新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

 2年前、学生の頃に実用新案を取りました。

 実家が危なくて、売り込みに焦っております。

 これから本格的に、実用新案の売り込みにかかろうと思っています。

 
私の実用新案は文具品なのですが、
どこにどのように売り込みをしていけばいいでしょうか。

仕事をしながらの売り込みになります。

たくさんのご回答をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

A 回答 (4件)

新しい商品を世に出すと言う事は、「売ることは考える事の十倍大変」と言われるくらい大変な事です。


それは、あなたが自分で売っても、あなたから権利を買う企業でも同じです。
実用新案の内容と商品性が分かりませんので一般的表現になりますが。
売り込みは、相手窓口が分からない場合は企業の「開発ご担当様」宛に、ガンガン手紙でオファーする事でしょう。
    • good
    • 2

honey-hiroさんが実用新案登録制度のことをどの程度ご存知なのかわからないので回答しにくいのですが、現行の実用新案登録制度は、方式・様式の要件さえ満たしていれば取り敢えず登録してしまい、権利侵害その他の問題が発生したら当事者同士で争わせるという手抜きの制度になっています。


そのことはご存知でしょうか?

例えば、下記質問のANo.3をご覧下さい。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

そして、係争のためには、実用新案技術評価書の提示が要求されます。

「実用新案法第29条の2(実用新案技術評価書の提示)
  実用新案権者又は専用実施権者は、その登録実用新案に係る実用新案技術評価書を提示して警告をした後でなければ、自己の実用新案権又は専用実施権の侵害者等に対し、その権利を行使することができない。」

特許の場合は登録されれば特許庁お墨付きの独占権が得られたということになるのですが、実用新案の場合には技術評価書で認められるまではお墨付きと言うことができないんです。

従って、売り込みをしたいのであれば、その前に少なくとも技術の評価をしてもらった方がいいですよ。

「実用新案法第12条(実用新案技術評価の請求)
  実用新案登録出願又は実用新案登録については、何人も、特許庁長官に、その実用新案登録出願に係る考案又は登録実用新案に関する技術的な評価・・・を請求することができる。・・・」

売り込みに行った時にこの実用新案技術評価書があるかないかによって、企業の対応の仕方も変わってくると予測されます。

たとえその企業が興味を持ってくれたとしても、技術評価書がないとわかれば、企業の方では、ロイヤリティーを支払う前に自分で技術評価の請求を行う可能性があります。
その結果としてhoney-hiroさんに独占権を与える程のものではないという判断が下されれば、パクって間隙を突くどころの話ではなく、誰でも自由にその考案を実施することができるという事態になってしまいます。
売り込みに行って内容を教えてしまったことによって、無断で横取りされるという恐れもあるんです。

技術評価書の作成については、弁理士会などで相談して下さい。
http://www.jpaa.or.jp/?05291100
http://www.jpaa.or.jp/free_advisement/index.html

参考URL:http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222, http://www.jpaa.or.jp/?05291100
    • good
    • 2

文具メーカーの市場傾向を調べ、あなたの持っている実用新案の傾向と


好みの合いそうなメーカーをピックアップして電話をし、
アポを取ってから企画書をまとめて訪問しましょう。
でかい会社ほどアポは簡単に取れます。
中小だと門前払いも多いでしょうが、一度会うことができれば話は早いかも。
その商品に自信があるのなら、まず会ってもらうことが大事です。
多少電話口では吹いても構いません。だます訳ではなく、結局向こうが決めることですから。
ただし、アイディアをパクって間隙を突き、あなたの実用新案に触れぬように
類似の物を売り出すような会社もドラマや小説並みには存在しますので気をつけてください。
頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

市場調査へ早速行ってきます。
楽しみになってきました。

先に電話をしてみたらいいのですね。

早速開始します。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/21 23:24

どんなモノなんでしょうか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアイデア(特許かも)を、あるメーカーに売り込む際の注意点やコツを教えて

日常使っているものですが、ちょっとアレンジすると飛躍的に便利になる方法を思い付きました。
実は、この手のアイデアを複数温めております。

そのうちの1つを、その共通ジャンルのメーカーに、アイデアとして買い取ってもらうとか、したいと思います。

例えば、
メーカーに内容を伝えた時、
「ああ、それね、実はもう既に検討中だよ」とか言われて帰されたとします。
しかし、本当に「既に検討中」なのか、それとも、そう言ってその日の私のアイデアをパクったりしないか。。
などが気になります。
採用不採用の前に、アイデアの保護など、うまい方法があるのでしょうか?


かといって、自分で特許(その他、準じたもの)を申請して登録する「手間」と「費用」が捻出出来かねるので、自力での登録は避けたいです。

Aベストアンサー

メーカで、研究所、研究の企画部門、渉外担当をしています。
まず、この手売り込みに関し、よほどのことがないかぎり、お話を聞くことはないはずです。よほどのこととは、弊社のそれなりポストの人間からの依頼(指示かもしれない)がある場合です。いわゆる「こね」ですね。
ですから話しは、理由は別として、質問者のお話をお聞きすることを前提とします。たしかに特許を事前に出願されることが望ましいのですが、特許が出願され公開されるまでに、話を聞いた企業が類似特許を、より整備した形で出願することを防げませんね(そのような、耳情報を出願するなど、企業にとって日常茶飯事です)。一般にはお話をされようとする企業と「秘密保持契約」を締結します。この中で、開示されようとする技術を書面化しておき、秘密情報と明示して、その会社に開示します(ご心配なら開示する秘密情報の一覧表をつけて)。契約には、秘密情報を開示された企業は、開示以前に自らがその情報を所持している、もしくは開示時点で公知でない限り、その情報をもちいて、特許を出願することを禁じています。「秘密保持契約」は現状、極めて一般的であり、もしお話しをされようとする企業が、締結をこばむような企業であれば、つきあわれないほうがよいと思います。
また秘密保持契約のひな形は、企業が必ず持っていますので、それご自分が修正されてもよいですし、その企業に作成を依頼され内容をご検討のうえ修正されればよいので、費用は一切発生しません。特許出願より手間暇がかかりませんのでお勧めします。

メーカで、研究所、研究の企画部門、渉外担当をしています。
まず、この手売り込みに関し、よほどのことがないかぎり、お話を聞くことはないはずです。よほどのこととは、弊社のそれなりポストの人間からの依頼(指示かもしれない)がある場合です。いわゆる「こね」ですね。
ですから話しは、理由は別として、質問者のお話をお聞きすることを前提とします。たしかに特許を事前に出願されることが望ましいのですが、特許が出願され公開されるまでに、話を聞いた企業が類似特許を、より整備した形で出願すること...続きを読む

Q実用新案を申請したい。申請書の書き方を教えてください。

ある実用新案を考え出したのはいいのですが、申請するには、弁理士さんへの費用が高くて、(なんだかんだで、26万円から30万円)到底そんな費用はかけられません。先日、最寄の、発明協会支部で、相談にのっていただき、自分で申請すると印紙代などで、36900円ですむとの事。ただし、書き方があって、その表現方法が難しそうで、(そのあたりが、弁理士さんの力の出すところなんですが、)なかなか、素人では、書けそうにありませんが、難しそうなので、よい方法があれば、どなたか教えてください。(お金をかけずに、実用新案申請をするなんて、虫が良すぎますでしょうか。)アドバイスいただける方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

メーカーの特許部員です。
(弁理士ではありません。悪しからず)

まず考えるべき点は、
なぜその発明(考案)を権利化するかです。

事業として自ら実施し、
市場を独占したいからですか?
それとも
どこかの事業者へ売り込み
実施料(ロイヤリティー)を
得たいのですか?

実用新案の強さは
その登録までの早さにあります。

その発明の分野が流行していて
すぐに権利が欲しく、
侵害品がでればすぐに
対策をたてる意思があるのでしたら
実用新案で出願する意味もあるでしょう。

また、類似品がでやすい市場で、
発明が特許されるか自信がないが
ともかく他者の参入を少しでも遅れさせたい場合も
有効です。
まっとうな事業者なら、その有効性を調べるので
何もださないよりは参入は遅れます。

発明した記念に
有効性はともかく権利が欲しい場合も
実用新案がよいでしょう。
実質的な審査はないので
記載に不備がなければ必ず登録されます。

上記以外なら特許がよいでしょう。

特許の方が初期投資が安く(\21000+電子化手数料)
1年半は公開されないため
次の手をうつ時間的余裕があります。

売り込む場合も
本当に有効かつ実施の価値があるものなら
特許の方が優遇されます。

自分で出願する場合には
その分野の特許明細書を多く読み
研究しましょう。

素人向けの助言としては
思いつく改良案はすべて書くことです。
適切な上位概念にはかないませんが、
それでもかなり回避しにくい権利になるはずです。

弁理士費用が高く賄えないようですが
弁理士会に一応支援制度があります。
ただし、この制度を利用できた例を
私自身一例も知らないことを申し添えます。

参考URL:http://www.jpaa.or.jp/center/syutsugan/index.html

メーカーの特許部員です。
(弁理士ではありません。悪しからず)

まず考えるべき点は、
なぜその発明(考案)を権利化するかです。

事業として自ら実施し、
市場を独占したいからですか?
それとも
どこかの事業者へ売り込み
実施料(ロイヤリティー)を
得たいのですか?

実用新案の強さは
その登録までの早さにあります。

その発明の分野が流行していて
すぐに権利が欲しく、
侵害品がでればすぐに
対策をたてる意思があるのでしたら
実用新案で出願する意味もあるでしょう。

また...続きを読む

Q特許の売り込み方

 宜しくお願いします。新しい文房具を考え、年末に特許を出願しました。これからメーカーに営業をかける予定ですが、初めてのことで足元を見られて不利な条件にならないか等不安があります。そうした営業をする際の注意やマナーなどを教えて頂けませんか。
 例えば、一度に数社にかけ合うのはマナー違反でしょうか。又、どの時期からロイヤリティーを頂けるものでしょうか。
 特許の内容は大変シンプルで開発コストはそれほどかからないのではと素人ながら思っています。又、ヒイキ目で見ているかもしれませんが、かなり需要があるのではないかと思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご参考になるかどうかは分かりませんが、私の経験から。。。

よっぽどのことが無い限り、公開前の明細書は第三者に見せない方が良いと思います。新技術の売り込み時には通常、簡単なプレゼン&情報交換 → 秘密保持契約締結 → 詳細な情報交換という手順を踏みますが、秘密保持契約を結んでいても明細書が開示されることはまずありません。公開までの1年半は、他社が追い付けないだけの技術の蓄積を図ると共に、漏れの無い特許の壁を築くのに重要な時間だからです。従って公開前の交渉では、その発明を使った場合の効能を具体的に記したプレゼン資料や試作品等で行われるのが一般的だと思います。公開後、明細書を読んだ他者が追いかけてくる、あるいは邪魔をするのは当然のこと。そのための1年半です。

国際特許の出願を企業に協力できるかどうかについては契約次第でしょう。「特許成立後は専用実施権を貴社に与えるから国際出願はよろしく」といった内容の契約が結べるかどうかです。ただ、現実問題としてこれはよっぽどのことが無いと難しいように思います。まず第一に必然的に公開前の明細書を企業に開示しなければならないという点、第二に特許が成立するかどうか分からない時点でそこまで踏み込んだ契約を結ぶのは企業としてはかなりの勇気が必要となる点が問題になります。国際出願ができる期間は限られていますから、それまでに契約がまとまるのかという時間的な問題もあるでしょう。

国際出願の問題や、あと特許無効審判等の係争発生時の処理方法(これは重要です)については、交渉の過程でよく話し合うしか無いと思います。

ご参考になるかどうかは分かりませんが、私の経験から。。。

よっぽどのことが無い限り、公開前の明細書は第三者に見せない方が良いと思います。新技術の売り込み時には通常、簡単なプレゼン&情報交換 → 秘密保持契約締結 → 詳細な情報交換という手順を踏みますが、秘密保持契約を結んでいても明細書が開示されることはまずありません。公開までの1年半は、他社が追い付けないだけの技術の蓄積を図ると共に、漏れの無い特許の壁を築くのに重要な時間だからです。従って公開前の交渉では、その発明を使った場合...続きを読む

Q商品のアイディアの売り方とは?

新商品のアイディアを思いついた時、企業にアイディアを売り込むにはどうすればいいんですか?
また、それにはどれくらいの手間・資金がかかりますか?

例えば車に付ける「赤ちゃんが乗っています」ステッカーってありますよね。
あれは革命的な発明、という物ではないけどそれなりには売れています。
こういう「有ったらいいけど無くてもいい」程度の商品アイディアを一般人から買い取ってくれるような企業・会社というのはありますか?

また、もし個人でそのアイディアを商品化し特許も取得したとして、その上で企業がアイディアを使いたいとなったらアイディア料は何割くらい払われるのが一般的ですか?

Aベストアンサー

そういうのは特許ではなく、実用新案ではないでしょうか。
申請費用は安いですが、特許に比べて権利の保護期間は短いです。
ですが、既製品のアレンジや組み合わせでも取得できることもあります。

特許、実用新案ともに「申請費用」ですから、審査に落ちればその費用は帰ってきません。
ですので、あらかじめ似たような特許、実用新案がないか調べてから申請するのが良いと思います。
特許、実用新案とも、自分で申請すれば特許庁へ支払う申請費用だけですみますが、弁護士や司法書士にお願いすればその手数料が必要です。
特許庁のサイトを見れば、申請の仕方が載っています。

似たような商品の問い合わせ先に、どの部署に聞けば良いか問い合わせてみればいいと思います。
企業がいくらで買い取ってくれるかはアイデア次第、交渉次第です。


これは実用新案とは関係ありませんが、こんな商品があったらいいな、というのを募集しているところです。
http://www.tanomi.com/

Q実用新案の商品化について

実用新案を取得(実用新案登録済み)しました。大手企業に直接書面にて、商品化の提案をしましたが、丁重なお断りの返事がきました。個人の実用新案を商品化するためには、発明協会などの機関に加盟しなければむりなのでしょうか?また、個人の実用新案を商品化をサポートしていただける機関があれば教えてください。できればその費用なども教えていただければ非常にありがたいです。
初めての経験なのでさっぱり検討がつきません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながら、ペットボトルとなると大手企業で大量生産ですからそう簡単には仕様変更はできないでしょう。
金型製作から飲料メーカ全てが関係していて製造ラインの自動機械全てを変更しないといけなくなります。
それに見合った販売売り上げの伸びが確保できるのか、
実用新案を取り入れた金型の製作が容易に可能で、コストの引き上げになってしまわないのか、大量生産品ですから重大問題となりますから非常に難しい分野でしょう。
akr222 さんが金型製作とブロー成型、製造ラインについて知識を持っておられるなら製造コストの削減につながることに注意を向けて大手企業にアピールすることも可能でしょうが、そうでないならどうしようもないでしょう。

水筒に関しても難しい分野でしょう。
販売されるなら興味を持つ人はいるでしょうが、今時、水筒を買う人は非常にまれですから複雑で特殊な物を生産して採算が合うとは誰も考えないでしょう。
以上、私個人の見解です。

Q試作品は必要?

特殊な就労者に対してあるものを考案したのですが、それがデジタルの時計で、試作品すら個人では作ることが出来ません。例えばメーカーにアイデアを持っていく、町工場に試作の協力を頼む、など方法はいくつかあるかもしれませんが、その場合アイデアを自分のものにしておくにはどうすればいいでしょうか。コスト面(商品化への費用対効果)も含め検討してみたいのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>アイデアを自分のものにしておくにはどうすればいいでしょうか。
という点についてお答えします。
確実なのは特許出願しておくことです。
ただし、特許出願するに当たっては、ご存知かもしれませんが、発明の内容を記載した明細書を提出しなければならず、この明細書には、その発明を第三者が実施できる程度に具体的に記載することが必要です。
でも、設備や費用さえあれば試作品を作れるところまで来ているのでしたら、それはもう可能なのでしょうね?

まず、特許になりそうかどうかの調査をご自分で行うことをお勧めします。
その上で、出願する際には、多少お金がかかっても特許事務所に依頼することをお勧めします。
どの業種にもノウハウというものがあります。
特許出願にも、極めて専門的な知識・テクニックが必要です。
より確実により強い権利を取得するためにはちゃんとした明細書を書かなければなりません。
そして、特許明細書の書き方一つで特許になるかどうかの分かれ目になることさえあります。
また、出願し、審査請求した後に、特許庁の審査官が似たような発明を引用してきて拒絶理由通知がされた場合に、素人では対応するのが非常に難しいです。(この段階になってから特許事務所に頼んでも相手にされないことがあります。)

そして何よりも、現在は特許出願は基本的にオンラインでパソコン出願することになっています。専用回線で特許庁につないで送信するという仕組みです。あらかじめ特許庁に申請しておかないとこのシステムを利用できません。
この申請をしていない人は、書面手続きで出願することもできますが、その場合には別途電子化手数料というものを支払う必要があります。これは、明細書の長さにも依りますが、一般的に出願料よりも高くなると考えてください。

製品化の際の費用を考えれば、特許事務所に依頼する費用は微々たるものだと思います。そんなところでケチって特許にならなかったら元も子もありません。

出願後のことについては、ご自身で仰っているようにメーカーにアイデアを持ち込むというのが一番無難な方法でしょう。

>アイデアを自分のものにしておくにはどうすればいいでしょうか。
という点についてお答えします。
確実なのは特許出願しておくことです。
ただし、特許出願するに当たっては、ご存知かもしれませんが、発明の内容を記載した明細書を提出しなければならず、この明細書には、その発明を第三者が実施できる程度に具体的に記載することが必要です。
でも、設備や費用さえあれば試作品を作れるところまで来ているのでしたら、それはもう可能なのでしょうね?

まず、特許になりそうかどうかの調査をご自分で行う...続きを読む

Q発明品を商品化する方法

 長年頭に描いていた電子機器があります。未だに商品化されていないようなので、誰も思いつかないのなら自分で商品化したいと思うようになりました。

 しかし私は電子機器の専門家ではないので、機能などの説明はできても自分で作ることはできません。このような場合はまずどこに依頼すれば良いのでしょうか。もちろん多額の費用が掛かるでしょうが、個人的な発明の試作品を請け負ってくれる業者はあるのでしょうか。

 もちろん特許が出願されていないか調べる、なければ自分で出願するなど色々しなくてはならないでしょうが、それをしたところで試作品ができなければ仕方ありません(アイディアを企業に持ち込むより、自分で売りたい)。

 こういうやり方は難しいのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

依頼した弁理士以外は信用したは絶対にダメです。絶対に中味を話さない事です。ヒントから発展する訳ですから、今まで苦労しても「出来ない」ものがあなたのヒントだけで「出来る」になったら、もうあなたは相手は会う必要もない訳です。名前はあまり出せませんが某有名企業としてもやられてしまう訳です。あとのまつりです。大阪方面ではマネシタデンキと聞いた事があります。
特許ではありませんが、アイデアと図面、見積もりを提出、仕事(注文)は一番安い所へアイデアは無料で頂きます。というケースも多いです。ザラにあります。
当社はゴミの様な零細企業ですがコト特許製品については営業会社が間に入っても相手がどんな大手でも当社の「契約書」に責任者(社長、専務、工場長、部長、クラス)のサイン、印、がないと東京から九州までの出張であっても何も話もしない事にしていました。それでも4社にやられた様です。どうしても必要な特許であれば相手は特許権者に対抗する手段が当面ないからです。2台目からが判らなくなります。ボールペンの自動機で日本に出すと二台目はないと言われるそうです。判ります。優秀な人材がいます。バラシテコピーすれば安く、前より良いものが出来るからです。外国の000コという名の会社製品を特許を逃げて、もっと良いものにした経験があります。安く開発出来た例です。これがバカ売れで某会社は倒産から立ちなをりました。

依頼した弁理士以外は信用したは絶対にダメです。絶対に中味を話さない事です。ヒントから発展する訳ですから、今まで苦労しても「出来ない」ものがあなたのヒントだけで「出来る」になったら、もうあなたは相手は会う必要もない訳です。名前はあまり出せませんが某有名企業としてもやられてしまう訳です。あとのまつりです。大阪方面ではマネシタデンキと聞いた事があります。
特許ではありませんが、アイデアと図面、見積もりを提出、仕事(注文)は一番安い所へアイデアは無料で頂きます。というケースも多い...続きを読む


人気Q&Aランキング