こんにちは.初めて書込みします.現在,Red Hat Linux 7.1 Jをインストールしてメイルサーバの構築をしております.しかし,以下のような問題が勃発して非常に困っています.
(1) ホストからクライアント(WindowsNT)へ送信できるが,
クライアントからPOPでメイルを受信することができない.
(2) クライアントからのftp,telnetができない.

現在の設定は,ファイアウォールはipchainsですべてACCEPTに設定しており,
sendmail,qpoperの設定もしています.さまざまなサイトで似た状況を見受け,
参考にしているのですがどうもうまくいきません.

こんな知識の浅はかな私に御教示,御鞭撻のほど宜しく御願い致します.

では.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

xinetdの設定は確認しましたか?


/etc/xinetd.d/*にftp,telnet,qpopperの設定
ファイルがありますか?

さらに TCP Wrapperの設定は大丈夫ですか?

この回答への補足

私は,同サイトの掲示板
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=57002
を参考にしているのですが,
どうも
/usr/local/etc/の中にも
/usr/local/lib/の中にも
popperがないので,そのためかとも思い始めているのですが…
分かりません.

補足日時:2001/08/05 15:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

selenity様、早速アドバイスありがとうございます.
ご指摘のファイルですが,
/etc/xinetd.dの中には,wu-ftpd,telnetファイルはありましたが
qpopperがありませんでした.

TCP Wrapperの設定は/etc/hosts.allow,hosts.denyですると思うのですが
(間違っていたらご指摘御願いします!),その2つのファイルの中身は
デフォルトのままでいじっていません.


なんとかがんばってサーバ立ち上げたいです.
さらなるご意見、御忠告のほどどうぞ宜しく御願い致します.

お礼日時:2001/08/05 14:59

既に、2番目の回答で、Sendmailは解決のことと思います。



これから先は、ojinの独り言です。

telnet/ftpがクライアントから、使用できない。
最近のLinuxは、wu-ftpdが使用されているようです。
wu-ftpd(Wuarchive ftpd)、これは、Wasington Universityのプロジェクトチームで開発されたものらしいです。

/etc/xinetd.d/
ディレクトリーに、telnet、wu-ftpdのテキストファイルがあると思います。

telnetの内容:

 flags = REUSE
socket_type = stream
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/in.telnetd
log_on_failure += USERID
disable = yes (この部分を"no"にします。)

telnetの起動は、/usr/sbin/in.telnetdあるいは、再起動です。次回のログインから、使用可能です。ただし、導入の時に、telnetを組み込んであることが必要です。ブートするときに流れてゆく、ブートシーケンスの中に、tcpや、telnet、ftpサーバデーモンが起動したかも確認しましょう。

wu-ftpdの内容

 flags = REUSE
socket_type = stream
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/in.ftpd
server_args = -l -a
log_on_success += DURATION USERID
nice = 10
disable = yes (この部分をnoにする)

 wu-ftpdの起動は、/usr/sbin/in.ftpd -l -a、あるいは、再起動で、ftpをクライアントから使用可能となります。

もう一つの独り言

http://www.webmin.com
のURLから、webmin-0.87.tar.gz (redHatだからといって、rpmをダウンロードしないこと、カストマイズ無しに一気にシステムを構築してしまいます。)

ダウンロードした、webmin-0.87.tar.gzを、
# cp /usr/local
# cd /usr/local
# gunzip webmin-0.87.tar.gz
# tar (-)xvf webmin-0.87.tar
# cd webmin-0.87
# ./setup.sh

途中省略

ポート番号:10000(ディフォルトでOK)
Username : 任意 (ディフォルトは"admin" - 何でも可)
passwd : 任意
retype passwd :

最後に、立ち上げ方法が一行出てきます。

http://<host名または、IPアドレス>:10000/

ブラウザーから、'webmin'が立ち上がります。
Username
Password
を入力して、ログインします。
Serverタブをクリックして、Sendmailアイコンをクリックして、Sendmailの環境を設定しましょう。でも、GUIの環境で設定すると、起動や、システム構成を理解できないことになるのかなあ?


ojinの独り言でした。
あ、忘れました、環境は、redHat 7.1J FTP(雑誌の付録です。)

hogehoge ojin
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hogehoge ojin 様,御指導ありがとうございます.現在とりくんでいるのですが,
うまくいかないのではじめからやりなおしています.また,なにかありましたらアドバイス御願い致します.では.

お礼日時:2001/08/07 13:16

昔、自分がredhat7.0で使っていたドキュメントです。


見てのとおり、どこかのページで書いていたdocを
自分なりに解釈しました。違ってたら御免なさい。

参考になれば。。ちなみにAPOP用に作ってます。
POPでも、十分使えます。
server_args = qpopper -s -p2
をかえればいいだけです。

詳しくは、tarballの中のdocを参考にしてください。
一応私はこれで動かしてました。

ちなみに、今はver4系に上がっていますのでそちらを推奨します。

健闘をお祈りさせていただきます。
ではでは。



>:my PCでやった場合。

使用するツール
qpopper Ver.2.53
>qpopper Ver.3.1.2
 

インストール
1.popという ユーザIDのアカウントを作成
>adduser pop
>passwd pop
#任意のパスワードを設定

2.ファイルを解凍する
% uncompress qpopper2.53.tar.Z
% tar -xvf qpopper2.53.tar

>cd /home/pop
>tar zxvf qpopper3.1.2.tar.gz

3.makeに関する設定をする

% cd qpopper2.53

>cd qpopper3.1.2


% ./configure --enable-apop=/etc/pop.auth --with-popuid=pop

>./configure --enable-apop=/etc/pop.auth --with-popuid=pop

#POP3のみ対応の場合はoptionをつけない

4.実行ファイルを作成し、インストールする

% make
% cp popper /usr/local/etc/.

>make
>cd popper
>cp popper /usr/local/lib

5. inetd.confの編集
以下の行を追加
pop3 tcp /usr/local/etc/qpopper qpopper -s

red_hat7.0では以下を追加。
>vi /etc/xinetd.d/pop3
---------
# default: off
# description: The POP3 service allows remote users to access their mail \
# using an POP3 client such as Netscape Communicator, mutt, \
# or fetchmail.
service apop3
{
disable = no
socket_type = stream
wait = no
user = root
server = /usr/local/lib/popper
server_args = qpopper -s -p2
port = 10110 #使うポート番号#
log_on_success += USERID
log_on_failure += USERID
}

-----------

6.servicesの編集
>vi /etc/services
---
以下の行を追加
apop3 10110/tcp apop3 # apop qpopper
----

7.inetdの再起動

% kill -HUP <inetdのprocess番号>

>ps auxw | grep xinetd
>kill -HUP <xinetdのprocess番号>

これで、qpopperはport:10110で動き出しました。

---------pop3 のみの場合はここまで -------------

8. popauth のインストール

% cp /home/pop/popauth /usr/local/bin/.
% chown pop /usr/loca/bin/popauth
% chmod u+s popauth

>cp /home/pop/qpopper3.1.2/popper/popauth /usr/local/bin
>chown pop /usr/local/bin/popauth
>chmod u+s popauth

9.APOPで使用するデータベースファイルの初期化
% popauth -init
>popauth -init

10.APOP で新しい USER を追加するには root か pop で
% popauth -user <user>
>popauth -user <user>

11.APOP で USER を消去するには root か pop で

% popauth -delete <user>
>popauth -delete <user>

12. USER 自身によるAPOPの設定と、パスワードの変更

% popauth
>popauth

ちなみにここで設定したパスワードはapopでの認証でのみ使われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Cedar様,丁寧な解説ありがとうございました.
アドバイスを参考に頑張って取り組みたいと思います.
勉強不足でまた掲示板に書き込みすると思いますが,
掲示板で見受けた時には,厳しいご意見等
今後とも宜しく御願い致します.
それでは.

お礼日時:2001/08/06 11:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサーバのクライアントアクセスライセンスについて

NTサーバのクライアントライセンス(CAL)にカウントされるのは
以下のどれとどれでしょうか?
よろしくお願いします.

1.サーバ上の共有フォルダへのアクセス
2.サーバ上の共有プリンタへのアクセス
3.サーバ上のSQLサーバDBへのODBC接続
4.サーバ上のオラクルDBへのSQL*Net接続
5.サーバに対してのHTTP接続(IIS)
6.サーバに対してのFTP接続
7.サーバ利用側が独自に開発したUDP/TPCポートを使用したサーバ型サービスに対するアクセス
8.サーバに対してPINGを行う(まさか)



特にwwwサービスへのアクセスがクライアントライセンスにあたるのかが知りたいです.あたらないですよね??
これが抵触するとしたら,膨大なライセンスが必要になってしまうとおもいましたので...

よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

> 7.サーバ利用側が独自に開発したUDP/TPCポートを使用したサーバ型サービスに対するアクセス

ユーザ認証がアプリケーション独自のものであり、Windows2000の統合サインオンサービスを利用していない場合は CAL不要です。


> 特にwwwサービスへのアクセスがクライアントライセンスにあたるのかが知りたいです.あたらないですよね??

WindowsNTのIISは CAL不要でしたが、Windows2000のIISでアクセスを登録ユーザだけに制限している場合は CALが必要になります。
しかし、登録ユーザが数千、数万となった場合にコストがかかり過ぎるため、CALを代替するライセンスとしてインターネットコネクタライセンスがあります。インターネットコネクタライセンスを購入したサーバでは無制限アクセスが許可されます。

QRed Hat Linux Version 9にPHP,SQL,Perlを入れたい

簡単に書きます。

Red Hat Linux Version 9にPHP,SQL,Perlをインストールしたいのですが、どういった手順でどこからDLして・・・など教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

Red Hat 公式サイトの以下のダウンロードページから落とせます。
「Keyword」に検索キーワードを入れて「Search」ボタンを押すと
該当するパッケージの一覧が表示されます。
そこで右側の「Download」の文字をクリックし、ftp または http を選んで
またクリック、お好きなディレクトリに保存してください。

それから一口に「SQL」といっても PostgreSQL と MySQL がありますが、
速度面のアドバンテージでは MySQL に軍配が上がりますし、
PostgreSQL はフリーのデータベースとしていち早く実績を積み上げてきています。

ちなみに、Linux+Apache(ウェブサーバ)+MySQL+PHP の連携システムは
「LAMP プラットフォーム」と呼ばれ、コストパフォーマンスに優れた
ウェブデータベースを構築する定番の組み合わせとみなされています。

落としてきた rpm パッケージは

$ su - # ここで root になる
# rpm -Uvh パッケージ(例:mysql-3.23.52-3.i386.rpm)

以上の手順でインストールできます。

しかし Perl は標準ではインストールされていないのですか?
FreeBSD ではベースシステムから Perl が外れたことは知っておりますが。

・Red Hat Downloads
http://www.redhat.com/apps/download/results.html?search:query_cb=Development&search:fields=group&search:go=1&search:source=rpm

参考URL:http://www.fukumi.co.jp/tips/postgresql.htm

Red Hat 公式サイトの以下のダウンロードページから落とせます。
「Keyword」に検索キーワードを入れて「Search」ボタンを押すと
該当するパッケージの一覧が表示されます。
そこで右側の「Download」の文字をクリックし、ftp または http を選んで
またクリック、お好きなディレクトリに保存してください。

それから一口に「SQL」といっても PostgreSQL と MySQL がありますが、
速度面のアドバンテージでは MySQL に軍配が上がりますし、
PostgreSQL はフリーのデータベースとしていち早く実績を積み上...続きを読む

QLAN側のクライアントPCのブラウザから同LAN内にあるサーバに割り当ててあるドメインへのアクセスができない

【質問】
LAN側のクライアントPCのブラウザから同LAN内にあるサーバに割り当ててあるドメインへのアクセスができません。どなたかどこに問題があるかわかる方はいらっしゃいますでしょうか?

以下に、現在の環境、状況を記述します。

【環境】
自宅サーバー(VineLinux+Apache)を立ち上げています。回線はYahooBBで、ルータはYahooBBブロードバンドルータを利用しています。
ネットワーク構成ですが、
WAN側─ルータ┬─サーバー(192.168.3.10)
          └─クライアント(192.168.3.*)
上記のようになっています。
クライアントのプライベートIPはDHCPで割り当ててます。サーバーに割り当てているドメインをtest.jpと仮定して下さい。(DNSサーバはWAN側にあります)

【状況】
・WAN側のPCのブラウザからhttp://www.test.jpへのアクセスはできています。
・LAN側のクライアントPCのブラウザからサーバのプライベートアドレス(192.168.3.10)へのアクセスはできています。
・LAN側のクライアントPCのブラウザからWAN側にあるプロキシサーバーを利用してhttp://www.test.jpへのアクセスはできています。
★LAN側のクライアントPCのブラウザからhttp://www.test.jpへのアクセスができません。
・LAN側のクライアントPCからtest.jpへPINGは通ります。

以上です。
よろしくお願い致します。

【質問】
LAN側のクライアントPCのブラウザから同LAN内にあるサーバに割り当ててあるドメインへのアクセスができません。どなたかどこに問題があるかわかる方はいらっしゃいますでしょうか?

以下に、現在の環境、状況を記述します。

【環境】
自宅サーバー(VineLinux+Apache)を立ち上げています。回線はYahooBBで、ルータはYahooBBブロードバンドルータを利用しています。
ネットワーク構成ですが、
WAN側─ルータ┬─サーバー(192.168.3.10)
          └─クライアント(192.168.3.*)
上記...続きを読む

Aベストアンサー

WAN--(GIP)ルータ(LIP)--(LIP)サーバ
          └-(LIP)クライアント
GIP:グローバルIPアドレス
LIP:ローカルIPアドレス

という状況ですよね?
www.test.jpのIPアドレスは、上記GIPになりますね。

外から接続すると、
WAN→ルータGIP→(ルータLIPを通って)→サーバLIP
という風に接続するようにルータにNATの設定をしていることと思います。

クライアントがサーバLIPでアクセスするときには、
クライアントLIP→サーバLIP
と直接接続することかとおもいます。

で、問題のクライアントがhttp://www.test.jpにアクセスする場合ですが、
クライアントLIP→(ルータLIPを通って)→ルータGIP
とアクセスするようになります。

このとき、ルータの機能として、
クライアントLIP→(ルータLIPを通って)→ルータGIP→(ルータLIPを通って)→サーバLIP
となる機能があるルータなのでしょうか?

一般的なルータであると、
ローカルからルータのグローバルにアクセスした場合には転送しないというものが多いです。

その機能があり、うまくいかないのであれば、ルータのメーカーに問い合わせてみたほうがよろしいかとおもいます。

pingの場合は、ルータが返答しているのでしょうから、問題がないとなっても別に上記に矛盾しません。

WAN--(GIP)ルータ(LIP)--(LIP)サーバ
          └-(LIP)クライアント
GIP:グローバルIPアドレス
LIP:ローカルIPアドレス

という状況ですよね?
www.test.jpのIPアドレスは、上記GIPになりますね。

外から接続すると、
WAN→ルータGIP→(ルータLIPを通って)→サーバLIP
という風に接続するようにルータにNATの設定をしていることと思います。

クライアントがサーバLIPでアクセスするときには、
クライアントLIP→サーバLIP
と直接接続することかとおもいます。

で、問題のクライアン...続きを読む

QBフレッツを使用してLinuxサーバー(PPPoEのクライアントの設定)

Bフレッツを使用してLinuxサーバーを構築しようと思っています。
PPPoEのクライアントにするため、pppとrp-pppoeのパッケージをインストールしました。ADSLの場合、adsl-setupコマンドを使用してPPPoEのクライアントの設定をしますが、光を使用している場合、どのようにしたらよいでしょうか?
また、
ADSLの場合は、
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ppp0
に、
DEVICE=ppp0
TYPE=xDSL
と記述しますが、光の場合、TYPEはどのようにしたらよいですか?

Aベストアンサー

そのままXDSLのままでいいかと思います。Bフレッツに相当するものはなかったと思いますので。

Qサーバーのクライアントアクセスライセンスについて

現在、仕事で、Windows2000Serverを使っています。
用途を分けるために、新たにサーバーの購入を検討しています。今まで使用していたサーバーも継続して使用します。
ここで質問ですが、今まで使用していたサーバーのクライアントアクセスライセンスは購入していますが、新規で購入するサーバーの分もライセンスを購入しなくてはなりませんか?
使用人数は40名です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まずクライアントアクセスライセンスモードが
『接続クライアント数モード』(WindowsServer2003の場合は「接続デバイス数または接続ユーザー数モード」)
と『同時使用ユーザー数モード』のどちらかを使っているかで変わります。
さらに新規サーバがWindowsServer2003の場合そのCALの数え方も変わってきます。

今回のような場合、基本的に1台のPCが2台のサーバに接続するのなら「接続クライアント..」で現行の40のまま
「同時接続...」で40追加(合計80)CALが必要になるでしょう。

こちらにライセンスに関して詳細に書かれています。
該当する製品をご確認ください。
(たぶん4-13だけで大丈夫でしょう)
http://www.microsoft.com/japan/licensing/guide/default.asp


基本的に、MSのサポートに問い合わせ「製品購入に関する問い合わせ」を行うのが確実でしょう。
http://www.microsoft.com/japan/customer/info/default.aspx

まずクライアントアクセスライセンスモードが
『接続クライアント数モード』(WindowsServer2003の場合は「接続デバイス数または接続ユーザー数モード」)
と『同時使用ユーザー数モード』のどちらかを使っているかで変わります。
さらに新規サーバがWindowsServer2003の場合そのCALの数え方も変わってきます。

今回のような場合、基本的に1台のPCが2台のサーバに接続するのなら「接続クライアント..」で現行の40のまま
「同時接続...」で40追加(合計80)CALが必要になるでしょう。

こちらにライセンスに関...続きを読む

QRed Hat7.1のインターネット接続について

パソコン初心者です。Windows Me が入ってるPCにRed Hat7.1を本に書いてあるとおりにインストールしてマルチブート環境にしました。ダイヤルアップ接続はうまくいったと思うのですが、Netscapeを起動したところ、インターネットには接続されません。どうやら、DNSが正しく設定されてないようなのですが(多分・・・)、どのように設定すればいいのかわかりません。どうか、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

この情報だけでは、回答するのは難しいと思います。
マルチブート環境と言う所は、余り今回の問題とは関係ないと思いますがWindows環境では接続出来ていて、Red Hat7.1では接続出来ないと考えてよろしいでしょうか?

■足りない情報としては、以下のものが有ると思います。

・参考にした本に書いてあるかもしれませんが、ダイアルアップ接続に使っているアプリケーションは、何を使っていてどんな設定を行ったのでしょうか?
(設定方法が分かないと間違いを見つけられません。勿論、個人情報には触れないような表現で書いてください。)

・モデムは何を使っているのでしょうか。(ダイアルアップが成功していれば問題ないかもしれませんが)

・Red Hat7.1側のダイアルアップがらみの設定は何を行っていますか?
(ダイアルアップ関係で、参考にした本に書いてあることを書いてもいいと思います。)

・また、お使いのプロバイダーのダイアルアップ時の設定方法はどのようになっていますか?


【DNSサーバについて】

...本題のDNSサーバーについてですが、とりあえず見つかった本に書いて有った事が参考になるかもしれませんので、書いておきます。

例えば、ダイアルアップにppxpを使っている場合には、クイックダイアルアップの詳細設定画面でresolv.confの作成にチェックがされていて、かつ接続相手のPPPサーバーがネームを教えてくれるならば/etc/resolv.confが作られるようです。
しかし、接続相手がこれを通知してくれない場合には明示的にネームサーバを設定する必要があるようです。
普通は、ISPからの書類などにDNSサーバーのIPアドレスについての記述があるようです。
自分では、継げていないのではっきりぢた事はいえないのですが。

/etc/resolv.confと言うのはどのネームサーバを参照するかなど、DNS関連ンの設定を行うファイルで、
nameserverに続けて参照するネームサーバのIPアドレスが記述されています。

この情報だけでは、回答するのは難しいと思います。
マルチブート環境と言う所は、余り今回の問題とは関係ないと思いますがWindows環境では接続出来ていて、Red Hat7.1では接続出来ないと考えてよろしいでしょうか?

■足りない情報としては、以下のものが有ると思います。

・参考にした本に書いてあるかもしれませんが、ダイアルアップ接続に使っているアプリケーションは、何を使っていてどんな設定を行ったのでしょうか?
(設定方法が分かないと間違いを見つけられません。勿論、個人情報には触れない...続きを読む

QWindows2000のクライアント アクセス ライセンスを確認する方法

Windows2000上のクライアント アクセス ライセンスを確認するには、どのような手順で実施すれば良いのでしょうか。ご教授宜しくお願いします。

Aベストアンサー

[スタート][プログラム][管理ツール][ライセンス]で、ライセンス数を確認できます。

QLinuxのqpopperの設定

Red Hat Linux 7 でイントラネットでqpopperでPOPサーバーを構築しようとしていますがどのユーザーからもアクセス拒否されてしまいます。何が原因でしょうか?Sendmailでは正しく送信されてユーザーがLoginしたときに新しいメールが届いているとメッセージは出ていますがクライアントマシンから接続できません。

Aベストアンサー

http://www.eudora.com/qpopper/faq.htmlによれば、以下の手順で
いけるようです。

a) RedHat7の場合/etc/xinetd.d にipop3 というのがあるのでそれを削除するか
他の場所に移す。そのかわりに以下のを pop3という名前で置く。

service pop3
{
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/local/lib/popper
server_args = qpopper -s
port = 110
}

b) /etc/hosts.allowに

popper:ALL

といったような行を追加する。

c) popperのソースのディレクトリで./configure を実行する際に、

./configure --with-pam=pop3

等とする。

d) /etc/pam.dに以下のようなファイルを追加する

[admin@mailhost qpopper3.1]$ cat /etc/pam.d/pop3
#%PAM-1.0
auth required /lib/security/pam_pwdb.so shadow
account required /lib/security/pam_pwdb.so
password required /lib/security/pam_cracklib.so
password required /lib/security/pam_pwdb.so nullok use_authtok md5 shadow
session required /lib/security/pam_pwdb.so

参考URL:http://www.eudora.com/qpopper/faq.html

http://www.eudora.com/qpopper/faq.htmlによれば、以下の手順で
いけるようです。

a) RedHat7の場合/etc/xinetd.d にipop3 というのがあるのでそれを削除するか
他の場所に移す。そのかわりに以下のを pop3という名前で置く。

service pop3
{
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/local/lib/popper
server_args = qpopper -s
port = 110
}

b) /etc/hosts.allowに

popper:ALL

といったような行を追加する...続きを読む

Qメンバサーバのライセンスはクライアント数必要ですか?

どうぞご教授願います。
現在ドメインコントローラ(以下DC)があり、ユーザー管理とドメイン参加の認証を行っております。
この度、メンバサーバ(以下M-SV)を新しく立ち上げるのですが、そのM-SVは特定業務を入れる為に、特定のクライアント(以下CL)しか参加しません。
M-SVにはSQL-SVも同時にインストしますので、SQL-SVのライセンスは接続台数分必要なのは分かるのですが、
M-SVのライセンスも業務に参加するCLの台数分必要なのでしょうか?
私はDCのライセンスがあればM-SVは不要と思ってました。
お手数ですがご教授宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

Windows Server 2003だと想定して回答します。

スタート>コントロールパネル>ライセンス
で表示される、クライアントライセンスモードで、製品:Windows Serverのモードが、
「接続デバイス数または接続ユーザー数」モードであれば、おそらく組織のデバイス全てまたはユーザー全てにCALがあるはずなので、メンバーサーバが増えたからといって、サーバーごとにCALを増やす必要はありません。

「同時使用ユーザー数」モードであって、クライアントがWindows Server 2003の機能を使う場合、サーバーごとにCALを増やす必要があります。

Windows Server 2003の機能とは、以下のものになります。

・認証サービス (ユーザーまたはアプリケーションの資格情報が本サーバー ソフトウェアとユーザーまたは本デバイス間でやり取りされる場合)
・ファイル サービス (ファイルまたはディスク記録装置へのアクセスと管理)
・印刷サービス (本サーバー ソフトウェアによって管理されるプリンタでの印刷)
・リモート アクセス サービス (仮想プライベート ネットワークを含む、通信リンクによる遠隔地からの本サーバーへのアクセス)

この中で問題になりそうなのは、認証サービスになります。

SQLserverを使用する特定業務アプリケーションが、Active Directoryのアカウントを認証などに使う場合は、Server OSの認証機能を使用するため、おそらくServer 2003のCALも必要だと思われます。

そうでなければ不要になる可能性もありますが、詳しくはアプリケーションベンダーまたはマイクロソフト(参考URL)に直接お問い合わせください。

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/customer/default.aspx

Windows Server 2003だと想定して回答します。

スタート>コントロールパネル>ライセンス
で表示される、クライアントライセンスモードで、製品:Windows Serverのモードが、
「接続デバイス数または接続ユーザー数」モードであれば、おそらく組織のデバイス全てまたはユーザー全てにCALがあるはずなので、メンバーサーバが増えたからといって、サーバーごとにCALを増やす必要はありません。

「同時使用ユーザー数」モードであって、クライアントがWindows Server 2003の機能を使う場合、サーバーごとにC...続きを読む

QLinux,RedHat7.3です。メールのルール設定です。

メールの設定で、任意のアドレスにきたメールを 例えば携帯のメールアドレスに
転送する設定ってできますか?
すみません ちなみにGUIではなく 仮想コンソール上です
お願いします おしえてください。
Linuxもサーバーも超初心者です。

Aベストアンサー

メールサーバは何をお使いでしょう?
sendmailの場合あなたのホームディレクトリに
.forwardというファイルを作って下さい。

/home/dipdip/.forward

.forwardファイルの中に転送先のメールアドレスを記述するだけで、メールサーバにdipdipさんに届いたメールはそのまま.forwardの指定先に転送されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報