母が3センチの胆石があるとの診断を受けました。
痛みは全くありません。
お医者さんからは、痛みのないうちに内視鏡手術により摘出したほうがよいと
言われました。

痛みがなくても手術して摘出するのがよいのでしょうか?
胆嚢壁についている人は、手術をしないほうがよいと聞きました。

手術された方、手術を見送られた方、専門的なアドバイスができる方よろしく
お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

胆石はある程度の年齢になれば、できてしまうものだそうで、ほとんどが気が付かなかったり、胆石があるから、即手術というものではないそうです。

なくてもよい
臓器で(基本的には胆汁を濃縮してためておくたけ)手術も簡単なので外科医は手術したがるようです。私も昨年胆嚢を取りましたが、胆石ではなく胆道奇形で開腹手術だったのでnorurunさんのお母様とはちと状況は違うのですが、胆嚢を取った経験をお話しますと。
無症状だったので手術!といわれ悩みましたが、医者曰く、今は無症状でも20、30年後に症状が出るから不安抱えてるよりも、取ったほうがよいとのことで手術しました。
胆嚢を取ったこと:後の後遺症は特になく、油ものを食べ過ぎるとおなかを壊しやすくなるので注意!ぐらいなので、食事制限もしてません。通院もしてません。

手術について;私は開腹手術だったので、回復にかなり時間がかかり大変でしたが、病室がほとんど内視鏡で胆嚢をとる人だったのでそのときの話をしますと。手術自体はお腹に1cm位の穴を3ヶ所穴空けるだけで取れるので、さほど痛くないようです。翌日から食事もできてました。検査で1週間かかってましたが、手術の翌々日にはみな退院(抜糸は通院で)してました。

内視鏡で取った方みなが、ほかの病気で検査して、胆石が見つかって、無症状だけど、簡単に取れるからほかの病気の治療前に切るとのことでした。
ほかにお体の具合が悪いところがなければ、取るのも何かな?と思いますが少しでも健康に不安があるなら、体力があるうちに先の保険と思って手術したほうがよいかと思います。
超音波で砕く方法もありますが、やっている病院も少ないし、胆石の大きさに上限があったと思います。
内視鏡での手術なら、かなり高齢でもできるので特にあせる必要はないと思いますが、納得いくまで医者の話を聞いてご決断されたほうがいいと思います。

長くなりましたが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
手術への不安もあったのですが、術後の後遺症も気になっていたところでした。shino88さんも胆嚢を摘出されたようですが、日常生活には特に問題がないとのこと。このコメント母はかなり喜んでいました。
痛みがないのに、手術をしたら制限があるなんて。。。と言っていたものですから。

主治医の先生ともよく話しをして納得しましたので、先週、腹腔鏡の手術をしました。経過は順調です。
shino88さんはじめ、皆さんのアドバイスを聞くことができ、家族全員が納得して手術にのぞむことができました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/09 22:01

ご心配のことと思います。

胆石と診断されたのであれば、症状が出る前に切除されるのもいいと思います。今後繰り返し発作などみられると癒着しては手術が難しくなることもあります。お大事にされてください。
    • good
    • 3

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

2度目の回答です。


実際に患者さんを診察していませんし、胆石の画像も観ておりませんので、詳細なコメントはできません。
一般論、原則論として今一度回答します。

まず、外科医の原則として「良性疾患は切除しない。」というものがあります。わかりやすくいうと、胆石をもったまま100歳まで元気な患者さんは山ほどおられます。

もし、ある胆石が「近い将来、明らかに患者さんを苦しめる」ことがはっきり判明している場合には、予防的に手術に踏み切ることはあります。実際にはあまりありません。

胆石の手術は、外科手術の基本中の基本であり、そのため教育病院ではベテランの外科医が執刀する機会はほとんどなく、新人に教育的見地から手術をさせることも多く、「患者さんが希望しているので・・・」という理由で入院手術というケースを多くみています。自分の家族であれば、勧めません。

絶対に症状が出ないという保証はなく、炎症を起こしたら入院期間が長くなるし、年を取ってから体力が無くなって手術を受けるより・・・、という理由で積極的に手術に乗り気な人であれば、(自己責任の世の中ですので)あえて引き留めはしません。

ただし、適応のない手術に限って、まさかと思う医療事故や合併症が起きるものですから、私は原則をはずさずにいます。最終的にはそれが患者さんのためだと信じるからです。

ストレートな表現はご容赦下さい。理解していただくことを優先させました。
    • good
    • 37
この回答へのお礼

手術をすべきか否かという選択は最後は個人の問題になってきますね。
両方の長所・短所を比較しながら、主治医の先生ともよく話し合いをもって、
手術にのぞみました。

経過は良好です。検査の時点では3センチの胆石1個のはずが、実は小さな
胆石もありこれで炎症を起こしていたら。。。と思うとぞっとしました。

ただ手術前のカウンセリングでは医療事故の危険性、合併症の話も出てきて、
本当に手術をしてよいのだろうか、もう一度考え直した方がいいのでは?
という気持ちにもなりました。
最後は母の「いつ痛くなるか心配しながら過ごしたくない」ということで手術
に踏み切りました。

kennedy2さんのアドバイスは他のみなさんとは違う意見でしたが、どちらがよ
いかという選択ができたことを心から感謝しています。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/09 22:13

専門医です。


症状のない胆石は手術の適応ありません。
但し、悪性腫瘍(胆嚢癌)の合併が否定できないときは手術を考慮することもありますが・・・。

内視鏡的手術でずいぶん手術侵襲は軽くなりましたが、だからといって不必要な手術は勧められません。

この回答への補足

今までの皆さんのアドバイスとは全く反対でしたので驚きました。

実は、母の友人も3センチくらいの胆石を手術しないままでいます。
数年経った現在でも痛みはないとのこと。。。

手術をしない場合、何か痛みが出ない治療方法はあるのでしょうか?
kennedy2さんは、痛みが出たときに手術をするのがよいという意見ですか?
いつか痛みが出るという不安を抱えたまま過ごすことにはならないでしょうか?

安心して手術をしない選択ができればいいのですが。。。

よろしければ、詳しく教えていただけないでしょうか?

補足日時:2001/08/28 09:21
    • good
    • 13

「内視鏡手術」に関しては、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#4で紹介したサイトを参考にしてください。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=122979
    • good
    • 12
この回答へのお礼

やはり痛みが出るまえに内視鏡手術することが、負担が小さいようですね。
うちの母は、六ヶ所お腹に穴を開けて手術するとのことでした。
お腹を切るというのが怖いみたいです。

手術方法がどういったものか参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/28 09:20

胆石といっても、胆嚢内にある場合、胆管内にある場合、肝内にある場合がありますが、お書きになっている内容から胆嚢胆石と判断します。



まず胆石があっても、ずっと無症状で経過することもあり,すぐに手術をしなければならないわけではありません。無症状の場合は,治療を行わずに経過をみることが多いも多いのですが,この場合は変化がないかどうか経過観察が必要です。

小さな石には、胆石の溶解剤を投与して様子を見ることもありますが、小さなコレステロール結石(超音波検査である程度判断できます)の場合であり、3cmの大きさは適応になりません。

衝撃波による破砕術がおこなわれることもありますが、胆石発作の既往があって、石灰化のないコレステロール結石、大きさが3cm以下で個数が多くない場合などで適応を考えます。

次に手術適応についてですが、
原則的には胆石症による痛みがある場合、胆嚢炎、胆管炎を併発している場合などは手術の適応(炎症が落ちついてから)となります。胆石嵌頓(胆管に胆石がつまってしまう)による黄疸、肝障害などでは、もちろん直ちに手術になります。

無症状の場合の手術適応の考え方ですが、胆嚢の機能異常や多数の石がある場合は、症状が出る可能性が高いので手術をおこなうことがありますし、胆嚢壁の肥厚や変形がある場合など胆嚢癌の可能性が否定できないときも手術をおこないます。
さらに胆嚢炎などをおこしたときのリスクを考えて、高齢者は全身状態の良いときに手術をおこなうことがあります。 さらに急性膵炎の既往がある場合なども手術を考えます。

以上のことから、直ちに手術を考えなければならない状態ではないと思われますが、主治医の先生が手術をすすめられている理由(年齢的な理由でしょうか)をよくお聞きになり、納得できればお考えになってもよいと思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

先日母の友人が同じくらいの胆石をそのままにしているという話を聞いて、
手術しなくてもいいのでは。。。と考えるようになったようです。

たしかに母の友人は数年痛みは出ていないようです。母も別の検査をして
いるときに偶然胆石を発見したものですから、3センチになるまで自覚症状はなかったみたいです。

母はまだ手術しなくていいのではと考えています。
なぜ手術が必要なのか、もう一度主治医の先生と話し合うのがいいと思いまし
た。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/28 09:07

無症状胆石(痛みのない胆石)の場合、胆石を摘出するかしないかは迷うところですが、私の意見で申し訳ないのですが内視鏡手術は行った方が良いのではないかと思います。

理由は、
・いつ痛みがくるかわからないと不安を断ち切るため
・場合によっては胆嚢炎、胆管炎を起こす可能性がある
・胆嚢炎を発症した場合、内視鏡手術を行えない場合がある
・胆石から急性膵炎を引き起こす可能性がある
からです。
私は専門家ではありませんので、上記のような可能性がどれだけの割合で起こるのかはわかりません。しかし他の基礎疾患があったり、ご高齢の場合は胆石があることによって合併して何が起こるかわかりません。であれば今のうちに摘出した方がいいのでは、と考えた次第です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

私も同意見です。
今ならば痛みはないものの、今後痛みが出てきてからでは遅いような気が
します。
大きさも3センチと様子をみる段階ではないような気がします。

ただ手術は順番まちで、「手術しましょう」と言われてすでに1ヶ月を過ぎようとしています。
痛みのないのに切る必要があるのか、だんだん不安になっているようです。
でもichigo 10さんのおっしゃる理由から、早目に手術することがいいよう
ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/28 08:56

主人に、今胆石があり、近い内に手術するつもりです。


主人の場合、お腹が痛くて病院に行ったら、胆石と尿路結石が出来ていて、検査の結果、痛みの原因は尿路結石と分かりました。
胆のうは炎症も起こしておらず、血液検査の数値でも、特に問題はないし、放っておいてもいいんですが、胆石で痛みが出る=胆のうに炎症を起こしているという事が殆どだそうで、炎症が治まるまでは手術は出来ないそうです。
その為、痛みが出てからだと、入院も長くなるし、手術する方向で考えています。

ちなみに、私の友達のご主人は、ちょうど1年くらい前に胆石の手術をしましたが、炎症を起こしていたので、それが治まるまでの一週間ほど、何も食べさせてもらえなかったそう。しかも、胆石の痛みは、相当なモンだそうで、それを味わわせないですむなら、その方がいいと、我が家では判断しました。

ただ、一生痛みのでない可能性だってあるし、結局はそれぞれの考え方次第なんでしょうけどね。家の場合は、いつ痛くなるか・・・って不安を抱えながら、毎日を過ごすのがイヤみたいで、手術をするって事は、即決でした。後は、「いつやるか」です。

同じ様な立場ですので、少しでも参考になればと思い、書き込みしました。お大事に。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

炎症があると手術は延期されるんですね。
痛みのないうちは内視鏡の手術で入院も短期間ですみます。

うちは自営業ということもあり、夫婦で仕事をしています。やはり入院期間が
気になるようです。だとすると痛みのないうちに手術するほうがいいですね。
それに痛みが今後出ないという保証はないですし。
年齢(59歳)的なことも考えますと、やはり今の時期がいいのかなと私も
思います。

同じ手術をされた方や予定されている方のお話がきけてよかったです。
ありがとうございました。
youkomamaさんのご主人は痛みのないうちに手術されるとのこと。
お大事に。

お礼日時:2001/08/28 08:51

専門的なことは分かりませんが・・・


私の父が胆石の手術をしました。父は石ができやすい体質で、何度か石を薬で散らしたり、薬を飲んで尿と一緒に出したりしていました。
本人いわく、石が動いたときの痛みはなった人にしかわからないというほど痛いそうです。また小さい石なら薬でなんとかなるようですが、3センチって結構大きいですよね。
石が動き出してひどい痛みを経験する前に、手術されたほうがよいのでは?
しかし簡単な手術とはいえ、しっかり内容を把握して安心できる先生にお願いしたほうがいいですよね!!
お大事に。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

そうですね。家族は痛みのないうちに手術をしたほうがいいのでは。。。
という意見なんです。本人も最初は手術をするつもりが待ち人数が多いため、
すむ手術しないですむ方法はないか考えるようになったようです。

ivvAさんの「しっかり内容を把握して」とおっしゃるとおり、本人がちゃんと理解してから手術にのぞんでもらいたいです。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/28 08:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名古屋で胆石治療を薬で治す病院を探しています

名古屋市熱田区に胆石を手術ではなく薬で治す病院があると聞きました。詳しい住所・病院名がわからず誰かご存知の方いらっしゃいませんか?また、胆石治療を行ってる病院(名古屋市中心部あたり又は、
名古屋北西部あたりで)を知ってる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

このページがわかりやすいかも知れません。
手術と言っても、昔のように大きく開腹せずに内視鏡を使ってする方法もあります。
どういう対応がいいのかは、紹介先の医師の判断によるかと思います。

胆石症
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/index.html?sc=ST050310&dn=3&t=key


ちょっとだけ病院を検索した結果

http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%82%E3%80%80%E8%85%B9%E8%85%94%E9%8F%A1%E4%B8%8B%E8%83%86%E5%9A%A2%E6%91%98%E5%87%BA%E8%A1%93&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

Q胆嚢腺筋症で全摘出をしたほうがよいのでしょうか?

初めましてお力をお貸しください。
健康診断のエコーでひっかかり、再検査(CTと腹腔鏡カメラ)で胆嚢腺筋症と診断されました。
医師からは今後、結石が癌化する可能性もあるので全摘出手術を勧められていますが、ネットなどで調べると胆嚢を摘出すると10~20年後に大腸がんを発症しやすいともあります。
全摘出した場合の大腸がんと、しなかった場合の胆嚢癌はどちらがリスクが高いのでしょうか?
医師は、治療法は手術以外にはないといいますが、漢方薬なども試してみようかと考えています。
出来れば手術などしたくありませんが、やはり摘出しなくてはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)無症状ならば、まずは、胆のうがんと
鑑別診断(区別)をすること。
(胆のうがんではないことを確かめること)

(2)胆のうがんではないと分ったならば、
無症状ならば、切除する必要なし。

(3)胆のうを切除すると、大腸がんになるとの報告はあるが、
その因果関係は明らかではない。
逆に、無関係という論文もある。
つまり、その程度の関連しかない、ということ。
心配ならば、大腸癌検診をしっかりと受けること。
大腸癌は粘膜内癌の段階で、早期発見できれば、
ほぼ100%治ります。

ご参考に
http://www.jsge.or.jp/cgi-bin/yohgo/index.cgi?type=50on&pk=D35

Q体外衝撃波胆石破砕治療(ESWL)の事で

胆石を超音波で取り除く機械 体外衝撃波胆石破砕治療(ESWL)
で今手術を受けられる病院を探しているのですが、愛知県内でこの機械が置いてある病院ってみなさんどこか知っている方いらっしゃいませんか?
いきなり突拍子もない事を聞いてすいません。
もし知っている方いたら教えて下さい。

Aベストアンサー

このサイトで検索できますよ。

http://www.qq.pref.aichi.jp/mi/ap/qq/sho/pwmedkinsr02_001.asp?ServiceId=pwmedkinsr&BunruiKbn=008&BunruiName=%8A%CC%81E%92_%93%B9%81E%E4X%91%9F%97%CC%88%E6&Bunrui1Cd=008

Q乳がん摘出&肺・内視鏡手術の後の痛み

お世話になります。
曖昧な質問になってしまって恐縮なのですが、今年2月、59才の母に乳がんが見つかりました。

母は遠方に住んでおり、また、私には3才の双子&1才の子がいるため、なかなか会いに行って手助けすることができません。

乳がんの精密検査をしたところ、肺にも影が見つかり、4月中旬に乳がん摘出、5月上旬に脇の下から内視鏡を入れて肺の影を摘出をしました。

乳がんのほうは、乳腺を全摘、脇の下のリンパに転移もなかったそうです。肺の影のほうは5ミリくらいだったようで、切除した肺の細胞を検査したところ、病変はしているけれどガンにはなってなかった、とのことです。

今後はホルモン治療を行なうそうなのですが、内視鏡手術から1ヶ月が経った今でも、脇の下が痛くて痛くて、腕から指先までも痺れるように痛く、起き上がることも億劫で1日中ずっと寝転がっているとのことです。痺れる手で包丁を握るのも大変で、チカラを込めると脇の下も耐えがたく痛いとのことです。

医師からは個人差はあるものの半年は痛い。痛いけど、半年ずっと薬に頼るわけにもいかないから、あまり鎮痛剤を飲まずに頑張るように、と言われて、毎日とっても苦しんでいるようです。

ずっとスポーツをやっていて、色々な怪我をしたり、ヒザの手術をしたこともある母なので、特別に痛みに弱い、ということはないと思っています。

長くなりましたが、
痛みの原因として考えられるのは内視鏡手術でしょうか。それとも、リンパにガン転移がないか調べた件でしょうか・・・両方でしょうか。

内視鏡手術はあまり痛くない、みたいな印象があったのですが、それは誤りで、一般的に考えて動けないほど痛いもの、なのでしょうか。

心配のあまり、手術の過程で何か問題があったのではないか、と疑ってしまいます・・・・

痺れも痛みも当然で仕方ないとしても、薬以外の方法で、それを軽減するコツや、気を紛らわせるアイデアなどありましたら、ご教示いただきたいところです。そもそも鎮痛剤を飲まないで頑張る必要があるのかも疑問ですが・・・

乳房の再建手術を励みに頑張る、と最初のころは気丈にふるまっていましたが、今では、また手術したら、また痛いから・・・と弱気になってしまっています。

ろくに歩けないので趣味の園芸はできないし、編み物もできないし、家事や掃除も父(定年前)に頼りきりで、日々ほんとうに鬱々としてしまっているようです。

よろしくお願いします。

お世話になります。
曖昧な質問になってしまって恐縮なのですが、今年2月、59才の母に乳がんが見つかりました。

母は遠方に住んでおり、また、私には3才の双子&1才の子がいるため、なかなか会いに行って手助けすることができません。

乳がんの精密検査をしたところ、肺にも影が見つかり、4月中旬に乳がん摘出、5月上旬に脇の下から内視鏡を入れて肺の影を摘出をしました。

乳がんのほうは、乳腺を全摘、脇の下のリンパに転移もなかったそうです。肺の影のほうは5ミリくらいだったようで、切除した肺の...続きを読む

Aベストアンサー

>4月中旬に乳がん摘出

通常、遅くとも術後1週間程度以内からリハビリをスタートさせますが、人によって2週間程度後になることもあります。
このリハビリは大変重要で、患者さんのその後の筋肉の動き方に大きく違いが出ます。
ドレンを入れたままの状態から始めますから、最初のうちは痛みを伴いますが、ここは患者さんの頑張りどころです。
最初のうちは歯を磨く程度でも苦痛といった程度(角度40度程度)までしか肩や手は上がらないでしょうが、リハ次第で退院前に130度以上を目標に訓練を行うのが通常です。

このご質問を読んで、まずリハをどの程度までされているかがわかりません。
リハをほとんどせずに退院させてしまう施設もあると聞きますし、リハを嫌がり手を抜く患者さんもいます。
リハをしない方は、やはりどうしても肩や腕の運動能力の戻りは遅いです。

>脇の下のリンパに転移もなかったそう

おそらく生検(センチネルリンパ生検といいます)で、リンパ節をいくつか摘出したものと思います。
リンパを郭清したわけではないのでそれほど痛みは続きませんが、末梢神経のしびれや、その場所に紙を一枚挟んだような麻痺に近い感覚が残ることがあります。

末梢神経は、毛細血管のように全身に張り巡らされているものですから、一切傷つけずに手術することはできません。
おそらく術前にご本人には、しびれ、感覚の麻痺、術後疼痛などの説明はあったものと思います。(思いますというか、説明をして、それに同意したサインを頂かなければ手術ができないことになっています。)

>脇の下が痛くて痛くて、

時間とともに、手術の傷(手術創といいます)が萎縮していきます。
縫合不全や縫合後の感染症でない限りは、特に治療はせずに癒着して萎縮するのと逆行させるようにリハでその部分の皮膚や筋肉を伸ばしてゆきます。
この時にリハをしないと、癒着と萎縮が進みますから、痛みが強く出ますし、痛みが長く残ります。

>腕から指先までも痺れるように痛く、

損傷した神経は、回復してくると過敏になりやすいので、痺れるような痛みを伴うことがあります。

>起き上がることも億劫で1日中ずっと寝転がっているとのことです。

筋や皮膚を休ませているので、萎縮や老化が早く進み、痛みが強くなります。

例えるならば、傷の裏側に、極細いゴムの神経が傷の周囲から中心に向かって再生しようとしていることを想像してみるとわかりやすいです。
傷の表面やゴムの周囲の筋は傷の中心に向かって萎縮しますが、神経のゴムだけが中心に引っ張られてひきつっている状態です。
ですから、この萎縮を伸ばすと痛みが軽くなるのです。

お母様の担当医、またはリハの医師がおりますので、痛みをしっかりと伝えると良いでしょう。
通常は退院後のゆっくりとした家事がリハ代わりとなると考えられていますから、退院後のマッサージなど指導どおりにされていればそれほどまでに傷むとは思いにくいと思われてしまっているかもしれません。
身体を休めて動いていないこと、どの程度の痛みかをしっかりと担当医またはリハ医に伝えると良いと思います。

お大事になさってください。

>4月中旬に乳がん摘出

通常、遅くとも術後1週間程度以内からリハビリをスタートさせますが、人によって2週間程度後になることもあります。
このリハビリは大変重要で、患者さんのその後の筋肉の動き方に大きく違いが出ます。
ドレンを入れたままの状態から始めますから、最初のうちは痛みを伴いますが、ここは患者さんの頑張りどころです。
最初のうちは歯を磨く程度でも苦痛といった程度(角度40度程度)までしか肩や手は上がらないでしょうが、リハ次第で退院前に130度以上を目標に訓練を行うのが通常...続きを読む

Qできるだけ短期間でできる胆石の治療(東海地方)

自営業をしている弟が、たまたま別の病気で病院にかかったところ1cmほどの胆石がみつかりました。現在はとくに症状もないのでしばらく胆石を溶かす薬を飲んでみましょうとなったそうです。ただ、現在の病院ではいろいろ質問してもはっきりした回答がされず、薬もようやく出してくれたという感じらしいです。ネットや図書館の本などで調べてみると、胆のう炎や癒着がおこった場合は手術と長期入院が必要となっていました。弟は自営で代わりができる従業員などもおらず、数日ならともかくそれ以上の休業は困難です(私もまったく職種が違うので支援は難しいです)。一部で腹腔鏡手術で数日の入院での治療が可能、というのもみましたが近隣(東海地域)でおこなっている病院がネット検索ではみつかりませんでした。
この治療を含めて、できるだけ短期間で可能な治療方法はどういったものがあるのでしょうか。
またその治療が受けられる病院が東海地域であればどこにあるかおしえていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

胆石経験者です.
治療法には主として3種類あり,溶解剤を飲んで溶かす,胆のうを切除,超音波で破壊です.それぞれ長短所がありますが,切除が一般的のようです.

溶解剤の場合,1cmの石を溶かすには2年以上かかると思います(個人差アリ).ウルソという副作用の少ない薬を飲むのですが,ぼくの場合には,体調が少し悪くなりました.溶解するのに3年かかりました.

切除の場合,普通は腹腔鏡です.炎症が起きていなければ,入院してすぐ手術,退院は術後1週間程度です.胆のうを丸ごと摘出します.退院後は,脂っこいものを食べた時に違和感を覚える人もいるようですが,ほとんど普通に生活できます.

なお,腹腔鏡を試みて炎症(癒着)などが発見された場合,急遽,開腹手術に切り替えることもあります.傷口がやや大きくなり,退院が2日ほど伸びるかも知れません.

超音波は,半日ぐらいの処置で終わってしまうようです.この方法は,多分保険が全く利かないと思うので,聞いたところによると,100万円ぐらいかかるらしいです.でも,質問者さんの場合には,この方法も検討してみたらどうでしょうか.お医者さんに相談してみて下さい.石の種類や大きさによって,超音波破壊が可能な場合とそうでない場合があります.

溶解剤と超音波の場合,胆のうは残っているので,再発する可能性もあります.個人的には,胆のう切除をオススメします.過去にも質問がいろいろ出ていますので,調べてみて下さい.

胆石経験者です.
治療法には主として3種類あり,溶解剤を飲んで溶かす,胆のうを切除,超音波で破壊です.それぞれ長短所がありますが,切除が一般的のようです.

溶解剤の場合,1cmの石を溶かすには2年以上かかると思います(個人差アリ).ウルソという副作用の少ない薬を飲むのですが,ぼくの場合には,体調が少し悪くなりました.溶解するのに3年かかりました.

切除の場合,普通は腹腔鏡です.炎症が起きていなければ,入院してすぐ手術,退院は術後1週間程度です.胆のうを丸ごと摘出します.退院...続きを読む

Q胆嚢摘出手術で全身麻酔不安です

数ヶ月後に内視鏡を使用して胆嚢摘出手術を受けます。
 
二年前に人間ドックで小さな胆石が見つかりました。
少発作が一度あっただけですが、食べ物に神経質になり、痩せてしまったため、周囲のすすめもあり思い切って手術することにしました。

手術前検査として、胃カメラ、大腸内視鏡検査、MRI、心電図、肺活量、血液検査等しました。

そして先日、麻酔科の先生の診察がありました。
以前流産し、その手術で全身麻酔が当日なかなかさめず朦朧としてことと、激しい頭痛があり、全身麻酔は不安なことを訴えました。

しかし、「その時どんな薬を使ったのかわからないので、何とも言えない、今はいい麻酔薬使うから大丈夫だから」と簡単に言われ、カルテへの書き込みをしませんでした。(心電図、肺活量などの検査が異常がなかったからでしょうか)
 
その後、別の検査の予定があったので、自分も急いでおりそのまま診察室を出たのですが、次第に全身麻酔への不安がつのってきました。

来月には外科の先生(外科の先生が実際には手術してくれるんですよね?)の診察があります。その時その話をすれば、いいのでしょうか。麻酔科の先生は事務的な感じの信頼できない先生だったので、もう話はしたくありません。

どなたか、手術経験者の方教えて下さい。

数ヶ月後に内視鏡を使用して胆嚢摘出手術を受けます。
 
二年前に人間ドックで小さな胆石が見つかりました。
少発作が一度あっただけですが、食べ物に神経質になり、痩せてしまったため、周囲のすすめもあり思い切って手術することにしました。

手術前検査として、胃カメラ、大腸内視鏡検査、MRI、心電図、肺活量、血液検査等しました。

そして先日、麻酔科の先生の診察がありました。
以前流産し、その手術で全身麻酔が当日なかなかさめず朦朧としてことと、激しい頭痛があり、全身麻酔は不安なことを...続きを読む

Aベストアンサー

今年4月、全身麻酔で開腹手術をしました。
麻酔については、10数年前、夫が手術したのとは比較にならないほど進歩したと思いました。
10日間の入院でしたが、まず痛みを我慢したことはまったくありませんでした。
全身麻酔の方法は病院によって違うと思いますが、意識がなくなってから麻酔をかけられましたので喉の苦痛もありませんでした。
麻酔から覚めたら、すぐ家族と話しもできましたし。
夫とは術後すぐには会話ができなかったと思います。
夫は一週間くらい、記憶が定かではなかったと言っていましたが、そんなことはありませんでしたよ。
強いて言えば、硬膜外麻酔麻酔が入っている2日間はぼんやりしていたかなと思います。
緊急の手術と予定された手術ではまた違うと思います。
案ずるより、、ですよ。お大事に。

Q胆石症の治療について

80歳の父が腸閉塞で先月の終わりに入院したのですが、胆石症になっているとの事で、手術を勧められています。開腹手術との事なので、とても心配です。
父は認知症で要介護2です。先週から胃潰瘍にもなっていて、もう3週間絶飲食で、体力的にもとても心配です。
手術をしなくても治療をする方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

>>胆のう炎はかなりひどかったようで

胆石症だけじゃなくて、胆嚢炎もあるんですか?
胆石だけならともかく、胆嚢炎があるなら話は全然別です。
胆石によって起こる胆嚢炎は、手術適応です。

抗菌剤と胆汁酸製剤で治療出来ないかと言われれば不可能とまでは言えないかもしれませんが、
胆汁がなかなか流れないので相当長引くと思いますし、その間に胆管炎にまでなる危険性の方がずっと高いでしょう。

>>肝臓の機能は正常なので、よく分からないとのことでした。

胆嚢胆石、胆嚢炎では肝機能障害は通常ありません。
肝機能正常なのが不思議、ということは、総胆管に結石があるのでしょうか?
それなら開腹になるのも止むを得ないかもしれませんね。

Q胆嚢摘出手術の時期について

昨年の11月に総胆管結石でEST内視鏡的乳頭切開術を受けました。
今はそんなに痛みはありません。
泥状の石がおそらく残っているだろうから、将来のことも考えて
胆嚢も取ったほうが良いと言われています。
小腸から大腸菌が入りやすいとも言われました。
胆嚢を取らないとまた激痛が突然起きることもあるのでしょうか。
なるべく手術はしたくないです。放って置くとどうなりますか。

Aベストアンサー

胆嚢炎を合併することで、
発熱・黄疸・悪心・嘔吐・食欲不振等の
消化器系不定愁訴がみられると言われています。
判断し得る情報が十分そろっていないので、
参考意見が申し上げられませんが、
maribanaさんのお気持ち(できれば手術を受けずに経過をみたい)
を主治医へご相談なさってみてはいかがでしょうか。
医師が勧めるだけのメリットがあるのかもしれません。
ただ、maribanaさんのお気持ちを伝えたことで、
また違う治療方針が見つかるかもしれませんし。
(例えば食事の制限:脂肪制限や刺激物・過労などの身体的・精神的なコントロール等が必要です)

お一人で悩まれずに、是非受診し御相談なさってお気持ち楽になさって下さい。

Q医者を探しています。高齢者の胆石治療

私の祖父は85歳の高齢です。
昨年10月頃に腹痛を訴え、病院で検査したところ
胆石が詰まっていることが分かりました。
胆管に1cm以上のものがパンパンに詰まっており
胆嚢、肝臓にも数個あるようでした。
胆汁が塞き止めされて流れていかない状態です。

また、祖父は戦時中に肺結核を患っており
そのときの治療で右肺の1/3しか機能していない状態です。
担当医は、開腹手術はもちろん全身麻酔も不可能
内視鏡を通して口から胆石を砕くことも肺の状態をみて
肺炎のリスク回避には30分ほどが限度。
しかし、砕くこと自体がもう不可能

と言われました。
なので、10月は管を通して胆汁を流すように
その処置だけを行いました。
そしてつい先日、2/17に腹痛を訴えまた病院に行ったのですが
その管が取れてしまい、再び管を通す処置をするそうです。

詳しく話しを聞くと
現状では手の施しようがなく、胆石は増えるばかりなので
管を通した処置を繰り返し、亡くなるのを待つのみしかない
ということでした。

私は最後まで諦めたくはないので
お医者様を探しています。
世界中どこでも構いません
詳しく知っている方がいましたら教えてください。

私の祖父は85歳の高齢です。
昨年10月頃に腹痛を訴え、病院で検査したところ
胆石が詰まっていることが分かりました。
胆管に1cm以上のものがパンパンに詰まっており
胆嚢、肝臓にも数個あるようでした。
胆汁が塞き止めされて流れていかない状態です。

また、祖父は戦時中に肺結核を患っており
そのときの治療で右肺の1/3しか機能していない状態です。
担当医は、開腹手術はもちろん全身麻酔も不可能
内視鏡を通して口から胆石を砕くことも肺の状態をみて
肺炎のリスク回避には30分ほどが限度。
し...続きを読む

Aベストアンサー

大変ですね。お察しいたします。

体に負担の少ない胆石治療というと、
体外衝撃波結石破砕術(ESWL)くらいしか思い浮かびません。
ただ、この方法は、たしか適用可能な条件が限られているはずです。
胆石の場所と大きさ、個数とか、種類とか。
条件にあわない胆石だとかえって悪化すると聞いたことがあります。

胆石、ESWLで検索すると、かなりの数の病院がヒットしてきます。
私の知っているところでは、大阪市大医学部付属病院に、
結石の破砕を専門とする治療室があるようです。
治療時の痛みが少ないので麻酔をしないと書かれています。
何かのお役に立てればよいのですが・・・

Q胆嚢摘出後の痛みや瞼の腫れについて

ずっと胆石で苦しんでいた義母が昨年末に胆嚢摘出手術を受けました。
半年経った後も、背中の痛みが取れず、瞼が重いような症状があります。

病院に行き、検査を受けましたが特に悪いところが見あたらず、「術後だから」と言われるばかりです。
瞼の腫れから、腎臓病を疑いましたが、検査結果では特に該当しなかったようです。

他に何か考えられる原因がありますでしょうか?

義母は病院で、「総合病院だと待ったりすることも多いので、次からは地元の町医者に行った方が…」と言われたようで、「見放された…」と落ち込んでいます。

本当に術後の痛みだけなら良いのですが、何か悪いところがあるのではと心配です。

どんな事でも良いので、アドバイスお願いします。
また、同じく胆嚢摘出手術をされた方がいらっしゃいましたら、術後の状況を教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も先日同じ手術をしましたが、やや完治に期間を要しましたが今は順調に回復しています。
背中が痛むとのことですが、胃や膵臓は調べましたでしょうか?
特に膵臓は見えにくいので病気の発見が難しいとのことです。
先ず血液検査としPET-CT検査を専門医で受けることをお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報