硝酸ナトリウム4mol、塩化カリウム4molと水溶液に完全に溶かしたら、
なぜ塩化ナトリウムと硝酸カリウムが4molずつ出てくるんですか?
水溶液に溶かしたら、全ての物質(硝酸ナトリウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、硝酸カリウム)は、2molずつ出てこなければおかしいのではないのでしょか?ここの所を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ちょっと題意を正確に捉えることができないのですが。



たぶん、イオン物質の複分解の問題ですね。


「溶解度積」という言葉はご存じでしょうか?
ご存じなければまた補足ください。

電解質である硝酸ナトリウム、塩化カリウムは水に溶けた時点で
それ自身はもう存在しません。存在するのは硝酸イオン、塩化物イオン、
ナトリウムイオンとカリウムイオンです。これは大丈夫ですね。

ここからvikkyiさんがお書きになっている4種の塩が生成する可能性
があります。しかし、瞬間的に溶液中で生成したとしても、
すぐに電離してしまうため、実際には存在しません。塩というものは
溶液から析出した固体の状態で始めて存在できるのです。

では、4つの塩のうちどれが(どの陰イオンと陽イオンの組み合わせが)
溶解度がもっとも低いのでしょう?ここで溶解度積の考えを使います。
答えをいってしまうと硝酸カリウムがほかの3つに比べて圧倒的に
溶解度が低いため、まず硝酸カリウムが析出します。

このあと、溶媒を蒸発させるなり、温度を下げるなりして溶解度を
下げていくと、硝酸カリウムのみが析出していきます。
溶解度積を使えばおおざっぱな定量的な計算はできるでしょう。
硝酸カリウムがこのようにして析出したあとには溶液中には
塩化物イオンとナトリウムイオンしか残っていないので
最後に塩化ナトリウムが析出します。
    • good
    • 0

 inorganicchemistさんがわかりやすい回答をされていますが、少し気になったことがあります。

単なる勘違いと思いますが、難溶性の物質について定義されている溶解度積の考えを硝酸カリウムに使っているのはまずいのではないでしょうか。

 私は、条件によっては硝酸ナトリウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、硝酸カリウムのどれでも晶出し得ると思います。これは互変二対塩の問題で、4成分系の平衡なので純物質の溶解度曲線をそのまま当てはめることはできないような気がするのですが…。私自身すっきりしていないので、inorganicchemistさんや他の回答者の方、ご教授願います。
    • good
    • 0

質問の意味が分かりづらいのですが…



>硝酸ナトリウム4mol、塩化カリウム4molと水溶液に完全に溶かしたら、
>なぜ塩化ナトリウムと硝酸カリウムが4molずつ出てくるんですか?
「完全に溶かした」のなら結晶は析出しないのでは?
水溶液中ではほとんど全てイオン化しているはずです。

仮に結晶が析出してくる旨の質問であるとしたら、それは塩化ナトリウムや硝酸カリウムの溶解度が低いからでしょう。水中でイオン同士が結びついたとき、溶解度が低い方が結晶になりやすいでしょう。また、結晶同士を比べると、硝酸ナトリウムや塩化カリウムの方よりも塩化ナトリウムや硝酸カリウムの方が安定した物質なのではないでしょうか。
    • good
    • 0

 強酸、強塩基・弱酸、弱塩基と云う意味をご存知でしょうか。

例えば、酢酸ナトリウムと塩化カリウムの場合は考えられるかも知れません。なぜなら酢酸自体が弱酸の代表であるがごとく水に溶かしたときの酢酸イオンの電離度が小さいからです。イオンになるのが少ないので全量が反応しないのです。では、問題のはどうでしょうか。すべて強酸・強塩基イオンですね。そうすると全量が反応すると思っていただいて結構です。よって塩化ナトリウムと硝酸カリウムが4モルずつとなり上記の疑問点である2モル4種類にはならないのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶解度とPH

ある本の問題に
「水にCa(OH2)を溶解させて飽和に達した時の、その水溶液のCa2+濃度とPHをそれぞれ概算せよ。ただしCa(OH2)の溶解度積Ksp=5.5×
10-6(mol3/L3),水のイオン積Kw=1.0×10-14(mol2/L2)とする」という問題があるのですが、その問題を解く過程で,起こっている反応は
Ca(OH)2<=>Ca2+ +2OH-

    H2<=>H+ + OH- である。…(1)

この水溶液の電荷収支を考えると
2[Ca2+]+[H+]=[OH-]とあります。…(2)
そこで、質問なのですがなんで(2)のところで[Ca2+]の前に2がかけられているのですか?よく分からないので、教えてください。
ちなみにこのことを自分なりに調べたら類似問題があって、そこを参考にすると「Ca2+は2価の陽イオンなので、イオン1個につき、2倍の正電荷をもつため」とあるのですが、いまいちよくわかりません。
わかりやすく教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

ある本の問題に
「水にCa(OH2)を溶解させて飽和に達した時の、その水溶液のCa2+濃度とPHをそれぞれ概算せよ。ただしCa(OH2)の溶解度積Ksp=5.5×
10-6(mol3/L3),水のイオン積Kw=1.0×10-14(mol2/L2)とする」という問題があるのですが、その問題を解く過程で,起こっている反応は
Ca(OH)2<=>Ca2+ +2OH-

    H2<=>H+ + OH- である。…(1)

この水溶液の電荷収支を考えると
2[Ca2+]+[H+]=[OH-]とあります。…(2)
そこで、質問なのですがなんで(2)のところで[Ca...続きを読む

Aベストアンサー

電荷収支というのは,電荷の数を数えているものだから.
Ca2+ は2価の陽イオンなのだから,1個あれば水素イオンとかの2倍の電荷を持っているので2倍する,それだけのことです.そうしないと,電荷の総数を数えたことにならないからです.
リンゴを2個持っている人が10人,リンゴを1個持っている人が40人います.リンゴは全部でいくつありますか.

Q(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るに

(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るには、何グラムの水を溶かせばいいか?

(2) (1)でつくった水溶液に5.0パーセントの塩化ナトリウム水溶液200グラムを加えると、何パーセントの塩化ナトリウム水溶液になるか。

Aベストアンサー

(1)20%というのは溶液全体の20%が塩化ナトリウムということです。
従って、80gの水を加えると溶液全体が100gになるので、濃度が
20%になります。
(2)(1)の溶液には20gの食塩が入っています。
200gで5%の水溶液には10gの塩化ナトリウムが入っています。
混ぜると溶液全体の質量が300gになり、塩化ナトリウムは30gに
なります。従って、濃度は10%です。

Q溶解度積と溶解度の違いについて

CaCl2の溶解度積が4.0×10^(-11)であるのに対し,
CaCl2の溶解度が何であるか?という問題が解けず,困っております。

溶解度積の公式は承知しておりますが,
溶解度積から同様の物質の溶解度を解く方法などあるのでしょうか?
お力を貸して下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

Ksp値から察すると多分「CaF2」でしょうか。


CaF2(固) ⇔ Ca^2+ + 2F^-

ここで注意する点は「HFが弱酸だから、F^-が無視できない程度加水分解する」可能性がある事です。

しかし問題がその点に触れていないから無視できるとして求めると、

[Ca^2+][F^-]^2=s*(2s)^2=4s^3=Ksp=4*10^(-11)

∴ 溶解度:s=(Ksp/4)^(1/3)=2.2*10^(-4)M


(計算してみると実際に無視できるようです)

Q クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム

 クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム酸イオンが生じる。
という記述があったのですが、反応式がわかりません。

どなたか、教えていただければ光栄です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは間違いでしょう。


次のような平衡が成り立っています。


2H^+ + 2CrO4^2- ⇔ 2HCrO4^- ⇔ Cr2O7^2- + H2O


酸を加えると平衡は右に移動して Cr2O7^2- を生じ、
塩基を加えると左に移動して CrO4^2- を生じます。

Q見かけの溶解度とはなにか

見かけの溶解度とは, いわゆる溶解度と何が異なるのでしょうか。
具体例で教えていただけるとうれしいです。

シクロデキストリンを使って、化合物Aの見かけの溶解度が.....
というような文章がありました。

何卒お願い申し上げます。

Aベストアンサー

水に溶けにくい物質(親油性、疎水性の物質)をシクロデキストリンに包接すれば、見かけ上水に溶けたようになります。シクロデキストリンに包接させたときに溶ける溶解度を見かけの溶解度といいます。普通の溶解度は、シクロデキストリンなどの補助剤を使わないときの溶解度ですね。
シクロデキストリンは、グルコースが環状に結合したもので、空洞部分が親油性で、外周部分は親水性です。親油性物質がこの空洞部分に入り込んで(包接)水に溶けるようになります。

いわば、1mしか泳げない人が浮き輪を使って10m泳げたというようなもので、1mが溶解度、10mが見かけの溶解度ということですね。


http://www.cyclochem.com/cd/o_001.html

Q硝酸カリウムが塩化カリウムに変化することってありますか? 硝酸カリウム

硝酸カリウムが塩化カリウムに変化することってありますか? 硝酸カリウムとイオウ、松煙を混ぜて火薬を作り、燃やした場合に、塩化カリウムが発生することってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

黒色火薬の実験ですね。
硝酸カリウムが酸素を供給して、硫黄と松煙(炭素粉末)が
参加されることによって爆発的に燃焼します。

硝酸カリウムは反応して酸化カリウムになると思われます。
No.1の方がおっしゃっているように、塩素が全くないので
塩化カリウムはほとんどできないと思いますが、松煙が天然の
素材で、不純物としてNaCl、KCl等を含んでいる可能性は
あります。
精製された素材で実験すると塩化カリウムはできないでしょう。

Q溶解度積

物理化学の溶解度を求める問題で、分からない所があるのでお聞きします。

水に対する塩化銀の溶解度は1.3×10^-5mol/Lであるが、0.10MのNaCl(aq)を加えれば2×10^-9mol/Lしか溶けず・・・。という文があります。

水に対する溶解度については理解できたのですが、0.10MのNaClを加えたときの溶解度がどうして2×10^-9mol/Lになるのかが分かりませんでした。
0.10Mは式にどう利用すればいいのでしょうか?
(塩化銀の溶解度定数は1.6×10^-10です。)

知識不足なのは承知しておりますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 水に対する塩化銀の溶解度は1.3×10^-5mol/L

  AgCl → Ag(+) + Cl(-) Ksp=[Ag(+)][Cl(-)]

> 塩化銀の溶解度定数は1.6×10^-10です。

  Ksp=[Ag(+)][Cl(-)]=1.6X10^-10

> 0.10MのNaCl(aq)を加えれば

  NaCl → Na(+) + Cl(-)

 NaCl は完全に解離するとして良いですから [Na(+)]=[Cl(-)]=0.10 (M)。

 この状態でも AgCl の溶解度積は Ksp=[Ag(+)][Cl(-)]=1.6X10^-10 ですから,[Cl(-)]=0.10 を代入して [Ag(+)]=(1.6X10^-10)/[Cl(-)]=(1.6X10^-10)/(0.10)=1.6X10^-9 (M)。

 有効数字2桁なら 1.6X10^-9 (M) ですが,有効数字1桁ならお書きの 2X10^-9 (M) になります。

問題の答えは有効数字1桁で求めよとかなっていませんか?

Q塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式

塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式は????

イオン反応式まではできましたが・・・全反応式が・・・

Aベストアンサー

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3SnCl2+K2Cr2O7+7H2SO4→3Sn(SO4)2+3CrCl3+K2SO4+7H2O

でもかまいません。コレも数合わせです。すっきりしているということで言えばこちらの方です。
溶解度についての議論をした結果ではありません。
SnCl2SO4を考えるのであればクロムミョウバンCrK(SO4)2を考える方が現実味があります。

オレンジ色の溶液が青緑色の溶液に変わったという事だけははっきりしています。

全反応式を求めよという問題は設定に無理があります。

前の質問の#3に書いたことをもう一度読んでみてください。

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3...続きを読む

Q溶解度積と一致する場合…

化学で
[Ag+][Cl-]>溶解度積→沈殿する
[Ag+][Cl-]<溶解度積→沈殿しない
と習いました。では
[Ag+][Cl-]=溶解度積
となる場合は沈殿しないのでしょうか。
もし沈殿しないなら、なぜ[Ag+][Cl-]≦溶解度積→沈殿しない
と教えないのでしょうか。

どこにもそのことが記載されておらず納得がいきません。
教えてください。

Aベストアンサー

厳密なことを言うと、
AgClの沈殿が生じているとき、[Ag+][Cl-]=Kspです。(Kspは溶解度積)
AgClの沈殿が生じていなければ[Ag+][Cl-]≦Kspです。
[Ag+][Cl-]>Kspになることはありません。

では[Ag+][Cl-]>Kspとなる場合を考えるのか。
これは、仮にAgClの沈殿が生じず全て溶けていると考えたとき、矛盾が出ないかどうかを考えています。背理法のようなものですね。
AgClの沈殿が生じていない(⇔[Ag+][Cl-]≦Kspのはず)のに、
計算してみると[Ag+][Cl-]>Ksp、これは矛盾
よって初めの前提の「沈殿が生じていない」が誤り、故に沈殿が生じている。

Q0.4mol/Lの塩化ナトリウム水溶液100ml中に含まれるNaClの質量を求めよ。 ただし分子量N

0.4mol/Lの塩化ナトリウム水溶液100ml中に含まれるNaClの質量を求めよ。
ただし分子量NaCl=58.5とする。

答え:2.34g

導き方を教えてください><

Aベストアンサー

0.4mol/L は、1ℓ中に0.4モル入っているということなので、分子量NaCl=58.5✕0.4=23.4gが
1ℓ=1000㎖ に、入っていることになります。

問題の水溶液は100㎖なので、100/1000=1/10 となるので、 23.4✕0.1=2.34gとなります。

参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報