出産前後の痔にはご注意!

変数とパラメータとは違うものでしょうか?
もし違いがあるのならば、どういう違いがあるのでしょうか?
たとえば、y=ax+bという式では、yとxは変数で、aとbはパラメータみたいな、いいかげんな理解しかありません。
(aとbが変数になり、yとxがパラメータになることもあることはわかります。)
解説のあるURLとかもあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>たとえば、y=ax+bという式では、yとxは変数で、aとbはパラメータみたいな、


>いいかげんな理解しかありません。

そのような理解でいいと思いますよ。

さらに簡単な式を考えて: y=f(x)=ax
こうして書かれた関数fはxの陽の関数ですが実は沢山の直線を含みます。
補助変数aを1、2,3・・・と変えていくと確かにそうなりますね。
f(x;a)=ax とでき、fは見た目にはaにもxにもよる関数になります。
言葉でいうとこの方程式はパラメータaに依存した式です。
aの値を異なるように固定することによって個々の関数の性質は違ってきます。
f(x;1)=x  :yはxの値に等しい。
f(x;0)=0  :yはxの値に関わらず常に0である。
とこの二つの関数は違いますね。
これはパラメータaの値に依存して方程式の性質が変わってしまったのです。

グラフ上では単なるy=xとy=0の違いですが、
物理的に考えるとある物理量yはある物理量xに単純依存するのか、
それとも物理量xがいかなる量を取ろうとも物理量yは表れず観測されない
のかとでは、かなり大きな違いです。
統計量にしても、xを夏の一日の最高温度、yを清涼飲料水の一日の売上金
としてその相関をaと考えれば、相関がないとするとf(x;0)=0となり、
現実に合わない結果になります。このような場合xとyが関係あるのか無いの
かは調べて実際みないと分からないので取りあえず生のデータを取ってみて
統計からきめます。例えば最小二乗法によってaを決めます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/30 17:19

変数…1方が1つ決まると他方も1つ決まる、つまり「伴って変わる」


2つ1組の数。
y=f(x)でとyが従属変数、xが独立変数という。

定数…変数以外の数
「伴わないで変わる」…任意定数(パラメータ、y=axのaなど)
「伴わないで変わらない」…与えられた定数(y=2x)

任意定数∋媒介変数であって、任意定数の意味は媒介変数だけではない。
ここを間違ってはいけない。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/30 17:20

変数は英語でvariable(変わり得る物)ですから、色々な値を取り得る数の事です。


パラメータも色々な値を取り得ますが、どちらかと言うとサポート的な役割を果たします。

三角関数はご存知ですか?でないとちょっと先の話になってしまいますが。
原点を中心とする半径1の円の方程式は
    x^2 + y^2 = 1
ですね。ここで、x, y は変数という事になります。
同じ図形を
    x = cos t
    y = sin t
と表す事が出来ます。これが「パラメータ表示」です。

直線でもできますね。
2点 A(x0, y0), B(x1, y1) を通る直線の方程式は
    (y1 - y0)(x - x0) = (x1 - x0)(y - y0)
ですが、ここでもパラメータ t を用いて
    x = x0 + x1*t
    y = y0 + y1*t
と表す事が出来ます。


とここまで書いてご質問のパラメータとちょっと意味合いが違う事に気付きました。
    y = ax + b
でa, bがパラメータと言うのは、a, bを一定の値にした時にy=ax+bがどのような直線になるかを規定するものという事でしょう。
ざっくばらんに言うと先にa, bが決まって、後はxとyが遊んでるイメージ。
> (aとbが変数になり、yとxがパラメータになることもあることはわかります。)
確かにそうですね。
但し、数学の世界では大抵どの文字はどんな用途に使われると言う暗黙の了解があるので
実際にはあまり出会わないと思いますが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ちょっとややこしくなってきました。教科書とかに定義とかのっていればそのまま覚えちゃうんですが...

お礼日時:2001/08/10 09:59

数式というのは一般に世の中の現象を複数の要素間の関係で表しています。


通常はその中のいくつかの要素の値を決めて、残りの要素間の関係をグラフで表したりします。
値を決めた(又は仮定した)もの(半固定)がパラメータで値が決まっていないもの(可変)が変数だと思います。
数学的な定義は知りませんが私の理解です。

最小二乗法ではY=AX+Bの形で現象を表しておき、沢山のデータ(x、y)を使って最適なA,Bを決めます。
次にx、yを変数としてxを決めればyの推定値が計算できます。

途中で、変数が入れ替わっているのが、お分かりだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
変数とは、値が決まっていないもの、パラメータとは、値を決めたもの。
そういわれれば、そんな気もします。

お礼日時:2001/08/10 09:52

パラメータとは、あるもの(この場合は数式)の性質を変えるためのもの。

(aやbを変えると、線の傾きや高さが変わる)

変数とは、あるものの状態を表すもの、ってなるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
うーん。むずかしいですね。

お礼日時:2001/08/10 09:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンピュータのパラメーターとは何ですか?

パラメーターというの英和辞典で調べたら、媒介変数と書かれていましたが、IT関係の辞書にはどういう訳か載っていませんでした。
コンピュータのパラメーターとは何でしょうか?素人に近い者にも分かるように教えて頂けないでしょうか?
無理な質問かも知れませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一言でいうと「ある動作を制御する為に与える情報」みたいな感じでしょうか。

例えばファイル名を指定して実行からエクスプローラを起動するとき、
「explorer」とすればマイドキュメントかどこかの標準フォルダをエクスプローラが表示しますが、
「explorer C:\」と言う風に後ろに"C:\"というパラメータを与えると
エクスプローラはCドライブのルートを表示します。

プログラミングでも似たようなもので、
例えばC言語(プログラミング言語の1つです)の
remove 関数はファイルを削除する関数ですが、
この関数は1つのパラメータを取り、
remove( "test.txt" );
とすれば test.txt というファイルが消えますし、
remove( "aaa.exe" );
とすれば aaa.exe が消える、という風にどのファイルを消すかを制御することができます。

Q高校数学におけるパラメータやパラメータ表示とは

画像の文章の下から数えて3番目からの内容の理解はできましたが、なんだか理解が浅いような気がします。

そこで、高校数学におけるパラメータやパラメータ表示の意味などをより詳しく分かりやすく教えてください。

回答お願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。

#1さんが書かれているように、パラメータのことを媒介変数と呼んだりします。
媒介には仲立ちするといった意味があります。

x座標、y座標の間をとりもつ変数が媒介変数です。
質問に書かれている内容であれば、媒介変数:mによって双方の値が決定される。
つまり、仲介されていることになります。

x=mと書かれていると、あまり有り難みがないですが、
x=3t^2+ 1, y=2t^3- 3

のように表すことも当然あります。

一番ベタな例は、円周上の点を表すときだと思います。
そのときの媒介変数は「角度」になります。
「60度の位置」「200度の位置」というように、半径が決まっていれば
角度でその点の位置を表すことができます。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q偏微分の記号∂の読み方について教えてください。

偏微分の記号∂(partial derivative symbol)にはいろいろな読み方があるようです。
(英語)
curly d, rounded d, curved d, partial, der
正統には∂u/∂x で「partial derivative of u with respect to x」なのかもしれません。
(日本語)
ラウンドディー、ラウンドデルタ、ラウンド、デル、パーシャル、ルンド
MS-IMEはデルで変換します。JIS文字コードでの名前は「デル、ラウンドディー」です。

そこで、次のようなことを教えてください。
(1)分野ごと(数学、物理学、経済学、工学など)の読み方の違い
(2)上記のうち、こんな読み方をするとバカにされる、あるいはキザと思われる読み方
(3)初心者に教えるときのお勧めの読み方
(4)他の読み方、あるいはニックネーム

Aベストアンサー

こんちには。電気・電子工学系です。

(1)
工学系の私は,式の中では「デル」,単独では「ラウンドデルタ」と呼んでいます。あとは地道に「偏微分記号」ですか(^^;
その他「ラウンドディー」「パーシャル」までは聞いたことがあります。この辺りは物理・数学系っぽいですね。
申し訳ありませんが,あとは寡聞にして知りません。

(3)
初心者へのお勧めとは,なかなかに難問ですが,ひと通り教えておいて,式の中では「デル」を読むのが無難かと思います。

(4)
私はちょっと知りません。ごめんなさい。ニックネームは,あったら私も教えて欲しいです。

(2)
専門家に向かって「デル」はちょっと危険な香りがします。
キザになってしまうかどうかは,質問者さんのパーソナリティにかかっているでしょう(^^

*すいません。質問の順番入れ替えました。オチなんで。

では(∂∂)/

Q数学でのセミコロンについて

対応(数学)について勉強しているのですが、対応のグラフに関しての記述で、
「集合 A から B への(部分)対応とは、直積集合 A × B の部分集合 G が与えられたとき、三つ組 f = (A, B; G) のことをいう。」
というものがありました。
この際に用いられている f = (A, B; G) でのセミコロンの意味、ニュアンスを教えてください。なぜコンマではないのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 真っ正面から論じれば、セミコロンなんか使う意味はありませんで、カンマにしとく方が真っ当である。
 ですが、まさしく「ニュアンス」と仰る通り、(A, B)とGは「種類」が(「格」が、「取り扱い方」が)違うよ、ということを暗示する程度の積もりで、セミコロンで区切っている。
 ご質問の例では、ひとつには「(ANo.1にあるように、)A, Bはそれぞれ勝手な集合で構わないが、GはA, Bと無関係には選べない」という「取り扱い方」の違い、「A, Bはそれぞれ勝手な集合で構わないが、Gは直積集合の部分集合という構造を持っている」という「種類」の違い、あるいは「グラフGにこそ興味があるんだ」という「格」の違いとか、そういったことをひっくるめて、ちょっと区別しておきたい、というほどのキモチであろうかと。
 別の例ですが、
  f(a,b,x) = a cos(x) + b sin(x)
と書けば、単に「fは3変数関数」ということになる。けれども、これをstomachmanは時々
  f(a,b;x) = a cos(x) + b sin(x)
と書いたりもする。「a, bがパラメータでxが変数だと思うか、xがパラメータでa, bが変数だと思うか。以後、場面(用途)に応じて、これら二つの見方を切り替えて使いますよ」というニュアンスが、伝わる人には伝わるといいな、と期待しているんです。もちろん、その意図が伝わらなくても特に支障はない訳ですけど(支障があるなら、きちんと定義を書かねばならん)、ま、話を理解し易くするためのヒントになればいいな、というほどの意味です。

 真っ正面から論じれば、セミコロンなんか使う意味はありませんで、カンマにしとく方が真っ当である。
 ですが、まさしく「ニュアンス」と仰る通り、(A, B)とGは「種類」が(「格」が、「取り扱い方」が)違うよ、ということを暗示する程度の積もりで、セミコロンで区切っている。
 ご質問の例では、ひとつには「(ANo.1にあるように、)A, Bはそれぞれ勝手な集合で構わないが、GはA, Bと無関係には選べない」という「取り扱い方」の違い、「A, Bはそれぞれ勝手な集合で構わないが、Gは直積集合の部分集合とい...続きを読む

Q;(セミコロン)の数学的な意味について

;は数学で関数の後ろの[]の中に[A;B]みたいな形で使ってあったり、他の形で使ってあったりするのですが。多分[A;B]の場合AからBって言う意味だと思うのですが正確な意味を教えて下さい。それと他の使い方があればそれも教えて下さい。
 さらにわがまま言って申し訳ないのですが、数学記号のお勧めの本があれば教えていただければ幸いです。ちなみに私は理系の大学生です。

Aベストアンサー

私は大学で数学を専攻していた者ですが、;(セミコロン)という演算子(?)は
知りません。touch_me_8さんが書かれているように[,](ブラケット)と
セットで使われるとしても、;の意味はわかりません。
もしかするとtouch_me_8さんが読まれた本特有の記法ではないでしょうか?
もしそうならば、その記法の説明個所を探してみてください。
それとも多くの本でそのような記法があるのならば、
それが使われている前後の式や文章の流れを示していただけませんか?
(そもそも何の本なのか?代数?幾何?解析?)
それともう一つ、[A;B]と書かれている時のA,Bは何ですか?
単なる集合ですか、それとも群?多様体?

