『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

27歳女です。
平泳ぎで25mを何ストローク(プルというのでしょうか?両手で掻く事です・・・)で泳げるか数えてみたところ、7回~8回でした。
この回数は多すぎるのか妥当なのか、、、。
調べてはみたものの、私くらいの年齢と性別の平均がどうしても分かりませんでした。
分かる方いらっしゃいましたら教えて下さい。

A 回答 (3件)

NO2のものです。


25メートルを7,8回の泳ぎは、潜水で5メートルで残り20メートルを1ストローク2.5メートル泳いでいますので、私と同じくらいかな?
私は、3年くらいスイミングスクールに通って習いました。
自己流とのことすばらしいと思います。
それだけの推進力であれば、フォームは問題ないとおもいますが、下記URLでチェックしてみてください。

参考URL:http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/h1swim/h1br00/IPA-3 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びのご回答ありがとうございますm(__)m少し自信がつきました!そして素晴らしいHPを紹介していただきありがとうございました。映像で見られるというのは良いですね。とても参考になりました。やはり問題はフォームのようです。綺麗なフォームで泳げるよう頑張りたいと思います。

お礼日時:2005/02/13 14:06

NO1さんと同様に水泳には、技術の部分が大きいため年齢や性別の平均は、ないと思います。


練習環境が同じであれば、若い男が1ストロークの距離は、長くなるかと思いますが、

私は、週2回から3回ほど趣味で泳いでいますが、20代位でであっても1mくらいの推進の方がいます。
スイミングスクールの小学生たちがずっと早くてうまいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。1mの推進という事は、その方のストローク数は25回ちかくという事でしょうか。泳ぎ方の問題のようですね・・・。

また自分の事で恐縮なのですが平泳ぎで25mを7回から8回というのは、結局のところきちんと泳げていると思っても良いのでしょうか。本当に自己流でやっているので気になっています。

お礼日時:2005/02/13 00:44

学生時代、選手してました。



私も数えたことないんですが

私の場合、ひとかきが大きく、それだけでだいぶ進みます。伸びてるじかんが長いのでもうちょっと数は少ないはずです。
フォームは綺麗だと誉められるほうです。

こういうのは年齢の平均とかはないでしょうねぇ…

答えになってなくてすいません
    • good
    • 2
この回答へのお礼

素早いご回答ありがとうございます。タイムの平均は年齢別に出ていたりしているので、ストロークの回数も出てるかな?と思ったのですが、なかなか出てないものですよね。年齢の平均はない・・・というご回答に妙に納得してしまいました。
私はタイムは遅いのでせめてストロークの回数だけでも減らせたら、と思っているんです(^^;)
フォームが綺麗というのはとても羨ましいです(^O^)

お礼日時:2005/02/12 23:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水泳で長~く泳げません。ゆっくり長く泳ぐ方法を教えてください。

フィットネスのプールが好きで時々泳ぐのですが、50m泳ぐと息が上がってしまい、ゼーゼーいってしまい、休み休みでないと泳げません。

たまに、すごく長く泳いでいる人を見ると、どうしてあんなに長く泳げるのかな、と不思議になります。

全く泳げないわけではないので、スイミングの体験スクールに一度参加したら、退屈で仕方ありませんでした。

長く泳ぐ「コツ」ってあるんでしょうか?

Aベストアンサー

当たり前のことですが、長くゆっくり泳げる人と泳げない人の差は、体力の違いによるものではありません。では、なぜその差が生まれてくるのでしょうか。
簡単ですよね。省エネ泳ぎが出来ていないからです。

実際にtiffanyさんの泳ぎを見ていないのでなんともいえませんが、自分がプールにいるときに周りの人たちを見ていて思うことは、手足を回すサイクルが速すぎるということです。体を浮かせて前に進もうと必死になるあまりに、足はがんばってバタ足、手もそれに合わせて必死になってしまっているわけです。当然疲れます。でも実際は、そんなにがんばらなくても体は浮きますし、前に進みます。ぶっちゃけ、バタ足なんてしなくても沈まず泳げます。
ためしに、前に進むスピードを出来る限り0に近くして泳いでみてください。25m泳ぐのに1分とか2分とかかけてみてください。最初はうまくいかないと思いますが、できるようになったときには省エネ泳法がマスターできているんじゃないかと思います。
注意点として、動きを止めないように、ということと、息継ぎで上を向かないようにということです。動きを止めてしまうと、せっかくキャッチした水を逃がしてしまうことになります。また、息継ぎで上を向いてしまうと余計な力が必要になり、体力を消耗します。横を向いたままでも息は十分吸えます。

以上思ったままにつらつら書いてみましたが、参考になれば幸いです。

当たり前のことですが、長くゆっくり泳げる人と泳げない人の差は、体力の違いによるものではありません。では、なぜその差が生まれてくるのでしょうか。
簡単ですよね。省エネ泳ぎが出来ていないからです。

実際にtiffanyさんの泳ぎを見ていないのでなんともいえませんが、自分がプールにいるときに周りの人たちを見ていて思うことは、手足を回すサイクルが速すぎるということです。体を浮かせて前に進もうと必死になるあまりに、足はがんばってバタ足、手もそれに合わせて必死になってしまっているわけです。...続きを読む

Q◎平泳ぎをお教えいただきたく思います?

◎平泳ぎが上手く泳げません。動画を掲載させていただきますので、どうかご指導よろしくお願いいたします。

http://www.youtube.com/watch?v=wOBOhkUJwnc

Aベストアンサー

こんにちは~
指導員をしている物です

動画で見る限り・・あなたの平泳ぎは「何となく平泳ぎ」ですね
ダメだしすると

・姿勢ができていない
・キックができていない
・伸びが使えていない
・プルができていない
・コンビネーションのタイミングができていない

でも、動画を晒してまで上手くなりたい気持ちは立派ですね
上記ダメなところを細かく説明しますがその前に

<競泳と一般水泳>
平泳ぎほど競泳と一般水泳が違う泳ぎはありません。
水泳の教則本やDVD/ネット動画は競泳を対象に書かれている物が多く
一般水泳用に書かれている物はほとんどありません
競泳種目の平泳ぎは短距離しかなく短距離に特化した泳ぎになっているものです
健康の為にロングを泳ぐには不向きな部分も多いです。それを知らず
競泳選手の泳ぎを良しとして真似する方がけっこういらっしゃいます
もちろん、競泳選手の泳ぎにも見て欲しい部分はたくさん有るのですが
見なくて良い部分ばかり真似する人がおおいです。
基本ができていないので、結果としてとんでもない泳ぎになっていたりします。
初心者で上下の重心移動を使ったウェーブなんてとんでもないです。
また、ウィップキックも膝の内転筋の負担が大きく人によっては傷めていまいますので
私は一般水泳の方には特に希望がない限り教えていません
それらはまず基本の泳ぎができるようになってからにしましょう。

***************************************************************
ではダメな部分を説明します

<姿勢ができていない>
姿勢は平泳ぎというくらいで・・平(たいら)です
基本は水面に対して平行になるのが望ましいです。
あなたの泳ぎはヘッドが上がり、お尻が落ちて、足先は上下動していますね
当然前から見たら面積が広く、抵抗の大きい泳ぎになっています。
また、甲でキックしてしまっているので違反になるかもしれません
(足はUPキックは構いませんが、甲でのダウンキックはルール違反です。)
もしかしたら、肩もかなり堅いかもしれませんね。
肩が堅いと正しいストリームラインが取れません
平泳ぎでは「けのび」が重要なファクターになりますので
肩のストレッチは充分やっておいてください。

<キックができていない>
キックは難しいのですが、ウィップやウェッジなどと言う前に
成人の場合、膝や足首などその人の肉体的条件に見合ったキックをしないとできません。
平泳ぎのキックは基本的に足の裏で蹴ります。
ふくらはぎの内側と言う人もいますが・・
実際、足の裏を天井に向けて、ふくらはぎだけで蹴るのは不可能です。
つまり、メインは足の裏であり、ふくらはぎは補助的に使うものなのです。
ですから、足の裏が進行方向と逆を向く事が大切なのですが・・
あなたの場合かなり足首が堅いので、今のような腿の引きつけが浅いキックでは
足の裏が後ろをむきません。
また、足引きつける時、体の後方へ引いてしまっているのでお尻が下がるのです。
今後の課題として、腿は多少抵抗が大きくなっても前に引くタイプのキックを覚えましょう。
また、足のすねの筋肉を鍛え足を起こせる様になる事と
できれば、足のスナップも強くしましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=v61nEYUb5_0

<伸びが使えていない>
コレは平泳ぎの基本を知らないという事です。
平泳ぎは蹴った後に進む泳ぎなので・・
蹴った後は暫くグライド(けのび状態)で滑空します
あなたの場合、この状態が全く有りません。
基本の平泳ぎのリズムが全く理解していない証拠ですね
基本のリズムは4拍子とし・・
1でキッックしたら、2と3は伸び、4で足を引きつけます
「イチ、ニイ、サン、曲げ」の4拍子でリズムをとります。

<プルができていない>
手のひらはこんな下まで掻きませんよ
手のひらが首より下に行く事は有りません
手の掻きが推進力になっていません、這い上がって
呼吸する為につかってしまっています
また、手が胸の前でとまってしまっているのは致命的です。
伸びが全く無く、スカーリングもできていません
脇の引きつけも甘いですね
ですから、リカバリーが抵抗になっています

<コンビのタイミング>
平泳ぎで一番難しい所です
平泳ぎの手足のタイミングは
手を掻いてから足を引きつけ
手を伸ばし終わってからキックが入ります
この僅かにズレるタイミングが凄く難しいです
あなたの場合、
手の掻きと同時に足を引きつけ
手を伸ばしながらキックしていますね。
コレでは推進力に対する抵抗が大きくなってしまいますので
効率の悪い泳ぎ方になっています
でも、このテクニックは平泳ぎの最終段階で覚えますので
他を先にやりましょう。

チョット言っておくと・・・
上記の「イチ、ニイ、サン、曲げ」のタイミングにおいて
「サン、曲げ」の間の「、」のところで呼吸をし手を掻き
「曲げ」のタイミングで脇を引きそのまま止めずに前へ伸ばします
「曲げ、イチ」の「、」で頭を入れ手を伸ばし、それに続いて
「イチ」でキックが入ります。
チョット難しいですね(^_^;)

******************【 練 習 方 法 】*********************

さてどのように練習するかですが・・
平泳ぎの練習は「手と足とのタイミング」が難しいので
両方一緒に覚えようとすると無理が有ります。
ですから、最初はキックだけやります

<1:基本的なリズムの取り方を理解する>
平泳ぎの基本的なリズムは4拍子なので
まずそれをしっかり理解し(頭の中で1・2・3・4・と数えながら)
「イチ、ニイ、サン、曲げ」と念仏のように唱えながらやってみましょう。
(他にも違うタイミングは有るのですが初心者は4拍子が一番です)

1・・キックした時です
2・・脚(足)を伸ばした状態です
3・・脚(足)を伸ばした状態です
4・・膝を引き、曲げるタイミングです

<2:基本的な足の使い方>

まず以下の動画で基本的な足の使い方を覚えましょう
http://www.youtube.com/watch?v=E3iUdeNx5y8&feature=related
これはプールサイドに座って行います。
コレがだいたいできたら、プールにはいり壁に捕まって行います
https://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=ftXxyFJjFao
上記の4拍子のタイミングでやってみましょう。
動画を見ると解りますが、キックはやや斜め下にキックし
その反動で足が上がってくるのが解ると思います
その事で姿勢を水平に保ちます。


<3:キックして進むイメージをつくる>

◯グライドキック
壁でキックのイメージがつかめたら、ビート板を持って実際にキックしてみます
息継ぎが入ると難しいので、最初はキックに集中してください!
ビート板に手をのせ、顔は下向きで、二の腕は耳の後ろにきます
息はしません、ノーブレで行います。
上半身はしっかりけのびの姿勢を保ちましょう。
1でキックし2~3は伸び4で足を引きます。
キックした後、伸びているときに進む感覚を覚えてください。
☆↑コレがとても大切です。
息をしないので苦しいですが、上記4拍子で
3回~4回のキックはできると思います。
そうしたら立ってまた同じ事を繰り返します。
コレで進める様になるのが早道なのでしっかりやってください。

