つまらない質問ですみません。お風呂のような熱いお湯に浸かっていると首から上には汗をかきますね。では、水中の体には汗はかいているんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

汗は体が熱くなれば必ずかきます。


(量などには個人差がありますけど)
本来なら、体が熱くなると発汗して温度を下げようとするのです。これは水中でも同じことです。
ただ、水中では気化熱(水が蒸発するときに熱を奪う)が発生せずに、体に余計に熱がこもってしまいますから、冬の特に寒い時期などに風呂に長時間浸かりすぎて体に熱がこもり熱中症(いわゆるひどくのぼせること)になるケースもあります。
まあ、あまり熱いお湯にはつからないことですね。命取りになることもありますから・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お風呂で熱中症とは、驚きました。長年の疑問が解けてとても嬉しいです。本当に有り難うございました。

お礼日時:2001/08/12 10:59

私は以前、水泳をしていたのですが、真夏の野外プールで練習していていつも「あ、汗かいてるな」って分かったんですよ。


誰も「えー?そんなの水の中なんだから分かるわけないじゃん」と言うのですが、水泳仲間は皆「そうだよね、わかるよね!!」と確認しあっていました。
残念ながら、水泳をやめて何年も経っているので、その時の感覚はよく覚えていないのですが、汗をかいていたことは間違いないと思います。

生物学にはほど遠い、単なる体験談ですが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ええっ!わかるんですか?今夜お風呂に入って、よく「感じて」みようと思います。貴重な体験どうも有り難うございました。

お礼日時:2001/08/12 10:57

お湯の中でも水の中でも上昇した体温を下げるために全身発汗しますよ。



周りが全て水だと解りにくいですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はあ~そうなんですか。実感したことがなかったので。どうも有り難うございました。

お礼日時:2001/08/12 10:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q汗は体表面の熱エネルギーを奪って気化することで体温を下げるので、体温調

汗は体表面の熱エネルギーを奪って気化することで体温を下げるので、体温調節という観点からは拭かない方が良いんですよね?
間違っていたらご指摘ください。

Aベストアンサー

基本的にはOKと思いますが、
流れるほど大量の汗ならちょっと拭いたって放熱効果はほとんど
変わらないと思います。

大体、流れるほど大汗かいたって比例する放熱効果があるわけじゃないし、
タオルで拭う程度ならまだ肌に残っていて
「放熱効果を完全になくす」わけでもありませんし。

Qアフリカ人の汗孔(汗が出る穴)数は?

アフリカ人の汗孔(汗が出る穴)数が知りたいです。

文化人類学的な本を読んだとき、
白人系の倍の数があると書いてありました。
(だから体臭もきついと、、)

*汗孔という表現が正しいかどうかも微妙です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 汗腺の数は遺伝ではなく、後天的なものです。暑い地方に生れた人は汗腺が多く、寒い地方に生れた人は汗腺がすくなくなり、その数は幼ない頃に決まってしまうということです。ワキガのように遺伝で決まるものではありません。

参考URL:http://www.d2.dion.ne.jp/~noisette/jutakuiroiro/kansen.htm

Q湿熱滅菌と乾熱滅菌

湿熱滅菌の方が乾熱滅菌に比べて、低温度短時間で高い殺菌効果が得られるのはなぜなのでしょうか。
何かで湿熱の方がタンパク質を変性させたり水素結合を切断する力が強いから、と言うような記述を見たことが有るのですが、どのような理屈なのかが知りたいです(熱力学等の分野でしょうか?)。
サウナだと100℃近くても大丈夫で蒸気だと火傷するようなイメージは分かるのですが、理屈を教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

フライパンでただ焼くより蒸し焼きにしたほうがすぐ熱が通るのと同じ原理ですね。

100℃以上の高温の水蒸気が加熱対象(100℃未満)に触れると、温度が下がり、凝結して100℃の水になります。

この時、水蒸気が水になる時に、高エネルギーを放射します。具体的には539cal/gとされてますね。

これはただ高温の空気が物体に触れた時以上のエネルギーを与えます。

そのために湿熱式のほうが、より低い温度と短時間で物体を一気に加熱できるわけです。

ちなみに200℃以上の高温の水蒸気で魚を焼くと簡単に黒コゲにできますね。意味はないですが……

Q乾熱滅菌・湿熱滅菌について

乾熱滅菌は湿熱滅菌に比べて、高温・長時間を要するということは理解しているのですが、なぜ高温・長時間を要するのでしょうか?イメージとして、90℃のサウナに入っても熱くないけど、やかんから出る蒸気は熱いのと同じですか?
理屈・理論等含めて教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

滅菌は微生物/細菌のタンパク凝固で活動を停止させてしまう事が多い
タンパク凝固として熱エネルギーを利用している
乾熱滅菌の場合熱エネルギーを微生物/細菌に伝える場合空気が乾燥した状態ですので熱の伝達が悪い(90℃のサウナに入れるのはこの為で有る)
微生物を死滅(タンパク凝固)させるのに高温長時間が必要になる

湿熱滅菌は通常蒸気(高温高圧多湿:飽和蒸気)を使用する
水(液体)が蒸気(気体)に変わるのに100℃の水が100℃の蒸気になるには539kcal/kgの熱が必要になる(保有熱量:顕熱/潜熱)
湿熱滅菌ではこの熱エネルギーが気体から液体に変わるとき微生物/細菌にこの保有熱エネルギーが湿熱で有るが為、熱伝導性が良くタンパク凝固が素早く行われる(乾熱滅菌と比べ短時間で滅菌が可能)

卵を割ってフライパンに乗せた何もしない白身の凝固と水を加えた時の白身の凝固時間の違い

Q【唐辛子系の食べ物を食べたら、大量に汗と鼻水が吹き出てきた】 これって自律神経が乱れているから汗

【唐辛子系の食べ物を食べたら、大量に汗と鼻水が吹き出てきた】


これって自律神経が乱れているから汗が吹き出ているわけではないですよね?

これって何が乱れて起こっているんですか?


血管が開くから?なぜ血管が開く?

血管が開いたら鼻水が出る?

Aベストアンサー

味覚性発汗といいます。
気温や運動、食事(辛いものなどを食べたとき)などで体温が上がったときに、脳の視床下部が刺激され、発汗が促されることです。

発汗刺激が起こると、自律神経のうち交感神経が優位になり、全身の汗腺(エクリン腺)から汗が分泌されるようになります。

発熱を抑えようとして、生命中枢である視床下部が指令を出します。

辛いものを食べたり飲んだ時などに発汗神経が刺激されたためにエクリン腺から汗が分泌されることで、これは誰にでも起こる普通のことです。

味覚性発汗が出やすい場所は主に顔の額と鼻周辺です。


次は鼻水。

例えばコショウや唐辛子。
これらは熱により蒸発しているため、空気を吸い込む際に、鼻粘膜に付着します。

鼻はこのコショウや唐辛子を異物として検出し、鼻水によって洗い出そうとします。

この働きは花粉症で鼻水が止まらない、という原理と同じです。
鼻腔内をきれいに保つ役割を担っているのが、この鼻水。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報