カキ氷の歴史(始まり、由来)や幻のカキ氷はあるのかなどカキに関する情報提供をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

清少納言の「枕草子」にかき氷が登場してるそうです。



詳しくは、お菓子博物館「虎屋文庫」下記URLをご覧下さい。


http://www.toraya-group.co.jp/ginza/zinbutu/0107 …

参考URL:http://www.toraya-group.co.jp/ginza/zinbutu/0107 …
    • good
    • 0

かき氷のルーツは平安時代にあるそうです。


冬場の天然氷を氷室で夏まで保存しておいて、それをかいてあまちゃづるの樹液を煮詰めたシロップをかけて食べたそうです。
各地に、「氷室」とかいう地名が残っています。

清少納言は「枕草子」の中で、高貴で優美なものとして「あてなるもの」の一つに数えています。
「削り氷にあまずら入れて、あたらしきかななまりに入れたる」
あまずらとは、日本で古代から用いられた甘味料で、あまずら(植物)から採った汁を煮詰めて作ります。(「広辞苑」によると、あまずらは甘葛。甘葛は今のアマチャヅルに当たるといわれる蔓草の一種。また、その蔓草からとった甘味料をいう)。

そした、現代、7月25日は「夏氷の日」です。
725はナツゴと、やや苦しいごろ合わせで、史上最高の気温にもなるくらいだから、かき氷を食べるのにふさわしい季節、と日本かき氷協会が制定したそうです。
    • good
    • 0

歴史は以外と古く、平安時代から氷をかんなで削り砂糖蜜などの甘味をかけて食べていたようです。



氷が人口製造されるようになったのは明治16年ですが、
平安時代の宮廷では夏になると家臣たちに氷が配られる行事があったらしく、
そのために京都付近にいくつもの氷室を所有していたといわれます。

清少納言も『枕草子』の中で"削り氷"を口に入れた時の涼味の素晴らしさを書き残しています。
「削り氷にあまずら入れて、あたらしきかななまりに入れたる」
あまずらとは、古代から用いられた日本の甘味料で、あまずらと呼ぶ植物から採った汁を煮詰めて作る。(「広辞苑」によると、あまずらは甘葛。甘葛は今のアマチャヅルに当たるといわれる蔓草の一種。また、その蔓草からとった甘味料をいう)。

参考URL:http://www2.plala.or.jp/happy100/zatsugaku/kori/ …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q暑くなりましたね。そこで質問です。あなたは、かき氷の何味が好きですか?私は、イチゴ味のかき氷が好きで

暑くなりましたね。そこで質問です。あなたは、かき氷の何味が好きですか?私は、イチゴ味のかき氷が好きです。あと、トッピングは何をかけますか?練乳とか、ありますね。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はシンプルにイチゴ味のみ。
そういえば、トッピングは滅多に付けませんね〜

Q生食用の「カキ」と加熱用の「カキ」の違い

以前も同じような質問があったのですが、今回は少し突っ込んだ質問を…。

法律的に言うと「食品衛生法」で「生食用カキの規格基準」が定められていますよね。
加工基準に関しては、「殺菌した海水で十分洗浄」となっています。
で、実際のところなのですが「きれいな海水に2~3日つけておく」といった
洗浄の時間(期間)について決まりはないのでしょうか?
だとすると、かなりいい加減な基準のような気がします。

産地によってバラバラで、3日つけておくカキと、3時間しかつけていないカキが
いずれも「生食用カキ」として売られているのでしょうか?

Aベストアンサー

生食用の牡蠣は、保険所が定める指定海域で取れたものしか認められていないそうです。

食中毒を出すと、漁港のダメージはかなり大きいと思いますので
洗浄時間についての決まりはなくても、基準値は厳しく管理されていると思いますよ。


http://www.kenkou.metro.tokyo.jp/shokuhin/kaki/kaki01.html

参考URL:http://www.kenkou.metro.tokyo.jp/shokuhin/kaki/kaki01.html

Qかき氷のシロップ(ブルーハワイ)を使って、何かできますか?

食品庫を整理していたら、ブルーハワイが余っていました。
かき氷以外で、何かデザートはできないでしょうか?
また、他に使い道があったら、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

夏らしいシロップが出てきましたね♪

いろいろできますよ

★ゼリー★
今回は炭酸水(なければサイダー)を使ってもっと夏らしく!
ゼラチンは大体 大さじ2くらいの水で戻しておきます
サイダーを少しだけ火で温め 戻したゼラチンをいれ
溶かします
さめてきたら残りのサイダーとシロップをいれて
器にうつし冷蔵庫で固めます

アレンジとして グラスなどの半分まで最初に固め
固まったら果物をいれて残りのゼリーを入れると
果物が浮いた感じのゼリーができます

底にブルーハワイ入りのゼリー 上にサイダーゼリーの2色もお勧めです

★フラッペ★

四角いバットに水で薄めたブルーハワイとレモン汁 お好みでリキュールを入れます
両はバットの6文目くらい
濃さは味見をしながら決めますが 少々甘めにしてくださいね

冷凍庫で固めます 1時間おきくらいに かき混ぜます
マメにかき混ぜるとシャリシャリした舌触りのよいシャーベットができます

★カクテル★

お好みのリキュールもしくは焼酎でもいいです
濃さはお好みで…
水でわっても炭酸水でわってもいいです
果物を入れれば お手軽な トロピカルカクテル ができます

お子様用には サイダーや水だけで割って パイナップルやみかん・チェリーの缶詰を浮かべてみては!


他に生クリームに混ぜて 水色のクリームを作ってもお洒落です
 
また思いついたら書かせて頂きます♪

夏らしいシロップが出てきましたね♪

いろいろできますよ

★ゼリー★
今回は炭酸水(なければサイダー)を使ってもっと夏らしく!
ゼラチンは大体 大さじ2くらいの水で戻しておきます
サイダーを少しだけ火で温め 戻したゼラチンをいれ
溶かします
さめてきたら残りのサイダーとシロップをいれて
器にうつし冷蔵庫で固めます

アレンジとして グラスなどの半分まで最初に固め
固まったら果物をいれて残りのゼリーを入れると
果物が浮いた感じのゼリーができます

底にブルーハワイ入りのゼリー...続きを読む

Qカキ

カキが美味しい季節ですね。
家で作るカキフライはとても美味しいのですが、
剥き身の生牡蠣(生食用)はどのようにして食べるのが美味しいのでしょうか?生だと酢牡蠣くらいしか思い浮かびません。

Aベストアンサー

生食用を生のままというと酢牡蛎、紅葉おろしにぽんず、フランス風に、ウスターソース+ビネガー+ケチャップあるいは
殻つきを剥いたままでレモンを絞ってぐらいでしょうか。
剥き身でも加熱用のほうが実はおいしいのですよ。生食用より栄養分豊かな海域で育っているので、味わいが深いです。
フライでもてんぷらでも、鍋でも、牡蠣ご飯でも・・・
一押しは牡蠣餃子。片栗粉をまぶしてとき卵をくぐらせてから
ほっとプレートで焼いてポン酢で食べます。
いいシーズンですからいろいろ試してください。rがつく月はそんなに多くないですしね。

Q絶品イチゴシロップの作り方 保存方法 かき氷用

タイトルのとおりです。 

イチゴシロップの作り方を教えて下さい。 ちょっと調べたんですが、イチゴと水分が多いと、日持ちがしない。(少なくとも、8月いっぱいはもってほしい) シロップを冷凍すると、まずいみたいなことが書かれていたので、困っています。

多分、美味しいいイチゴシロップと日持ちするイチゴシロップは、レシピが違いますよね?どうなんでしょうか。

美味しいいイチゴシロップが日持ちしないなら、夏までイチゴを冷凍しておいて、必要な分づつ作る。冷凍することによって、味が変わってしまいますかね?

砂糖の分量を多くすれば、日持ちするみたいです。 夏が来た時に、水分を足して、薄めて使用するというのはどうでしょうか?

もうイチゴの季節が終わってしまいます。 困っているので、教えて下さい。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シロップの作り方自体が、砂糖漬けと加熱濃縮する方法があると思うのですが、
いちごを取り出したシロップは、冷凍しても味は変わらないと思うけど。そもそも凍らない。凍ってしまうならアイス程度の糖度しかありません。
生いちごを凍らせると、果肉の細胞が破砕されて、シロップを作ると味が濃くなります。その代わりに香りが減り、濁る。

大量に作って、8月まで持たせいたいなら、一番現実的な方法は、美味しいいイチゴシロップと日持ちするイチゴシロップを両方作ってブレンドすることだと思います。
生いちごとイチゴジャムといちごのコンポートは、それぞれ美味しさが違うじゃないですか。いちごの美味しさを取り出す方法がひとつじゃないから、複数の作り方がある。ブレンドは両方をいいとこ取りできるチャンスです。
2種類作ることで、どちらかが保存失敗したときの保険にもなります。

いちごシロップの保存性の問題は、水分量より、いちごの表面に天然酵母が付着しているので、加熱殺菌しないと自然発酵してしまう事に原因があります。
私なら、砂糖漬けで作ったイチゴシロップの半量を冷凍、半量はさらに砂糖と白ワインを添加して、腐敗しない濃度まで煮詰めて加熱殺菌し、瓶詰めして冷蔵保存して、必要な量をブレンドして使います。混ぜたときは2日程度寝かせます。
保存瓶は黒い瓶を使うか、新聞紙をまいて遮光しておかないと紫外線で赤色が分解されてしまいます。

シロップの作り方自体が、砂糖漬けと加熱濃縮する方法があると思うのですが、
いちごを取り出したシロップは、冷凍しても味は変わらないと思うけど。そもそも凍らない。凍ってしまうならアイス程度の糖度しかありません。
生いちごを凍らせると、果肉の細胞が破砕されて、シロップを作ると味が濃くなります。その代わりに香りが減り、濁る。

大量に作って、8月まで持たせいたいなら、一番現実的な方法は、美味しいいイチゴシロップと日持ちするイチゴシロップを両方作ってブレンドすることだと思います。
生いち...続きを読む

Qカキフライ

カキフライを初めて作ろうと思います
牡蠣はスーパーに『生食用』と『加熱用』が
ありました。
どちらを使えばよいのでしょうか?
またこの二つの違いはなんでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

取れた海域の「細菌の数」の違いです。
生食用は「細菌が少ないと認められた海域」で取れたもので、そのため細菌に汚染されている可能性が低いので生で食べられます。
一方の加熱用は「生食用が取れる海域でない海域」で取れたもの、細菌に汚染されている可能性が高いのでぶっちゃけた話「加熱殺菌してください」ってことです。

こう書くと生食用の方が良さげですが、加熱用にもいいことがあります。
それは「実が大きい」ことです。
海が汚れているのは逆説的には「牡蠣の栄養となるエサも多い」ことでもあり、総じて加熱用の方が成長が早く、結果大きくなります。
つまり、「どのみち加熱するするなら加熱用」の方がお得といえます。
まぁ要するに「パッケージに書いてあるとおり」だということです。

Qかき氷のブルーハワイに果汁って入ってますか?

入っているなら何の果物か教えてください!

Aベストアンサー

原材料:糖類(加糖ぶどう糖液糖、砂糖)、香料、酸味料、調味料(アミノ酸等)、保存料(安息香酸Na、パラオキシン安息香酸)、リン酸塩(Na)、増粘剤(キサンタンガム)、甘味料(サッカリンナトリウム)、合成着色料

入ってないようですねー

Qカキ(生食用)について。

こんにちは。

カキって生食用とそうでないのが2種類売っていますよね?
フライや炒め物をするときに、生食用のカキを使っても美味しく出来るのでしょうか?

いつも思うのですが、カキって生で食べた方が美味しくて、なんでフライにしたり火を通すと苦いんだろうって。
だから生食用を使った方が美味しくできるかと思ったのですが、間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

 牡蠣の食中毒となる菌を取り除くために、紫外線殺菌装置で殺菌した海水が循環している水槽に牡蠣をいれておくと、2,3日で菌のいない「生食用」牡蠣ができます。 
「加熱用」牡蠣は水揚げしてから何も処理を行っていません。
「生食用」は、2,3日餌をもらえない牡蠣でのでやせ細ります。
ですから、加熱して食べる分には、「加熱用」の方がおいしいです。

Q何味のかき氷が好きですか??

こんばんは♪
夏といえば、かき氷★っていう人も多いと思います(^^)

題名のとおりです。
何味のかき氷が好きですか?

最近は、コーラ味とかぶどう味とかもありますよね><

ちなみに、練乳はかけますか?

(私は、ブルーハワイが好きです。練乳はかけません…)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。面白い質問ですね。

順位をつけるなら
1.ノーマルな「みぞれ」
2.ピンクの「いちご」にソフトクリームのせ
3.「抹茶」に「あずき」に「白玉」
*すべてに練乳はかけません。

ちなみに地方別のカキ氷の種類があったので参考URLに入れてみました。

こちらも↓興味深かったです。
かき氷Wikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%8D%E6%B0%B7

参考URL:http://weekly.freeml.com/chousa/kakikori.html

Q加熱用と生食用のカキ

市販のカキには加熱用と生食用とありますが、あんまり値段がかわらないですよね~。
私の感覚からすると、生食用の方がすごく高くても不思議じゃないんですが、どうしてあまり値段に差がないんでしょう。
ご存じの方がいらっしゃいましたら是非その辺の事情を教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

生食用は清潔な海水で育てたカキを滅菌オゾン海水で数日間飼育して貝についたバクテリアを殺菌して出荷する物。加熱用は栄養分は豊富だがプランクトンが多く食中毒を起こす可能性が有る海域で育った物で、そのまま出荷するか、生食用と同じように滅菌海水で殺菌して出荷する物だそうです。

加熱用は栄養分の多い海域で育つので生食用よりおいしく、身もやや大きいそうです。こういったことで値段の差は差し引きゼロになってしまうのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報