WinMeとWin2000をデュアルブートすると、
メリットはあるんですか?
デメリットはあるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

使い方 ワード」に関するQ&A: ワードの使い方

A 回答 (5件)

私は98SEと2KとRedhatのトリプルブートで使用しております


ARCさんに補足させていただきますと
私の場合、98SEと2Kのデータ共有のパーテションをFAT32で切って、セキュリティ上、問題が少なく、かつレジストリ等の設定を起動に際して必要としないアプリをインストールしています。
これですと2Kの強みであるNTFSも使えます
2Kだけを使う場合に比べて多少セキュリティとしては問題になりますが・・・
ご参考までに
    • good
    • 0

私もWin98seとWin2kをデュアルブートで使用しています。


デュアルブート構成にしてしばらくは98をメインに使っていましたが、今では、2kの安定性と同環境で若干ですが処理が早くなった経験から2kをメインに使っています。(Pen(3)450Mhz、メモリー256MB)
ただ、2kで動かないソフト・ハードを使用する時は98に切り替えて使用しています。
メリットは上記の事に尽きると思います。
デメリットは、ARCさんの仰る通り再起動が煩わしい、HDDを余分に必要とする等だと思います。
なお、一般的な使い方(ワード、エクセル、電子メール、インターネット等)では、使い勝手は98も2kもそんなに変りませんヨ。
    • good
    • 1

Win98とWin2000をデュアルブートで使っています。



メリットは、他の方も書いているように、片方の環境でしか動かないアプリやハードウェアを利用することができるってことです。
加えて、私の環境では、Win2000で起動すると、サウンドカードに混入する高周波ノイズが3倍くらいになるんですよね。従って、音楽したりゲームしたりする時は、Win98で起動せざるを得ないです。


デメリットは、
●再起動が煩わしい

●アプリケーションをインストールする時、98と2000で同じフォルダにインストールしてしまうと、アンインストールが厄介。 別々のフォルダにインストールすると、ディスクの消費容量が倍になる

●データを2つのOSで共有する関係で、NTの利点であるNTFSが使用できない。

●そのおかげで、Win2000側のマルチユーザ関係のセキュリティがほぼ機能しない

ってなところだと思います。
最後の2つに関しては、ディスクの構成次第で解決できるんですが…
    • good
    • 0

ゲームをしたいときは、Windows 9x系である


Windows Meを使って、開発など安定した状態で
行いたいものはWindows NT系であるWindows
2000を使うというメリットがあります。

また、新製品などを買ったときは、Windows Me
の方がサポートが多いので、そちらで試して、
2000用のドライバが出たら、そっちで使う、
なんてこともできますね。

どちらにせよ、充分な知識がないとできないので、
不用意に行わないでください。
#失敗すると両方再インストール。

ではでは☆
    • good
    • 0

 普通は、「今までどちらかのO/Sを使っていて、新しく使ってみたい。

」という場合だと思います。

 Win2000を使っていて、新しくWinMeと言うのはあまり意味がないような気がします。ただ、Win2000で動かなかったソフト、使えなかったハードが使えるようになると言うメリットはあると思います。

 逆の場合、やはりWin2000の方が安定していると言うことが最大のメリットでしょう。

 今お使いのO/SがWin2000で、困っていることが無ければ、WinMeを入れるメリットは無いと思います。

 サーバのような使い方をするのでなければ(普通にアプリケーションを使う程度であれば)使い勝手はあまり変わらないような気がします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1つのPCにOSを2つ入れる方法を教えて下さい。

PCのスペックは分かる範囲内で書きます。
CPUはQuad Q6600
メモリは4G DDR2
グラフィックボードはNVIDIA GeForce 8800 GTS
マザーボードはMSI G33/P35 Neo(これでいいのですかね?)

以上でよろしいでしょうか?
直接の知り合いではありませんが、PCの1つのドライブにXP32bitと7(不明)64bitを入れられました。
XPの32bitと7の64bitが共存出来るのか不思議で質問したら、動いたと返答を頂きました。
個人的に調べたのですが、上の少々古い環境でも7が動く事は分かりました。
それで、現在メインのCドライブはXPのままで、セカンダリのDドライブは7Professionalにしたいと思ってます。
ネットでググったら1つのドライブで2つのOSを入れる方法?は見つけました。(それでも分からないのですが・・・)
しかし、XPはCドライブ、7ProfessionalはDドライブ(セカンダリ)のやり方が見つかりませんでした。
VHD bootと言うやり方を見つけたのですが、基本的に一つのドライブでのやり方を前提で書いてありました。
私は現在余ってるセカンダリを7 専用にしたいのですが、VHD bootでの作業のやり方がわかりません。
予想なのですが、VHD bootでの作業のやり方のどこかでセカンダリを選択したらいいのか?と思ってるのですが?間違いでしょうか?
詳しいやり方を教えて下さい。
よろしくお願いします。

ちなみに、XPのOSも7Professional も正規のもので認証キーはあります。
コピー品とかそんなのではありません!!

PCのスペックは分かる範囲内で書きます。
CPUはQuad Q6600
メモリは4G DDR2
グラフィックボードはNVIDIA GeForce 8800 GTS
マザーボードはMSI G33/P35 Neo(これでいいのですかね?)

以上でよろしいでしょうか?
直接の知り合いではありませんが、PCの1つのドライブにXP32bitと7(不明)64bitを入れられました。
XPの32bitと7の64bitが共存出来るのか不思議で質問したら、動いたと返答を頂きました。
個人的に調べたのですが、上の少々古い環境でも7が動く事は分かりました。
それで、現在メインのCドライ...続きを読む

Aベストアンサー

VHD bootなんて難しいこと考えなくても、またわざわざパーティションを切り直さなくても現状の状態でインストール出来ますよ。

7をインストール時、最初にどのパーティションにインストールするか、という画面が出るのでDを選択してインストールすればいいだけです。

無事インストールが終わり再起動するとXPと7のOS選択画面が出てきます。
添付画像はXPで参考であなたのパソコンとは表記が違いますが、このような画面でD:を選択して「Enter」押せばいいのです。

蛇足ですが、
XPに7を入れるのはデュアルブート出来ますが、逆に7にXPを入れるとブートメニューが出てきません、上記に書いたOS選択画面のことです。

Q現在Windows7のパソコンに、Windows10を導入して2種類OSのマルチブートは可能か?

現在Windows7で利用中のPC(パソコン)の、内臓HDDが、CドライブとDドライブに分かれているので、Dドライブ側へ、Windows10(アップグレードでなくて新規購入品をクリーンインストールするつもり)を導入したいと思っています。

 Cドライブから起動したらWindows7環境に、Dドライブから起動したらWindows10環境になる、という動き方をしてくれることを期待しております。

 ワープロや表計算や写真画像等のデータは、共通にして、Windows7とWindows10どちらのOSからも「つつけるように」(利用可能なように)したいです。(データを二重に持つのは甚だ非効率と思いますので)

 私は余りパソコンに強い方ではないのですが、
 さて
【質問1】上記のような環境は、実現が比較的容易ですか?それとも無謀と思われますか?
【質問2】上記のような環境を構築したら、Windows7とWindows10はそれぞれ独立して運用できますか? それともお互いに色々と干渉して、不具合、不整合を起こす危険性が有りますか?
【質問3】上記のようなマルチOS環境は、不便で不合理と思われますか、それほどでもないですか?
【質問4】上記のような環境を実現させる場合、どんな順番で何を行うか、手順を、御教授くださいませ。
【質問5】上記のような環境を、構築する作業時に、注意すべき点をお教えくださいませ。
【質問6】上記のような環境を、構築後、運用していく際に、注意すべき点をお教えくださいませ。
以上

何卒
よろしくお願い致します。

※補足※
HDDは
Cドライブ容量:約120GB(空き容量約30GB)[NTFS]
Dドライブ容量:約800GB(空き容量約600GB)[NTFS]
CPUは:Corei7
メモリ:8GB実装
Windows7:HomePremium バージョン6.1 ServisPack1 ビルド7601
インターネット:フレッツ光 プロバイダ経由で接続 ルーター不使用(PPPoE接続)
Microsoft Office:Office2010(Excel、Word、Outlook、Access、Onenote、PowerPoint 使用)

※現在は内臓HDDだけですが、マルチOS化の作業の際には、データバックアップの為に、
 USB外付けHDDの増設を考えております。

現在Windows7で利用中のPC(パソコン)の、内臓HDDが、CドライブとDドライブに分かれているので、Dドライブ側へ、Windows10(アップグレードでなくて新規購入品をクリーンインストールするつもり)を導入したいと思っています。

 Cドライブから起動したらWindows7環境に、Dドライブから起動したらWindows10環境になる、という動き方をしてくれることを期待しております。

 ワープロや表計算や写真画像等のデータは、共通にして、Windows7とWindows10どちらのOSからも「つつけるように」(利用可能なように)し...続きを読む

Aベストアンサー

>【質問1】
無謀ではありませんし、よく見聞きします。
新しいOSを後からインストールする分には画面に従うだけでデュアルブート環境が構築できます。

>【質問2】
独立して動作します。
XPとそれ以降の組み合わせのように、復元ポイントが消え去るなどのトラブルもないようです。

>【質問3】
よく聞くので特に問題はないと思います。10や10標準のブラウザに非対応のことをどうしてもやらなくてはならない環境なら十分ありえます。

>【質問4】上記のような環境を実現させる場合、どんな順番で何を行うか、手順を、御教授くださいませ。
現環境にWindows10をクリーンインストールするだけです。
欲をいえば、Windows7でもWindows10でも同じパスで同じファイルにアクセスすることができるように
1stドライブ…Windows7をインストール
2ndドライブ…Windows10をインストール
3rdドライブ…データ保存ドライブ。各OSからはDドライブとして認識されるようドライブレターを変更。
どちらのOSのマイドキュメントなども同じフォルダをターゲットとするように変更。
などでしょうか。
人によってはアプリケーションも3rdドライブに重複インストールして管理する人もいるかも知れません。

>【質問5】上記のような環境を、構築する作業時に、注意すべき点をお教えくださいませ。
APPDATAをはじめ、標準でOSがインストールされたドライブに作成されるものがありす。OSの動作がおかしくなって再セットアップすることになったときに忘れがちなデータです。それらをDドライブで管理するか、もしくはそれらが消え去っても大丈夫な運用の仕方をするかは考えておいた方がいいと思います。

>【質問6】上記のような環境を、構築後、運用していく際に、注意すべき点をお教えくださいませ。
データは必ずOSとは別のドライブに、というのを徹底するとバックアップが楽です。

>【質問1】
無謀ではありませんし、よく見聞きします。
新しいOSを後からインストールする分には画面に従うだけでデュアルブート環境が構築できます。

>【質問2】
独立して動作します。
XPとそれ以降の組み合わせのように、復元ポイントが消え去るなどのトラブルもないようです。

>【質問3】
よく聞くので特に問題はないと思います。10や10標準のブラウザに非対応のことをどうしてもやらなくてはならない環境なら十分ありえます。

>【質問4】上記のような環境を実現させる場合、どんな順番で何を行うか、手順を...続きを読む

QLinuxのSwap領域は、なぜ実メモリと同等か2倍程度?

「LinuxのSwap領域は、実メモリと同等か2倍程度」
取りましょう、とよく目にするのですが、
根拠を教えてください。

多ければよいと言う訳でもなさそうだし、
疑問に思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方が書いていますが、メモリが高価だった(というか大容量メモリが無かった)時代の話です。
実メモリが4MBしかないとして、OS含めて20MBのメモリを必要とするプログラムを動かしたいとします。そうすると、差し引き最低16MBのスワップ領域が必要です。この場合だと、実メモリの4倍ですね。こういうケースでは一応動くにしてもページングが多発して実用に耐えない速度になり、もしくはOSの動作も不安定になります。

この、「ページングが多発して実用に耐えない速度」の目安が実メモリの2倍という経験値です。つまり、実メモリが4MBしかないなら、せいぜいスワップ8MBで合計12MB位の仮想メモリしかそのコンピュータでは使えない(20MBのメモリを必要とするプログラムは動かせない)ということです。

今の時代だと、必要仮想メモリをすべて実メモリでまかなえるならスワップ領域は必要ありません。いくら大きく定義しても良いですが、実メモリからあふれないわけですからほとんど使われません。

もちろん今でも「ページングが多発して実用に耐えない速度の目安が実メモリの2倍」という経験則はおおむね適用できると思うので、仮に大規模な科学技術シミュレーション計算で10GBのメモリ空間が必要ならば、実メモリは3ないし5GB程度必要と言えます。もちろん1GBしかなくても計算は出来るでしょうがCPU能力の大半が計算で無くページングに使われる事になります(もちろんプログラムによりますが)。

他の方が書いていますが、メモリが高価だった(というか大容量メモリが無かった)時代の話です。
実メモリが4MBしかないとして、OS含めて20MBのメモリを必要とするプログラムを動かしたいとします。そうすると、差し引き最低16MBのスワップ領域が必要です。この場合だと、実メモリの4倍ですね。こういうケースでは一応動くにしてもページングが多発して実用に耐えない速度になり、もしくはOSの動作も不安定になります。

この、「ページングが多発して実用に耐えない速度」の目安が実メモリの2倍という経験値です...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報