Q対数目盛の読み方を教えてください

対数グラフの目盛の読み方がまったくわかりません。
グラフの縦線の間隔が、太くなったり細くなったりしている意味もわかりません。
しかも、“log”を使って計算しなければならない。とか。。。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

対数グラフには片対数グラフ(縦軸が対数で横軸が等間隔)と両対数グラフ(縦横軸とも対数)がありますが、おそらく片対数のほうだろうと想定してお答えします。(両対数も方対数が分かれば自然に応用できます)

y=k・a^xという関係があるとき(そういう関係が成り立つと予想される時)、これを普通のグラフに描くとあっというまにy軸が足りなくなってしまいます。そこでy軸の目盛りを次のようにとったグラフ用紙を使うのです。

縦軸の目盛りは10本ごとに周期的に広い→狭い(上にいくに従って)となっています。その周期の区切れ目のひとつの横線をy=1の線とします。あとは一周期ごとに10、100、1000と目盛りをとります。10と100の間は10刻みで、100~1000は100刻みで、各横線に目盛りをうつのです。
1と2の間隔=10と20の間隔=100と200の間隔>2と3の間隔=20と30の間隔>、、、>9と10の間隔となるはずです。

こうやってとった「目盛りに従って」測定値(X,Y)をプロットしていきます((X,logY)ではないですよ)
すると自動的に縦方向の「実寸」はlogYをとったことになるのです。
(そうなるように線の間隔がふってあるわけです)

ここでもしY=k・a^XならばlogY=X・loga+logkとなりlogyとxは一次関数すなわち直線的関係になっているはずです。従ってプロットした点を直線で結ぶことで測定値群全体から導かれるkおよびaの値をグラフからよみとることができるわけです。(kの値は切片に、aの値は傾きに反映されますから)

文章だけでは分かりづらいかと思いますが、なんとか伝わることを期待しています(^^;

対数グラフには片対数グラフ(縦軸が対数で横軸が等間隔)と両対数グラフ(縦横軸とも対数)がありますが、おそらく片対数のほうだろうと想定してお答えします。(両対数も方対数が分かれば自然に応用できます)

y=k・a^xという関係があるとき(そういう関係が成り立つと予想される時)、これを普通のグラフに描くとあっというまにy軸が足りなくなってしまいます。そこでy軸の目盛りを次のようにとったグラフ用紙を使うのです。

縦軸の目盛りは10本ごとに周期的に広い→狭い(上にいくに従って)となっています。...続きを読む

Q戻り値の意味がわかりません…

戻り値とはどういう値なのか簡単な例文で教えて頂けますか?

Aベストアンサー

バカくさいかもしれませんが簡単な例えをだしてみます。
2人の子供がいて、名前をそれぞれ太郎・花子にしましょう。この2人の子にある役割を決めます。
・花子は飴をもらうと、それをチョコにする役割。(できるかは別として)
・太郎は花子を呼んで飴をあげる役割。

さてこの例では太郎の飴が引数(ひきすう)になり
花子のチョコが戻り値になります。

このイメージを元に次の文を読んでみてください。

「プログラム中の関数やサブルーチンが処理を終了し
呼び出し元に処理の結果として返す値。」

これが戻り値の正しい定義です。
そのほかにはNo1さんのような役割指すときも、それを「戻り値」と呼んだりします。

Q第一章→第一節・・・その次は?

よく目次で
第一章○○○
 第一節△△△
 第二節□□□
第二章◇◇◇~
とありますよね?その第一節をさらに分けたい場合、第一何となるのでしょうか。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たまたま手元に「公用文作成の手引き」という冊子があります。
役所で使用する文書規定の本です。

これによると、章、節、項までは皆さんのおっしゃる通り。

さらに、「項目を細別する見出し符号は以下による。」とあります。

第一章 第二章・・・
 第一節 第二節・・・
  第一項 第二項・・・
   第1 第2
    1 2 3
     (1) (2) (3)
      ア イ ウ
       (ア) (イ) (ウ)
        A B C
         (A) (B) (C)
          a b c
          (a) (b) (c)

注1:「第1」を省略して「1」からはじめても良い。
注2:「イ」「ロ」「ハ」「ニ」は用いない。


以上のように書いてありました。
しかし、何にせよ法律で決まっているわけでもないし、通常は
自分の好みで選択して、問題ないと思います。

Q1文字って1バイトだったっけ?

タイトルの通りなんですが
私の記憶では1文字1バイトで漢字が2バイトだったような・・・。
アルファベットは?数字は?わかんないので教えてください。
それと、1バイト=8ビットですよね?
ちょっと興味があるので暇のある方がおられましたら詳しく教えてほしいです。

よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

全角文字(英語・漢字・数字問わず):2バイト
半角文字:1バイト
では無いでしょうか?

>1バイト=8ビット
その通りです

http://www.pc-view.net/Help/manual/0082.html
などもありますので参考までに

参考URL:http://www.pc-view.net/Help/manual/0082.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング