【初月無料キャンペーン中】gooドクター

日本とイギリスと中国の三すくみってご存じですか?
私が覚えてる限りでは、日本は服と食べ物は良いが、家が貧弱と言われる。イギリスは家が立派だし服も綺麗だが、食事が不味い。中国は家と食べ物は良いが、服が貧弱と言われる。今でもそう言われるのですか?

gooドクター

A 回答 (2件)

19世紀後半から20世紀半ばまでくらいに世界で流行ったジョークで、主要国の特徴を笑い飛ばしたもの。



アヘン戦争・日清戦争で敗北し、危機感を抱いた中国の知識人は日本や欧米に留学して見聞を広めたが、それらのジョークはそういった中国人コミュニティーで生まれ、拡散したという説もある。
「中国もひどいが、俺たちに勝った英国や日本だってひどいもんだ」という具合にジョークで国を鼓舞しようという精神だったのだろう。

この手のジョークは、各国の歴史・風土に基づく核心的文化に起因しているので、昔ほどではないにしてもある程度傾向として残っていると思われる。
    • good
    • 0

日本とイギリスと中国の三すくみってご存じですか?


  ↑
知っています、というか、こういうのは
色々なパターンがあります。



私が覚えてる限りでは、日本は服と食べ物は良いが、家が貧弱と言われる。イギリスは家が立派だし服も綺麗だが、食事が不味い。中国は家と食べ物は良いが、服が貧弱と言われる。
 ↑
理想の生活、てのもあります。

アメリカの給料を貰い
中国人のコックを雇い
イギリスの家に住み
日本人の妻を持つこと。


理想の女性。
日本人女性の慎ましさ、
フランス女性の微笑み、
中国人女性の脚。




今でもそう言われるのですか?
 ↑
変化は無いので、云われていると
思います。

日本の家はウサギ小屋なんて云われ方
をされていました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング