【美大生が登場】色のユニバーサルデザインとは? >>

辞書を引くと「天皇と幕府とを一体化させること」と出てくるのですが、いろいろな参考書を見てみても少し触れられているだけで、いまいちその考え方や、どういう政治的な背景が関わっているのかということが分りません…。またこれも辞書なんですが、「⇒公義政体論を参照」と書かれていますが、公武合体とどんな関係性があるのかということもご教授くださると幸いです。
ご存知の方、是非ご教授願います。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 幕府は、迫り来る『幕府の終わり』をどこかで予感していたのかもしれません。

そこで、何とかその終わりを回避しようとしてとった政策が公武合体策でした。公は朝廷、武は幕府で朝廷と幕府が一体となって事に当たる、という考え方です。
 
 江戸時代当初は、もちろんこんな考え方はありませんでした。家康が定めた『禁中並公家諸法度』の第1条にあるように、朝廷はまつりごとに専念すべきものとされていたし朝廷もそう思っていました。少なくとも政治向きに関しては、公はなく武のみだったのです。
 しかし、時代とともに変わっていき、幕末ともなると、公・武ともに意識はそれまでとは全く異なっていたのです。公・武で当たるべきとの考えになっていたのです。そこに公・武ともにそれぞれの思惑が絡み、意図するところは時代とともに変化していきました。それは、次のようなものです。

 (1)幕府を教え諭す意味での公武合体策ー公武合体は、朝廷と幕府が一体となって事に当たる、といった考え方。この考え方の最初は、幕府側から朝廷側になされた、とされている。形となって現れたのが、皇女和宮の将軍・家持への降嫁なのですが、元々この発想の原点は朝廷側にありました。それを明らかにしているのが『戊午の密勅』で、密勅には公と武とが一体となって外患に当たるように、と書いてある。公武合体はこの文書の初めに出てくる4文字。この場合の公武合体は、あくまで思想としての公武合体論であって、具体的提案があった訳ではなく、具体的提案をしたのは、幕府側から。

 (2)朝廷を牽制するための公武合体案ー幕府側が皇女和宮を、第14代将軍・家茂の夫人に迎えて公武合体を図ろうとしたのは、すでに早く井伊直弼が大老として安政の大獄を指揮している安政5年(1858年)の頃からでした。井伊直弼は次第に政治的な重みを増してくる朝廷の力を、どこかで食い止めなければならないと考えていたのです。そこで、皇女和宮の降嫁を得て、公と武とが一体となることで武の主導権を確たるものにしようとしたのです。しかし、これは井伊直弼の死で実現しませんでした。

 (3)朝廷を利用するための公武合体案ー井伊直弼倒れた後、幕閣の中枢を担ったおは、安藤信正でした。安藤は井伊直弼とは違った意味で、何とか早く皇女和宮の降嫁を得たいとねがっていたのです。それは井伊直弼の横死を見て、今さらのように幕威が衰えていることを知ったからです。幕威を取り戻すために朝廷の力を利用したい、そう考えて安藤は積極的に皇女和宮の降嫁問題に取り組んだのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

親切なご回答、本当にありがとうございます!公武合体についてはとてもよく分かりました。では公義政体論とはどのような関連性があるのでしょうか?そこが一番気になっているところなんです。ご存知でしたら是非ご教授ください。お願いいたします。<(___)>

お礼日時:2004/12/08 23:27

 No.3です



 『公議政体論』とは、幕末、政治権力の主体を列藩諸侯会議に置こうとした政治構想のことで土佐藩が薩長に対抗して主張しました。後藤象二郎・西周(にし あまね)らが主唱し、坂本竜馬は討幕派と公議政体派の連合政権案を提出しています。

 すみません、公武合体との関係は分かりません。
    • good
    • 0

 維新期の時期によっていろいろ変遷する考えかたなのですが、それには当時のあらゆる人々が「尊王」意識を持っていたことを理解しなければなりません。


 たとえ佐幕派であろうと、「天皇が尊い」「今のような幕府が専権する政治は間違っている」というのが当時の共通認識でした(ちょうど今の右翼ですら民主主義を奉じているようなものです)。ただ、徳川の恩義を感じる人々にとって「だから幕府をぶっつぶせ」「将軍を殺せ」という主張はなじめない。
 そこで「天皇は尊い」という建前と、「でも将軍に恩義がある」という本音を折衷したのが所謂公武合体です。具体的な政策としては(むろん時期によって、人によってかなり差があるのですが)、幕末ぎりぎりの段階では「幕府専権を廃し、天皇を元首、将軍を副元首か大統領のようなかたちにした政体をとる」というのが一般的でした(実質上の権限をどちらにより多く置くかは人によってまちまちの考えかたでした)。
 このような主張をしたのは、王政復古直前の段階ではまず土佐の山内容堂、そして福井の松平春嶽などがいます(殿様というのはやはり将軍に恩義があるものらしい)。また坂本龍馬の言いだした大政奉還論も、将軍の地位をある程度認めてゆくことが前提でしたから、坂本とそれに乗った徳川慶喜も公武合体論者であったと言うこともできます。必然的に後世から見れば、彼らは無血革命主義者でもあります(名誉革命とピューリタン革命のような漸進的革命をめざしていたのかもしれません)。
 これに対するのが所謂勤皇派。天皇を尊ぶだけではなく、そのために働こうとする人々。平たく言えば将軍を殺して天皇専権の政体をめざそうという、主戦派、武装革命論者で、言わばフランス革命風のそれを理想としていたといえます。西郷や大久保のような薩摩藩出身者がこうした主張の有力な推進力でした。
 王政復古前後の志士たちの活動は、この公武合体派と勤皇派の壮絶な綱引きです。公武合体派の成果が大政奉還、勤皇派のそれが戊辰戦争でしょう。公武合体論は漸進的革命ですから、幕末の一時期ひじょうに人気を持ち、その中心であった土佐はいちやく政界で大きな発言力を持つようになりましたが、惜しいかな坂本の暗殺によって、維新の主流を勤皇派に奪われてしまいました。このためかつては坂本の暗殺の黒幕は西郷ではなかったかという説まであったほどです。

この回答への補足

公武合体についてはとてもよく分かりました。ありがとうございます!では公義政体論とはどんな関連性があるのでしょうか?そこが一番気になっているところなんです…。すみませんバカで…。

補足日時:2004/12/08 23:22
    • good
    • 0

あまり自信持って言えないのですが・・・



公武合体論とは、その当時の日本は列強各国の侵略に対して何らかの手を打つ必要がありました。とはいえ、国内世論(もっとも、幕府サイド及び倒幕サイド以外には余り関心が無かった様です)は幕府と尊王とに分かれてました。

何をするにせよ、その共同体内部での対立はお互いに足の引っ張り合いとなり結局は第三勢力(この場合は列強)の思う壺です。  そこで考えられた手段として将軍(家茂)と天皇(孝明天皇)の妹和宮を結婚させることで両者の関係を緊密にし両勢力が連携してこの困難に対処するべきだとして考え出されました。もっとも、この考えはある程度までは上手く行きかけたのですが、倒幕&幕府サイドの抗争が激化していくなかで徳川家茂と孝明天皇の死去が重なり失敗に終わりました。 後は教科書の通りに大政奉還や戊辰戦争が続きます。

詳しい事は他の方々の意見を参考にすることをお勧めします。 

特に歴史は真実というべき事は何もありません。一つの事柄について、最低でも賛成と反対からそれぞれ一つづつ位は意見を調べて自分なりの意見を持つ程度が現在の私たちにできる事です。そのうえで、どれかの意見が筋が通ってるとか間違ってるとか結論を出すのは良いと思いますが一つの意見だけを聞いて鵜呑みにするのは歴史に対する傲慢な振る舞いだと思います。


 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q大政奉還について

僕は歴史が好きで、特に幕末~明治にかけては大好きなのですが、大政奉還がいまいちよく理解できていません。
どうやら坂本竜馬が船中八策を考え後藤象二郎に提案したところ、後藤象二郎が土佐藩藩主山内豊重(容堂)に進言し、山内豊重(容堂)がかなりの勢いで「それやっ!!」と乗り気になった例のあれです。というのも、この当時幕府はすでに力もなく薩長の倒幕にびびっていたんでしょう。そこで大政奉還することにより、朝廷側が倒幕の密勅を出せないからです。この部分がわかりません。
山内豊重(容堂)は後藤象二郎から大政奉還について提案された直後、徳川15代将軍徳川慶喜に進言し、慶喜は悩んだ挙句大政奉還を受け入れ政権を朝廷に返しました。

徳川家終焉の歴史的な日です。

しかし、幕府としては朝廷に政権を返したところで朝廷には政治を仕切る力はないと仮定し、実質的には幕府に政権が戻ってくると考えたのでした。

しかし、そこで朝廷側は王政復古の大号令を出し徳川幕府を崩壊させました。これは幕府側にとってかなりの誤算だったみたいです。この朝廷側の決定に小御所会議で文句を言ったのが土佐藩藩主山内豊重(容堂)です。かなりのカウンターをくらったことでしょうね。
ここまでは何とか独学で学べたんですが、ひとつ理解できないことがあるんですね。さっきも書いたように、なぜ大政奉還(朝廷に政権を返す)することによって、倒幕の密勅が出せなかったのか??ということです。僕個人的な見解としては、大政奉還することにより政権は朝廷にあるのだから、その時点で倒幕をさせることはできなかったのか??ということです。

本当に気になってます。教えてください。

僕は歴史が好きで、特に幕末~明治にかけては大好きなのですが、大政奉還がいまいちよく理解できていません。
どうやら坂本竜馬が船中八策を考え後藤象二郎に提案したところ、後藤象二郎が土佐藩藩主山内豊重(容堂)に進言し、山内豊重(容堂)がかなりの勢いで「それやっ!!」と乗り気になった例のあれです。というのも、この当時幕府はすでに力もなく薩長の倒幕にびびっていたんでしょう。そこで大政奉還することにより、朝廷側が倒幕の密勅を出せないからです。この部分がわかりません。
山内豊重(容堂)...続きを読む

Aベストアンサー

幕末のこれらの経緯については、小説での脚色や研究家の仮説、新たに見つかった文書などで諸説入り混じっているような状態なので、どのように答えてもどこからか「それは違う!」という反論を受けてしまいますが、私なりの考えを述べさせて頂きます。

「大政奉還(朝廷に政権を返す)することによって、倒幕の密勅が出せなかった」という点ですが、それは徳川家側の勝手な考え(思い込み)です。徳川方(というか土佐藩の考え方かもしれませんが)は大政奉還後の新政府にその中心として関わろうと内心考えていました。具体的な仕組みはどうにしろ、朝廷+徳川家+雄藩のようなイメージです。
それに万が一新政府に加われなかったとしても、朝廷と薩長はそこまで徳川家を無下に扱わないだろう(=倒幕の密勅まで出さないだろう)、と踏んでいました。
ところが朝廷・薩長からしてみれば(特に岩倉・大久保とされますが、詳しい主導者は不明)、新しい世の中を作り統治するのに、徳川家とその取巻きの左幕派(会津藩など)が邪魔で邪魔で仕方なかったようです。
そういった動きを察して、幕府側も「大政奉還すれば文句ないだろう。武力衝突もないだろう」と思っていたようですが、そうは問屋がおろさなかっただけのことですね(^_^)。

事実、大政奉還と倒幕の密勅は同じ日に出されていますし、倒幕の密勅の手続きは数日前から始まっていたようです。だから「大政奉還することにより、朝廷側が倒幕の密勅を出せない」などという意識は、新政府側には全くなかったと思われます。
(ただ確かに大政奉還と倒幕のジレンマは、ゼロではなかったので、一説によればこれが坂本竜馬の暗殺原因となっていますが、ここでは割愛します)

ちなみに船中八策も本当に坂本が考えたのかどうか、異論をはさむ学者さんもいますし、船中八策の存在自体もあやしいという学者さんもいます。
また後藤象二郎が考えを横取りしただとか、逆に本当は後藤が考えたのだという説もあります。

しかし歴史が好きなのは、いいことだと思います。私も好きです。人間は歴史を学ぶ事によって、失敗も成功も学ぶ事ができます。
どんどん学んだ事を日常生活にも生かしていきたいですね。

幕末のこれらの経緯については、小説での脚色や研究家の仮説、新たに見つかった文書などで諸説入り混じっているような状態なので、どのように答えてもどこからか「それは違う!」という反論を受けてしまいますが、私なりの考えを述べさせて頂きます。

「大政奉還(朝廷に政権を返す)することによって、倒幕の密勅が出せなかった」という点ですが、それは徳川家側の勝手な考え(思い込み)です。徳川方(というか土佐藩の考え方かもしれませんが)は大政奉還後の新政府にその中心として関わろうと内心考えてい...続きを読む


人気Q&Aランキング