gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

副業でネットショップをしてましたが、本業のほうが副業禁止となったため、妹へ事業を2019年12月に承継しました。
私は廃業届を出し、承継先を妹として、妹は開業届です。青色申告の届もだしております。

事業は赤字です。
この場合、私は青色申告をし、確定申告の事業所得に損失を含めることができるのでしょうか?
妹は12月の1か月分だけを確定申告すればいいのでしょうか?

あつかましいことですが、承継の場合、決算書は単純に、私は1月から11月の累計、妹は私の11月の数字を期首の数字とするのか、ゼロから始まるのか おわかりでしたら ご教示ください。

それではよろしくお願いいたします。

gooドクター

A 回答 (3件)

>この場合、私は青色申告をし、確定申告の事業所得に損失を…



11月まで青色申告が認められていたのなら、最後の青色申告をすれば良いです。

>事業は赤字です…

経費に対する考え方に誤りはありませんか。
本来は減価償却資産となるものを取得年に一括して経費にしたりしていませんか。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

そのあたり問題なければ、給与所得との損益通算は可能です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

>妹は私の11月の数字を期首の数字とするのか、ゼロから始まるのか…

商品や棚卸資産はどう処理したのですか。

ただで譲ったのなら、兄から妹への贈与であり、妹に贈与税の申告と納付の義務が生じていると考えられます。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/z …
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/z …

相応の金銭をもらったのなら、あなたの事業所得における「売上」となります。
譲渡所得ではありません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/j …

上記どちらであっても、妹の貸借対照表で開始残高は 11月の数字です。
0 ではありません。

>妹は12月の1か月分だけを確定申告すれば…

11月までは全くの無職無収入だったのなら、そうなります。

11月まで会社勤めをしていたとかなら、確定申告書には給与所得も一緒に書き込まないといけません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございました。解決の糸口が見えました。

お礼日時:2020/02/16 22:09

税務署の届出で承継などはあっても、実際の法令上の取り扱いは、別の事業として決算申告をしないといけません。


承継先などを書かせるのは、税務調査その他の関係で知りたい税務署の事情なだけでしょう。

事業用資産なども引き継ぐ場合には、旧事業主と新事業主の間での売買や贈与という扱いで、事業の引継ぎというだけで無視できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2020/02/17 20:13

個人事業の場合は事業を受け継ぐというような事はありません。

実質的には受け継いだとしても、それぞれは個別に廃業、開業する事になりますので、申告等も別々に分離して行います。
あなたの部分で赤字が出たとしても、それはそのままあなたの部分だけで完結し、次の人へ引き継ぐ事はできません。備品やのれん買い取りというような別の形で資産移動はできますが、もちろん常識の範囲内での金額にとどまります。
妹さんは、期首の数字はゼロから始まります。開業費用として備品購入などの赤を出す事は可能ですが、あなたの事業の赤字を引き継ぐ事はできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
調べたら、廃業にあたって、赤字なら確定申告はしなくていいとあったので
質問させていただきました。
それでは普通に11月分までを申告いたします。

お礼日時:2020/02/16 22:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング