出産前後の痔にはご注意!

ふと疑問に思ったのですが、
登録商標というのは、
キリン、きりん、麒麟の3つは
それぞれ別に登録しないといけないものなのでしょうか。
KIRINなど、表記の違いはどう扱われるのでしょうか。
同じ表記で読みが違う場合もあると思いますが、
そういうものは? このへんを解説してあるよいホームページ
などありましたら、教えて頂けませんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

商標は自分が権利を得たいものについてだけ出願をするものなので、「登録しないといけない」ということはありません。



しかし、登録すれば登録しただけ、自分の権利が広がり、似通った他人の商標について文句をいえる可能性が高くなります。

なぜかというと、商標同士が似通っているかどうかは、読み方、見た目、商標から連想されるイメージ、の3つを総合的に判断して決定されるからです。

ご質問の中にあった例で説明すると、
キリン、きりん、麒麟
はすべて読み方は「きりん」と判断されます。したがって、読み方が「きりん」である商標を同種の商品に使った人対しては差し止めの請求や損害賠償の請求などができます。

「KIRIN」はまさしく「きりん」と読むと判断されるので、他人がこれを使った場合、3つのどの商標に基づいても差し止め等が可能でしょう。

そうすると、3つの商標権の効力は同じで、わざわざ3つの商標を取得する必要はないように思われるかもしれません。

しかし、もし他人が「キリソ」という商標を使ったらどうでしょう。この場合読みは「きりそ」とでもなるかもしれません。そうすると、この読み方がキリン、きりん、麒麟の読み方と似ているとはいえません。

しかし、「キリン」と「キリソ」は明らかに見た目が似ています。ですので、おそらくこの場合、「キリン」の商標に基づいてなら差し止めや損害賠償が可能になるでしょう。その意味で、いろいろなパターンを登録しておく意味が出てきます。

ということで、登録すればしただけ保護の範囲が広くなる、ということなのです。

同じ表記で読みが違う場合、ですが、同じ表記をする以上、ほぼ間違いなく類似だと判断されます。たとえば誰かが「麒麟」という商標を使って、「これはきりんと読むのではない!ジラフと読むんだ!」といっても、これは通用しない、ということになります。

だいたいこういうことになりますが分かりやすかったでしょうか・・・。「このへんを解説してあるよいホームページ」とのリクエストでしたが、これは見つけることができませんでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、常識的に同じものは同じ、類似している
ものは同じで、表記の違いは無関係というのが
基本なのですね。

お答えありがとうございました。

お礼日時:2004/12/14 12:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商標の表示

漢字登録の商標をひらがな(カタカナ)で表示する場合、
(登録商標:大魔神→だいまじんorダイマジン)
それは商標として主張は可能でしょうか?

レジスターマークをつけたら虚偽表示になっちゃうのでしょうか??

Aベストアンサー

 改めましてこんばんは。

>漢字商標の権利者が自分の場合です。

 なるほど(^^)そういう場合ですね。

 商標権は商標権者の保護のための制度ですから、商標権者が自己の商標権によって保護される範囲の「類似商標」を使うこと自体は商標権の侵害が生じないので、問題はないと考えてよいと思います(あくまで私見です・・・ごめんなさい)。
 ただし、あまり考えられないのですが、それが第三者の権利を侵害する形になれば別です【先の例を前提に、たとえば質問者様が掃除機で「大魔人」の商標を登録しており、後にA農薬会社が「ダイマジン」という商標(未登録商標)の農薬を作ったとしましょう。A社の農薬と質問者さまの掃除機では誤認の恐れがないため、質問者様の商標権は及びません。A社の農薬名「ダイマジン」が商標として定着した後、質問者様が肥料を作り、それに「大魔人」とつけたとすると、その肥料につけた「大魔人」の名称は不正競争防止法第2条第1項第1号に抵触する可能性が非常に高くなります】。


 不正競争防止法(第2条第1項の抜粋)
第2条 この法律において「不正競争」とは、次に掲げるものをいう。
1.他人の商品等表示(人の業務に係る氏名、商号、商標、標章、商品の容器若しくは包装その他の商品又は営業を表示するものをいう。以下同じ。)として需要者の間に広く認識されているものと同一若しくは類似の商品等表示を使用し、又はその商品等表示を使用した商品を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、輸入し、若しくは電気通信回線を通じて提供して、他人の商品又は営業と混同を生じさせる行為


>レジスターマークをつけたら虚偽表示になっちゃうのでしょうか

 はい。先の例の場合は「大魔人」が登録された商標であって「ダイマジン」は商標そのものではないので(類似商標を排除するという商標登録の保護の範囲にあるという次元の話なので)、登録商標を表すマークはつけられません。

 改めましてこんばんは。

>漢字商標の権利者が自分の場合です。

 なるほど(^^)そういう場合ですね。

 商標権は商標権者の保護のための制度ですから、商標権者が自己の商標権によって保護される範囲の「類似商標」を使うこと自体は商標権の侵害が生じないので、問題はないと考えてよいと思います(あくまで私見です・・・ごめんなさい)。
 ただし、あまり考えられないのですが、それが第三者の権利を侵害する形になれば別です【先の例を前提に、たとえば質問者様が掃除機で「大魔人」の商標を登録...続きを読む

Q同一の呼名で表記が異なる場合の標準文字商標

アルファベットとカナの違いだけで
呼び名が同じ様なモノは
どういう形で出願すればよいのでしょうか?
当方、電子出願の環境はあるのですが、なにぶん商標出願は初めてで。
プロにお願いする予算が無く。。。
詳しい方がおられましたらご教示願いたく。

例えば登録したいのが「ほげほげCat」として

「ホゲホゲキャット」「ほげほげCAT」「ホゲホゲC@T」など
異なる表記についても権利を主張できるような方法が知りたいのです。

特許電子図書館で商標検索すると
/区切りでアルファベットの表記とカナの表記と併記してある
ものを見かけますが、たいてい図形というか画像が付いております。

画像なしで
ほげほげCat/ホゲホゲキャット/ほげほげCAT/ホゲホゲC@T
というような併記は可能なのでしょうか?

それとも「ホゲホゲキャット」として登録できれば
別表記で同一呼称のものについても権利を主張できるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も質問者さんと同じような疑問を持ったので、特許庁へ直接メールで問い合わせをしました。そして、次のような回答をいただきました。

「商標を受けようとする商標に記載されたものが審査を経て登録になればそれとまったく同一の商標を使用して頂くこととなります。
つまり2段に記載されても結構ですが使用する際は1段づつバラバラに使用すると特許庁としましては登録された商標を使用しているとは証明することは出来ません。そこに記載してあるもののみ特許庁は登録として認めることとなりますのでご注意下さい。

なお標準文字の規定は2段記載や特許庁長官が指定した文字以外は認めらませんのでご注意ください。(1段記載の30字以内で全角記載)」

ということでした。

Qすでに商標登録されていた『言葉』の使用について。

はじめまして。最近、広告の勉強を始めたものです。商標登録のことで分からないことがあります。調べてみたのですが、よけいに分からなくなってしまいました。どなたか、お力をおかし下さい。

例えば、商標登録されている言葉『アイスバー』(『食品メーカーA』)があるとします。すると『アイスバー』という表現は、登録主の許可なしには、商品名には使用できませんよね?
そのとき、『食品メーカーB』に、様々なアイスキャンデーの商品があるとして、それらをまとめて、『アイスバー』というくくりにして売り出すのはダメなんでしょうか?
また、自社のホームページ上で商品カテゴリーを『アイスバー』として使用したりすることは、商標上の問題が出てくるのでしょうか?

分からなくて、困っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

勘違いなさっているようなので、アドバイスと思います。
法律では、言葉だけを商標登録するということにはなっていません。
詳しくは、商標法第6条第1項にあるように
「商標の使用をする一又は二以上の商品又は役務を指定して商標ごとにしなければならない。」とあります。
つまり、どんな”商品”に使う商標なのかを指定する必要があります。
法律では、45の区分があり、この各区分に分類される指定商品又は役務(サービスのこと)
の中から区分ごとに商品又は役務を指定して商標登録出願することになっています。

余談ですが、同じ区分の中であれば、複数の商品又は役務を指定して良いですし、
区分が複数にまたがっても、ひとつの商標登録願で出願することができます。

さて、ご質問に例示されているアイスバー(商標登録第2066729号)ですが、
指定商品を見ると、第29類:茶、コ-ヒ-、ココア、清涼飲料、果実飲料、氷
ということですので、アイスキャンデー,氷菓等のお菓子は
含まれていません。
従って、上記の指定商品においては、登録商標「アイスバー」は独占できますが、
お菓子においては今はだれが使っても良い商標です。

質問についてもう少し申し述べます。
指定商品を第30類:お菓子の「アイスバー」
という登録商標が仮にあったと仮定します。
この仮定において、この登録商標の商標権侵害になるかならないかは
主に、登録商標「アイスバー」のアイスバーという部分に
自他を識別する
識別機能があるかないかで大別できるかと思います。
これについては、特許庁ホームページにて、リンク先の
審査基準をご覧になるのが分かりいいと思います。
どういう場合に商標登録になるのかの概要がわかるかとおもいます。

「アイスバー」に識別機能がある場合。
アイスバーに識別性がある場合、あなた様がご使用した商標が、
商標法第2条に定義されている標章の使用に入れば商標権の侵害になります。

「アイスバー」に識別機能が無い場合。
「アイスバー」のように商標法第3条第1項柱書き及び同条第1項第1号には、
普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標は
商標登録できない旨規定されています。
ですので、普通に用いられない方法で表示した標章または、アイスバー以外に例えば、識別性のある図形場合においては、
普通名称である「アイスバー」が登録要件を満たす場合があります。
普通に用いられない方法とは、例えば、特徴のある字体で書かれた場合等があります。
この場合、アイスバーの字体の書きっぷりに識別性が
あるので、この書きっぷりが同じ「アイスバー」という商標あるいは、
この書きっぷりが似ている「アイスバー」という商標をあなた様が
ご使用になった場合、商標権を侵害するものと思います。

「アイスバー」以外の商標においては、様々なケースがあり、ケースバイケースになるものと思います。

以下は考察です。
IPDLで
「(商標:?バー)AND(類似群コード:30A01)」
で検索すると、
お菓子に類似する指定商品で、末尾に”バー”の付く登録商標が検索できますが、
この検索結果の中に、「アイスバー」そのものの登録は見られませんでした。
また、この検索結果の中に、ミルクバー,チョコバー,フローズンバー等の「(品質,原材料)+バー(形状)」
といった標章を含む登録商標は散見されますが、
いずれも、図形や会社名等を付けた形で登録になっています。
専門家でないので断定はできませんが、
お菓子においては、アイスバーは普通名称と考えて、
識別機能が無い言葉であると考えて良いのではないでしょうか?
従って、あなた様が「お菓子」の紹介ページに使うこと
になんら支障は無いものと思います。

ご質問が例示でしたので、ご懸案のものが他にあるものと思われますが、
そのご懸案のものについて、ご心配であれば、
発明協会等が弁理士等の専門家を招いて主催する
無料の発明相談会があると思いますので、
こちらで弁理士等に直接ご相談なさるのが確実と思います。
お問い合わせは、あなた様のお住まいのお近くの発明協会にどうぞ。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/syouhyou_kijun.htm

勘違いなさっているようなので、アドバイスと思います。
法律では、言葉だけを商標登録するということにはなっていません。
詳しくは、商標法第6条第1項にあるように
「商標の使用をする一又は二以上の商品又は役務を指定して商標ごとにしなければならない。」とあります。
つまり、どんな”商品”に使う商標なのかを指定する必要があります。
法律では、45の区分があり、この各区分に分類される指定商品又は役務(サービスのこと)
の中から区分ごとに商品又は役務を指定して商標登録出願することになっ...続きを読む

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/


人気Q&Aランキング