刑事事件の前科者になるとまずいことって何が考えられるでしょう?
初犯は執行猶予が付くとして、殺人以外のけっこうヘビーな罪状(例えば暴力振るったとか)が付いてしまった場合、その人の今後の人生はどうなるのでしょうか?

指紋は一生警察に残ると聞いたことはあるけど、ふつうはそんなの関係ありませんよね。
履歴書には刑事罰を受ける、など必ず書く必要があるんでしょうか?
就職、結婚、兄弟の縁談とか、同窓会や近所で「あいつは前科者だ」という風評が消えないとか?

これって、一生大変なこと背負うってことですね。
でもその割に犯罪者そのひとを見掛けたことないのですが、これだけ犯罪が蔓延していると、身の回りにひとりくらい犯罪者がいてもいいですよね。
つまり、それは前科を持っていても意外と普通に生活できるって事ではないかと思うのですがいかがでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.2の回答者nobor3です。


大事な事を忘れてました。
近所で事件が起きて、犯人のめぼしがつかないとき、真っ先に疑られるでしょう。
疑られるだけならまだいいですけど、別件逮捕されて拷問に近い尋問を受けたりするらしいですよ。
別件逮捕されるような事をしなければいいと思うかもしれませんけど、ほとんどでっちあげで逮捕するので、回避はできないそうです。
例えば、会社の鉛筆とかボールペンを私用で使ってたら、業務上横領で逮捕されるし、飲み屋にツケがあると詐欺罪(警察が飲み屋を脅して、何日までに払うと言ったのに払わなかったと証言させる)で逮捕されるそうです。

それから、この質問をされてから結構時間が経過してますが、回答には目を通してるんでしょうか?見たのなら、なんらかのコメントをして頂くと、回答者としてはうれしいものですが・・・。
    • good
    • 38

まず公務員にはなれません。

公務員の試験を受験すると、履歴書に書かなくても、過去の経歴などが調査されますので、前科があれば、まず合格しません。特に警察官と自衛官、それから省庁に勤務する国家公務員はまず無理でしょう。
ここで問題は、犯罪を犯した本人だけでなく、親族にも影響を与えることです。もし自分の子供や兄弟が公務員の試験を受けると、(犯罪の軽重にもよりますが)、他の受験者に比べて非常に不利になることが考えられます。犯罪暦は、永久に残りますので、犯罪は犯さないに限ります。
    • good
    • 24

本来であれば「前科者=悪」というイメージの払拭が一番なんでしょうが、そうもいかないのがつらい所ですが・・・


下の方々も書いてある通り、前科者になることにより仕事につけないという場合はあります。
主なものは資格関係(宅建取引業の認可など)や警備業、風俗関係においては、前科者は一定期間はその業種につけません。
でも逆に言えば、普通に暮らすことにおいては、前科者だから生活できないってことは全くありません。本人の努力次第で十分社会的に認知されるはずです。
また、そういう社会になってほしいものですね。
    • good
    • 28

私の祖父は「保護司」をしています。


もうかれこれ何十年も続けており、
国から授章されてました。
そんなボランティア活動も存在しています。
国の1つの組織、と言える証だと思われます。

保護司とは、前科者のその後の人生を支援する人です。
職や住まいの提供・紹介を始め、後継人としても支援。
何年経っても、前科者を温かく見守っているのです。

保護司は日本中にいて、組織もしっかりされており、
多くの前科者が世間に復帰できるよう活動しています。

要するに、前科者になると
保護司からずっと見守られる=見張られる(?)
ということではないでしょうか。
やがて、親子のような絆を築けることも多いと聞きますよ。

もし前科者になった際には、
保護司を頼り、慕ってあげてくださいね♪
    • good
    • 19

何かの資格を取る時に前科があるとその資格を取れないという場合はありますね。

例えば宅建業者の免許を取るのに傷害で罰金になった前科や禁固以上の前科があると取れません。また、海外旅行に行く際に禁固以上の前科があるとビザがとれないという話を聞いたことがあります。それ以外に前科があると不利になるのは再び罪を犯した場合位ではないでしょうか。再び罪を犯せば当然刑は重くなります。就職、結婚、兄弟の縁談に影響する場合もあるかもしれません。
ただし刑は消滅します。罰金刑の場合、刑を受け終わってから5年間、禁固刑や懲役刑の場合は刑を受け終わってから10年間再び罰金以上の刑に処せられなければ消滅します。(刑法第34条の2)この刑の消滅というのは厳密には前科が消滅するわけではないのですが、資格を取る上では前科が消滅したと考えて差し支えありませんから、履歴書にも書く必要はありません。
    • good
    • 20

同級生や先輩で前科者が何人かいますが、今はまじめに働いているみたいです。


もともと家業が農家なので、あまり仕事には影響が無いようですが、町内ではやっぱり警戒されていると思います。
No.1の回答の方が挙げているような職業は難しくなってしまうので、就職の幅が狭くなってしまうでしょうね。
    • good
    • 19

執行猶予位なら確かに普通に生活できるでしょうね。


履歴書だって、ある程度はどうにでもなるわけですから。

ただ考えられるのはやはり、身内のことですね。

古物商、警察官採用試験、等過去の履歴を調べる案件がある職業には、生まれてきた子供の就職のハードルを高くしてしまうこともあるでしょう。

さらに、子供の結婚時にもなんらかの原因で影響してこないとも限りません。

ともかく前科者にはなりたくないですね・・・
    • good
    • 22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供に公民権を認めなくて民主主義と言えるの?

日本は子供には公民権を認めていませんし、成年後被後見人にも公民権はありません。
また、なんらかの行為が原因で公民権を停止されてる者もいます。
公民権を持たない人間がいるのに民主主義と言えるんですか?

Aベストアンサー

極端な例ですが、子供に投票を認めて、良いと思う人に投票しなさいと言ったとき、投票用紙に「アンパンマン」と書いて投票したとして、それが公民権の行使と言えるでしょうか。

やはりある程度の判断力は必要なんだと思いますよ。

Q刑事裁判で罪状認否のとき

万引きをして、起訴され公判が行われる場合、罪状認否のとき(公訴事実を認めるもやむを得ない状況で行ったので執行猶予を求める場合)、一般に被告人、弁護人はどういうことを述べるのでしょうか?


ただ、起訴状の通りで間違いないです、と一言言うだけなのでしょうか?
それとも、執行猶予のためにどうして万引きを行ったか(やむを得ない状況で行い被告人も反省している等)も述べるのでしょうか?

Aベストアンサー

「罪状認否」は書いて字の如く、「罪を認めているか否か」のみについて
答えるものです。
止むを得ない状況で行ったとしても万引きをしたことに変わりは無いので
「間違いありません」と答える以外には無いです。

公判閉廷前に裁判官が被告人に
「何か言いたいことはありませんか?」と質問してくるので、万引きするに
至った止むを得ない事情などはその時に初めて話せば良いでしょうが、

万引きをしなければならなかった止むを得ない状況とやらについて説明を
したところで、世間一般には、ただの言い訳にしか過ぎないと思うので、
逆に印象を悪くする恐れもあり、話さないほうが良いのではないかと思い
ますが…。

Qアメリカの黒人運動は何故、公民権獲得運動?

こうみん-けん 【公民権】
公民としての権利。公職に関する選挙権・被選挙権、公務員として任用される権利などの総称。市民権
----------------------------------------------------------------------
gooの国語辞典には公民権についてこう出ていました。
アメリカの黒人差別ははっきりいって人権問題だと思うのですが、なぜ公民権運動として闘われたのでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3の回答者ですが、質問と先の自分の回答をを読み返してみて、もう少し根本的な誤解の問題のように思えてきましたので、再度投稿させて頂きます。

人権という言葉は広く使われている言葉ですが、日本におけるニュアンスと、日本以外での国におけるそれは少し違いがあります。
わが国では人権を「生存権」よりに捉えて、誰しも人間らしい快適な生活を保障される権利、というふうに理解しています。その考え方の根底にあるのは自然権、つまり人間は生まれながらにして侵すべからざる天賦の権利を持っているものである、という人間観が横たわっているわけです。

しかし、実際のところ「人権」の標準的理解は、より「自由権」に軸足を置いたものです。つまり、ふつう「人権」と言えば、国家や社会の不当な抑圧から個人の自由や生命、財産を守るという権利を指すわけなのです。これはすなわち、個人と公との関係を規定するもので、公との関係を抜きにしてまず「個人の権利」をうたうわが国の人権概念とはかなり趣が異なります。

しかし、そもそも権利関係というのはただ一人で生きていく場合には発生しようがないのであってみれば、権利が個人と社会との関係をうたうのは当然のこととも言えるわけです。歴史的には、国民国家が形成されてその権力の範囲が拡大するなかで、国家の力の及ばない個人の領域を確保しよう、とする流れにそって拡大してきたのがこの「自由権」としての人権なのです。
裏返していうと、国家や社会は個人の生命や財産の保護という権利の相互保護を第一義として成立したものであったが故に国家の成立が先行したのですし、それがまず達成されて以降、二次的にその社会における個人の権利が議論の対象になってきたのですから、一般の「人権」という言葉には、国家や社会の価値が既に当然のものとして織り込み済みなのです。

こういう本来の人権感覚に照らして言えば、ご質問の権利はそれにあたらないことがわかるのでしょう。先の回答に書いたように、公民権運動は、アメリカ市民たるべき黒人や女性に、アメリカ市民なら誰もが享受できるはずの当然の権利を賦与しよう、という運動だからです。今まで市民とみなされなかった階層を市民とみなそう、という動きです。つまりこれは市民として“社会に参加する権利”を与えようとするもので、上に書いた狭義の人権つまり“社会の干渉を受けない権利”とは全く逆の方向性を持つものです。
はっきり言えば、このような運動を「人権運動」と感じるのは日本的な誤謬に過ぎません。そこには個人の成立基盤として前提されるべき「国家観」「社会観」の喪失が反映しています。

#3の回答者ですが、質問と先の自分の回答をを読み返してみて、もう少し根本的な誤解の問題のように思えてきましたので、再度投稿させて頂きます。

人権という言葉は広く使われている言葉ですが、日本におけるニュアンスと、日本以外での国におけるそれは少し違いがあります。
わが国では人権を「生存権」よりに捉えて、誰しも人間らしい快適な生活を保障される権利、というふうに理解しています。その考え方の根底にあるのは自然権、つまり人間は生まれながらにして侵すべからざる天賦の権利を持っているも...続きを読む

Q教えて下さい!!!前科内容を知りたいのですが・・・前科は二度と消えない?

こんにちは!!教えて下さい!!!真剣に悩んでいます。
■1→県の定める「青少年育成保護条例」で逮捕され、いわゆる「前科」がついた場合、二度と消えないのでしょうか?
■2→いくら何年経っても、どこかに、何らかの形で「前科」は残るものなのでしょうか?
■3→また、万が一、10年後等に同じような事件を起こした場合、ニュース等ではどのように報道されるのでしょうか?
  【「青少年育成保護条例」で逮捕され、いわゆる「前科」がついた事があった】と、明かされるのでしょうか?
■4→第3者の私でも、どこかでその詳しい内容を閲覧する事は可能でしょうか?

非常に身近な人の事でとても気になります。世間の目は様々だとは思いますが・・・。一般的な社会の見解とはどのようなものでしょうか?ご意見のみでも構いません。
どなたか詳しい方いらっしゃいましたら、ご回答願います!!!
わかっている情報は下の4項目です。

(1)その事件からおよそ4年が経過したということ。
(2)その人が罪を犯した張本人であるということ。
(3)逮捕されてから20日プラス1ヶ月トータルで拘束されていたということ。
(4)保釈金で一度保釈されて、初犯で起訴され有罪判決→執行猶予になったということ。

以上です。どうぞ宜しくお願いします。

こんにちは!!教えて下さい!!!真剣に悩んでいます。
■1→県の定める「青少年育成保護条例」で逮捕され、いわゆる「前科」がついた場合、二度と消えないのでしょうか?
■2→いくら何年経っても、どこかに、何らかの形で「前科」は残るものなのでしょうか?
■3→また、万が一、10年後等に同じような事件を起こした場合、ニュース等ではどのように報道されるのでしょうか?
  【「青少年育成保護条例」で逮捕され、いわゆる「前科」がついた事があった】と、明かされるのでしょうか?
■4→第3者の私でも、ど...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

まず
1.残念ですが、前科は2度と消えません。
2.2についてはおっしゃる意味はわかりませんが、前科は消えないことからも残っています。
3.事件を10年後に起こそうが20年後に起こそうが前科はあるので、過去についてはとりあげられるかもしれませんね。
4.第三者の人は、当時の新聞を見るかしないと情報を知りえることはできません。あとは、探偵に調べてもらうかでしょうか・・・

警察に犯歴のデーターがあるそうですが、自分のIDを入れたりしないと見れないそうですし、そのデーターを誰が見たとかいうのは残るらしいです。
それと、免許書の番号でもすぐわかるらしいです。
例えば検問等で警察官に免許証を見られて、照会をかけられたとします。
照会かけて前科があったとしたら、いきなりダッシュボード見られたり寝堀は堀きかれるとか・・・

ご存知かと思いますが執行猶予についてご説明いたします。

執行猶予とは、「刑の言渡しはするが、情状によって刑の執行を一定期間猶予し、猶予期間を無事経過したときは刑罰権を消滅させることとする制度。」と言われています。

懲役3年を判決で宣告しても、例えば被告人を今後きちんと監督する人がいるとか、既に社会的制裁を受けており十分な応報を受けているとか、などの諸事情を考慮して、刑務所への留置を一定期間猶予するのです。

そして、執行猶予の期間の間に再び何らかの犯罪を犯すなどせず、無事に期間を満了したときには刑務所への服役をしなくてよいとするのです(その限りで判決による刑の言い渡しの効果は消滅します)。

執行猶予になるには色々条件がありますが一般的な場合で考えれば、過去に懲役・禁錮の刑罰を受けていない場合で、言い渡される刑罰が懲役3年以下の場合には、情状に応じて執行猶予が付くと考えてもらえば大体は足りるでしょう。

執行猶予は、あくまで判決で刑罰を言い渡しても、その刑罰の執行を猶予するだけです。ですから、判決の宣告それ自体を猶予するもの(宣告猶予)ではないので、有罪として刑が宣告されたという事実を消してしまうわけではありません。
だから前科はこのことからも消えません。

なお、執行猶予は1年~5年と法律上きまっています。

実際には、宣告された懲役刑の倍の年数程度が執行猶予期間になることが多いです。

懲役1年なら執行猶予を2年付けるとかです。ただ、犯罪の態様や被告人の生活環境などによっては、懲役1年執行猶予4年というのがあったりもします。

これは裁判所としては執行猶予を付けるかどうかを最後の最後まで決めかねていた場合でしょう。

あなたの彼氏が事件の張本人ですか?

青少年育成保護条例の前科ということなので淫行等ではないかと思いますが、正直言えばもし自分の彼氏だったら嫌ですよね。

男友達でも嫌なんじゃないでしょうか女性は・・・

だって性的な前科って悲しくないですか?

世の中の見解は「あーあの人ねー・・・」って感じできっと見てると思います。

これ以上信頼を崩さないためにももう絶対そういうことなくまじめに生きてほしいと願うばかりです。

ひとつ気になるのは万が一事件を起こしたときにってご質問にありましたが、もし気になるなら恋人や友人はやめられたほうが良いと思います。

ずっとそんなこと気にして生きていくのは辛いですから。。。

こんにちは。

まず
1.残念ですが、前科は2度と消えません。
2.2についてはおっしゃる意味はわかりませんが、前科は消えないことからも残っています。
3.事件を10年後に起こそうが20年後に起こそうが前科はあるので、過去についてはとりあげられるかもしれませんね。
4.第三者の人は、当時の新聞を見るかしないと情報を知りえることはできません。あとは、探偵に調べてもらうかでしょうか・・・

警察に犯歴のデーターがあるそうですが、自分のIDを入れたりしないと見れないそうですし、そのデ...続きを読む

Q民主党に投票した人間は公民権停止にすべきでは?

09年に民主党に投票した人間には政治的判断能力がないんですから公民権を停止すべきではないでしょうか?
日本は今衆愚政治に大変悩まされていますが、これで解決すると思います。

Aベストアンサー

未成年者には選挙権は与えられていません。
それは、未成年者には政治的判断能力が無い
ということになっているからです。

民主党に投票したひとも、政治的判断能力
がない、ということが判明しました。
だから、民主党に投票した人間を、公民権
停止にする、という案は理論的で魅力的です。
私的には刑務所に入れてやりたいぐらいです。
あんなウソ、どうして見抜けなかったか、
大の大人が情けない、恥を知れ!
と、問い詰めたいですな。

そうやって、選挙をリトマス試験紙にして
どんどん選挙民を選抜していけば、政治的
判断能力を持っている人だけが選挙できる
ようになりそうです。

非常に素晴らしい提案だと思いますが、
法的には無理でしょうね。

Qひき逃げで起訴された場合の弁護士の選任と罪状について

主人がひき逃げの罪で昨日起訴されました。
実は、事故の後逃亡しその後10日間出頭しなかったのです。
そしてさらに車を隠ぺいし、修理しようとしていたようでした。
ただし、警察の捜査で見つかりその場で逮捕、20日間の勾留の末起訴されたのです。

裁判になると弁護士をたてなくてはいけませんが、国選弁護人と私選弁護人はどちらがおすすめなのでしょうか。
また、刑事裁判の場合弁護士への報酬を立て替えていただける\"法律扶助制度\"というものがあるそうですが、
この制度を利用するための条件などご存知でしたら教えてください。

主人の場合、通常でしたら不起訴で罰金で終わると警察の方には聞いていたのですが、
実際は起訴されてしまいました。罪状はどのようになるのか。。。とても不安です。

Aベストアンサー

こんにちはー

ひき逃げは、道路交通法第72条に定められています。
この罪はほぼ業務上過失致死傷罪と併合されるので
簡単ではありません。

まして、証拠隠滅を計っていたとなると、悪質という
ことになり、検察、裁判官の心証も悪くなります。
なお、証拠隠滅罪は当人には科せられません。

事件に争点がないのであれば私選も国選も同じでは
ないでしょうか。
事件に不可解なところがあるとか、被害者との証言と
夫の証言がまったく違うとか。ではないのでしょう?

そうであれば私は国選がいいと思うのですが、起訴されたと
いうことは、すでに弁護人は決まっていないのですか?

Q7月2日は、アメリカの「公民権法」が制定された日です(1964年)(曲アンケート)

法律制定は「公民権運動」の成果。そして、公民権運動の一つの形が「Sit - in 座り込み」でした。

sit-in 
https://kotobank.jp/word/sit-in-1242393
座り込み
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%A7%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%81%BF

そこで、アンケートは、

歌詞やタイトルに、「座る」が入っている曲とします。おすすめの曲を教えてください。

<例>

「柔」(美空 ひばり)

https://www.youtube.com/watch?v=O5ivovLPZZQ
行くも住るも座るもふすも

「Sittin' on the dock of the bay ドック・オブ・ベイ」(オーティス・レディング)
https://www.youtube.com/watch?v=PyxLaHmOaYM

「Nowhere Man ひとりぼっちのあいつ」(ザ・ビートルズ)
https://www.youtube.com/watch?v=TGGphnDMVDI
He's a real nowhere man Sitting in his nowhere land

※ クラシック曲は除いてください。
※ おひとり 3曲まででお願いします。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このアンケートにプレゼントはついていません! 「お礼」は書きます。

法律制定は「公民権運動」の成果。そして、公民権運動の一つの形が「Sit - in 座り込み」でした。

sit-in 
https://kotobank.jp/word/sit-in-1242393
座り込み
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%A7%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%81%BF

そこで、アンケートは、

歌詞やタイトルに、「座る」が入っている曲とします。おすすめの曲を教えてください。

<例>

「柔」(美空 ひばり)

https://www.youtube.com/watch?v=O5ivovLPZZQ
行くも住るも座るもふすも

「Sittin' on the dock of the bay...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
パッと思い浮かんだ古い1曲ですが、
「Little Girl Blue」:Joni James の歌で、
https://www.youtube.com/watch?v=e8123xWKc2E
歌いだしが、Sit there and count your fingers What can you do.....

Q犯罪者とか前科者と呼ばれるのは、どんな場合ですか?

職場が労働基準法37条違反で、是正勧告を受けました。
かなり前から、きちんと残業代をはらうべきだ・・と上司(部長と課長)に伝えていたのに、いつまでも対処せず、私が申告に行ってようやく法違反を指摘され行政指導に従うようになりました。
当然、申告した私の職場内での立場は悪くなり、労働組合を通じて、話し合いの最中です。
労働基準監督官が言うには、刑事告訴も受け付ける、とのことです。
部長・課長を刑事告訴した場合に、書類送検ということになるのでしょうか?
労働組合の人が言うには、たぶん不起訴で終わるだろう、とのことですが、再犯の可能性が高いので、手続きはしておくべきだと思います。
書類送検されたら、部長・課長はどのような取調べを受けるのでしょう?
彼らは、犯罪者となるのですか?
また、前科者と呼ばれるのは、どの時点からですか?

Aベストアンサー

>>書類送検されたら、部長・課長はどのような取調べを
>>受けるのでしょう?

 警察もしくは検察庁に行って取調べを受けます。

>>彼らは、犯罪者となるのですか?

 犯罪者の定義にもよります。

>>また、前科者と呼ばれるのは、どの時点からですか

 裁判で有罪が確定してからです。
 (つまり不起訴では前科者にはなりません)
 

Q公民権の行使と有給

私の知人で検察審査員の補充員になった人がいます。
補充員でも講習会のようなものがあるらしく、仕事を休んでいかなくてはなりません。
このときの会社の対応は前例がないので有給で行ってくれとのことでした。
たしかに就業規則にはこのような場合の休みについて記載はないのですが、有給を使わせるのはどうなのでしょうか?
会社としては講習会への出席は公民権の行使にあたるわけですから、休ませなければいけない義務があります。しかし、個人の年次有給休暇をこれにあてるのは間違っていると思うのです。かといって年間休日のうちの1日とするのもおかしいですし、特別休暇としての枠組みを作るべきかと思うのですがどうなのでしょうか?

乱文ではありますが、ご回答どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 特別休暇としての枠組みを作るべきかと思うのですが

有給の特別休暇なのか?無給の特別休暇なのか?で話が違います。

有給って前提で…
現実問題、労務が提供されないのに賃金支払うのは会社に取って負担になるし、検察審査会に関する負担を会社が負うってのも筋が違います。
また、旅費、日当(上限8,000円ですが…)、必要なら宿泊費も出るんですから、有給分の賃金と二重取りになるのも変ですし。

自分の会社だと、有給休暇以外の休暇は原則として欠勤扱いで、自動的に欠勤日数が賃金や賞与の査定に参入されるようなシステムになっています。
従業員に取ってかなり不利ですので、部署内で無断欠勤なんかがあった場合にも事後に有給として処理するような慣例になってます。
そういうような事で、会社の規則が追っ付いてなくて欠勤なんかで処理されるよりは、有給で処理してねって話とか。


> どうなのでしょうか?

既に裁判員制度なんかも始まってる事ですし、直前になってあたふたするよりは、こういうケースや裁判員に選ばれたらどうするの?って、特別休暇の件も含め、労使でしっかり話し合いしとくのが良いですが。

> 特別休暇としての枠組みを作るべきかと思うのですが

有給の特別休暇なのか?無給の特別休暇なのか?で話が違います。

有給って前提で…
現実問題、労務が提供されないのに賃金支払うのは会社に取って負担になるし、検察審査会に関する負担を会社が負うってのも筋が違います。
また、旅費、日当(上限8,000円ですが…)、必要なら宿泊費も出るんですから、有給分の賃金と二重取りになるのも変ですし。

自分の会社だと、有給休暇以外の休暇は原則として欠勤扱いで、自動的に欠勤日数が賃金や賞与の査定に参入される...続きを読む

Q現在の刑法は罪状にによって刑罰の上限を決めているが、この上限を撤廃したらどうだろうか?

土浦の無差別殺人事件の判決が出ました。
被告本人は
「死刑を望んで、覚悟して殺人事件を起こした。希望通り死刑判決を出してほしい」
といっています。

最近、このように
「死刑になりたいから殺人をしました」
という事件が数多く起こっています。

現在の日本の刑法では罪状によって刑罰の上限下限が決まっています。
いっそのこと、この上限下限を撤廃してしまったらどうでしょうか?
たとえば現行の窃盗罪では死刑はありえません。
したがって死刑願望者は万引きで警察に捕まろうとは思いません。
「4人以上の人殺しをしたら死刑」という永山(だっけ?)基準に則って4人以上の殺人を犯してしまいます。
これでは殺された人がかわいそうです。

ですので、窃盗罪でも詐欺罪でも傷害罪でも、全部上限は死刑にする。
そうすれば死刑願望のあるものは
「死刑にしてほしいので犯罪を犯しました。罪状は鉛筆一本の万引きです」
と軽微な罪で捕まえてもらえます。(万引きされた商店も迷惑だが、無差別殺人よりはよかろう)

また、「死刑制度は犯罪の抑制力になりうるか?」という論議にも終止符が打てます。現行では反対論者の意見は
「死刑制度があっても、犯罪を犯すものは犯罪を犯すんだ。抑止効果はない」
といいますが、それは多くの犯罪が数年で刑期が終わるからです。ムショ暮らしの期間が計算できるから、計画的に犯罪を犯す。(主に暴力団など、アウトローの人々ですが)
 その点、上限撤廃すれば問題なし。なにしろ、立小便でも駐車違反でも、何をやっても最高刑は死刑ですから。世の中、みな品行方正になりでしょう。死刑制度に抑止力なし!という意見は、刑罰の上限撤廃したときに始めて有効になる意見だと思います。

現在の裁判では実際には「量刑の相場」ってのがあって、裁判官は自分の考えなど挟む余地なく、前例の「量刑の相場」にしたがって判決を出すでしょうから、もし量刑の上限が撤廃されても、ごく普通の人が犯罪を犯した場合は相場どおりの判決をしてもらう。
 ただしその筋の方々が被告人の場合、罪状によっては上限撤廃という”伝家の宝刀”を抜いてもらう、ってことで。

現行の裁判でも時々
「私は悪い人間でどうしても性根をたたきなおすことができません。
 私のような人間が社会にいると人様のご迷惑になります。
 よって、なるべく長い刑期をおあたえください」
と希望する被告人がいると聞きます。

本人が希望するなら、例外として相場以上の刑罰を与えられるように刑法改正することはマズいのでしょうか?

土浦の無差別殺人事件の判決が出ました。
被告本人は
「死刑を望んで、覚悟して殺人事件を起こした。希望通り死刑判決を出してほしい」
といっています。

最近、このように
「死刑になりたいから殺人をしました」
という事件が数多く起こっています。

現在の日本の刑法では罪状によって刑罰の上限下限が決まっています。
いっそのこと、この上限下限を撤廃してしまったらどうでしょうか?
たとえば現行の窃盗罪では死刑はありえません。
したがって死刑願望者は万引きで警察に捕まろうとは思いませ...続きを読む

Aベストアンサー

面白い発想ですが、一点異議があります。

刑務所で3食付の生活をしたいので、刑務所を出たその日に万引きして、刑務所に逆戻りする人が実在するそうです。
このような人が本人の希望によって終身刑となり、毎年数百万の税金が使われることには不満を感じます。
年間300万円といわれていたのが20年も昔ですので、今はどうなのでしょうね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報