マンガでよめる痔のこと・薬のこと

医療保険に加入したいのですが
2年ほど前に、手続きをしたときに、
貧血を告知して加入を断られました。

知人に、少しくらいの(健康診断で数値が少し低かった)貧血は告知しなくて平気だ。と言われて
1年半前に、再び加入手続きをしました。
が、前回のことが発覚してしまい、再び断られました。

今では、貧血も食事に気をつけてよくなり
貧血で通院も3年以上してませんが、
加入することができるのでしょうか?

告知違反となると、ずっと加入できないのでしょうか?
全労災、県民共済などでも、断られるのでしょうか?

以前のことがあって、どうしたらよいのかわかりません。
アドバイス宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず「少しくらいの貧血は告知しなくて平気」という動機は過失または故意による告知義務違反です。

「保険に入れなくなると思って告知しなかった」という動機を詐欺と認定した判例もあります。特に有名な判例から引用します。被保険者が敗訴しています。

「(略)これを告げると被告(保険会社)は通常の形態での原告の保険契約申込を承諾しないであろうとの考えのもと健康状態、受診状況につき被告からのその点についての質問に対して、なんら問題なく健康であると評価される回答の仕方をして虚偽の事実を告げ(略)被告を欺罔して契約させようとの意図を認めざるをえず、その行為は詐欺の評価をくだすほかない」
※札幌地裁 昭和58年9月30日(控訴棄却)

いったん告知義務違反となると概ね保険金は支払ってもらえず、契約も強制解除となります。そしてその保険会社ではほぼ永久に引受てもらえなくなります。

貴方のお友達が良かれと思って言ったアドバイスは、結果として貴方を不正に手を染めさせたものです。「キセル乗車でバレなかった人が沢山いるから、あなたもキセル乗車しちゃいなよ」というレベルの友情ですね。こんなのは本当の友情ではありません。
もしもお友達がセールスパーソンだとしたら、彼女(彼?)は業界人としても終ってますね。

で、本題。
一般的な告知書で求められている告知の「期間概念」は次のとおりです。

●過去3ヶ月以内に医師の診察・検査・治療・投薬があるか
●過去5年以内に(略)
●過去2年以内に検査の異常(略)があるか

あなたの履歴はどうですか?ポイントは「事実をありのままに」です。

ご質問文を拝読するかぎり「3年前に貧血の通院歴り」のようですから、それは間違いなく告知しなければなりませんよ。
そのうえで「現在は良くなった」という客観的事実をできるだけ詳細に告知して「もう大丈夫」という材料を保険会社に提出して下さい。具体的には過去1年以内の赤血球数、ヘモグロビンの数値を記述したほうが良いでしょう。それらが基準値内であれば、加入は充分期待できますよ。

全労災や県民共済等の「認可共済」でも告知の扱いは生保と同様です。共済は生保のように入り口段階でのチェックが厳しくない分「告知しなくても大丈夫」と誤解されがちですが、支払段階で告知義務違反がバレたら生保同様に保険金不払や契約解除となります。
そもそも営利企業である生保と違い「組合員の相互扶助」の性格が強い共済において「健康状態を偽って告知した」人間を見逃したら、他の組合員に不公平でしょ。共済がそんなことするわけありません。

正々堂々と行きましょう。そうすれば必ず道は開けます。

なお生保一般についてのご相談は社団法人生命保険協会でも応じてくれます。参考URLに載せます。

参考URL:http://www.seiho.or.jp
    • good
    • 1

こんばんは



貧血で、1年おきに通院している人が普通の生命保険(入院1日1万円)にはいれました。

今年は、通院していなくて、2年前は、少し通院したという状態でした。最初、条件がつきましたが、病院に現在異常なしの診断書をかいてもらい、提出したら、無事はいれました。

告知扱いですと、難しいようですので、診査扱いにした方が良いと思います。告知義務違反を薦める知人はいかがかと思いますので、会社をかえて、正当な手続きをする事をお薦めします。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受診歴について(軽度の貧血)

36歳女性(主婦)です。現在のY生命の保険から、共済などの掛け金の安い保険に入り直したいと考えています。
今年4月の健康診断で貧血を指摘され(ヘモグロビン10.3、血清鉄17)、近所の医者を受診し鉄剤を6月からのんでいます。「女性ならこのくらいの貧血は普通だから薬は飲まなくてもどっちでもいいけど・・・」と医師に言われたのですが自分から希望して内服しはじめました。

このような軽度の貧血で受診、内服していても「3ヶ月以内の受診歴」で申告した場合、保険加入を断られるでしょうか?「完治」したという医師の診断が必要でしょうか?

Aベストアンサー

告知をする必要のある症例に当たりますので、慎重に行動すべきです。

仮に「完治」していたとしても、過去の健康状態を各地する必要がありますので、私なら「完治後5年」以上経ってからの切り替えをお進めしています。

Q医療保険、断られたが、再度申し込みたい

先日、医療保険を申し込んだところ、「告知内容等により」という理由で審査に通りませんでした。申し込み時に告知した内容は、

1 鉄欠乏性貧血の治療を受けているが、年内には治療が終了予定であること。
2 健康診断で「尿を再検査してください」という結果がでたが、再検査の結果、「異常なし」だったこと。

の二点です。貧血は女性にはよくあるものですし、一時的なもので、治療のめども立っています。尿検査についても「異常なし」だったので問題ないと思うのですが、なぜ通らなかったんでしょうか。
できれば今回申し込んだ医療保険に入りたいので、他社に申し込むことは考えていません。貧血の治療が終わってから、今回と同じ保険に再度申し込んでも、駄目でしょうか?アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
先日加入することができなかった保険を、加療状況が変わらないまま申し込んでも結果は変わりません。
さらに言えば、鉄欠乏性貧血の場合、完治後も5年間は新規の契約に影響がでます(保険会社によって違いますが)。

保険会社の取扱う医療保険は、簡易な告知扱いと、告知に加え健診データを提出したりする診査扱いがあります。告知扱いの場合は、契約の引きうけは○か×かの2種類が基本ですが、診査扱いの場合は○か×か△(特別条件付き引きうけ)と、引きうけの範囲は広いのです。
ちなみに、鉄欠乏性貧血の場合、貧血不担保ではなく、保険金削減(契約後数年間は支給額が減る)という条件付きで引きうけするのが通常です。診査扱いの場合の話ですが。
鉄欠乏性貧血は、女性に多い疾病で女性医療保険の対象にもなっている疾病です。他の疾病を引き起こす危険は少ないのですが、その疾病を原因として入院する方がいますので、条件付きの対象となっています。

アドバイスですが、どうしてもその医療保険でないといけないというならば、診査方法の相談をされるとよいかと思われます。
ちなみに私は、薬を飲んでいる方に告知扱いの保険は原則すすめません。○か×かになるからです。体況になにかある方こそ診査扱いの保険に入るべきだと考えています。他の回答者の方もおっしゃってますが、代理店を通じてのご加入を私もおすすめします。

ここからは蛇足です。「逆選択」という言葉があります。保険会社が使う言葉で、体に不安がある、入院する予定がある、そんなことですぐに保険金をもらうことを目的に新規加入する人をそう呼び、それを排除しなければ他の契約者の方に不公平なため、気をつけています。
自分から保険に入りたいとあまりにも強く申し出る人を、逆選択の可能性があると考えているところも否定できないんですよね。
そんな側面からも、通販より代理店経由をおすすめします。

こんにちは
先日加入することができなかった保険を、加療状況が変わらないまま申し込んでも結果は変わりません。
さらに言えば、鉄欠乏性貧血の場合、完治後も5年間は新規の契約に影響がでます(保険会社によって違いますが)。

保険会社の取扱う医療保険は、簡易な告知扱いと、告知に加え健診データを提出したりする診査扱いがあります。告知扱いの場合は、契約の引きうけは○か×かの2種類が基本ですが、診査扱いの場合は○か×か△(特別条件付き引きうけ)と、引きうけの範囲は広いのです。
ちなみに、鉄欠...続きを読む

Q告知について

近々、生命保険への加入を考えています。
一度入るとなかなか変更のきかないものなので、
慎重に調べてから加入するつもりですが…

昨年末、喉の具合が悪く病院へ行き、風邪薬を処方してもらいました。
その際、血液検査もしたのですが、鉄欠乏性貧血と診断され、現在、鉄剤を処方されています。

この場合、鉄剤を常用している旨伝えた方がよいのでしょうか。
病気という訳ではないので、疑問に思ってしまいました。
でも、心配性ゆえ、後々告知違反になってはと思い、質問させていただきます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、ご質問の回答ですが、告知は必ずしないといけません。

「過去3ヶ月以内に医師の診断・検査・投薬をされましたか」
という告知項目があります。

風邪は、殆どの保険会社が告知しなくても良い疾病ですが、
処方された薬は風邪の薬ではなく、鉄欠乏性貧血の薬なので、
告知は必要というです。

それに、鉄欠乏性貧血というものが怖いのではなく、それが
原因で引き起こされる疾病が怖いのです。

しかし、NO,1さんの言う通り、自覚症状がなく軽度であるの
ではないかということと、あと風邪をひいていたという体調
の悪さから引き起こされた一時的なものであるという可能性
があります。

実際に、体調が悪くなると通常の食事ができず、鉄分が不足
することは大いに考えられますし、女性は生理になると鉄剤
を服用する人が多いので、慢性的なものなのか、不調による
一時的なものなのかというところがポイントになります。

保険会社によっては、「事前申請」といい契約する前に医的
が通るのかどうかという申請を挙げることができます。

一時的なものであれば特に問題はないと思いますが、慢性的
なものであれば、鉄欠乏性貧血の鉄剤を飲んでからの経緯が
必要になります。

まずは、処方された薬がどの程度のものなのかと聞かれると
思いますので、処方箋や薬の袋などは捨てないように。
一時的に処方されるような非常に軽度の薬であれば、それ以
上の経緯は必要ないと思います。

しかし、軽視できない場合には、医師のデータが必要になる
ことがありますので、担当者から診察の経緯が必要であると
言われれば、再度診察・検査をされ、鉄欠乏性貧血の現在の
症状を診断してもらい、カルテ等の血液検査の推移が判るも
のを提出することになります。

大げさに思われるかも知れませんが、告知義務違反は厳しく
なっています。
ご自身で判断されず、担当者とよくご相談されてください。

ご参考までに・・

まず、ご質問の回答ですが、告知は必ずしないといけません。

「過去3ヶ月以内に医師の診断・検査・投薬をされましたか」
という告知項目があります。

風邪は、殆どの保険会社が告知しなくても良い疾病ですが、
処方された薬は風邪の薬ではなく、鉄欠乏性貧血の薬なので、
告知は必要というです。

それに、鉄欠乏性貧血というものが怖いのではなく、それが
原因で引き起こされる疾病が怖いのです。

しかし、NO,1さんの言う通り、自覚症状がなく軽度であるの
ではないかということと、あと風邪を...続きを読む

Q医療保険に入れない場合

こんばんは。

生理不順で医療保険に入れないという相談をされている方がいらっしゃいましたが、私の場合は貧血です。
あまり病気とも思っていなくて何気なく申し込んだ医療保険に入れなかったので、職場内にある代理店で相談したところ、「保険会社にきいてみたが、貧血程度であれば告知書に書く必要がないそうです」ときいて安心し、別の書面での告知書のみの医療保険に入りました。(告知書には何も書きませんでした)
たまたま今年の健診で病気が発覚し、手術を行ったので保険を申請したのですが、契約から請求までが1年未満であったことから調査が入り、今回の手術費用は保険がおりるものの、契約は解除ということになりました。
私の勉強不足です...告知ということ、貧血という病気を軽く考えていました...ただ今回の手術でひとつの病気は完治したのですが、もうひとつ所見があり(胆石です)、これも手術を要するものですから、暫くは医療保険に入ることはできそうにありません。
とりあえずは、保険に支払っていたお金を貯蓄にまわそうと考えていますが、将来的に何がベストなのかと考えこんでしまっています。どなたかアドバイスをお願いいたします。
ちなみに、あと5年ほどで満期の郵便局の簡易保険と、10年近く前からのアフラックのがん保険(終身)は残っています。

こんばんは。

生理不順で医療保険に入れないという相談をされている方がいらっしゃいましたが、私の場合は貧血です。
あまり病気とも思っていなくて何気なく申し込んだ医療保険に入れなかったので、職場内にある代理店で相談したところ、「保険会社にきいてみたが、貧血程度であれば告知書に書く必要がないそうです」ときいて安心し、別の書面での告知書のみの医療保険に入りました。(告知書には何も書きませんでした)
たまたま今年の健診で病気が発覚し、手術を行ったので保険を申請したのですが、契約か...続きを読む

Aベストアンサー

事前に商品説明聞きたいむねTELを入れて、時間を打ち合わせてから保険会社へ出かけて下さい。もし心配なら住所は伏せて説明を聞いたうえで信頼できそうであれば、後に詳しい症状などを話してみてはいかがでしょうか。確かに実際に申し込みをするとあなたの情報(告知内容)が保険会社に残りますが、アドバイスや説明をいくらきいたところで(持病のことを言ったとしても)大丈夫です。あくまで正式な申し込みをすればということなので、事前の相談はどんどんして下さい。
最近は、それほど慎重にならずとも大丈夫だと思います。また、「きちんと必要なときには自分から連絡するので、連絡は必要ない」などときちんと伝えておくことは必要です。また、「最初から入るかどうかわかりませんが取りあえず説明だけ聞きたいけどよろしいですか」といっておけば、ご自身も気が楽でしょう。
とりあえず病気のこととは別に、2~3社外資系かカタカナ生保に勉強のつもりで保険商品の説明を聞きにいってください。それで、良いと思えたら詳しいご相談をされたらどうでしょうか。
個人的には、代理店より直接保険会社にいったほうが確実です。代理店は数社と契約しているのが普通で、一箇所で数社の商品が聞けるので楽ですが、代理店によってレベルの差が激しいのと、やはり各保険会社のほうが、その会社の条件などについては、ふつう詳しくわかります。面倒くさいかもしれませんが保険会社をまわることをお勧めします。昔ながらの大手生保はいかなくてもよいです。

事前に商品説明聞きたいむねTELを入れて、時間を打ち合わせてから保険会社へ出かけて下さい。もし心配なら住所は伏せて説明を聞いたうえで信頼できそうであれば、後に詳しい症状などを話してみてはいかがでしょうか。確かに実際に申し込みをするとあなたの情報(告知内容)が保険会社に残りますが、アドバイスや説明をいくらきいたところで(持病のことを言ったとしても)大丈夫です。あくまで正式な申し込みをすればということなので、事前の相談はどんどんして下さい。
最近は、それほど慎重にならずとも大...続きを読む

Qがん保険加入時の告知について。

現在がん保険への加入を検討している、21歳女です。
数社を検討しましたが、最終的にアフラックのDaysに加入したいと思い、告知書に記入をしているところなのですが…。
告知書に内容について引っかかることがあります。

『現在、表B・Cの症状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中ですか?または3カ月以内に検査・治療を受けるようすすめられたことはありますか?』という項目があるのですが、私は23年7月の健康診断で、貧血検査で要精密検査、また糖代謝で再検査・経過観察の必要がある、と判断されました。
告知書に書いてある病名を読むと、貧血(鉄欠乏性貧血を除く)とあり、引っかかるとしたらここかな、と思います。
ただ、貧血は毎年健康診断で指摘されているのですが、再検査はしたことがありません。
(健康診断で要精密検査ということは、経過観察中と判断されまねませんか?)

この場合、現在検査や経過観察でもなく、検査等をすすめられてもいないので、告知書にはなしと記入してしまって問題ないでしょうか?
また、初歩的なお話で申し訳ありませんが、この3ヶ月というのはあくまで告知書を記入した日という解釈で良いんですよね?
というのも、今回申し込んだとしても、職場の団体扱いで加入するので、責任開始日が7~8月ということになりそうなのです。
ですが職場の健康診断がまた7月上旬に行われる予定で、もしそこで血液検査で引っ掛かったとしたら、告知義務違反となりそうで怖いのです。

今年の健康診断の結果が出るのを待って、そこで異常なしと判断されたら、再度加入手続きを取るのが得策でしょうか?
それか、今から血液検査を受けて、運よく鉄欠乏性貧血と診断されたとしたならば、加入出来そうな気もしています。(告知書を読む限り、貧血であっても鉄欠乏性貧血は告知の対象外のようなので)

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイス下さい。
なお、アフラックにも後日問い合わせてみる予定でいます。

現在がん保険への加入を検討している、21歳女です。
数社を検討しましたが、最終的にアフラックのDaysに加入したいと思い、告知書に記入をしているところなのですが…。
告知書に内容について引っかかることがあります。

『現在、表B・Cの症状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中ですか?または3カ月以内に検査・治療を受けるようすすめられたことはありますか?』という項目があるのですが、私は23年7月の健康診断で、貧血検査で要精密検査、また糖代謝で再検査・経過観察の必要がある、と...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)健康診断で要精密検査ということは、経過観察中と判断されまねませんか?
(A)要精密検査と経過観察とは別の物ですから、
そのように判断されることはありません。

要精密検査と診断されて、それを放置するとは、考えていないのですよ。
もしも、急性の病気ならば、その3ヶ月間、何もしなければ、
もっと激しい症状が出て、病院にかかっているだろう……
という予想があるからです。
つまり、場合によっては、経過観察なんて、甘いことを言っていられない
状況かもしれないのですよ。
それが、要精密検査です。

(Q)現在検査や経過観察でもなく、検査等をすすめられてもいないので、告知書にはなしと記入してしまって問題ないでしょうか?
(A)はい。「なし」で良いです。

さて……
質問者様が白血病と診断された場合、保険は降りるのか?
答えは、「いいえ」です。
白血病の症状の一つである貧血が出ていたのに、
要精密検査という診断を無視したツケが回ってくるわけです。
これを「責任開始日前発病」と言い、保障の対象外となります。

鉄欠乏性貧血を除く……となっているのは、
鉄欠乏性貧血ならば、白血病ではない、ということになるからです。

保険に契約する、しないという問題以前に、
せっかく警告が出ているのに、命を天秤に掛ける
その理由がわかりません。
がん保険に契約するよりも、命が軽いとは、とても思えないのですが。

ちなみに、
TVなどで有名なのは、急性白血病と呼ばれる急激に症状がでる
白血病で、その方が話としては面白いからです。
急性があるなら、慢性は……
ということで、慢性白血病というのもあります。
自覚症状がないから、などと甘いことを思っていると、
取り返しのつかないことになりますよ。

(Q)健康診断で要精密検査ということは、経過観察中と判断されまねませんか?
(A)要精密検査と経過観察とは別の物ですから、
そのように判断されることはありません。

要精密検査と診断されて、それを放置するとは、考えていないのですよ。
もしも、急性の病気ならば、その3ヶ月間、何もしなければ、
もっと激しい症状が出て、病院にかかっているだろう……
という予想があるからです。
つまり、場合によっては、経過観察なんて、甘いことを言っていられない
状況かもしれないのですよ。
それが、要精密検査...続きを読む

Q告知義務違反が怖いです

二年半前に、医療保険に加入しました。
その際、子宮筋腫を指摘されていたんですが(経過観察と医師に言われてました)、友人に相談したところ、『絶対、告知しないほうがいい』と言われて、何も言わずに加入してしまい、今も保険料を払い続けています。
そして、このたび、筋腫摘出術のオペを受けることになって、保険金を請求するか悩んでます。
やはり、そういうのは、調べるとすぐにわかってしまうんですよね…。
詐欺罪とか起訴されるくらいなら、保険請求は見送りたいのですが、この際、解約したほうがいいのでょうか?
その保険会社で、がん保険なども加入していて、全部、解約したほうがいいのかなども、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初診日は告知日以前に遡るでしょうね。
すると、告知義務違反しましたよ、と保険会社に告白するようなものですね。

悪質でなければ詐欺罪などで起訴されることはないと思いますが、
お友達の言うことを真に受けて告知義務違反をしたことは事実です。
とりあえず診断書を書いてもらって、初診日が告知日よりも後であれば、
保険の給付金は下りるでしょうが、
果たして、それを受け取って、うれしいと思えるでしょうか。
文章から判断するところのあなたの性格からは、
きっと、もらってもうれしいどころか、
いつ訴えられるかヒヤヒヤして過ごすことになると思います。

私が以前保険営業をしていたときの話ですが、
子宮筋腫摘出をした後に、保険には入れますが、
子宮に関しては二年間保障しない、という条件が付きました。
保険会社によっても違うでしょうが、もし、そういう条件であれば、
とりあえず、術後に正直に告知して保険に入れば、
2年後には、その条件も終わり、晴れて子宮も保障される保険になるわけです。

なので、私だったら、今回のこの保険の請求は見送ります。
そして、そのまま続けておきます。
子宮以外の病気だったらちゃんと保障されますからね。
そして、退院して落ち着いたら、別の保険に、
きちんと告知して入ってください。
子宮不担保の条件が付いても、入れたら、それから、
前の保険を解約してください。
そして、新しい保険を大事にして、二年待てば、もう安心です。
子宮でも何でも、きちんと保障されますから。

ちなみに、私も子宮筋腫の手術を受けたことがあります。
子宮筋腫は悪質なものではないですから、きちんと治ります。
女性にはきわめてポピュラーな病気です。
筋腫の手術のあと、3人子供を産みました。
今も健康そのものです。保険にはとてもお世話になりました。

お体、大事にしてくださいね。

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初...続きを読む

Q告知義務について

昨年加入した生命保険について、
加入時の告知事項に少し不安な点がありますので、
お知恵を貸してください。

「過去5年以内に、7日以上にわたり
医師の診察・検査・治療・投薬を
受けたことがありますか?」という質問があり、
「いいえ」と答えたうえで契約をしました。

その時は深く考えることなく「いいえ」と答えたのですが、
最近告知義務違反で保険金が下りないケースが多いことを知り、
改めて過去5年間を思い出してみたところ、

・心療内科で一時的に2、3回診察を受け、 
 特に病名はつかなかったが
 2~3ヶ月程度の投薬を受けたことがある

・眼科で定期的にコンタクト使用のための
 検査を受け、7日間分以上の点眼薬の投与を
 たびたび受けている

・7日間以上にわたり歯科治療を受けた

・風邪で7日間分の投薬をたびたび受けている

ことを思い出しました。

加えて、

・当時、7日間以上整骨院に通っていた
 (一度別の会社で申し込んだ時に、
  医師ではないけど一応その旨告知したら
  契約できなかったことがあったので
  これはあえて書かなかった)

という事実もあります。

これは、告知義務違反として、
今後問題となる可能性があるでしょうか。
もし違反だとしたら、
一度その旨申告して解約し、
新たに契約をしなおしたほうが良いのでしょうか。

契約の当時はこんなささいなことは
告知の必要はないとばかり思っていましたが、
直接給付の原因とならなくても、
虚偽の告知があっただけで「詐欺」となると聞き、
不安になっています。
一体、保険金支払い時には
どのような調査がされるのか想像もつきませんし。

ご回答お待ちしております。
よろしくお願い申し上げます。

昨年加入した生命保険について、
加入時の告知事項に少し不安な点がありますので、
お知恵を貸してください。

「過去5年以内に、7日以上にわたり
医師の診察・検査・治療・投薬を
受けたことがありますか?」という質問があり、
「いいえ」と答えたうえで契約をしました。

その時は深く考えることなく「いいえ」と答えたのですが、
最近告知義務違反で保険金が下りないケースが多いことを知り、
改めて過去5年間を思い出してみたところ、

・心療内科で一時的に2、3回診察を受け、 
 特に...続きを読む

Aベストアンサー

正しい判断をして頂きたく根拠を呈示します。運用には会社ごとに差があるとしても、許認可業界である保険業界ではある程度共通の常識がありますので。不告知して加入した契約を後から告知訂正して事なきを得た方もいらっしゃいますから善後策を考えていきましょう。
↓参考URL

まず貴方の告知行動について整理します。
>その時は深く考えることなく「いいえ」と答えた
>改めて過去5年間を思い出したところ
>一度別の会社で申し込んだ時に~あえて書かなかった

残念ながら行為そのものは過失または故意による告知義務違反と看做されても抗弁できないと推察されます。
つまり「改めて考えたら思い出せたのに、何でその時は深く考えなかったの?」ということです。また「あえて書かなかった」というのは「認識があったのに積極的に不告知を犯した」という故意認定を免れません。

告知義務違反に関する判例は数多くありますが、特に有名な判例から引用します。
「(略)これを告げると被告(保険会社)は通常の形態での原告の保険契約申込を承諾しないであろうとの考えのもと健康状態、受診状況につき被告からのその点についての質問に対して、なんら問題なく健康であると評価される回答の仕方をして虚偽の事実を告げ(略)被告を欺罔して契約させようとの意図を認めざるをえず、その行為は詐欺の評価をくだすほかない」
※札幌地裁 昭和58年9月30日

生命保険加入において「健康状態の告知が重要である」というのは社会的常識である以上、これに反する行為が認められた場合、擁護される可能性は低いと理解すべきでしょう。例えるなら、スピード違反をしている運転者は沢山いるなか貴方が取り締まりに捕まった時に「他にもいるじゃない!だから私を処罰するのはおかしい!」と言っても無罪放免されないのと同じです。

>こんなささいなことは告知の必要はないとばかり思っていた

判断をするのは保険を引き受けする保険会社であり、貴方ではありません。今回の経験を教訓にして良識ある社会人になって下さい。

では次に善後策を考えます。
貴方が加入された商品が何なのか分からないので即断は出来ませんが、医療保険系の商品であればやはり現状のままでは危険だと思われます。

>心療内科で一時的に2、3回診察を受け特に病名はつかなかったが2~3ヶ月程度の投薬を受けたことがある

医師が薬剤を処方する際は必ずカルテに何らかの「診断名」が記載されます。病名診断もせずに処方するのは違反になるからです。いちいち患者に説明するのは合理的でないとの判断でわざわざ患者に告知しないケースもあると聞いておりますので、この心療内科に行って「診断名」が何だったのか確認してください。
その上で後述の対策をとりましょう。

なお業界人のなかには「この病院に二度と行かなければ問題ない」という意見もあるかと思いますが、将来どんなことがあるかはコントロールできませんから私は反対です。

>眼科で定期的にコンタクト使用のための検査を受け、7日間分以上の点眼薬の投与をたびたび受けている

視力矯正のためのコンタクト使用であれば、これはきちんと告知しても問題なく保険加入できると判断されます。但し角膜疾患のためにコンタクトを処方される場合もありますので、このあたりもしっかり確認してください。

>7日間以上にわたり歯科治療を受けた

虫歯や矯正程度であれば告知の必要なしとしている会社も多いです。もちろん告知したとしても加入には支障ありません。ただし口腔外科での治療や「口腔外科を受診するように薦められている」ような場合は告知しなくてはなりません。

>風邪で7日間分の投薬をたびたび受けている

診断が「風邪」や普通感冒というだけなら告知しても加入には問題ないことが多いです。
しかし「風邪と思っていた症状が実は肺炎の前兆だった」というように、風邪症状といえども侮れない場合もあり得ますのできちんと医師から診断名を確認してもらってください。

>当時、7日間以上整骨院に通っていた

原因は何だったんですかねぇ?
交通事故の後遺症治療のため医師の診断に基づいて整骨院に通っていたのか、たんに腰痛で自発的に通っていたのか。後者のような場合であれば、告知しなくても良かったのかも知れません。何故なら整骨院とは一般的に柔道整復師法に基づく施術所であり、医師法に定められた医療機関とは別だからです。多くの保険会社の告知書には「医師による診察、検査、治療、投薬」という質問事項になっていますので、そもそも質問に該当しないからと考えられるからです。
ただし「腰痛と思っていたのが実は重大な内臓疾患の前兆だった」ということも考えられますし、いくつかの判例では「告知書に記載されている以外でも、それを知ったならば保険会社がその条件では引受しなかったであろう事実」も告知すべき重要事項とされていますので確約は出来ません。
私見では実態に照らせば「整骨院」をわざわざ告知するというのは公平性を欠く場合もあると考えますので告知しない行為も容認され得ると思いますが。

以上のような詳細を良く確認して頂いてから、加入生保に告知の訂正を申し出てください。担当者が信頼できる人なら担当者にまずご相談されると良いと思います。

参考までに告知義務違反についての説明を添えます。
ときどき「2年経過すれば告知義務違反にならない」という流言を耳にすることがありますが、これは嘘です。

普通保険約款の告知義務違反の条項では「保険会社が告知義務違反を理由に解除できない場合」として

●会社が知っていたときor過失により知らなかったとき
●会社がその事実を知ってから1ヶ月を経過したとき
●責任開始から2年を超えて有効継続したとき
としています。(※簡略化。また会社により表現相違あり)

この3項を勘違いして「2年バレなければ大丈夫」という風説が流布しているようですが契約から2年間に支払事由があればアウトになります。また告知義務違反の発覚を恐れて2年の間にワザと請求しない行為を故意と判断し契約を無効とした判例もありますので、2年我慢して請求しないというのもアウト。

長文になったので整理します。
●まずは既往歴を良く確認してください
●そのうえで告知の訂正を試みてください
●保険会社からの結果を待ってください

今回のことを教訓にして今後は正しい行動をして下さるようお願いします。
なお生保一般については社団法人生命保険協会でも相談に応じてもらえます。
http://www.seiho.or.jp

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=944396

正しい判断をして頂きたく根拠を呈示します。運用には会社ごとに差があるとしても、許認可業界である保険業界ではある程度共通の常識がありますので。不告知して加入した契約を後から告知訂正して事なきを得た方もいらっしゃいますから善後策を考えていきましょう。
↓参考URL

まず貴方の告知行動について整理します。
>その時は深く考えることなく「いいえ」と答えた
>改めて過去5年間を思い出したところ
>一度別の会社で申し込んだ時に~あえて書かなかった

残念ながら行為そのものは過失または故...続きを読む

Q鉄欠乏性貧血、完治しますか?

鉄欠乏性貧血の為、この一ヵ月程鉄錠をのみ続け、今日病院で「ヘモグロビンの価が正常になったので貧血はなおりました。鉄錠を飲む必要ももうありません。」といわれました。

初めて貧血といわれたのは約10年前の定期検診です。それから毎年検診の度に貧血だといわれて続けて来ました。8年くらい前にやはり鉄錠を飲んだのですが、なかなか正常値にならず面倒臭くなって2ヵ月程で病院に行くのを辞めてしまった事があります。
貧血と言われても(慣れてしまったのか)自覚症状もほとんどなくず~っと放ったらかしていました。
最近になって子供も欲しいなと思い出し、子宮癌検診もかねて婦人科へ行きました。そこで鉄錠をもらって…今日に至るのですが。

10年も放っておいたし、前回2ヵ月も通ってなかなか正常値に戻らなかったと言う経緯があるので今回も長期になるのを覚悟だったのですが。あまりにも簡単に治ってしまったのでちょっと肩すかしと言うかびっくりしてしまいました。
もちろん治った事は嬉しいのですが、貧血ってそんなに簡単に治るものなのでしょうか?
体質的に貧血になりやすいとかあるのでしょうか?
鉄錠の服用を止めたらまた貧血になってしまうのでないかと心配です。

癌検診も異常なしで、とりあえずもう婦人科に行く予定はありません。
今後貧血のみの相談で病院に行くとしたら何科にかかればよいのでしょうか?

鉄欠乏性貧血の為、この一ヵ月程鉄錠をのみ続け、今日病院で「ヘモグロビンの価が正常になったので貧血はなおりました。鉄錠を飲む必要ももうありません。」といわれました。

初めて貧血といわれたのは約10年前の定期検診です。それから毎年検診の度に貧血だといわれて続けて来ました。8年くらい前にやはり鉄錠を飲んだのですが、なかなか正常値にならず面倒臭くなって2ヵ月程で病院に行くのを辞めてしまった事があります。
貧血と言われても(慣れてしまったのか)自覚症状もほとんどなくず~っと放ったらか...続きを読む

Aベストアンサー

鉄欠乏性貧血は鉄不足が原因なので、鉄剤服用により通常2~3ヶ月もあれば直ります。

10年程前はなかなか正常値にならず、今回は1ヶ月程で直った理由として考えられることを挙げてみますと、
・鉄剤の違い(鉄の含有量の違い)
・成長期には、成長に見合うだけの鉄分が不足する場合がある。
・生理時の出血量が多かった?
思春期にはなかなか安定しないものですが今と比較していかがでしたか?
・食生活の偏り
偏食、ダイエットはなさいませんでしたか?間食が多いとか、栄養のバランスが崩れていたということはありませんか?

今後は、できるだけ食事で鉄分を取るのが望ましいと思います。肉や赤身の魚には体内に吸収されやすいヘム鉄を含有しているので、積極的に取るといいでしょう。また、赤血球を作るのには鉄とともにタンパク質も必要ですし、鉄の吸収を高めるのにビタミンCも有効です。
要はバランスの良い食事がいいということですね。

軽度の貧血は自覚症状がありませんので、年に一回は定期検診を受けることをお薦めします。
貧血で受診されるなら内科です。

Q保険会社の追跡調査(告知内容照会)について

生命保険会社の追跡調査(告知内容照会)で、過去の病歴や通院歴調査って、具体的にどうやって個人情報を知るのですか?
知っている人教えてください。
最近、新しく生命保険に入ろうと検討してますが、どの保険会社も告知欄に「過去5年以内に医師の診察・投薬で通算7日以上かかった場合はありますか?」と言った項目が見られます。入院でもない限り、過去5年以内の7日間通算なんて言われても...特に問題なのは、処方された薬が通算7日以上あった場合、今更過去の病院で何日分処方されたか?なんて思い出せません。
また、医者が7日以上処方薬を出して、本人が3日飲んだら良くなった(完治と認識)とかの場合、どうなるのですか?

Aベストアンサー

保険会社に勤務している者です。

一般的に、給付金の請求時同意書というものを被保険者に記入してもらいます。
加入後、1年であろうと10年であろうと請求された方全員にです。
それを元に、医療調査を行います。
まずは、診断書を記入した医療機関。
医療機関にて面談をし、治療期間・投薬内容・前医がないか等を調べます。
医療機関へ行けば、全治療内容がわかるためそれをまた別の診断書に全て記入していただくことになります。
悪質な請求と思われるものは、レントゲン等も借用します。

因果関係のある疾病に関しては、治療期間等も調べますので
独自で個人情報を得てるのではなく、
被保険者が記入した同意書を持参し、面談をしているわけです。

医療機関のカルテ保管は5年ですから、5年前のカルテを保管している医療機関がほとんです。

質問者様が、おっしゃられている、
医者が7日以上処方薬を出して、本人が3日飲んだら良くなった(完治と認識)とかの場合、どうなるのですか?

その後、診察に行かないということを前提にするのであれば
カルテもその後空白となるわけですから、
患者側がこなくなったとしか先生もいいようがありません。

また、近医模索もしますので、
完治しておらず、近所の違う病院にいっても
経歴があれば、全て確認するということになります。

保険会社に勤務している者です。

一般的に、給付金の請求時同意書というものを被保険者に記入してもらいます。
加入後、1年であろうと10年であろうと請求された方全員にです。
それを元に、医療調査を行います。
まずは、診断書を記入した医療機関。
医療機関にて面談をし、治療期間・投薬内容・前医がないか等を調べます。
医療機関へ行けば、全治療内容がわかるためそれをまた別の診断書に全て記入していただくことになります。
悪質な請求と思われるものは、レントゲン等も借用します。

