によっては音が出ません。
このサウンドデバイスの問題さえクリアできていたなら、Vista-x64でもうまく動作しなかったマルチメディア系ソフトもかなりの確率で動作するでしょう。

ゲームに関してはやってみて考えるしかない。
ちなみにうちでは「AOE3」という古いゲーム(基本的にVista非対応)がすんなりインストール/動作しちゃったので、XP-x86に戻らずメインで使っちゃっています。ただし甘い考えは禁物で、事前情報を入念に仕入れ、失敗するとブルースクリーンor再起動不可(かなりの確率)になる覚悟を持っておいたほうが。

どっちを使うにしろ、お勧めはデュアルブート環境でしばらく様子を見て、環境構築を徐々に、という流れがよろしいでしょう。
って、RC、実質1年ほどしか使えません。
正規版入手の予定で考えているなら、なおさら現状でメインにすべきではないと思います(人柱が好きならいいけど)。

どちらにもそれぞれ相応のリスクがあります。
XPx64はハードウェアベンダーから一通りドライバが出てますが、更新はほぼ期待できないし、新製品はすべてがVista以降へシフトしますので新しいデバイスの認識問題が懸念されます。
それに、ソフトウェアでの互換性に問題が出るケースが多い。
「XP」とあるのでx86のXPと同じかと思うでしょうが、どちらかというとServer2003に近い。しかもサービスパックすらないはず。MSとしても今後の開発をこのOSで行うことはないでしょう。はっきりいって過去のリソースのま...続きを読む

Q激しくカテ違いかもしれませんが、コンパイル後exeがウィルス感染?

お疲れ様です。
激しくカテゴリ違いかもしれませんが、よろしくお願い致します。

環境
OS:windows vista
開発環境:visual c++ 2008 express edition
セキュリティ:SOURCE NEXT(ウィルスセキュリティーZERO)

上記でwinsock系の関数を使ったプログラムをコンパイル(Release版)しexeを作成すると「Trojan」ウィルスとして検知されてしまいます。
※同じプログラムをDebug版でコンパイルした時には起きません。

本当に「Trojan」ウィルスに感染しているものなのか?
それとも誤検知なのか?
なにかしら情報をお持ちの方、申し訳ありませんが情報がありましたら提供の程お願い申しあげます。

Aベストアンサー

自作プログラムという事であれば誤検知ということで良いと思います
ZEROではありませんが昔同様な事例を経験したことはあります

ただ一応他のスキャンプログラムでも確認した方が良いでしょう
(ZEROは余り評判よくないので乗り換えた方が良いかも)

QSlackWare対応機

私パソコンショップの営業マンなのですが、
お客様よりSlackWare7.1が動くPCを探して欲しいと依頼されてます。
メーカーに聞いても、REDHatやTerboLinuxなら動作確認とってますとの回答しか得られません。
どなたか、最近のマシーン(Pentium3-800クラス)でSlackWare7.1を利用してる方がいらっしゃいましたら情報お願いいたします。

Aベストアンサー

渋いお客さんですねー。こういうお客さんは大事にしないと(^^;

同じLinuxですので、ディストリビューションは関係ないですね。
NICとビデオカードにさえ気をつければ最近のノートPC以外は大抵大丈夫です。

Qgcc バージョン違いによるコンパイルエラー

C言語でWeb系のプログラムを作成している者です。
以前まで、OSはFreeBSD 4.11-RELEASE-p12・gccのバージョンは2.95.4でコンパイルできていたプログラムが、OSはFreeBSD 5.4-RELEASE-p8・gccのバージョンは・gccのバージョンは 3.4.2で、今まで出なかったようなエラーが沢山出現し、コンパイルできなくなってしまいました。

OSをインストールし直すのは、既に稼働中のサイトですので厳しく、GCCのバージョンを下げるかソースを書き換えるかして対処する方向で行きたいと考えております。
しかし、gccの2.95.4の圧縮ファイルはもう、gccの公式サイトに落ちておらず、バージョンダウンは難しそうです。

gccのバージョンによるコンパイルエラーを乗り越えた方、ご指摘など有りましたらお教えくださると幸いです。

Aベストアンサー

> ソースコードの添付は、会社のものですのでちょっと厳しいので、部分的に…

全文は必要ないのです。エラーが発生した部分を、エラーが再現可能な形で提示してもらえれば、おそらく問題点を指摘できます。

> int a = 0;
> char b[2] = "";
> char *c[256] = {0};
> こういった、宣言の指定部分で特にエラーが出ているようですので、こちらの表記が問題なのでしょうか。