<4:呼吸のタイミングを掴む>

◯2キック1ブレス→1キック1ブレス
キックができる様になってきたらそれに呼吸を付けていきます。

1・・キック
2・・脚(足)を伸ばした
3・・脚(足)を伸ばした状態のまま顔をやや上げ始めます
4・・顔を上げ息を吸い、膝を引きます。
・・(4を「シイ」と数え、「シ」で息を吸い、「イ」で顎を引き頭を入れます)
1・・また1にもどってキック

膝を引く少し前に顔を上げ。キックが入る前に顔を入れるのがポイントです
最初はそこまで難しく考えなくても良いです。
また、息は4で吸うのですが、
その前に1と2のタイミングは少し息を吐き
3のタイミングでは大きく吐いておきます。
そして4のタイミングで吸う様にします。
しっかり吐いておかないと息がたくさん吸えなくなります。

この練習はその前のキックだけの練習のタイミングのキックを
キック2回に1回だけ呼吸するやり方(2キック1ブレス)から
始めた方がやり易いでしょう
それから1回のキックに1回の呼吸(1キック1ブレス)にして行きましょう。


ココまでできてから・・手の掻きとタイミングですがそれはまた別の機会に・・

<見本のアニメーション>
一応、見本のアニメーションです
↓非常に良くできています。
http://www3.kcn.ne.jp/~hoihoi/swim_hiraoyogi.html
キックのタイミングを1として1234のタイミングで数えながら見てみてください
頭が上がってから足を引き、頭が入ってからキックしているのも見ておいてください

では頑張ってください
もう文字枠がなくなりました(^_^;)

ではまた・・・・

こんにちは~
指導員をしている物です

動画で見る限り・・あなたの平泳ぎは「何となく平泳ぎ」ですね
ダメだしすると

・姿勢ができていない
・キックができていない
・伸びが使えていない
・プルができていない
・コンビネーションのタイミングができていない

でも、動画を晒してまで上手くなりたい気持ちは立派ですね
上記ダメなところを細かく説明しますがその前に

<競泳と一般水泳>
平泳ぎほど競泳と一般水泳が違う泳ぎはありません。
水泳の教則本やDVD/ネット動画は競泳を対象に書かれている物が多く
...続きを読む

Q平泳ぎの上達について(初心者です)

ダイエット+運動がてら久しぶりにプールに行ってきて泳いできました。

水泳をするのは4年ぶりぐらいです。

以前もそうだったのですが平泳ぎが苦手です。
1年ほど水泳を習っていた事があり、その際にクロールはさんざんやったので下手ではないと思うのですが
平泳ぎはとにかく前に進みません。
(最後の1か月くらいで平泳ぎを習うようになったのですが通えなくなり辞めてしまいました)

カキ数?というかカキとキック1回ずつを1回とすると
25m泳ぎ切るのに34~37回でした。(タイムは不明です)

自分で泳いでいて微妙にしか前に進めていない感じはかなりあります。
その中でも、たまにいつもより前に進めてる時があるので
その時のを維持しようと思うのですが、意識が変わって隙ができてしまうのか、また進まなくなったり…。

大体1回毎に息継ぎをしています。
体力が無いというのもありますが2回に1回は息継ぎをしないと25m持たない気がします(今日は久しぶりという事もあったので3回連続ではやりませんでした…)


周りで平泳ぎをしている人がいたのでキックと手のタイミングとかを盗み見ていたのですが
泳いでいるうちにそのタイミングもずれてきたりします。
後、頭が高い位置にあるのも事実です。
おへそを見るように頭を中に入れるとより進むのが実感として分かるのですが
鼻に水が…

水泳習っていた時も結構な回数前回りの練習がありましたが
1回も補助無しではできませんでした。
鼻に水が入ってしまうので痛くて…。
鼻から息を吐きながらと何回も先生から言われましたが
大きく息を吸ったとしても1回転する前に息を吐ききってしまい鼻に水が入ります(かといって弱く吐くと水入ってくるし…)
少々鼻に入ろうが気にせずという事なんですかね…。


脱線してしまいましたが
キックはヴェッジキックです。
手は外掻きです。

平泳ぎの泳法解説というページを見たところ
どうやら息継ぎのタイミングが少し早かったのかなと思います。


自分なりの判断なので間違ってるかもしれませんが
手の動きにはある程度自信があります。
掻けてる感はあるので

やっぱりキックだと思うのですがコツはあるでしょうか?
オススメの動画等あったら教えてください。

やっていて、キックする度に股関節辺りが痛いというのはあります。
後に響くような痛みではありませんが、勢いよく蹴るのでそういうものかなと。
(勢いよくパンチを出したときに腕に響く感じと一緒なので)


後、どのタイミングかは忘れてしまいましたが(最近忘れやすいもので)
もしかしたらキックし終わった後かなと思いますが(違うかもしれません)
腰が突き出てしまいます。これもやはりおかしいですよね?(ずっと突き出てるわけではなく、一時だけです)

ダイエット+運動がてら久しぶりにプールに行ってきて泳いできました。

水泳をするのは4年ぶりぐらいです。

以前もそうだったのですが平泳ぎが苦手です。
1年ほど水泳を習っていた事があり、その際にクロールはさんざんやったので下手ではないと思うのですが
平泳ぎはとにかく前に進みません。
(最後の1か月くらいで平泳ぎを習うようになったのですが通えなくなり辞めてしまいました)

カキ数?というかカキとキック1回ずつを1回とすると
25m泳ぎ切るのに34~37回でした。(タイムは不明です)

自分で泳いで...続きを読む

Aベストアンサー

元競泳の平泳ぎの選手です。

平泳ぎって難しいですよね。
初心者に正しい平泳ぎを教えることも難しいです。

昔のブログですが、平泳ぎについて書いたことがあります。こちらを参考にして頂けると少しは上達の助けになるんじゃないかとおもいます。


http://dolphinswimmer.blog116.fc2.com/blog-entry-97.html


------------------------------------------------

先日、平泳ぎのキックについて、色々と練習した。

平泳ぎのキックは、結構難しく、なかなかうまくならない。

色々と試してみたが、早く上手になるコツは、「上手い人の泳ぎをよく観察して、繰り返し練習する」という方法しかないという結論に行き着きました。

ただ、それでは、よく分からないので、自分なりに、上手くなるコツをまとめてみました。





【平泳ぎのキックの基本的な方法】

平泳ぎの推進力のほとんどを担うのが、キックです。

そのキックも、他の泳ぎと違い足を真二つに折り曲げるため、非常な抵抗を生じます。そのため、まず心掛ける事は、呼吸動作と足の引き付けを同時に行い、抵抗を受ける動作を一まとめにし、なるべくコンパクトにする事です。次に、キックと同時にストリームラインを行い、作った推進力を極力邪魔しない事も重要です。

さて、キックの打ち方です。

まず、足を引き付けた段階では、土踏まずが後ろを向いている事が重要です。真後ろから見ると、脚の形が「W」になり、つま先が開いている状況です。脚が固い方は、女の子座り(両脚膝下を腿の横に出し、そのままペタンと座る座り方)を陸上で練習しておくと良いでしょう。

引き付けたあとは、膝の位置を替えずに、膝下で円をかくように、蹴ります。土踏まずのあたりで水をとらえて蹴るイメージです。足先(つま先)が外を向いていないと、水に対して抵抗を作れません。これもよく陥りがちな注意点です。

蹴ったあとは脚を揃えて、つま先まで一直線になるようにします。

以上が一連の流れです。



【効率よく進むには】

平泳ぎのキックは、大変な抵抗を生み出します。
従ってキックを打つタイミングを誤ると、スピードダウンへと直結します。

キックをコンパクトに打つのはもちろん、タイミングとしては、キックを打ち終わり、ストリームラインを保ち十分に伸びた後、手をかき上半身を起こすのと同時に行うのが良いでしょう。

上半身を起こすとき、自ずと下半身が下がります。
下半身が下がると抵抗になりますが、どうせ抵抗になるこの瞬間を狙って、一緒に足もたたんでしまうのです。

その代わり、この動作はなるべく一瞬で行い、手が胸の前(お祈りの手の形)に来たときに最も足がたたまれ、次の瞬間、手を勢いよく前に出すのと同時に、蹴ります。

平泳ぎのうち、この手をかき、足を曲げ伸ばしする時間が占める割合は非常に低くなります。
残りの大部分は、その短時間で得た推進力を最大限活かし、伸びている時間になります。

これは短距離であっても言えることで、オリンピック選手であっても焦りによっておろそかになり(テンポが速くなり過ぎ)推進力を失う事がよくあります。

落ち着いて、伸びて、姿勢を保って。平泳ぎの難しさの所以でなのです。
で、上手い人の見本を色々と探しました。


言葉ではよく分からないので、動画を集めてみました。


【基本はこんな感じです ↓ 

参考URL:http://dolphinswimmer.blog116.fc2.com/blog-entry-97.html

元競泳の平泳ぎの選手です。

平泳ぎって難しいですよね。
初心者に正しい平泳ぎを教えることも難しいです。

昔のブログですが、平泳ぎについて書いたことがあります。こちらを参考にして頂けると少しは上達の助けになるんじゃないかとおもいます。


http://dolphinswimmer.blog116.fc2.com/blog-entry-97.html


------------------------------------------------

先日、平泳ぎのキックについて、色々と練習した。

平泳ぎのキックは、結構難しく、なかなかうまくならない。

色々と試してみたが、早く上手に...続きを読む

Q平泳ぎ・ひと掻き、ひと蹴り

最近平泳ぎを練習し始めました。

スタートしてすぐに、『ひと掻き・ひと蹴り』というのがあるそうですが、よくわかりません。
これは平泳ぎのスタートの仕方ですか?(飛び込みなし)
教えてください。

Aベストアンサー

練習、頑張っていらっしゃるみたいですね!

平泳ぎでは、平キックが大きなポイントになります。
過去の質問で、だいぶ平キックについて書いた記憶がありあります。
参考にしていただけたらうれしいです。
ちなみに私のスタイル1(得意種目)は平泳ぎです。

さて、本題ですが、

なぜ、『ひと掻き・ひと蹴り』をするかわかりますか?
それは、壁を蹴った時の力が一番強い=速いからです。
どんなバタ足の強い人も、どんなドルフィンキックが上手い人でも、
壁を蹴って水中を進む瞬間が一番速いのです。
その、壁を蹴った力を最大限活かせる泳法が
平泳ぎの場合、『ひと掻き・ひと蹴り』なのです。

平泳ぎは4種目中、一番抵抗の大きな泳ぎです。
そして、どうしたら抵抗が少なく泳げるかというと、
それは水中での潜水平泳ぎです。
潜水平泳ぎは日本のお家芸でした。

今はルールが変わってかならずひと掻きしたら頭を水上に出すことになりました。

『ひと掻き・ひと蹴り』は、スタート後とターン後に唯一許された、水中を進む動作です。

もちろん、飛込みからのスタートでも、
『ひと掻き・ひと蹴り』、していますよ。

私は飛込みからの『ひと掻き・ひと蹴り』で、ほとんど真ん中近くの10m過ぎまで進みます。
『ひと掻き・ひと蹴り』を使うのと使わないのとでは、
タイムにかなりの差が出ます。

ちなみに、『ひと掻き・ひと蹴り』は、してもいいし、しなくてもいい。
絶対しなくちゃいけないものではありません。

練習、頑張っていらっしゃるみたいですね!

平泳ぎでは、平キックが大きなポイントになります。
過去の質問で、だいぶ平キックについて書いた記憶がありあります。
参考にしていただけたらうれしいです。
ちなみに私のスタイル1(得意種目)は平泳ぎです。

さて、本題ですが、

なぜ、『ひと掻き・ひと蹴り』をするかわかりますか?
それは、壁を蹴った時の力が一番強い=速いからです。
どんなバタ足の強い人も、どんなドルフィンキックが上手い人でも、
壁を蹴って水中を進む瞬間が一番速いのです...続きを読む

Q長距離クロールへの壁突破+スイミングハイ

スポーツジムへ通い始めて5年になる中年オヤジです。
継続は力なりで、週5日は通っています。
176cm、90kg、W88cm⇒65kg、W73cmと引き締まり、リバウンドもなく体型維持しています。メインは、筋トレ+ランニングで、プールは付加的。
プールでの目標は、クロールで1KMを一気に泳げるようになりたいです。
自己流ですが、25Mを16ストローク、2ビートで大きく泳いで、息継ぎは右のみで2ストローク(右、左各1かき)で息継ぎしています。当初は、25Mで立ってのですが、徐々に距離が伸び200Mくらい一気に泳げます。
しかし、ここ1年間ここからが距離が伸びません。
トレッドミルなら、傾斜3%で1時間11KM以上は走れるので、持久力はある方だと思っています。

クロールで長距離泳げる方へ質問です。
200M付近にデッドポイント(しんどくなる時間帯)があり、そこを過ぎるとスイミングハイのような状態になる とよく耳にします。
私の場合も冷静に考えると、トレッドミルでのランニングも、決して楽勝でこなしている訳でもなく、それなりの きつさ に耐えながら走っています。ただ、そのしんどさに、慣れているのと、ランニングハイにも助けられてですが。
しかしクロールの場合、200M付近の きつさ しんどさ は、ランニングより軽いのに、なぜか立ち止まってしまいます。(息継ぎがまずいとかで、苦しくなってのような感じではありません)
プールでの、しんどさ きつさ に、忍耐力が足りないって感じなのです。
平泳ぎは得意なので、クロールに混ぜると突破できるのですが、あくまでクロールだけでの長距離泳法を目標にしています。
皆さんは、泳ぎ始めのしんどい時間帯、壁をどうやって突破していますか? コツ、工夫、精神的なアドバイスも歓迎です。
こういうふうに考えて泳いでいるとか。
よろしくお願いします。

スポーツジムへ通い始めて5年になる中年オヤジです。
継続は力なりで、週5日は通っています。
176cm、90kg、W88cm⇒65kg、W73cmと引き締まり、リバウンドもなく体型維持しています。メインは、筋トレ+ランニングで、プールは付加的。
プールでの目標は、クロールで1KMを一気に泳げるようになりたいです。
自己流ですが、25Mを16ストローク、2ビートで大きく泳いで、息継ぎは右のみで2ストローク(右、左各1かき)で息継ぎしています。当初は、25Mで立ってのですが、徐...続きを読む

Aベストアンサー

50をすぎた働くおばちゃんです。
トライアスロンやってます。
娘が、アト2週間は最後のインカレ選手(水泳)です。

週一・3k、それ以外は、なんとなくでトレーニング後に1kは泳ぎます。
ペース50m 60-65秒デス。
70までひっぱっていいなら、浮いているようにダラダラ、ズーット泳いでます。

まずは、浮き身。
ほとんどプルで泳ぐ感じです。
ビート刻まないと下半身が沈む、キックしないと泳げないのでは、
つらいです。
プルブイなしの、プルで泳ぐのを練習。

下半身を浮かせるために、かなり、背筋を意識して、浮き身。
ローリングをしっかり、さらに、スカーリングで、水のキャッチ。
背中で泳ぐクロールをイメージです。
キャッチアップでのプルで泳ぐぐらいのスローペースでの練習をされると、もともと泳げるのですから、丁度かもしれません。
私も、ドリル練習は必ずやりますが、これだけで500は行きます。

呼吸は、絶対に左右を練習してください。
ドリルでするのも必要です。

最初は、かなり大変です。
私も、最初は左オープンオンリーでしたが、競技会などでは右オープンでないと不利なこともあって、右を練習しました。
何しろ、右で息がまったくできないのです。
泳げない!
今では同じです。

これも、最初は不得意なほうだけを連続呼吸で、何とか、25いけるようになったら、1/3で行きます。
こうなったら、結構、ラクチンです。

この練習は、最初のころの泳げないときを思い出します。
私も40までは、死ぬ気でないと50Mクロールいけませんでした。
不得意側をはさむときには、縄跳びを飛ぶような感じ?
セーノ・・・・ッテ、最初は、呼吸のタイミングが合わなくて、息してませんでした。
マ、ちょっとづつですが、反対側ではできるので、泳げないわけはないという自信はあるわけでス。
できるようになると、ドウシテ、これができなかっただろうと、
泳げなかったときのことを忘れます。

長距離泳ぐには、足を使わないのがコツ。
いつものペース、いつもの泳ぎで距離を伸ばすわけには行きません。
どちらかというと、500を超えてからのペースアップを練習します。
長距離で、呼吸が片側というのは、ひじ、肩をオーバーユースで故障しますから、今のうちに左右を練習するのは必要なことです。
ターンは余りタッチでもクイックでも慣れてくると関係ないです。
うしろから人がついてくるときが多いのですいているときにしかクイックしません。


おばちゃんにできることですから、簡単です。
ちなみに、長距離はいいのですが、短距離は遅いです。
25mを19秒きるのがヤットで、当然に50m短水で40が切れません。
キックが下手なのです。

ナカナカ、両立はしません(笑)
娘のヒラヒラ板キックに死ぬ気のクロールが間に合わない。

50をすぎた働くおばちゃんです。
トライアスロンやってます。
娘が、アト2週間は最後のインカレ選手(水泳)です。

週一・3k、それ以外は、なんとなくでトレーニング後に1kは泳ぎます。
ペース50m 60-65秒デス。
70までひっぱっていいなら、浮いているようにダラダラ、ズーット泳いでます。

まずは、浮き身。
ほとんどプルで泳ぐ感じです。
ビート刻まないと下半身が沈む、キックしないと泳げないのでは、
つらいです。
プルブイなしの、プルで泳ぐのを練習。

下半身を浮かせるために、かなり、背...続きを読む

Qクロールの入水時、伸ばしている腕が下がらないようにするには(早く掻き始めないようにするには)。

水泳初心者です。定期的にクロールのレッスンを受けて3ヶ月ほどになります。25mは泳げるようになりましたが、息が切れて、50m泳ぐとかなり疲れてフォームも崩れる状態です。

質問の内容ですが、入水後、すぐに書き始めていた腕を残すようにして、キャッチアップ気味にするように直しています。しかし、どうしても入水後、身体のローリングが反対側に移る途中のフラットになる状態(ややこしくてすみません!)の前で、入水側と反対側の手を掻きはじめてしまいます。息継ぎ以外の時は意識して掻かないようにしているのですが、息継ぎの時は水を飲んでしまうので、どうしても掻いてしまいます。
ローリング、そして息継ぎ時に肩を枕にするように横を向くように意識をしていますが、どうしても水を飲んでしまい、息継ぎの時に早く掻き始めてしまうようです。

上手な方のビデオ(本の付録)を見ると、息継ぎの顔を上げて下げるまで腕がすーっときれいに前に伸びています。もちろん、水も飲んでいません。どのようにすれば早く掻き始める癖を直せるでしょうか。良くありがちな原因と直す練習方法を教えていただければ幸いです。

水泳初心者です。定期的にクロールのレッスンを受けて3ヶ月ほどになります。25mは泳げるようになりましたが、息が切れて、50m泳ぐとかなり疲れてフォームも崩れる状態です。

質問の内容ですが、入水後、すぐに書き始めていた腕を残すようにして、キャッチアップ気味にするように直しています。しかし、どうしても入水後、身体のローリングが反対側に移る途中のフラットになる状態(ややこしくてすみません!)の前で、入水側と反対側の手を掻きはじめてしまいます。息継ぎ以外の時は意識して掻かないようにして...続きを読む

Aベストアンサー

泳ぎ方を文章で伝えるのは非常に難しく、毎度悩んでしまいます。

ご質問者さまは、呼吸時にストリームラインが崩れてしまうのだと思います。
よってストリームラインが保てるようになれば
問題(速く掻き始めてしまうこと)は自然と解決する筈です。
幸いにも現在、定期的にクロールのレッスンを受けているとのことですから
フォーム等の疑問はコーチの方に質問した方が確実でしょう。
ですから、ここでフォーム以外の注意点を書きます。

> 息継ぎ時に肩を枕にするように横を向くように意識をしています
このとき大事なのは「進もうとすること」よりも「浮くこと」です。
短距離を全力で泳ぐような場合を除き
クロールで一番進むのは入水した手を伸ばして浮いているときです。
力一杯水を掻いているときよりも、力を抜いて身体を伸ばしているときの方が進みます。
この推進力を邪魔しないことが大事です。
恐らくは、息継ぎ時に顔を上げようとしたり、横を向くようにしたり
肩を枕にしようとするときに「力が入って」浮力を逃している筈です。
浮力を逃してしまうので身体が沈んでしまい、推進力を失い
さらに水まで飲んでしまうのでしょう。

ひとつの練習法として、ANo.1さんが仰るように
一時、息継ぎをやめる、という手があります。
当然苦しくなるので25mも泳げなくなりますが
とりあえず気にせず、苦しくなったら立ち止まって下さい。
そして、息継ぎをせず、横だけ向いて下さい。
余裕を持って横が見えるようになるまで頑張って下さい。
リラックスした状態でコースロープや壁などが見えるようであれば
概ねイイ感じです。
このとき、片手が気持ちよく伸びていて、身体も気持ちよく伸びていて
力が抜けて「浮力」を感じるようになれば
呼吸してOKです。多分余裕で息継ぎできる筈。
なお、片手を伸ばすときは、肩幅より内側に入らないように気をつけて下さい。
また、この練習をするとき、ANo.2さんの仰るように
スイムボードを使うのも手です。
ただし、スイムボードの扱いに苦労してフォームを崩してしまう人もいるので
やりにくいと感じたらやめましょう。

さて、それでもやっぱり呼吸動作で身体が沈んでしまう場合は・・・
少しトリッキーな練習法を紹介します。
1)水中で仰向けに浮いて、両手は足先の方向に(気をつけの姿勢)。
  軽くバタ足を使って、沈まない程度にゆっくり進んで下さい。
  いわゆる「背浮き」です。これは一番ラクな泳ぎ方の筈です。
  なるべくリラックスして、水の上を浮き進んで下さい。
2)1の姿勢のまま、片方の肩を天井に向けて、水上に出して下さい。
  とりあえず右呼吸の人は右肩、左呼吸の人は左肩を上げましょう。
  この状態でも身体からは余計な力を抜いて
  顔を天井に向けて(天井を見ながら)しっかり浮き進みましょう。
  いずれもリラックスすることが大事です。
3)2が出来るようなら、下側(プールの底の側)の手を
  頭の先(進行方向)に伸ばしましょう。
  この状態でも身体からは余計な力を抜いて
  顔を天井に向けて(天井を見ながら)しっかり浮き進みましょう。
この1→2→3のプロセスはコチラ↓で実際にやっている姿が見られます。
http://crow.he.net/~jpn/tiswim/videos/fme-lesson1.wmv
そして、3の状態からうつ伏せにひっくりかえれば
クロールの息継ぎに近づきます。
http://crow.he.net/~jpn/tiswim/videos/fme-lesson2.wmv
http://crow.he.net/~jpn/tiswim/videos/fme-lesson3.wmv
この「浮いている状態」が分かれば、クロールでも息継ぎが出来る筈です。
http://crow.he.net/~jpn/tiswim/videos/fme-lesson4.wmv
大事なのはストリーム・ラインを体得し、これを崩さないように泳ぐこと。
無闇に掻くよりも「浮力」を大切にすること。
紹介した映像の練習法は、あくまでそのための練習で
上手く出来なくても全く問題ないですし
やりにくかったら、無理して取り組む必要もないと思います。
自分にあった練習法やフォームを探してください。

泳ぎ方を文章で伝えるのは非常に難しく、毎度悩んでしまいます。

ご質問者さまは、呼吸時にストリームラインが崩れてしまうのだと思います。
よってストリームラインが保てるようになれば
問題(速く掻き始めてしまうこと)は自然と解決する筈です。
幸いにも現在、定期的にクロールのレッスンを受けているとのことですから
フォーム等の疑問はコーチの方に質問した方が確実でしょう。
ですから、ここでフォーム以外の注意点を書きます。

> 息継ぎ時に肩を枕にするように横を向くように意識をしています
...続きを読む

Qクロールが異常に疲れる

26歳男です。メタボ対策で最近フィットネスのプールで泳いでいます。

平泳ぎは何キロでも泳げそうなんですが、クロールが異常に疲れます。50mで限界です。それに疲れる割にはスピードがとても遅いです。平泳ぎと同じくらいのスピードです。

上手な人を観察していて、自分の泳ぎで気づいた点があります。

(1)なんか息継ぎが必死(息継ぎにすごく体力を奪われている気がする)

(2)泳いでいると両足が沈む。上手な人はバタ足をしなくても両足が自然に浮いているように思います。事実、ビート版を膝に挟んで泳ぐとすごく速く泳げましたし、体力もあまり消耗しませんでした。

特に(2)の泳いでるときに両足が浮くようにしたいのですが、どのような練習をすれば良いのでしょうか?

真剣に練習しますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水中姿勢(ストリームライン)が出来ていないのが原因です。

平泳ぎはストリームラインが出来ていなくても呼吸が出来るので
何とか誤魔化して前に進めますが
クロールはストリームラインが出来ていないと呼吸が出来ないので
呼吸をすれば前に進めない、前に進もうとすると呼吸ができない
の繰り返しになり、異常に疲れてしまいます。

> どのような練習をすれば良いのでしょうか?
ストリームラインの習得には
だるま浮き⇒伏し浮き⇒蹴伸び、を練習します。
http://www.page.sannet.ne.jp/yamato99/tech_fusiuki/fusiuki_index.html
蹴伸びで10m以上進めるようになれば、当座はOKです。
http://www.swimming.jp/ej_swim/free/yougo/st_line/st_line.html
(使い方は右下のHINTを2回クリックしてください。)

ストリームラインを習得したら
次はストリームラインを崩さないクロールの習得
特にストリームラインを崩さないクロールの呼吸の習得です。
> ビート版を膝に挟んで泳ぐとすごく速く泳げました
ということなら、イケると思うのですが
ダメならここできちんとレッスンを受けるのが手っ取り早い筈です。
独学でやるなら、クロールのビギナーにはトータル・イマージョンをおススメします。
http://www.amazon.co.jp/%E8%AA%B0%E3%81%A7%E3%82%82%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%81%AB%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8F%E6%B3%B3%E3%81%92%E3%82%8B-%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E2%80%95%E5%8A%B9%E7%8E%87%E7%9A%84%E3%81%AB%E6%B3%B3%E3%81%90%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%89-Terry-Laughlin/dp/4478003874
DVDも出ています。
http://jpn.s35.coreserver.jp/tiswim.jp/shop/dvd_fme.htm
(↑コチラのサンプルビデオだけでも結構参考になる筈です。)
(アンダースイッチとジッパースイッチが出来るようになれば泳げるようになるでしょう。)

水中姿勢(ストリームライン)が出来ていないのが原因です。

平泳ぎはストリームラインが出来ていなくても呼吸が出来るので
何とか誤魔化して前に進めますが
クロールはストリームラインが出来ていないと呼吸が出来ないので
呼吸をすれば前に進めない、前に進もうとすると呼吸ができない
の繰り返しになり、異常に疲れてしまいます。

> どのような練習をすれば良いのでしょうか?
ストリームラインの習得には
だるま浮き⇒伏し浮き⇒蹴伸び、を練習します。
http://www.page.sannet.ne.jp/yamato99/tech_...続きを読む

Q平泳ぎ、正しい脚の蹴り方は?

平泳ぎの脚の蹴りがうまくできません。ぜんぜん前に進まないんです。水を後ろに押し出している感覚がまったくなくて、のれんに腕押し、柳に風状態です。
他人の泳ぎを見てみたり、本を読んでみたりしましたが、役に立ちませんでした。脚の裏で水を蹴るとあったかと思うと、(正式な泳ぎ方ではないけど)甲の側であおるようにするとか、開いた脚を閉じるときに推進力が出るとか、見聞きするたび違うやり方で、混乱してしまいます。
脚で水を蹴る手ごたえ(脚ごたえ?)を感じてみたいと思います。アドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは下記URLをご覧下さい。
平泳ぎのキックは結構難しくて
その人その人にあわせて
>脚の裏で水を蹴る、とアドバイスしたり
>開いた脚を閉じるときに推進力、と言ってみたり
あるいは、泳ぎ方がどんどん進化していくので
いつ頃学んだか?でも教え方が違ったりします。
ただし
>甲の側であおるようにする(煽り足)、は間違いです。

現在の競泳では「脚の裏で水を蹴る」直線的なキックが主流ですが
関節が柔らかくないと直線的なキックはできません。
関節が固い人は「開いた脚を閉じるときに推進力」、いわゆる
挟み足でも構いません。

ただし、参考URLに書いたように
平泳ぎが進まない人の原因のほとんどは姿勢です。
大抵、一生懸命掻いて蹴って姿勢を崩しています。
上手い人は腰の位置が安定しています。
(これは平泳ぎに限ったことではありません。)
腰の位置を安定させて
かつ、煽り足にさえなっていなければ
土踏まずからくるぶしあたりで水を後ろに真っ直ぐ押し出して
しっかり身体を伸ばせば進む筈です。
(競泳では後ろやや下方に蹴るやり方もあります。)

ブレストのキックが難しいのは
足を引きつける行為が水中で抵抗になるからです。
そこで、あえて水中でキックをする、という練習法も
結構ポピュラーです。
蹴伸びのままキックだけで水中を進みます。
抵抗の大きい足の引きつけ方をしていると
全然進まないのですぐ分かります。

よろしければこちらのURLもご参照下さい。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=321144

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=301495

まずは下記URLをご覧下さい。
平泳ぎのキックは結構難しくて
その人その人にあわせて
>脚の裏で水を蹴る、とアドバイスしたり
>開いた脚を閉じるときに推進力、と言ってみたり
あるいは、泳ぎ方がどんどん進化していくので
いつ頃学んだか?でも教え方が違ったりします。
ただし
>甲の側であおるようにする(煽り足)、は間違いです。

現在の競泳では「脚の裏で水を蹴る」直線的なキックが主流ですが
関節が柔らかくないと直線的なキックはできません。
関節が固い人は「開いた脚を閉じるときに推進...続きを読む

Qクロールで長く泳ぎたいです。

クロールで長く泳ぎたいです。最初の一本目なら何とか75メートルいけますが、現状50メートルでアップアップす。
私の感覚から言って、何キロも泳ぐ人はバケモノです。体が全部肺で出来てるのかと思ってしまいます・・・
最近、某有名スイミングスクールに5ヶ月通いましたので、泳ぎ方に致命的な間違いがあるとは思えません。もちろん完璧には程遠いでしょうけど。
基本的に私は健康で肥満でもなくジム通いも7年目で、30代としてはそこそこ体力がある方だと思います。2~30分泳いじゃう人と私に、泳げる距離に比例した体力差があるとは思えません。(もしかしてあるのかな?)
それに2~30分泳いでいる人の中にも、失礼ながらひどいフォームの人も見受けられます。
1、2キロ平気で泳いじゃう方。アドバイスのほどお願い致します。

Aベストアンサー

私はクロールは苦手であまり続かない方ですが、平泳ぎやバックを混ぜると1km程度は連続で泳ぎます。また、タイムは遅いですが、フルマラソン(42.195km)は何回も走っています。でも、気がついたら1~2km泳げるようになっていた人にはかえって理解できないことがわかっていると思うので、アドバイスさせていただきます。

運動を長時間続けられるかどうかは、酸素の消費量と供給能力(心肺力)のバランスがあっているかどうかにかかっています。

質問者さんは体力に自信がある方ということで、かなり筋力が発達しているのでしょう。じっとしていても筋力が酸素を消費するうえに、気楽に筋肉を動かせる(酸素を消費する)ので、多少心肺力が高くても酸素供給が追いつかないのだと思います。

長く泳ぐには、まず、酸素消費量が少ない泳ぎ方をすることです。これには多少の技術か要りますが、いちばん簡単ですぐできるのは、キックの回数を少なくすることです。脚の筋肉は大きくて、これをばたばた動かしていると、酸素をたくさん消費します。極端な話、キックはせずにバランスをとるためにふらふら動かしているくらいでいいんです。

また、酸素の供給量を増やすために、息継ぎ回数は多くしましょう。スイミングスクールで習った通りなら、だいたいは4回かく間に1回息継ぎすると思いますが、これを2回、4回、2回、4回とか、両側で息継ぎできるなら、2回、3回、2回、3回などでもいいでしょう。

50m泳げる方なら、これですぐに何百m泳げるようになると思います。心肺力をあげるには、100mくらいでばててしまうよりも、1kmくらい連続して泳げる負荷で泳いだ方が効果的です。息継ぎが多いのはかっこうわるいかもしれませんが、らくな方法で長く泳いでいれば、しだいに息継ぎは少なく、キックは多くしても持つようになると思います。

参考図書として、『ゆっくり長く泳ぎたい!』(学習研究社)、『体脂肪を燃やすスポーツトレーニング』(別冊宝島1011)などに、上記のような方法が詳しく記載されています。別冊宝島は、同じ名前の本が何冊もあるので、番号に注意してください。

私はクロールは苦手であまり続かない方ですが、平泳ぎやバックを混ぜると1km程度は連続で泳ぎます。また、タイムは遅いですが、フルマラソン(42.195km)は何回も走っています。でも、気がついたら1~2km泳げるようになっていた人にはかえって理解できないことがわかっていると思うので、アドバイスさせていただきます。

運動を長時間続けられるかどうかは、酸素の消費量と供給能力(心肺力)のバランスがあっているかどうかにかかっています。

質問者さんは体力に自信がある方ということで、かなり筋力が発達...続きを読む

Qバタフライ第2キック

バタフライが上手になりません。
手がというか上半身が、前に出ない、上がらない。
手を振り切ることが出来ないのです。
コーチに第2キックのタイミングが早いから、手をまわしている途中になってしまう、もう少し遅くして手をかき切る時にキックすればもう少し上がると思う、と言われました。

自分では2のキックはそれほど意識していなくて、1のキックして自然な流れで2のキックをしてしまうのです。
2のキック上手に打つためのアドバイスお願いします

Aベストアンサー

> 猫背の戻りとは、戻る体制=猫背ということですね?

僕のコーチはバタフライで「猫背」という教え方しないので、よくわかりません。僕のコーチは1のキックをした後(1のキックをするとお尻が水面に出るので、お尻、足を水面近くに置いたまま)背中に滑り台を作るよう = 背を反らし、両腕は耳より後ろ、水面 近くに置いたまま肩幅の2倍に開くよう教えます。両腕を開くと胸が開くし、背中も反り、自然と上体が水面に上がってきます。
そこで進行方向にプッシュすると口が水のちょっと上に出て(アゴは出ない程度)、その反動で = 両腕には力を入れずリカバリーし、肩幅で入水した時には自然と胸は閉じ、(僕のコーチは猫背とは言わないけど)たぶん背中丸くなってると思います
そしてすぐ 1のキックをド~~~ンと深く蹴り下げて、背中に滑り台を作って、その繰り返しです

> 少し潜り過ぎ(良く言われるので自分では注意してたつもりですが)、

僕もいつもそれを注意されます。両腕を水面に置いたまま前に進み、体だけでうねりたいのに肩が固くでできません

> もう少しシュッと言う感じで早く強くと言われました

クロールも背泳ぎも キャッチ、プルまではゆっくりでプッシュは手首のスナップを効かせて水を真後ろに投げるイメージです。実際、ゴムボールを投げて真後ろに飛ばす練習もありました。バタフライは真後ろに押すのは力がいるし、難しく、僕は真後ろに押してるつもりでも、横から出てるそうですが、それにしてもプッシュはスナップを効かせてシュパッと水を後方に投げます。その反動で両腕の力を抜いてリカバリーするのはクロールも背泳ぎもバタフライも一緒です

> 猫背の戻りとは、戻る体制=猫背ということですね?

僕のコーチはバタフライで「猫背」という教え方しないので、よくわかりません。僕のコーチは1のキックをした後(1のキックをするとお尻が水面に出るので、お尻、足を水面近くに置いたまま)背中に滑り台を作るよう = 背を反らし、両腕は耳より後ろ、水面 近くに置いたまま肩幅の2倍に開くよう教えます。両腕を開くと胸が開くし、背中も反り、自然と上体が水面に上がってきます。
そこで進行方向にプッシュすると口が水のちょっと上に出て(アゴは出ない...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング