30フィートのボートを所有しています。
この時期、急な雷雨がありますが、海上でボートに雷が落ちる可能性は
かなり高いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以前、沖合い5海里ほどの独立した


磯(島)に上って釣りしている人
に聞いた話ですが・・・。

竿を持っていると、ピリピリしてきて、
(電気風呂のような感覚と言ってました)
そのご、だんだんとピリピリが激しくなり、
竿を放って、岩陰に見を潜めていたら、
バリッ~ピシャードカーンと、
近くに落ちたそうです。

ボートの上で雷、私は手はしびれた事有りませんが、
いつもビビって一目散に、逃げてます。
雷は落ちると言うよりも、上がるという表現が
正しいと聞いたとこがあります。
それを聞いてから、ボートのマスト灯等は
非常に怖いです。
    • good
    • 0

 雷に打たれる可能性自体が数百万分の1とかなり低い物です。

仮に可能性が10倍に跳ね上がったとしても数十万分の1。
 まあ、物の数じゃないでしょう(^_^;

 しかし、雷が鳴っているときや波が高いときは、最初から沖に出ないようにした方がいいでしょうね。
 こういうのは確率でギャンブルしていいことじゃないですから。
    • good
    • 0

周りにそれより高いものが無い場合、一番高いものに落ちるのが雷です。


材質によりますが、周囲を金属で囲まれた状況での落雷は人体に危険が少ない(または無い)ようですが、一般に軽くする為にFRPなどを用いたボートでしたら、無線があればアンテナに落雷、アンテナ船を経由し、無線機、アースがあればアースを経由してボート本体から海に放電されるでしょう。
近くに電気伝導率の高いものが無ければ人体を通電するかも知れません。でも、雷に打たれる確率は、宝くじで1等を当てるより少ないらしいですから、どうとは言えません。数十万~数百万分の1の確率の内、一回目で当たるかも知れませんし・・・答えになってませんね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「出会いサイト SWEET BOAT(スイートボート)」について

最近失恋しました。

喪失感が非常にでかく、友達に「さっさと次を探せよ。」
と言われました。
そんな時にIEのアドレスバーの履歴に「出会いサイト SWEET BOAT(スイートボート)」と言うのがあるのを発見しました。
興味が沸いたんですけど、このサイトを利用してる方いらっしゃいますか?
料金とかが一年間無料とか書いてあるんですが少し不安です…。
ちゃんしたサイトなのかどうか知っている方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

利用はしてないけど、いろいろなポイント獲得系サイトで紹介されているようなので、ある程度信用してもよいのではないですか

Q雷の落ちる場所と落ちた跡について

こんちわ。今まさに雷雲がやってこようとしている中で思い付いたんですが・・・
昨夜、北関東のほうでの落雷の多さはすさまじいものがありました。
昼間のように明るかったですから。
そんななかで案外少ないと思ったのが落雷による事故です。報道がされてない
だけかわかりませんけど。

雷は海にも落ちてるようですが、水は電気を通すはず・・・。雷の
巨大電流は海にどんな影響をあたえてるんでしょう。
あと、意外と雷は避雷針には落ちてない印象があります。なぜなんでしょう?
逆に平地に落ちてるとしたら、その周辺では数多くの痕跡が残ってるのですか?
火災や地面の焼け焦げ、樹木の破砕はみたことがありますが・・・そういうのが
そこら中にあるんでしょうか。ご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

 電流と、電気量の違いは分かりますか?。一瞬にして流れますので、確かに電流としては「巨大電流」でしょうが、海はそれ以上に「巨大」ですから、雷の「電気量」では何ともないでしょう。もちろん局所的には影響があるでしょうが…。
 ちなみに、電流とは、単位時間(1秒と思ってもらえばいいでしょう)当たりの電気量です。
 濡れてしまえば、表面の電気の通りやすさは、金属でも他の物(例えば人体)でもほとんど変わりはないそうです。以前は、雷が近付いて来たら金属製品を身体から離せ、と言われていましたが、そんな事よりとにかく態勢を引くしろ、というのが趨勢です。
 ですから、避雷針であろうとなかろうと、より高い物に雷は落ちる傾向(逆にいうと、絶対ではないという事)があるという事です。
 あ、あと、形が尖っている物には落ちやすいというのもありますね。まわりより低いところに落ちたというのはこれが考えられるでしょう。避雷針は文字どおり、先が尖らせてありますよね。電子ライターや、圧電点火のガスレンジの電極もいい例でしょう。
 避雷針についてはこれも文字通りなのですが、(専門家の方ご免なさい。俗な言葉で言っちゃいます)雷が落ちる前に空気中の電気を吸い取っちゃって、雷が落ちにくくする(雷を避ける)働きも大きいようですね。
 「痕跡」については、電流密度という問題も出て来ます。例えば、抵抗線(代表的なのはニクロム線)に同じ値の電流が流れても、熱量の発生は抵抗線が細いほど多くなります。
 同じ電気量の雷が落ちても、立ち木に落ちた場合には痕跡が残っても、ビルに落ちた時には残らないという事があり得る訳ですね。

 電流と、電気量の違いは分かりますか?。一瞬にして流れますので、確かに電流としては「巨大電流」でしょうが、海はそれ以上に「巨大」ですから、雷の「電気量」では何ともないでしょう。もちろん局所的には影響があるでしょうが…。
 ちなみに、電流とは、単位時間(1秒と思ってもらえばいいでしょう)当たりの電気量です。
 濡れてしまえば、表面の電気の通りやすさは、金属でも他の物(例えば人体)でもほとんど変わりはないそうです。以前は、雷が近付いて来たら金属製品を身体から離せ、と言われていま...続きを読む

Qboat, vessel, ship の違い

英語初級レベルの者です。
「船」の意味でつかわれる

 「 boat 」 「 vessel 」 と、「 ship 」

ですが、使う場面での違いやニュアンスの違いはあるのでしょうか?
勉強していたら、ある写真に日本丸のような3本マストの大きな帆船がいくつも写っていて、説明に「 several boats ・・・ 」と書いてありました。
日本丸の乗組員である知り合いはシップと表現していました。(もしかすると口語的表現だったのか?)


<海上保安庁の「海の雑学」から>
小さい船を“boat” (ボート)と言い、大きい船を “vessel”(ヴェッセル)といい、さらに大きい大航海用の船を“ship” (シップ)といいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1さんの回答で十分尽くされていますが、参考までに調べてみました。英英辞書では次のように書いています。

大まかに言うと、「vessel」は「船や舟」の総称、「ship」は「大きな船」、「boat」は「小さな舟」というところでしょうか。

<海上保安庁の「海の雑学」から>では、「ship」は「vessel」よりも大きい「船」としているとのことですが、これは「海の男」の世界での使い分け(専門用語・術語)ではないかと推測します。「言葉」としての使い分けは、辞書での定義が基本であると思います。どちらの定義を使うかは、専門的な技術文の中で述べるのか、一般的な話の中で使うかにより、決めればよいと思います。


コリンズコウビルド英英辞典

vessel:
1. A vessel is a ship or large boat. (FORMAL);
2. A vessel is a bowl or other container in which liquid is kept. (FORMAL) (つまり、vesselには船以外の意味もあります)

ship:
A ship is a large boat which carries passengers or cargo.

boat:
A boat is something in which people can travel across water. You can refer to a passenger ship as a boat.


オックスフォード現代英英辞典

vessel:
1. (formal) a large ship or boat;
2. (old use or technical) a container used for holding liquids, such as a bowl, cup, etc.

ship:
a large boat that carries people or goods by sea

boat:
1. a vehicle (smaller than a ship) that travels on water, moved by oars, sails or a motor;
2. any ship


ウエブスター新同意語辞典(英語版)  (要旨だけ記します)

vesselは、形状だけでなく目的も含意している。したがい、何かを搭載したり、物や人を輸送することに力点を置く意味で使うのがよい。主に大型のboat、特に人員や貨物の輸送あるいは漁業の母船などに使われる遠洋目的のboat類を指す。(注: ここの説明でbaotを使っていますが、これは次に出てくるshipに続くboatの説明で云う一般的な意味での「船」の意味で使っていると解釈できます。)

shipは、外洋船に使うのがよい。航海よりも業務目的であることに力点を置く表現の場合に適切。

boatは、船という形状・構造を意味する一般な船の意味で使われるが、特に、小形で開放構造(注:公園のボートのように上が開いている)であって、オール・櫂・竿・帆・動力で動かすものに適用される。


No.1さんが引用されたサイトは、私にも大変参考になりました。特に、サイトの記述の中にある「As a general rule, you can put a boat on a ship, but you can't put a ship on a boat. 」は、「ナルホド」と思いました。

以上ご参考になれば幸いです。

No.1さんの回答で十分尽くされていますが、参考までに調べてみました。英英辞書では次のように書いています。

大まかに言うと、「vessel」は「船や舟」の総称、「ship」は「大きな船」、「boat」は「小さな舟」というところでしょうか。

<海上保安庁の「海の雑学」から>では、「ship」は「vessel」よりも大きい「船」としているとのことですが、これは「海の男」の世界での使い分け(専門用語・術語)ではないかと推測します。「言葉」としての使い分けは、辞書での定義が基本であると思います。どちらの定義...続きを読む

Q雷が落ちて停電になる原因がわかりません

雷が電線(電柱)に落ちると停電になり、少したつと元に戻ることがありますがあれはどういう理屈なんでしょうか?
雷で電流が一時的に止まる原理がどうしても理解できません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、NO1様、NO2様のご回答でいいのですが、少し補足をさせて頂きます。
電力会社では電気の送元で、線路の電圧や電流などを「○○継電器」(各種あり)という計器で常時監視しています。送配電線に落雷すると電圧が異常に高くなるので検知できて、直ぐに開閉器を切って送配電を停止しますが、短い時間をおいて再び開閉器を入れて電気を送ります。その理由は落雷の影響は一瞬なので短い時間で回復することが多いからです。でもこの後、送配電線の何処かで故障が生じていて異常が検知されたら再び開閉器は切られて今度は直ぐには入りません。これらの動作はすべて自動で行われます。以上は大雑把な一例ですが、こういうような技術に支えられて、電気が安全に利用できるわけです。

Qboat was hauled out of th

NHKからの抜粋です


Xinhua says the boat was hauled out of the water on Saturday morning, and that all of the missing have been confirmed dead.


的確に対応する日本語記事は無かったです。

"the boat was hauled out of the water"

だと、

"ボートが水の中から引っ張りだされた"

の意味になると思います。実際には沈んだのだから、動詞haulはおいといて、"into water"になるのではないでしょうか。

また、waterにtheが付いていますが、これは「*その川*の水」という意味でしょうか。例えば飛行機が墜落して海に沈む場合は、sea waterでなく海の名前を使うのに、川に沈む場合はwaterなのは、慣用でしょうか。


全文です

All missing confirmed dead in China boat accident

China's Xinhua news agency says 22 people have been confirmed dead after a tugboat capsized on the Yangtze River in eastern China on Thursday.


The boat was carrying 25 people.

It overturned while undergoing tests in Jiangsu Province.


Three people were rescued, but 22 others, including a Japanese national, went missing.


Xinhua says the boat was hauled out of the water on Saturday morning, and that all of the missing have been confirmed dead.


A Tokyo-based motor manufacturer says the missing Japanese is 65-year-old Masashi Kanazaki from Fukuoka Prefecture.


The company says it sent him to China as its contract instructor to test the boat's engine and propulsion system that it supplied.


The Japanese consulate general in Shanghai is working to confirm if the dead person is Kanazaki.


Chinese media say the tests were being conducted without following the required procedures or without reporting to relevant authorities, and that the boat overturned because of mistakes made while making a turn.


Local authorities are investigating the cause of the accident.

NHKからの抜粋です


Xinhua says the boat was hauled out of the water on Saturday morning, and that all of the missing have been confirmed dead.


的確に対応する日本語記事は無かったです。

"the boat was hauled out of the water"

だと、

"ボートが水の中から引っ張りだされた"

の意味になると思います。実際には沈んだのだから、動詞haulはおいといて、"into water"になるのではないでしょうか。

また、waterにtheが付いていますが、これは「*その川*の水」という意味でしょうか。例えば飛行機...続きを読む

Aベストアンサー

the boat was hauled
そのボートは引かれた

out of the water
水の中から


●"into water"になるのではないでしょうか。
それでは「引きずり込む」と逆の意味になります。例えばワニが獲物を水中に引きずり込む様子を想像してください。「沈没船を引き揚げたら、行方不明者の全員の死亡が確認された。」というニュースです。

●waterにtheが付いていますが…、
引き揚げ作業の前に沈没している地点が分かっていたから the がついているのです。「作業している場所の水中から引き揚げられた」のです。川や海の差はありません。the がなければ、全くの予想外の場所で、捜索とは無関係に偶然に引き揚げられたように伝わります。例えば。釣りをしている人が、海底のゴミでも釣り上げたみたいなイメージです。沈没船が偶然引き揚げられることはありえませんので、the がないと、ものすごく不自然な文になります。

Q雷雨

雨と雷雨の違いを教えてください。
予報じゃなくて結果の方でいいです。
1回でも雷が鳴ったら雷雨というのですか?
もし、天気を発表する人が雷が鳴ったことに気が付かなくて「おい鳴ったぞ(もしくは光ったぞ)」と言って抗議したらどうなるのですか?

Aベストアンサー

雨はどれだけ少量でも雨なんですが、予報の場合の降雨確率は1mm以上の雨が降る確率ですね。
一方、雷雨とは、雷を伴う雨のことで、
雷とは、雷電(雷鳴および電光)がある状態。電光のみは含まない。 と気象庁のHPにありました。

以下は推測なんですが、
極端に言えば、気象庁の(各地の気象台のこと)担当者が気が付かなければ雷は鳴らなかったことになるのだと思います。というのは、
・今は機械測定ですが、つい最近まで、地震の震度は担当者が体で判断していました。
・桜の開花日は一般に気象台内の、特定の桜の木で判断していました。
・雷鳴があった、と言っても遠くの方では聞こえないわけですからどこかで判断するしかない。
こんなところからの推測です。もちろん実際には、同僚から「おい、今雷が鳴ったのが聞こえなかったのか!」なんて言われているのかも知れませんが。

最後に質問とは直接関係ないですが、天気予報とは「予報発表時から明後日までの風、天気、気温、降水確率などの予報」のことで、(府県)天気概況は「天気に影響する低気圧や前線などの現況と今後の推移および天気の現況と今後の推移を簡潔に示したもの」だそうです。下記参考URL。

参考URL:http://www.kishou.go.jp/

雨はどれだけ少量でも雨なんですが、予報の場合の降雨確率は1mm以上の雨が降る確率ですね。
一方、雷雨とは、雷を伴う雨のことで、
雷とは、雷電(雷鳴および電光)がある状態。電光のみは含まない。 と気象庁のHPにありました。

以下は推測なんですが、
極端に言えば、気象庁の(各地の気象台のこと)担当者が気が付かなければ雷は鳴らなかったことになるのだと思います。というのは、
・今は機械測定ですが、つい最近まで、地震の震度は担当者が体で判断していました。
・桜の開花日は一般に気象台...続きを読む

Qboatの他動詞はあるのでしょうか?

こんにちは。分からないことがあります。

動詞としての"boat"を手持ちの辞書で調べてみると、自動詞しか見付かりません。boatの他動詞は無いのでしょうか?

ちなみに私は英語が苦手です。あんまりたくさんの例文があると、ウッ!となってしまいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

━━[動](自)船で行く;ボートをこぐ;舟遊びする;ヨットに乗る

・go boating on the river
川へ舟遊びに行く

・boat down [up] the river
川をボートで下る[上る].

━━(他)

1 …をボート[船]で運ぶ.

2 〈オールを〉収める.
以上:http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=boat&dtype=1&dname=1na&stype=0&pagenum=1&index=00838800 からの引用。

以上のように、オンラインのYahoo辞書にも載っています。
ですから、他動詞としても使えます。

Q桜が咲く時期になぜ雨が降るのでしょうか(少し時期はずれですが・・・)

少し時期外れになってしまいますが、桜が咲く時期に必ずと言っていいほど雨が降りますよね?
雨が降ると、桜が散ってしまうんじゃないか?とか
今年は長く持つかな?と毎年のように思っています。
何故、桜の時期に毎年雨が降るのでしょうか?
分かりやすい言葉で回答くださるとありがたいです。

Aベストアンサー

冬には大陸が高気圧域で太平洋が低気圧、夏には太平洋が高気圧で大陸が低気圧が基本的な気圧配置です。日本付近では、冬には西高東低の冬型の気圧配置、夏には太平洋高気圧にすっぽりと包まれた気圧配置がもっともでやすく安定しています。上空のジェット気流も日本の北や南に遠ざかっています。
一方、春や秋には両方の気団のせめぎ合いがあり、ちょうどその境目には気圧の谷ができるため、天気が悪くなります。また、ジェット気流が日本の上空を通過する位置に来るため、高気圧や低気圧が次々にやってきて、天気をかえるのです。

QRie fuの『Life is Like a Boat』と『Rie fu』

この2つを買われ方にお聞きしたいです。

シングル『Life is Like a Boat』では歌詞カードに少し英訳があったと思うのですが、アルバム『Rie fu』の方の『Life is Like a Boat』には英訳はありますか?

くだらない質問で申し訳ないですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

アルバム『Rie fu』の方の『Life is Like a Boat』を持っています。
こちらには英訳はないようです。
対訳(日本訳)は入っています。

Q雷って何色?

蒼っぽい気がするんですが
おおくは基本的に何色なんですか?あれは

Aベストアンサー

雷そのものは全光色(白色)の光です。

周囲の環境や、距離などで、様々な色に変化します。
太陽の色が、日中(白色)と夕焼け(赤っぽい)で色が変化するのと同じ様な理屈です。

参考URL:http://gigazine.net/news/20080808_lightning_storms_light/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報