上記の表記自体は問題ありません。ただ、同じ変数に対する初期化が複数回行われていると、

error: redefinition of parameter '○○'
error: previous definition of '○○' was here

ということになります。
具体的には、

int a = 1;
/* 別の宣言並び */
int a = 1;

のように、同じ変数を二回初期化した場合です。

QSolaris_64_817~.cpioをCD-ROMに焼きましたがインストールエラーになります(初心者です)

Oracle8i EE Rel.3 (8.1.7) for Sun SPARC Solaris(64bit) のcpioファイル Solaris_64_81700_Disk1(と2).cpio をDLしCD-R作成しSolaris8上にインストール経験のある方,どうか教えて下さい.

上記をDL&展開後CD-Rに焼き,Solaris8(5.8)上へインストールを試みましたが,以下のエラーが出て,インストールのWelcome画面が表示されません.
$ ./runinstaller
$ Initializing Java Virtual Machine from /tmp/OraInstall/jre/bin/jre. Please wait ...
Class not found: oracle.sysman.oii.oiic.OiicInstaller

インストール前準備を確認したところ,こちらはおそらく問題なく設定できていると思われます.

そこで,私のCD-Rの焼き方に問題があると思い質問することにしました.(実際,焼く手順で,不安な箇所があったので)

[Q1]下記のCD-R作成手順に間違いがあれば指摘をお願いします

[Q2]または,こういう手順で,こういうツールを使ってCD-Rに焼いたらうまくいった,という情報があれば教えて下さい

CD-R作成手順
-800字制限のため詳細記述できず

1. W2KマシンのIEからOracleのサイトにアクセスし,cpioファイルをDL. DLサイズは問題なし

2. RH Linux7.3 上からgftpで,W2K上のcpioファイルをコピー. Linux上で展開. Disk1, 2フォルダ下に展開完了

→Linuxで展開してよかったでしょうか?

3. Disk1, Disk2フォルダをgftpでW2K上へコピー.この時,フォルダとファイルはコピーできましたが,リンクのコピーはエラーになった.

4. 仕方なく,フォルダとファイルのみコピーし,リンクは
W2K上でショートカットを作成

→ Linux -> W2Kへ、リンクをコピーする方法をご存知の方は教えて下さい

5. W2K上でB's Recorder GOLD Ver3.15を起動. Disk1, Disk2を焼く.

→ファイル名互換性は,ISO9660 ROMEO準拠でよいでしょうか?

Oracle8i EE Rel.3 (8.1.7) for Sun SPARC Solaris(64bit) のcpioファイル Solaris_64_81700_Disk1(と2).cpio をDLしCD-R作成しSolaris8上にインストール経験のある方,どうか教えて下さい.

上記をDL&展開後CD-Rに焼き,Solaris8(5.8)上へインストールを試みましたが,以下のエラーが出て,インストールのWelcome画面が表示されません.
$ ./runinstaller
$ Initializing Java Virtual Machine from /tmp/OraInstall/jre/bin/jre. Please wait ...
Class not found: oracle.sysman.oii.oiic.OiicInstaller

...続きを読む

Aベストアンサー

SoralisもOracleも全く知らないのですが、CD作成にいかにも問題がありそうです。

シンボリックリンクがコピーできなかったからといって,Windows ショートカットにしたって,なんの意味もありません.

単純に cpio を Soralis で展開しないということは,想像するに,

・CD-ROMからでなければインストールできない仕様になっている.
・Soralis のディスク容量が足りず,全部コピーするとインストールに
必要な容量がない.
・Soralisがネットワークに接続されていない

のどれかなのかな?

RedHat機で CDを焼くことがどうしてもできないのなら,mkisofs コマンド
で ISO9660 イメージを作成してから Win 機で焼くと良いでしょう.

mkisofs -r -l -J -o Disk1.iso /path/to/directory/of/disk1

という感じでいけるのでは?
いちおう man mkisofs して調べてくださいね.


人気Q&Aランキング