因果関...続きを読む

Q県民共済について(強制解約された)。

新潟県民共済を強制解約されました。
納得がいかないため、皆様の知恵をお貸しください。

具体的には母の事なのですが、経緯を簡単に説明すると
1) 今年4月にポリープが見つかり、除去するために手術を受けた。
2) その給付を申請したところ、告知義務違反を疑われ、同意もなく過去数年分にわたり掛かりつけ医に調査された。
3) 加入条件で過去の病気等については「1年以内に14日以上連続で入院したか、同じ病気で20日以上通院した」「慢性疾患のため治療・・・から5年」となっているが、「5年前に貧血用の薬(鉄材)」を処方されていた事を理由に、告知義務違反だと迫られた。
しかも、慢性的な貧血ではなく、風邪か何かをひいた際に併発し、処方されたものであった。慢性的な貧血だと医師に診断をされたことはない。
4) 母が「加入条件には違反していない」と抵抗すると、「給付金を振り込むから代わりに強制解約する」と言われ、その理由を書類で求めると「強制解約のため、通知などせず解約する」と通電話にて告げられた。
という状況です。

納得がいかない点は、
(1)医療照会同意書などにサインをしていないのに、勝手に個人情報を調査された。
(2)慢性疾患と診断されていないのに勝手に「5年以内に貧血の薬をもらった」というだけで「5年以内の慢性疾患」であると告知義務違反にされた。
(3)告知義務違反で強制解約される場合、共済金は支払われないはずであるが、最初のころは「共済金を支払う代わりに解約させてください」等と頼まれていた。
また、結局は強制解約されたが、共済金は支払われた。
共済金が支払われるということは、強制解約の事由には該当しないのでは?
(4)強制解約されたが、何の通知もない、また電話で「強制的に解約になるため、通知はしない」といわれた。
こちらには証券があるが、解約したという書類が届いていない状態(電話口だけでの強制解約通知)はOKなのか?
という点です。
こちらに不備はあるのでしょうか?

県民共済は態度が悪く、まったく取り合ってもらえません。
この様な場合は、どこに苦情を言えばいいのでしょうか?
また、母も「もうこんな嫌な思いはしたくないから関わりたくない」との事で、泣き寝入りするしかない状態です。
しかし、手術直後のため保険にも入れません。
私は本人ではないので、どこに苦情を言うとしてもまともに取り合ってもらえないと思います。
全国生協連に苦情を連絡しようと思いましたが、本人以外からの連絡は受け付けないとあります。
代理人を立てて戦うにはどうしたらいいでしょうか?
(委任状?と思いましたが、まず電話で取り合ってもらえないと困るので・・・)

こちらの不備でも、アドバイスでも何でもかまいませんので、回答をいただければ助かります。

新潟県民共済を強制解約されました。
納得がいかないため、皆様の知恵をお貸しください。

具体的には母の事なのですが、経緯を簡単に説明すると
1) 今年4月にポリープが見つかり、除去するために手術を受けた。
2) その給付を申請したところ、告知義務違反を疑われ、同意もなく過去数年分にわたり掛かりつけ医に調査された。
3) 加入条件で過去の病気等については「1年以内に14日以上連続で入院したか、同じ病気で20日以上通院した」「慢性疾患のため治療・・・から5年」となっているが、「5年前に貧血用の薬(鉄...続きを読む

Aベストアンサー

整理をしましょう。

まず、告知義務違反とは、現在の病気と告知義務違反となる病気とが
無関係ということは、ときどきあるのですよ。
関係がある場合には、現在の病気の給付金も支払わずに契約解除。
無関係の場合には、給付金を支払って契約解除となります。

次に、病院(2)が掛かり付け医(3)を知っているはずがない……
ということは、ないのですよ。
患者が医師の診察を受けると、まず、何をされますか?
「どうなさいましたか?」
という問診を受けるのです。
紹介状がある場合でも、同じです。
紹介状がある場合には、その内容の確認が行われます。
また、医師は、必ず、過去の病歴を聞きます。
なので、無関係な病気でも、紹介状や問診の内容から、
病院(2)から、いきなり掛かり付け医(3)へたどり着く事は
あるのですよ。

いずれにしても、カルテを見ることができないので、
どうなっているのか、判断ができません。

前回も申し上げたように、
・この貧血の薬を処方された件は、慢性疾患でないという認識が県民共済側にもある
・しかし貧血の薬を処方された事がある、という履歴だけで告知義務違反としている
という論理は、質問者様がおっしゃる通り、通らないですよ。

となると、何か、別のものがあるはずなのです。
それが何なのか、これまでの情報では、わからないのです。

なので、問題にするならば、第三者を介在させる方が良いと思います。
例えば、国民生活センターがあります。
http://www.kokusen.go.jp/

もう一つ、実は、可能性があることがあります。
それは、現在の新潟県民共済の告知項目は、「悪性貧血」になっていますが、
5年前は、単なる「貧血」であった可能性があるのです。
この場合には、理由の如何を問わず、貧血のために鉄剤を処方されて
いたら、告知義務違反となる可能性があります。
この可能性には、気が付いていたのですが、確認が取れません。
現在、「貧血」としているのは、神奈川県民共済です。
http://www.zenkokukyosai.or.jp/service/net/course.html

整理をしましょう。

まず、告知義務違反とは、現在の病気と告知義務違反となる病気とが
無関係ということは、ときどきあるのですよ。
関係がある場合には、現在の病気の給付金も支払わずに契約解除。
無関係の場合には、給付金を支払って契約解除となります。

次に、病院(2)が掛かり付け医(3)を知っているはずがない……
ということは、ないのですよ。
患者が医師の診察を受けると、まず、何をされますか?
「どうなさいましたか?」
という問診を受けるのです。
紹介状がある場合でも、同じです。
紹介状が...続きを読む


人気Q&Aランキング