セミの季節ですね。ミンミンゼミの鳴き声は、「ミーンミンミンミイーーン」って感じで、最後に音程が低くなりますよね。あれはなぜなんでしょうか。
私なりにちょっと考えたんですが、セミって鳴いているのではなく、羽を振動させて音を出していると聞いたことがあります。とすると、力を抜いても慣性の法則でしばらく振動し続け、そうはいってもだんだん振動数が少なくなるので音が低くなる……んじゃないでしょうか。
自転車の車輪のうねりにも音が似ているような気がします。つまり、セミの羽は急ブレーキが効かないってことでしょうか。
よろしくご指導お願いします。

A 回答 (3件)

セミの鳴き声は、腹の中にある専用の器官を使って出している


そうです。その器官は次のような構成です。

発音膜・・・音を出す膜。
発音筋・・・発音膜を震わせるための筋肉。
共鳴室・・・音を共鳴させるためにある、腹の中の空洞。
腹弁・・・・腹の外側にある鱗のような器官。音を調節する。

そうすると、「慣性」ではないようですね。参考URLにある
動画で腹の動きを見ると、セミが意識的?に音程をコントロール
しているように見えますが、どうなんでしょう。

最後に音程が下がると言えば、ツクツクホーシのフルコーラス
の時もそうですね。まず先に、あの鳴き声は生まれつき(遺伝子
が決める)なのか文化(他のセミの鳴き声を真似ている)なのか
も興味があるところです。

参考URL:http://www.nat-museum.sanda.hyogo.jp/semi/semi.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。セミが意識的に音程をコントロールしているとすると、それがなぜなのか、さらに興味をそそられますね。

お礼日時:2001/08/20 12:57

セミは翅で発音するのではありません。

オスの腹部に発音器を持っています。セミは腹部の発音膜を筋肉で震動させ腹部の空洞で共鳴させていますが、この腹部を伸ばしたり縮めたりして音程を変えるのです。さらに、発音膜の外側に腹弁と呼ばれる板があって、この板と発音膜のすき間を調節(つまり開け閉め)して音色をコントロールしています。
たとえば、ミンミンゼミの場合、「ミ」で腹弁と発音膜のすき間を開け、「ン」で閉めます。延ばす部分の「ミーー」で腹部を伸ばしての共鳴箱を大きくして音程を変えています。勿論慣性その他のことは関係ありません。
一度セミを手に取って観察されることを強くおすすめします。百聞は一見に如かずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なるほど、よくわかりました。つまりセミは「腹筋」を使って鳴いているんですね。すごいな。最近、もっと注意して鳴き声を聞くようになりましたが、中には弱弱しく、いかにも死期が迫っているような声もありますね。命の重みを感じてしまいます。

お礼日時:2001/08/20 13:03

ガリレオの実験で、振動(振幅)が減ってきても周期は減らないというのがありました。

音は小さくなっても音程(周波数)はかわらないはずです。
「そういう鳴き方」と考えたほうがいいと思います。

ツクツクホウシの鳴き方は、興味がありますね。それにくらべたら、ミンミンゼミの音程の変化はしれている・・?

ちなみに、羽を振動させているのはスズムシやコオロギなどで、セミには「発声器官」があります。(声というのかどうか疑問ですが、音でしょうね。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私はとんだ見当ちがいでしたね。まさに蒙を啓いていただいたの感があります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/20 13:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセミについて(2)外国のセミ

カリフォルニアから来たアメリカ人の友人は、セミという生物を知らないようなのです。曰く、あのnoiseは鳥の鳴き声か?と。昔、図鑑でアメリカには17年ゼミというのがいるやのように読んだ記憶があるのですが・・・希少な種なんでしょうか?あるいは加州のような乾燥地域にはいないのでしょうか?世界的にはセミという昆虫は珍しい虫なのでしょうか?

Aベストアンサー

北米のセミは周期ゼミなので、17年(南部では13年)に一度集団羽化し大発生しますが、続く16年(南部では12年)はセミがいないということになります。日本のように毎年成虫が発生しないのが大きな違いです。したがって、アメリカ人がゼミになじみがないのもいたしかたないのでしょう。
また、日本には30種を越えるセミがいますが、ヨーロッパでは南欧に数種類が分布するだけのようです。世界的にみたら、日本はセミが多い国なのかもしれません。
中途半端な回答ですが、こんなところで。

Qトンボは見た目には羽を水平に振動させ

て飛んでいるように見えるが実際はどのように動かしているのか、高速中と静止飛行中も違うのでしょうね。

Aベストアンサー

トンボの羽といっても、団扇みたいな板切れをバフバフと動かしているのではなく、結構ねじれて動いてますね。
このねじれと前後左右4枚の羽の動かし方を調節して、上下左右と前進を行ってますが…人間の目ではとても「見切る」ことはできませんが。

ミクロコスモスというDVD中に、興味深い映像が見付かると思います。
場合によっては公営図書館に蔵書されている場合もあるので一度見られる事をお勧めします。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FXIN/250-9307548-4176265

Qこの時期 夜のセミの音(?)

