ネットが遅くてイライラしてない!?

【癌・がん・ガン】体脂肪が増えると癌になるリスクが高まるそうですがなぜですか?

脂肪と癌はどういう繋がりがあるのですか?

A 回答 (6件)

癌は 弱った細胞が変形する物でして


体脂肪が多く新陳代謝が悪い人は
活性力に乏しくなるから可能性はゼロでは無いと言うだけの事です
何にしても体力が弱くなると 潜んでいた菌などが増殖しますから
病気になり
人はいずれ死ぬ
と言うだけの事です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2020/02/15 18:02

癌になるとは限りませんよ。

    • good
    • 0

「体脂肪が増えると癌になるリスクが高まるそうですが」


この情報源はどこかな?。
ネット上には無数の話が渦を巻くように存在するが、その信憑性の保証はどこにもない。
信憑性の保証のない物の説明などできないんだがね。
知りたかったらその情報源に聞くことだよ。
    • good
    • 0

私もよく知りませんが、過剰な脂肪→慢性炎症反応→がん発症、という筋道があるそうです。

これらのキーワードでぐぐってみれば何かわかるかと。
    • good
    • 0

色々なファクターがあるので一概にいえませんが、基本的に過剰な脂肪は肝臓に蓄積して脂肪肝を引き起こしますが、脂肪肝はリスクファクターとして肝硬変などに変わるとそれが肝ガンなどの原因になります。



あとは高脂肪によって高血圧で血糖値が高いとかあると当然脳梗塞とか心筋梗塞のリスクファクターになります。

これらはいずれもすぐさま脅威になるわけではなくて、長い年月そのような状態で維持され続けることで体にダメージが蓄積するとか、加齢によって生体機能が弱まった時に発がんしたものが大きくなるんだと思います。

そもそも、人間の体なんて60兆個の細胞があり、そのうち分裂しているものは1%未満と言われていますが、その中で常に一定の確率でDNAエラーを受けたり、外部からの様々な刺激やストレスによって癌になり得るクローナルな異常細胞は誕生してると考えらます。

いずれの場合も細胞自身の持つメカニズムや、免疫系などによって排除されてると見なされますが、加齢とともにその能力が落ちることで発がんリスクが増えるのでしょう。高血糖や高血圧、高コレステロールといったそう言うファクターはあくまで”リスクファクタ”でしかないので、それ一つでどうこうと言うわけではないのです。故に何も起きないかもしれないが、例えば、脂肪肝の人がアルコールを飲みまくると肝硬変リスクが急激に上がるとか、その意味で問題なのです。また、体脂肪ってのは過剰な栄養を溜め込んでるだけなのですが、それ自体がどうと言うよりもそれに付随する様々なファクターが積み重なって不健康だと言うだけです。逆にいえば、ダイエットすれば元に戻るような性質のもので、不健康な中年のおっさんが40歳ごろからずっと暴食しつづけてやっと60ぐらいになって癌になるわけだから、20年ぐらいは耐えてると考えれば病気としては非常にゆるい猶予のあるものだと言う認識ができるでしょう。これが、貧血とか、栄養失調ならばもっと若くしてなくなる人が多いと思いませんか?
    • good
    • 0

どこの文献に出ていたのですか?何パーセント増えると書いてありましたか?


直接の関係はないでしょう。「風が吹けば桶屋が儲かる」といった類のこじつけですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング