立木の重さとはどれぐらいでしょうか?

もちろん樹種、樹形、樹齢によって変わってくると思いますが。
概算的でいいのですが、お教え願いませんでしょうか。
本当かどうか分かりませんが、例えば「樹高と比例する」
といったような情報も待ってます。

また胸高直径、比重、その他のものから立木の重さを求める方法
といった論文、報告をご存知でしたらご一報ください。

A 回答 (1件)

 生材の樹種別の比重については


http://www.pref.shimane.jp/section/rinkan/card/c …
 が詳しいですし、
 根・葉を含む重量でしたら
http://www.netlaputa.ne.jp/~green/ROOF/kawasaki. …
 に、出ていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ありがとうございます。参考になりました。
引き続きこの元となる資料をさがしたいと思います。

お礼日時:2001/08/29 00:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二酸化炭素の吸収量や木材の量を立木に換算するとどれくらいか

立木○本は二酸化炭素○トンの吸収源になる、とか、材木○トンは立木○本に相当する、などといった換算をご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろんな換算式があるようですが,
林野庁の子供向けのHPあたりがわかりやすいのではないでしょうか。

そのほかにも,Googleで
「森林 二酸化炭素 吸収量」と検索してみるといろいろ出てきますよ

参考URL:http://www.rinya.maff.go.jp/kids/study/function/kyuusyu.html,http://www.google.com/search?q=%E6%A3%AE%E6%9E%97+%E4%BA%8C

Qビルの概算電気容量

オフィスビルのコンセント電気容量は一般的に30~40VA/m2程度で設定していますが、その需要率(%)はどれぐらいで設定すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2のGUWANAです。
100~150VA/m2はコンセントのみです。
No.3の方も仰っていますが、ユーザーによって左右されるからです。
これはあくまでも私の場合です。
基本設計は上記でみて
実施設計で細かく検討して下げて行けば良いという考えです。
大は小を兼ねるからです。
そこで絡んでくるのが予算ですね
過剰設計しても問題ですからね
今までの経験でいくと、完成引渡し後
何度も幹線を追加した経験があります。
幹線まで対応しておけば後はテナント側で何とかやりますからね。
要するにテナント盤一次側に問題ならないような計画をしたいということです。
予算と完成引渡し後の変更追加がでないように入居ユーザーとの打合せが重要になってくると思います。

理想(予想)と現実はなかなか一致しないという事です。

Q変圧器の巻き数の比例について。

変圧器の巻き数の比例について。1次コイルに100ボルトで100回巻きで、2次コイルに20回巻きだと、20ボルトに変圧できるという理屈はわかります。

では、1次コイルを1回巻きにして、2次コイルを1万回巻きにすると、2次コイルからは、100万ボルトの電圧が取れるのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

>では、1次コイルを1回巻きにして、2次コイルを1万回巻きにすると、2次コイルからは、100万ボルトの電圧が取れるのでしょうか・・・?

実際にその他妥当と思われる要求スペック(容量/サイズ/効率など)を満たす変圧器を設計するのはかなり難しいと思いますが、質問文の範囲内においては、理論的には可能だと思います。

Q校正に使用する分銅の重さについて

・校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?
60kgや100kgの台秤などを校正する際に、20kg分銅を使用して校正しております。
しかし、20kg分銅を使用することは校正者の負担が大きく、なんとかならないものかと考えております。
たとえば、20kgを10kgや5kgの分銅を使用して台秤などの校正をしても問題ないでしょうか?
もちろん、四隅検査や直線性の確認をしっかり行います。

・上記質問などを考えるときに良い資料などあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?

結論から言えば、「全く平気では無い」です。

「校正」の方法は、法令に基づき、JIS規格などで決められています。
万人が公正さを担保された同一の方法で行うのから「校正」であって、その方法に則って行わなければ、「校正」とは言いません。

しかしご質問は、その「校正」に関して「勝手にJIS規格を変えて良いですか?」に等しく、良いワケがありません。
即ち、質問者さんの「校正方法を変えてもいいか?」と言う発想は、「自主検査・点検」のレベルで、「校正」や「検定」などと言える様なモノでは有りませんよ。

一方、検査・点検レベルであれば、目的(≒要求される精度)に対し、合理的な方法であれば良いです。
「60kgや100kgの台秤」で「20kg分銅を使用」でも、計測能力の100%を計測していないので、現状も「校正」は行われていないと考えられます。

ただ、「校正者の負担が大きい」は、少なくとも精度を担保する上での合理性では無く、どちらかと言うと、肝心の精度は犠牲にする方向性かと思います。
また、検査・点検レベルでも、その方法を変えると言うことは、従来からの安定性を損なう点には、配慮が必要です。

添付のURLなどは、校正を考える上で参考になると思います。
正しい校正の方法については、詳しくはJISハンドブックなどをご覧下さい。
めんどくさければ、その台秤などのメーカーに問い合わせても良いかと思います。

参考URL:http://www.j-sl.com/chn/write_07/07_main03.html

> 校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?

結論から言えば、「全く平気では無い」です。

「校正」の方法は、法令に基づき、JIS規格などで決められています。
万人が公正さを担保された同一の方法で行うのから「校正」であって、その方法に則って行わなければ、「校正」とは言いません。

しかしご質問は、その「校正」に関して「勝手にJIS規格を変えて良いですか?」に等しく、良いワケがありません。
即ち、質問者さんの「校正方法を変えてもいいか?」と言う発想は、「自主検査・...続きを読む

Q自動車排気ガスの比重 (空気より軽い重い?)

自動車、トラック等の排気ガスは空気(窒素+酸素)より重いでしょうか、軽いでしょうか。車の排気ガスは人間のひざの高さ辺りから出ますが、そのガスは排出後そのまま低い位置をさまよう割合が高いのか、高い位置に上がっていく割合が高いのかを知りたいのです。

Aベストアンサー

自動車排気ガス中の最大の成分は窒素ですから、これは普通の空気と同じ(温度が高い分、軽くなりますが、すぐに普通の空気と混じりあいます)。
燃焼生成物は水と二酸化炭素が主で、水(気体)は軽く、二酸化炭素は重い。
有害性の高い一酸化炭素はほぼ窒素と同じ比重です。

しかし、走行中の車から出れば、気流の乱れが強く、すぐにあたりの空気と混じりあって一緒に動くと考えて良く、比重の違いは問題にならないと思います。
駐車中の車でも、そのときの風まかせでしょう。

要するに普通のタバコの煙の動きと同じようなもので、重さの影響よりも周辺の気流による影響が大きいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報