2週間くらい前から、毎年夜になると必ず、どこかしらの木の茂みや草むらから、
「ジ~~~」っと長時間連続音が聞こえてきます。

当方住んでいるところは千葉ですが、実家の東京でもよく聞きます。

音ですが、かなり大きい音で、アブラゼミの音にすごく似ている感じです。


別に最近の話ではなく、20数年前の小学生の時も同じ記憶があります。


自分の予想では、アブラゼミが地上に上がって羽化して鳴き始めているのかと
思ってますが、実際はどうなのでしょうか。
夜ライトを持って確認したことがないので、質問させていただきました。


※以前こちらで質問したことがありますが、明らかに電柱のトランスの励磁音とは違います。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クビキリギスかと思われます。

アブラゼミは夜行性ではないため、夜に鳴くことはほとんどありません。

「クビキリギス 鳴き声」で検索してみますと鳴き声を確認できます。

Qミンミンゼミの鳴き方

雑学ですが、前から?と思っていたので、宜しくお願いします。

ミンミンゼミが鳴き始めると、暫くはミンミンミンミン...と繰り返して鳴き、ある程度調子に乗ってくる?と、ミーンミンミンミー、ミーンミンミンミーと鳴きます。なんで途中から変わるんでしょうか?。

Aベストアンサー

今、窓の外で鳴いていますが、ミンミンゼミは日本語をマスターしている訳ではないので、
仮名で鳴き声を表記するのには無理があります。

それはさておき、鳴き始めはミンミンとウィンウィンの中間のような声でスタートし、
これを10~15回ぐらい繰り返して、ミー(とウィーの中間)で終わり序章は終了。
次からは、質問者さんも他の回答者さんもひとつミンが少ないようで、ミーンミンミンミンミーと鳴きます。
時にはもうひとつミンが入る個体もいるようです。(余裕?)
鳴き声もミーンとミーシの中間のような音だと思います。
そして、絶頂期に入ると声も大きく、周辺に鳴き声をまき散らす感じで鳴き続けます。
ここが雌を引きつける一番大事なところで、手を抜いてないという気力が伝わってきます。

それから、これは私が子供の頃から不満に思っていることですが、アブラゼミ、
ツクツクボウシなどは終わりがしっかりとしていて、「これで終わり」という終わり方で鳴き止みますが、
ミンミンゼミ、ニイニイゼミ、ヒグラシはそこのところがいい加減な気がします。
特にツクツクボウシはあれほど器用な鳴き方をして、締めもしっかりしているのは立派です。(これは余計なことでした)
それに比べてミンミンゼミは「おい、これで終わりかよ」と言いたくなるような感じでに鳴き止みます。
まさに「疲れたからこのへんで切り上げよう」と思えるのは私だけでしょうか。

是非、今後は改善してもらいたいと思います。特にミンミンゼミは絶頂時の鳴き方が派手なだけに何とかしてもらいたいです。

今、窓の外で鳴いていますが、ミンミンゼミは日本語をマスターしている訳ではないので、
仮名で鳴き声を表記するのには無理があります。

それはさておき、鳴き始めはミンミンとウィンウィンの中間のような声でスタートし、
これを10~15回ぐらい繰り返して、ミー(とウィーの中間)で終わり序章は終了。
次からは、質問者さんも他の回答者さんもひとつミンが少ないようで、ミーンミンミンミンミーと鳴きます。
時にはもうひとつミンが入る個体もいるようです。(余裕?)
鳴き声もミーンとミーシの中...続きを読む

Q耳の基底膜の幅と音の振動数

音の聞こえるしくみとして、うずまき管の基底膜が振動するということですが、基底膜の幅はうずまき管の入り口付近では狭く、奥では広くなっていて、それによって振動数の大きい高温は入り口で、振動数の小さい低音は奥で受容していると書いてあるのですが、それはなぜなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

ご質問の内容は生物ではなく物理です。うずまき管の機能を解明してノーベル生理学賞を受賞しましたベケシーも物理学者です。下記説明で解らなければ物理カテで質問してください。

耳小骨からの振動でうずまき管の卵円窓が押されますと,リンパ液は圧縮されないため,圧力が伝わり,鼓室階の端にある正円窓が押し出されることになります。このように音の振動によって基底膜をはさむリンパ液が上下で振動すると,その振動数に共鳴する基底膜の部分が激しく振動を起こします。基底膜の幅が狭ければ高い振動数に共鳴し,反対に幅が広ければ低い振動数に共鳴します。

理解できないとすれば,「共鳴」の部分ではないかなと思います。どなたか共鳴について説明してあげてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報