【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

経済学における死荷重と死荷重損失の違いはなんでしょうか?

A 回答 (2件)

死荷重(Dead Weight Loss)の意味はわかっているのね!?手元にあるミクロ経済学の教科書、八田達夫「ミクロ経済学 I」(東洋経済新報社)の121ページの注18には言葉の由来について説明があるので、引用してみましょう。

「Dead
weight losaという言葉は、元来は工学で使われてきた言葉です。ただし、分野によって訳が違います。船舶工学では「死重の損失」と訳され、土木工学では「死荷重」と訳されています。経済学では「死重の損失」が普通でしたが、近ごろはおそらく土木の人の影響を受けて「死荷重」という言葉を使う人が増えてきました。・・・・」とある。

これで納得しましたか?わかりましたとか、なんとか、反応が欲しいものです。黙っていたのではわかったのか、わかっていないのか、こちらはさっぱりわからない!!!!!!
    • good
    • 0

同じです。

死重的損失ともいう。もともと英語のdeadweight lossの訳です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング