【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

母が3センチの胆石があるとの診断を受けました。
痛みは全くありません。
お医者さんからは、痛みのないうちに内視鏡手術により摘出したほうがよいと
言われました。

痛みがなくても手術して摘出するのがよいのでしょうか?
胆嚢壁についている人は、手術をしないほうがよいと聞きました。

手術された方、手術を見送られた方、専門的なアドバイスができる方よろしく
お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

胆石はある程度の年齢になれば、できてしまうものだそうで、ほとんどが気が付かなかったり、胆石があるから、即手術というものではないそうです。

なくてもよい
臓器で(基本的には胆汁を濃縮してためておくたけ)手術も簡単なので外科医は手術したがるようです。私も昨年胆嚢を取りましたが、胆石ではなく胆道奇形で開腹手術だったのでnorurunさんのお母様とはちと状況は違うのですが、胆嚢を取った経験をお話しますと。
無症状だったので手術!といわれ悩みましたが、医者曰く、今は無症状でも20、30年後に症状が出るから不安抱えてるよりも、取ったほうがよいとのことで手術しました。
胆嚢を取ったこと:後の後遺症は特になく、油ものを食べ過ぎるとおなかを壊しやすくなるので注意!ぐらいなので、食事制限もしてません。通院もしてません。

手術について;私は開腹手術だったので、回復にかなり時間がかかり大変でしたが、病室がほとんど内視鏡で胆嚢をとる人だったのでそのときの話をしますと。手術自体はお腹に1cm位の穴を3ヶ所穴空けるだけで取れるので、さほど痛くないようです。翌日から食事もできてました。検査で1週間かかってましたが、手術の翌々日にはみな退院(抜糸は通院で)してました。

内視鏡で取った方みなが、ほかの病気で検査して、胆石が見つかって、無症状だけど、簡単に取れるからほかの病気の治療前に切るとのことでした。
ほかにお体の具合が悪いところがなければ、取るのも何かな?と思いますが少しでも健康に不安があるなら、体力があるうちに先の保険と思って手術したほうがよいかと思います。
超音波で砕く方法もありますが、やっている病院も少ないし、胆石の大きさに上限があったと思います。
内視鏡での手術なら、かなり高齢でもできるので特にあせる必要はないと思いますが、納得いくまで医者の話を聞いてご決断されたほうがいいと思います。

長くなりましたが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 25
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
手術への不安もあったのですが、術後の後遺症も気になっていたところでした。shino88さんも胆嚢を摘出されたようですが、日常生活には特に問題がないとのこと。このコメント母はかなり喜んでいました。
痛みがないのに、手術をしたら制限があるなんて。。。と言っていたものですから。

主治医の先生ともよく話しをして納得しましたので、先週、腹腔鏡の手術をしました。経過は順調です。
shino88さんはじめ、皆さんのアドバイスを聞くことができ、家族全員が納得して手術にのぞむことができました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/09 22:01

ご心配のことと思います。

胆石と診断されたのであれば、症状が出る前に切除されるのもいいと思います。今後繰り返し発作などみられると癒着しては手術が難しくなることもあります。お大事にされてください。
    • good
    • 9

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答。
※教えて!goo内での回答は終了致しました。
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

2度目の回答です。


実際に患者さんを診察していませんし、胆石の画像も観ておりませんので、詳細なコメントはできません。
一般論、原則論として今一度回答します。

まず、外科医の原則として「良性疾患は切除しない。」というものがあります。わかりやすくいうと、胆石をもったまま100歳まで元気な患者さんは山ほどおられます。

もし、ある胆石が「近い将来、明らかに患者さんを苦しめる」ことがはっきり判明している場合には、予防的に手術に踏み切ることはあります。実際にはあまりありません。

胆石の手術は、外科手術の基本中の基本であり、そのため教育病院ではベテランの外科医が執刀する機会はほとんどなく、新人に教育的見地から手術をさせることも多く、「患者さんが希望しているので・・・」という理由で入院手術というケースを多くみています。自分の家族であれば、勧めません。

絶対に症状が出ないという保証はなく、炎症を起こしたら入院期間が長くなるし、年を取ってから体力が無くなって手術を受けるより・・・、という理由で積極的に手術に乗り気な人であれば、(自己責任の世の中ですので)あえて引き留めはしません。

ただし、適応のない手術に限って、まさかと思う医療事故や合併症が起きるものですから、私は原則をはずさずにいます。最終的にはそれが患者さんのためだと信じるからです。

ストレートな表現はご容赦下さい。理解していただくことを優先させました。
    • good
    • 50
この回答へのお礼

手術をすべきか否かという選択は最後は個人の問題になってきますね。
両方の長所・短所を比較しながら、主治医の先生ともよく話し合いをもって、
手術にのぞみました。

経過は良好です。検査の時点では3センチの胆石1個のはずが、実は小さな
胆石もありこれで炎症を起こしていたら。。。と思うとぞっとしました。

ただ手術前のカウンセリングでは医療事故の危険性、合併症の話も出てきて、
本当に手術をしてよいのだろうか、もう一度考え直した方がいいのでは?
という気持ちにもなりました。
最後は母の「いつ痛くなるか心配しながら過ごしたくない」ということで手術
に踏み切りました。

kennedy2さんのアドバイスは他のみなさんとは違う意見でしたが、どちらがよ
いかという選択ができたことを心から感謝しています。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/09 22:13

専門医です。


症状のない胆石は手術の適応ありません。
但し、悪性腫瘍(胆嚢癌)の合併が否定できないときは手術を考慮することもありますが・・・。

内視鏡的手術でずいぶん手術侵襲は軽くなりましたが、だからといって不必要な手術は勧められません。

この回答への補足

今までの皆さんのアドバイスとは全く反対でしたので驚きました。

実は、母の友人も3センチくらいの胆石を手術しないままでいます。
数年経った現在でも痛みはないとのこと。。。

手術をしない場合、何か痛みが出ない治療方法はあるのでしょうか?
kennedy2さんは、痛みが出たときに手術をするのがよいという意見ですか?
いつか痛みが出るという不安を抱えたまま過ごすことにはならないでしょうか?

安心して手術をしない選択ができればいいのですが。。。

よろしければ、詳しく教えていただけないでしょうか?

補足日時:2001/08/28 09:21
    • good
    • 21

「内視鏡手術」に関しては、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#4で紹介したサイトを参考にしてください。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=122979
    • good
    • 15
この回答へのお礼

やはり痛みが出るまえに内視鏡手術することが、負担が小さいようですね。
うちの母は、六ヶ所お腹に穴を開けて手術するとのことでした。
お腹を切るというのが怖いみたいです。

手術方法がどういったものか参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/28 09:20

胆石といっても、胆嚢内にある場合、胆管内にある場合、肝内にある場合がありますが、お書きになっている内容から胆嚢胆石と判断します。



まず胆石があっても、ずっと無症状で経過することもあり,すぐに手術をしなければならないわけではありません。無症状の場合は,治療を行わずに経過をみることが多いも多いのですが,この場合は変化がないかどうか経過観察が必要です。

小さな石には、胆石の溶解剤を投与して様子を見ることもありますが、小さなコレステロール結石(超音波検査である程度判断できます)の場合であり、3cmの大きさは適応になりません。

衝撃波による破砕術がおこなわれることもありますが、胆石発作の既往があって、石灰化のないコレステロール結石、大きさが3cm以下で個数が多くない場合などで適応を考えます。

次に手術適応についてですが、
原則的には胆石症による痛みがある場合、胆嚢炎、胆管炎を併発している場合などは手術の適応(炎症が落ちついてから)となります。胆石嵌頓(胆管に胆石がつまってしまう)による黄疸、肝障害などでは、もちろん直ちに手術になります。

無症状の場合の手術適応の考え方ですが、胆嚢の機能異常や多数の石がある場合は、症状が出る可能性が高いので手術をおこなうことがありますし、胆嚢壁の肥厚や変形がある場合など胆嚢癌の可能性が否定できないときも手術をおこないます。
さらに胆嚢炎などをおこしたときのリスクを考えて、高齢者は全身状態の良いときに手術をおこなうことがあります。 さらに急性膵炎の既往がある場合なども手術を考えます。

以上のことから、直ちに手術を考えなければならない状態ではないと思われますが、主治医の先生が手術をすすめられている理由(年齢的な理由でしょうか)をよくお聞きになり、納得できればお考えになってもよいと思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

先日母の友人が同じくらいの胆石をそのままにしているという話を聞いて、
手術しなくてもいいのでは。。。と考えるようになったようです。

たしかに母の友人は数年痛みは出ていないようです。母も別の検査をして
いるときに偶然胆石を発見したものですから、3センチになるまで自覚症状はなかったみたいです。

母はまだ手術しなくていいのではと考えています。
なぜ手術が必要なのか、もう一度主治医の先生と話し合うのがいいと思いまし
た。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/28 09:07

無症状胆石(痛みのない胆石)の場合、胆石を摘出するかしないかは迷うところですが、私の意見で申し訳ないのですが内視鏡手術は行った方が良いのではないかと思います。

理由は、
・いつ痛みがくるかわからないと不安を断ち切るため
・場合によっては胆嚢炎、胆管炎を起こす可能性がある
・胆嚢炎を発症した場合、内視鏡手術を行えない場合がある
・胆石から急性膵炎を引き起こす可能性がある
からです。
私は専門家ではありませんので、上記のような可能性がどれだけの割合で起こるのかはわかりません。しかし他の基礎疾患があったり、ご高齢の場合は胆石があることによって合併して何が起こるかわかりません。であれば今のうちに摘出した方がいいのでは、と考えた次第です。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

私も同意見です。
今ならば痛みはないものの、今後痛みが出てきてからでは遅いような気が
します。
大きさも3センチと様子をみる段階ではないような気がします。

ただ手術は順番まちで、「手術しましょう」と言われてすでに1ヶ月を過ぎようとしています。
痛みのないのに切る必要があるのか、だんだん不安になっているようです。
でもichigo 10さんのおっしゃる理由から、早目に手術することがいいよう
ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/28 08:56

主人に、今胆石があり、近い内に手術するつもりです。


主人の場合、お腹が痛くて病院に行ったら、胆石と尿路結石が出来ていて、検査の結果、痛みの原因は尿路結石と分かりました。
胆のうは炎症も起こしておらず、血液検査の数値でも、特に問題はないし、放っておいてもいいんですが、胆石で痛みが出る=胆のうに炎症を起こしているという事が殆どだそうで、炎症が治まるまでは手術は出来ないそうです。
その為、痛みが出てからだと、入院も長くなるし、手術する方向で考えています。

ちなみに、私の友達のご主人は、ちょうど1年くらい前に胆石の手術をしましたが、炎症を起こしていたので、それが治まるまでの一週間ほど、何も食べさせてもらえなかったそう。しかも、胆石の痛みは、相当なモンだそうで、それを味わわせないですむなら、その方がいいと、我が家では判断しました。

ただ、一生痛みのでない可能性だってあるし、結局はそれぞれの考え方次第なんでしょうけどね。家の場合は、いつ痛くなるか・・・って不安を抱えながら、毎日を過ごすのがイヤみたいで、手術をするって事は、即決でした。後は、「いつやるか」です。

同じ様な立場ですので、少しでも参考になればと思い、書き込みしました。お大事に。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

炎症があると手術は延期されるんですね。
痛みのないうちは内視鏡の手術で入院も短期間ですみます。

うちは自営業ということもあり、夫婦で仕事をしています。やはり入院期間が
気になるようです。だとすると痛みのないうちに手術するほうがいいですね。
それに痛みが今後出ないという保証はないですし。
年齢(59歳)的なことも考えますと、やはり今の時期がいいのかなと私も
思います。

同じ手術をされた方や予定されている方のお話がきけてよかったです。
ありがとうございました。
youkomamaさんのご主人は痛みのないうちに手術されるとのこと。
お大事に。

お礼日時:2001/08/28 08:51

専門的なことは分かりませんが・・・


私の父が胆石の手術をしました。父は石ができやすい体質で、何度か石を薬で散らしたり、薬を飲んで尿と一緒に出したりしていました。
本人いわく、石が動いたときの痛みはなった人にしかわからないというほど痛いそうです。また小さい石なら薬でなんとかなるようですが、3センチって結構大きいですよね。
石が動き出してひどい痛みを経験する前に、手術されたほうがよいのでは?
しかし簡単な手術とはいえ、しっかり内容を把握して安心できる先生にお願いしたほうがいいですよね!!
お大事に。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

そうですね。家族は痛みのないうちに手術をしたほうがいいのでは。。。
という意見なんです。本人も最初は手術をするつもりが待ち人数が多いため、
すむ手術しないですむ方法はないか考えるようになったようです。

ivvAさんの「しっかり内容を把握して」とおっしゃるとおり、本人がちゃんと理解してから手術にのぞんでもらいたいです。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/28 08:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胆石症を手術するべきか

15年くらい前から、脂っこい物を食べたり暴飲暴食をすると夜から朝方にかけての強い痛みが数ヶ月に一度あり、今年の人間ドックで胆石と診断されました。現在内視鏡手術をする方向で、手術前の検査を受けています。

内科では、MRIで胆嚢壁が厚くなっているので手術を薦められ、その後外科に相談したのですが、外科の先生は痛みが我慢できるなら、様子を見てもいいといい、はっきり手術するべきだとは言いません。他の外科の先生にも相談したところ、「手術した方がいいとは思うが、経過観察でもいいと思う」との曖昧な意見でした。

秋から家族の都合で2年ほどアメリカに行く予定です。向こうは、脂っこい食べ物が多いため、日本にいる今より胆石痛が起きる頻度が増すと思います。
また、言葉の不安があり、手術するなら日本でしてしまいたい気持ちがあります。
いつ急性胆嚢炎になり、救急で運ばれるか分からないのも不安です。

けれども、今の予定だと手術後ひと月ほどで海外に行かなくてはならず、後遺症が心配です。海外で後遺症に悩まされるより、食事療法や痛みをブスコバンでコントロールしながら、経過観察した方がいいのでしょうか。胆石手術経験者の方や、医療関係の方のご意見を聞かせていただきたいです。

(今手術するメリット)
日本語で受けられる。
健康な今のうちに胆嚢摘出すれば、開腹手術にならずに済む。
胆石痛がなくなる。
アメリカで胆石の心配をしなくて済む。
日本の生命保険(医療保険?)が使える。

(今手術するデメリット)
術後の後遺症が心配。
本当に胆嚢を摘出するほどなのか?
手術の痛みが怖い。
身体にメスを入れるのに抵抗がある。

来週、手術前の検査結果を兼ねて、先生と相談する予定です。先生は気が変わったら手術を辞めてもいい、と言っていました。

15年くらい前から、脂っこい物を食べたり暴飲暴食をすると夜から朝方にかけての強い痛みが数ヶ月に一度あり、今年の人間ドックで胆石と診断されました。現在内視鏡手術をする方向で、手術前の検査を受けています。

内科では、MRIで胆嚢壁が厚くなっているので手術を薦められ、その後外科に相談したのですが、外科の先生は痛みが我慢できるなら、様子を見てもいいといい、はっきり手術するべきだとは言いません。他の外科の先生にも相談したところ、「手術した方がいいとは思うが、経過観察でもいいと思う」と...続きを読む

Aベストアンサー

数年前に胆石症で、胆嚢を切除しました。
質問者さんも、内視鏡手術をする方向で検討されているということですが、そのまま手術されることをお勧めしたいです。
特に、将来海外に行かれるということですので、今のうちにやっておくと、あとあと安心ではないでしょうか。
手術のメリット・デメリットを書かれていますが、メリットはその通りとして、デメリットに対するわたしなりのコメントをしたいと思います。

○術後の後遺症が心配。
医師から、後遺症があるとの説明でも受けたのでしょうか?
わたしは胆嚢切除しましたが、後遺症などは何もありませんでした。
それどころか、便秘がちだったのが改善し、手術前より体調は良くなって、本当に手術をしてよかったと思っています。

○本当に胆嚢を摘出するほどなのか?
それは医師ではないとわからないと思います。
ですが、わたしはそれ以前の痛みや、今度のことを考えると、躊躇せずに手術を選びました。
臓器がひとつなくなる抵抗もありましたが、医師の説明を受け、今後の生活に支障がないと納得できましたので、心配なら納得するまで説明を受けられるといいと思います。

○手術の痛みが怖い。
痛みが怖いとは?
手術中は麻酔をしているので、痛みなんてチクリとも感じませんよ?
わたしは麻酔を打たれ、まばたきの間に手術が終わっていました。
いえ、ほんとに手術が終わって麻酔が覚めたとき、看護婦さんに「これからですか?」と聞いたくらいなんです^^;
「もう終わりましたよ」と言われたときはびっくりしました。

○身体にメスを入れるのに抵抗がある。
気持ちはわかります。
ですが、胆石は自然になくなることはないので、これは気持ちの切り替えようだと思います。
逆に考えると将来開腹手術するより、今内視鏡手術をしたほうが、体の負担や傷のアフターケアを考えると、内視鏡手術ができる今が一番かなと思います。
内視鏡手術の場合、傷は4ヶ所ですが小さい傷なので、そんなに悩むほどの大傷でもないですよ。
わたしは内視鏡手術後、一週間で退院し、それからはなんの不具合もなく健康にやっています。

ここまでいろいろ書きましたが、ほかにも気づいたことを書いておきますね。
わたしは以前から油っぽい揚げ物とか好きだったんですが、手術後はあまり食べられなくなりました。
胆嚢がないせいで、やっぱり体が自然に受け付けなくなってるみたいですね。
まあ、ダイエットになるし、特にそれで困ることもないので全然OKですが。
胆石の当時は、あの痛みに苦しめられて本当に辛かったです。
今はその痛みから解放されてよかったと思うので、苦しんでいる方にはぜひとも早く良くなって頂きたいですね。

数年前に胆石症で、胆嚢を切除しました。
質問者さんも、内視鏡手術をする方向で検討されているということですが、そのまま手術されることをお勧めしたいです。
特に、将来海外に行かれるということですので、今のうちにやっておくと、あとあと安心ではないでしょうか。
手術のメリット・デメリットを書かれていますが、メリットはその通りとして、デメリットに対するわたしなりのコメントをしたいと思います。

○術後の後遺症が心配。
医師から、後遺症があるとの説明でも受けたのでしょうか?
わたしは胆...続きを読む

Q胆石の手術を受けます.

40代の主婦です。1年半ほど前に胆石があることが分かり、だましだまし暮らしていましたが、今回手術する事にしました.沢山の小さな石があるそうです。手術は、一応、腹腔鏡下胆嚢摘出術の予定で、そんなに状況は、差し迫っていないので1月に入ってから入院します。全部で1週間の予定です。
そこで、手術を受けるにあたって、こんな事は注意しておくといいよとか、手術後、こんな事が起こるかもしれないけれど、といった手術を経験された方や、専門の方のお話を聞かせてもらえればと思い、質問させてもらいました。また、入院後の手順とかについて全く教えてもらっていないので、そんなことも聞ければ助かります.。どんな事でも結構ですので、よろしくお願いします。
また、費用がどのくらいかかるのかも、ご存知の方、教えてください

Aベストアンサー

今年の春に胆嚢摘出手術を受けたものです。
少しの油分や卵で猛烈な痛みが出るようになり、
とても普通の生活が出来るような状態では
なくなってしまったので、泣く泣く手術をうけました。
(因みに発作がでるまで、全く気づかず石は1センチくらいの大きさになってました)

手術方法は腹腔鏡下胆嚢摘出術でしたが、
開腹手術程ではないと思いますが、痛かったですよ。
麻酔が切れた後は、寝返りひとつ打つことも
できませんでした。
でも、日に半分ずつ痛みがとれていき、
手術から一週間後に抜糸、10日間の入院の後、
退院の翌々日から出社もしました。
費用は1日だけ個室で、手術・入院費用で20万くらい。
その前の検査等でトータル25万くらいでした。
病院は私立の病院でした。
(結局高額医療なんたらで、半分くらいは戻ってきましたけど)

癒着についてですが、先の方も書かれているとおり、
可能性はあるそうです。
開腹手術ならば、癒着防止シートなるものを
入れることが出来るそうなんですが、
腹腔鏡だと、傷口が小さいために入れられないと。
なので、腸閉塞などおこる可能性はあると
言われました。

あと、術後で可能性があるのは、
カンジダでしょうかねぇ。
この手術に限らず、術後は抗生物質の投与が
あります。これが、必要な菌も殺しちゃうそうで、
なる方も多いと。私もしっかりなりました(T_T)
手術の傷口はいたいし、微妙なとこはかゆいしで
ちょっと大変でした。
効くのかわかりませんが、
もし、術後の食事に乳酸菌飲料がでたなら
きちんとお飲みになることをお勧めします(^-^;A
(私はあまり好きではないので飲まなかったのです)

食べ物については、術後当初こそ油ものを食べると
おなかを壊しやすかったですが、今は全く大丈夫になってます。

では、ご心配も多いと思いますが、
きっと、受けてよかった~と思える日が
来ると思いますので、がんばってくださいませ。

今年の春に胆嚢摘出手術を受けたものです。
少しの油分や卵で猛烈な痛みが出るようになり、
とても普通の生活が出来るような状態では
なくなってしまったので、泣く泣く手術をうけました。
(因みに発作がでるまで、全く気づかず石は1センチくらいの大きさになってました)

手術方法は腹腔鏡下胆嚢摘出術でしたが、
開腹手術程ではないと思いますが、痛かったですよ。
麻酔が切れた後は、寝返りひとつ打つことも
できませんでした。
でも、日に半分ずつ痛みがとれていき、
手術から一週間後に抜糸、1...続きを読む

Q胆石があると診断され悩んでいます。

47歳男性です。
数年前から胃の辺りに不快感があり、油ものなどを食べると胃の右側辺りがいたいときがありました。
去年胃カメラを飲んで胃潰瘍と診断をされ薬を処方され、だいぶ軽くなったと思っていたら、胃の右側部分のなんともいえない鈍い痛みが取れません。医者に行ってエコーを撮ってもらったところ胆石があると診断されました。石の大きさは1.5センチくらいだそうです。
主治医曰く、薬では治らないし、超音波での破砕は周囲の臓器に与える影響が大きいので勧められない、日常生活に問題がなければそのままにしとくか、胆嚢を内視鏡で取り除くかどちらかだと言われました。
俗に言うさしこみなどという激しい痛みがあるわけでなく、この二週間ほどみぞおちの右側部分に鈍痛を感じているだけです。ただ職業柄、何でも食べることは必要で脂っこいもの、クリーム系のものなども頻繁に口にします。
とるべきなのか、まだ様子を見るべきなのか、みなさもの意見を参考にさせていただきたく質問をいたします。

Aベストアンサー

No.3です。お礼ありがとうございました。

>いつかは石が小さくなって(なくなって)痛みがなくなるのではないかと思っているところにあります。

ご質問にはありませんでしたが、何故そのように思われているのでしょうか?
そんな事例はないと思うのですが。

ウルソという「胆石を溶かす薬」と言われているものがありますが(処方薬)、効果は非常に限定的で溶かす事はほとんどないと医者も認める薬です。胆汁を流れやすくする薬と解釈するのが正しいので、これに期待したばかりに救急車、という事にならないよう祈ります。
胆石症の痛みが出ているにも関わらず高齢等の理由で手術回避すべき人や、胆嚢摘出直前の人に対して気休め程度に処方される薬ですので、質問者様に効果を発揮する事は絶対にないと断言して差し支えないでしょう。

世の中に胆石症の人は大勢いますが、その8割は何の問題もなく生涯を終えるそうです。
女性が男性の2倍の発症率です。年に一度の健康診断で胆石の存在を指摘されたところで何の対処もする必要はありません。8割に入る可能性が大きいのですから。
ただ、あなたは残りの2割、しかも危険ゾーンだという事は自覚なさっている通りです。

外科手術を避けたい気持ちはわかりますが、手術は一瞬の事。
第三者が勝手な事を言うようですが、早くすっきりと元気になっていただきたいと思いました。

No.3です。お礼ありがとうございました。

>いつかは石が小さくなって(なくなって)痛みがなくなるのではないかと思っているところにあります。

ご質問にはありませんでしたが、何故そのように思われているのでしょうか?
そんな事例はないと思うのですが。

ウルソという「胆石を溶かす薬」と言われているものがありますが(処方薬)、効果は非常に限定的で溶かす事はほとんどないと医者も認める薬です。胆汁を流れやすくする薬と解釈するのが正しいので、これに期待したばかりに救急車、という事にならないよ...続きを読む

Q胆石と便秘の関係について

胆石と便秘の関係についてお聞きします。胆石になると下痢をしやすくなると聞いたのですが、便秘も関係あるのでしょうか?

Aベストアンサー

胆のうも胃腸と同じく消化器ですが、そういう消化管の働きは副交感神経といって体がリラックスするときに働く自律神経に支配されています。

しかし、心身の強いストレスや冷えでもう一方の交感神経が緊張すると副交感神経が抑制され消化管の働きが低下します。これが便秘や胆石の原因です。

ストレスや冷えが一過性のものであればまたすぐに元にも戻りますが、長期に続くと慢性的な便秘になり胆石など消化管にトラブルが発生します。

胆のうの働きが悪くなると、胆汁の分泌が減って脂物の消化が悪くなり消化不良が起きます。下痢はこの不要な未消化物を一刻も早く体外で排出しよいうとする体の防衛反応です。この場合一過性の下痢なので便秘とは矛盾はしないと思いますよ。

ただ、便秘も長く続けば、脂物云々ではなくても、腸に不必要溜まったものは害になりますのでいつかは体は自らを守るために腹痛を起し無理やり下痢を起します。相変わらずストレスがあれば、せっかく排出しても次からまた便秘です。

Q胆石症の症状について

よく胆石発作は「右わき腹が転げまわるほど痛い」とか
「胃痛と間違える」とか聞きますが、私の場合は痛みというのとはちょっと違って「呼吸困難」に近かったんです。
息を吸って吐く時に吐きつらいというか...。
こうゆうふうに訴えたら「過換気症候群」とか言われて。
なんか違うなー、とセカンドオピニオンで胆石発覚しました。
私は痛みに強いタイプでもないし、痛みにうといってこともないと思います。
胆石発作経験者の方、どんな感じでしたか?

Aベストアンサー

胆石経験者ではないのですが,専門家としての意見を。
胆石の症状は様々です。
有名なのは高脂肪食の過剰摂取時に起きる右季肋部痛,右肩や廃部への放散痛。
黄疸。発熱。
もっとひどいと意識障害,ショック症状などです。
ただ,軽いと上腹部不快感や膨満感。右季肋部の重い感じや肩こりなどもあります。
深呼吸したときのちくっとした痛みを訴える人も多いです。

これは胆石の大きさや場所などによって違うみたいなので,痛みに強い弱いは関係ないです。

Q胆石 「ウラジロガシ茶」

胆石患者です。数週間前に胆嚢から石が出てし
まい痛い思いをしました。
でもまだ少し胆管に石が残っていると医師に言
われました。
このままだと入院して医師を取り除く処置をし
なくてはと言うことなのですが、子供がおりま
して今すぐ入院はできない状況です。
そこで「ウラジロガシ茶」が有効とここで知り
ましたので試そうと思います。
ですが、種類が色々で配合も違うようです。
やはり100%ウラジロガシの方が効き目がある
のでしょうか?
また、もしおすすめのものがありましたら教えて
下さい。

Aベストアンサー

ウラジロガシは、胆石などの石を溶かすということで、民間療法で聞いたことがあります。昔から、薬草として用いられてきたものですし、副作用も少ないと聞いています。あくまでも民間療法ですし、絶対、を期待せずに改善したらいいな程度で始めてみたらどうでしょうか?石も小さいとの事で、うまくいけば手術しなくてもよくなるかもしれませんしね。「排石茶」と呼ばれるくらいですから、試す価値はあるんじゃないでしょうか?山本漢方から100%モノがでています。ドラッグストアでも購入できると思います。無理しないで、お大事にしてくださいね

Q胆石、胆泥の薬、ウルソ錠(100mg)の効果的な飲み方は?

先日検査した結果
(検査は、血液検査、超音波検査、CT検査をしました。)

胆嚢に胆泥があって炎症を起こしているので薬をもらいました。

・処方された薬
 *セフゾンカプセル100mg⇒抗生物質、細菌感染症の薬
 *チアトンカプセル10mg⇒腹痛薬
 *コリオパン錠10mg⇒鎮痙薬(腹痛薬)
 *ウルソ錠100mg⇒胆嚢疾患、胆石を溶かしたり流す薬

合計4錠を1日3回食後に飲むです。

この薬の中で、僕的に最重要な薬が「ウルソ錠」
なんですが、ウルソの最も効果的な飲み方があったら
教えてください。

今は、食後の30分後に水で4錠まとめて、普通に薬を飲んでいます。
この薬を6ヶ月のんで効果が無ければ手術なので・・・

手術はできるだけ避けたいので、できるだけの努力
をしたいと思い投稿しました。

PS
胆石になる前の胆泥は、飲み薬で溶かしたり、胆汁で流したりする事が可能です。
が、絶対に溶けるとか流れるという保障はありません。
とお医者さんに言われました。

Aベストアンサー

私も、もう5年以上飲んでいますが、食後の30分後に水で飲んでいます。
確かに、溶ける石と溶けない石があると云われています。

私の場合、薬を飲んでいる効果か、溶けはしませんが大きくはなっていません。

Q胆石の手術をする場合、やはり規模の大きな病院でしてもらった方がいいんで

胆石の手術をする場合、やはり規模の大きな病院でしてもらった方がいいんでしょうか?私は昨年2009年の夏に胆石が発見された26歳女性です。昨年、急にみぞおちが痛くなり、検査入院しました。その病院で胆石症と診察され、薬による溶解療法をとりました。しかし、半年後の今年1月のエコー検査で胆石の大きさが変わっておらず薬の効果は見られませんでした。また、4日前からみぞおちの鈍痛とげっぷが続き、かかりつけの病院に行ったところ、内科の主治医には触診によって胆石が起因している痛みかもしれないと診断され、同病院内の外科の先生に手術の話を聞くように回されました。外科の先生は、手術をする方向ではなしをされ、「炎症が出て痛みがあったりすると、手術が大変になり、入院もながびくので、比較的症状が落ち着いている今のうちに手術した方がいい」とおっしゃいました。手術に向けて、レントゲン、MRI、血液、尿検査なども行い、来週の月曜日にもう一度外科の先生とお会いして検査結果をもとに入院や手術のスケジュールを決める事になっています。
ただ正直まだ決心できていないですし、セカンドオピニオンなどで別の医者の意見などもきいてから決断したいです。そして、最大の悩むポイントは病院の規模です。私がかかりつけの病院は、都内にある中規模の私立病院です。執刀にあたる先生は医院長先生でベテランの外科医なので問題ないとは思いますが、素人考えで大規模な大学病院や国立病院などでやってもらった方がいいのかなとか思います。ただ、九州から上京してこちらに住んでいるので、どこに大病院があるかもわからず、ましてや胆石の手術の名医などの評判などもわかるはずがありません。すべてネットにたよるしかないのが現状です。
長文になってすみませんが、人生初の手術という事もあり不安です。どなたかアドバイスください。お願いします。

胆石の手術をする場合、やはり規模の大きな病院でしてもらった方がいいんでしょうか?私は昨年2009年の夏に胆石が発見された26歳女性です。昨年、急にみぞおちが痛くなり、検査入院しました。その病院で胆石症と診察され、薬による溶解療法をとりました。しかし、半年後の今年1月のエコー検査で胆石の大きさが変わっておらず薬の効果は見られませんでした。また、4日前からみぞおちの鈍痛とげっぷが続き、かかりつけの病院に行ったところ、内科の主治医には触診によって胆石が起因している痛みかもしれないと診断...続きを読む

Aベストアンサー

今の病院や担当医に不安があり、それがぬぐえそうにないなら病院を変わった方がいいでしょう。ただし、次の病院が今よりいい保証は誰もできませんし、転々としているうちに胆石発作を起こさない保証もできないと思いますので、そこは自己責任になるでしょう。
大きい病院であれば、胆石などの比較的簡単な手術は若手医師の研鑽の対象となりえます。質問者さんがよほどのVIPでなければ、若手医師が執刀し、上級医が指導する立場で手術に挑むのが普通ではないかと思います。若手医師といってもそれなりに経験を積んでいるので心配はないですが、開業する医師クラスよりは経験は落ちるでしょう。もちろん、外科医の腕のピーク(年齢による衰え)の問題もありますが。
ご自身の気持ち次第、という結論にならざるを得ませんが、最後は勢いも必要かもしれませんね。

Q保険給付金について

医療保険に詳しい方、又は同じ様な経験をされた方にお聞きします。胆石が原因で急性膵炎になり、内視鏡で胆石を除去しました。この分の手術と入院の給付金は、支払われました。近日中に、胆嚢摘出手術を受けます。入院は、5日間ぐらいの予定です。この場合、給付金は支払われるでしょうか?

Aベストアンサー

>前回の入院が5月末で、退院日が6月10日です。
次回の入院が来月4日~なので、入院給付金は無理になりますね…。

いいえ。計算が違います。
5月30日に入院、6月10日退院ならば、12日間の入院です。
次に8月4日から入院となると、8月4日は、1日目ではなく、
13日目ということになります。
5月30日の入院が継続している……つまり、1回の入院と
見なされるという意味なのです。
これが、1回の入院限度日数を超えなければ、大丈夫です。
最近の医療保険ならば、1回の入院限度日数は60日が主流で、
その前だと、120日が主流です。

>開腹ではなく、ラパコレになります

ラパコレ(腹腔鏡下胆嚢摘出術)を開腹手術と見なすのか、
内視鏡手術と見なすのか、それは保険会社の内規によります。
従って、金額はわかりません。
一般的には、開腹とする場合が多いです。
例外的に、古い保険では、対象外とする場合もあるようです。
(私は、見たことがないですが……)

Q胆石の出来る期間について

知りあいが事故で入院していますが、胆石が出来ていたようです。事故以前は腹痛などを訴える症状がなかったのですが胆石はどのくらいの期間で出来るものなのでしょうか。どなたか教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

一般的には,肝臓の中で「核」となるような小さい粒が生成し,これが胆管を
通って胆のうに入り,真珠のように少しずつ大きくなっていきます。
人によっては砂状(胆砂と言ったりします)であったり,直径1cm以上の
石ころ状(いわゆる胆石)であったりします。
小さいものであれば,ほんの1ヶ月程度だと思いますが,1cm以上の大物と
なると5年ぐらいかかると思います。
発見された場合,ウルソ酸という薬で溶かす方法があります。
1cmぐらいのものなら2年ぐらいで溶解します。
(薬が効かない体質の人もいます)
しかし,この方法だと再発する可能性も高いので,手術で胆のうを切除する
のが一般的です。入院は約2~4週間,後遺症はほとんどありません。
ちなみに,日本人の約20%弱の人が胆のうに結石を持っている,と言われて
います。自覚症状がない人が多いんですね。胆石があるからと言って
すぐに人体に悪さをするということはあまりありません。ただし,
○炎症を起こすと危険
○胆石が胆管につまると胆汁が肝臓にあふれて非常に危険(黄疸が出ます)
○石が胆のうを刺激することにより,胆ガンになる確率が若干アップ
などの影響があるため,お医者さんは胆のう切除を勧めると思います。

一般的には,肝臓の中で「核」となるような小さい粒が生成し,これが胆管を
通って胆のうに入り,真珠のように少しずつ大きくなっていきます。
人によっては砂状(胆砂と言ったりします)であったり,直径1cm以上の
石ころ状(いわゆる胆石)であったりします。
小さいものであれば,ほんの1ヶ月程度だと思いますが,1cm以上の大物と
なると5年ぐらいかかると思います。
発見された場合,ウルソ酸という薬で溶かす方法があります。
1cmぐらいのものなら2年ぐらいで溶解します。
(薬が効かな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング