一対一で話してるのに、第三者を褒められて、気分を悪くすることがあります。
逆に、僕の方も、第三者を褒めてしまうことがあります。どうしてこういうことを言うのか、自分でもわからないのです。
一対一で話してるのに、第三者を褒めるときって、いったいどういう心理が働いているのでしょうか??。
特に専門家の人にお聞きしたいのですが、一般の方でも、経験談など、楽しい回答をよろしくおねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>一対一で話してるのに、第三者を褒められて、


>気分を悪くすることがあります。

気分を悪くするのは自然ですよね…。
相手の中での自分のポジションが、
その「褒められた第三者」よりも下に感じますから。

>逆に、僕の方も、第三者を褒めてしまうことがあります。

話の流れによって色々違ってくると思いますが、
例えば、相手より自分が優位に立てない時、
相手よりも優位な他人の影響力を借りてしまう…。
一言で言うならば「虎の威を借る狐」状態、
などという事は、あるかもしれませんね。
子供が喧嘩していて、負けそうになり、
「僕のパパはコワいんだ!」なんて、
全くどうでもいい事を言い出す感じです。

無意識に褒めてしまう時もありますよね。
その「第三者の素晴しさ」に感服している時など…。
つい、自分の価値観だけに囚われ、相手の立場を忘れてしまい、
「自分が良いと思っている」=「相手も良いと思っている」
では無いって事、忘れてしまうんですよね…。

こういった事、本当に気を付けなくてはと思いました。
素人のアドバイスという形で、回答寄せさせて頂きましたが、
何と言うか…こちらが勉強させて頂いた心持ちです(汗)

追伸 お礼は気長に待ちますね。無理しないように気を付けて…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>気分を悪くするのは自然ですよね…。
味方してもらって、ありがとうございます!!(^o^)/。

>相手の中での自分のポジションが、その「褒められた第三者」よりも下に感じますから。
そうなんですよ!!。「だったら、おれとなんか話しなくていから、、あなたが認めた人と話してくれ!!」って、思っちゃうんです!!。

>例えば、相手より自分が優位に立てない時、相手よりも優位な他人の影響力を借りてしまう…。
これは当てはまりますね!!。いろんな状況がありますが、こういう人と対応するのは、ほんと面倒だし、疲れちゃいます・・。

>無意識に褒めてしまう時もありますよね。
そうなんですよ・。これは僕も注意しないといけないです!。

>その「第三者の素晴しさ」に感服している時など…。
つい、自分の価値観だけに囚われ、相手の立場を忘れてしまい、
「自分が良いと思っている」=「相手も良いと思っている」
では無いって事、忘れてしまうんですよね…。
まったくそのとおりで、もうコメントないです!!笑(^^ゞ。
あえて自分には、「蓼食う虫も好き好き」ということを忘れないで、肝に銘じておかなければいけないなあって、つくづく思いました。

>追伸 お礼は気長に待ちますね。無理しないように気を付けて…。
コメント読んでいただいたんですね!!(^o^)。それに、待っててくれてあり
がとうございます!!。

JJR2001さん、こちらこそ大変勉強になりました!!。いろいろ教えて頂きまして、本当にありがとうございました!!。

追伸
他にも質問したいことがあって、今日あたり、心理学のカテゴリーに投稿する予定です。もし都合が良ろしければ、また今後ともどうぞよろしくお願い致します!。

お礼日時:2001/08/30 19:57

こんばんは。

専門家ではなくて申し訳ないですが・・・

普遍的に一対一の会話でも、話の流れから、そして自分の意見を充分に説明するために第三者を誉めるということは充分あり得るーと思います。

それ以外で、やたら不自然に誉める場合は・・・
(私の近所のオバさんがそうです)
ー自分で自分を誉めるのは一応はしたないと思ってはいるが、自分の知り合いであるところの第三者を誉めて、「私はこんな凄い人と知り合いなのよ~」と言いたいー
(第三者をブランド化していると言う感じでしょうか)

ーあるいは、今目の前で話している相手をへこませたい時(特に誉める相手と得意分野がかぶっている場合)ライバルである第三者を持ち上げて、意図的にしかし何気なく相手の気分を害して溜飲を下げるー

こんなところでしょうか?
私、このオバサンとの会話のあと、いつもなんとはなしに不愉快になるので、分析してみたらこんな風に解釈できました!
(なーるほど、不愉快なはずだ!と自分で納得・・・笑)

この回答への補足

補足ではなく、追伸です・。
他にも質問したいことがあって、今日あたり、心理学のカテゴリーに投稿する予定です。もし都合が良ろしければ、また今後ともどうぞよろしくお願い致します!。

補足日時:2001/08/30 19:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gomuahiruさん、こんばんは!!。

>専門家ではなくて申し訳ないですが・・・
そんなことないですよ!!。一般の人でももちろん教えてもらいたかったんですが、この質問の場合、いろんな回答が来そうな予感がしちゃったんです。でも、大丈夫でした!!。ほんと良かった!!(^o^)/。
あと、gomuahiruさんからすぐに解答が来たのはわかってたんですが、今、ようやくお礼が書けるようになりました。待ってて頂きまして、本当にありがとうございます!!。

>普遍的に一対一の会話でも、話の流れから、そして自分の意見を充分に説明するために第三者を誉めるということは充分あり得るーと思います。
なんでもかんでも第三者のことを褒めないようにしようと思ったんですが、話の内容によっては、ありえることなんですね!!。いろんな意味で安心しました!!。

>第三者を誉めて、「私はこんな凄い人と知り合いなのよ~」と言いたいー
こ・れ・は・ありますね!!。この言葉ぴったりです!!笑(^o^)

>あるいは、今目の前で話している相手をへこませたい時
どっちかっていうと、僕は前者の方になりますね~(^^ゞ。
それと、今まではあんまり気が付かなかったですが、知らない間にこのような攻撃!に会ってたかもしれません!!。
そういえば!、このケースの場合、学校や会社なんかに当てはまるような気がします!!。
出来の悪い生徒や部下に向って、自分の心の貧しさをカムフラージュするために、「お前のために言ってるんだ!!」って、わけのわからないことを言う人!!。
これぴったり当てはまるんじゃないかなあ!!


>特に誉める相手と得意分野がかぶっている場合
そうなんです、この時なんですよ!。
この時は、本当に気を付けなければならないですね・・・。

>私、このオバサンとの会話のあと、いつもなんとはなしに不愉快になるので、分析してみたらこんな風に解釈できました!
こういうおばさん、ほんとやっかいですよね~。何か、趣味の学校にでも行けばいいんですけど!。そしたら、先生がんばれ!!笑

gomuahiruさん、楽しく、丁寧にいろんなこと教えて頂きまして、本当にありがとうございました!!。

お礼日時:2001/08/30 00:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q群衆心理学の第一人者を教えてください。(英語圏の人で)

投資の勉強の一環として、群衆心理学の本を読んでみようと思います。 日本語で本を読むのが苦手なので、英語圏の方での第一人者を教えてください。 その方の著作を読んでみようと思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず「群衆心理学」で検索してみるとwikipediaが出てきますね。
左側のメニューからEnglishを選ぶと英語バージョンも出てきますね。
日本語では「群集心理」のことを「集団心理」とも言うようですね。
英語では、Group dynamics 或いはGroup psychologyというようですね。

上記英語のwikipediaの真ん中あたりに、
'Key theorists'とその主著が沢山挙がっており、
その中に群衆心理学の創始者であるGustave Le BonやWilliam_McDougall或いは有名なSigmund Freud(フロイト)の名前が見えますね。
その他、心理学だけでなく、社会学にも範囲を広げれば、
David RiesmanのThe Lonely Crowd(孤独の群集)という名著もありますね。

最近の学者を探したかったら、更にYahoo Americaなどでネット検索をすればいいと思いますし、下のような学会もありますよ。
http://www.spsp.org/

最後に、読まれる目的が、投資の勉強のためとのことですが、個人個人の投資行動がどんなものかを勉強するのでしたら、群集心理ではなく、もっとひとりひとりの行動選択原理を勉強した方がよいとは思いますが・・・。

まず「群衆心理学」で検索してみるとwikipediaが出てきますね。
左側のメニューからEnglishを選ぶと英語バージョンも出てきますね。
日本語では「群集心理」のことを「集団心理」とも言うようですね。
英語では、Group dynamics 或いはGroup psychologyというようですね。

上記英語のwikipediaの真ん中あたりに、
'Key theorists'とその主著が沢山挙がっており、
その中に群衆心理学の創始者であるGustave Le BonやWilliam_McDougall或いは有名なSigmund Freud(フロイト)の名前が見えますね。
その他、心理学...続きを読む

Qイソップ物語 第14話 - 狼と鶴の話

イソップ物語 第14話 - 狼と鶴の話

狼が餌を食べていて、骨を喉に刺してしまいました。
痛くて物を食べることができず、このままでは死んでしまいそうです。
そこで近くにいた鶴に話しかけました。
「鶴さん、鶴さん、わたしは骨を喉に刺して死にそうです。あなたは長いくちばしをお持ちだが、そのくちばしで骨を抜いてもらえないでしょうか。お礼は沢山いたします」
お礼は沢山するという言葉に釣られて、鶴は狼の口に頭を入れて骨をとってあげました。
これで楽になり「死ななくてすむ」と狼は大喜びをした。
メデタシ、メデタシです。
それを見て鶴が狼に催促した。
「早くお礼をください」
それを聞いた狼は言いました。
「君はなんてバカなんだ。お礼はとっくに上げましたよ。
だいたい狼の口の中に頭突っ込んで生きて帰れるものがいると思うかね。そのことをよく考えなさい」
鶴はとんだくたびれ損だったと知り立ち去ってしまいました。

つまり悪党は初めから相手にせんほうが良いということです。
世にはばかる悪徳商法や宗教ビジネスなどはここに出てくる狼と同じではないでしょうか。
初めから相手にせんほうが良いのでは。
 
 

イソップ物語 第14話 - 狼と鶴の話

狼が餌を食べていて、骨を喉に刺してしまいました。
痛くて物を食べることができず、このままでは死んでしまいそうです。
そこで近くにいた鶴に話しかけました。
「鶴さん、鶴さん、わたしは骨を喉に刺して死にそうです。あなたは長いくちばしをお持ちだが、そのくちばしで骨を抜いてもらえないでしょうか。お礼は沢山いたします」
お礼は沢山するという言葉に釣られて、鶴は狼の口に頭を入れて骨をとってあげました。
これで楽になり「死ななくてすむ」と狼は大喜びをし...続きを読む

Aベストアンサー

>>つまり悪党は初めから相手にせんほうが良いということです。
 どうやって悪党を見抜くのでしょうか?
 そんな方法があれば、教えてほしいです・・・。

>>世にはばかる悪徳商法や宗教ビジネスなどはここに出てくる狼と同じではないでしょうか。
 困っている人を見たら、「助けてあげようかな?」と思うことは自然なことだと思います。

>>初めから相手にせんほうが良いのでは。
 相手にせざるを得ない状況を作り出されたらどうします?
 某団体のようなしつこい勧誘を受けた場合どうしましょう?

 イソップ童話は、よい教訓を与えてくれる話もありますが、論理展開が強引な話もあります。また、イソップ童話は、「奴隷の道徳」的な側面があると考える研究者もいますから、安直に現代人にたいして当てはめることはできないと思います。

Q第三次反抗期について教えて下さい

前働いていた会社で、
「第三次反抗期ではないですか?」と
言われました。それって何ですかね。
出来れば学術的見地と一般的見解から御願いします。

Aベストアンサー

多分第三次反抗期という単語は、正式には存在しないと思います。心理学の辞書で調べてみても、第一次と二次しかありません。
「精神発達の段階中で親や目上の人のいうことをきかなくなる時期。3~4歳の幼児の場合が第一反抗期、13~14歳頃の青年期前期の場合が第二反抗期、ともに自我の発達と関係があるものと考えられている」
参考文章<岩波心理学小辞典 宮城音弥編
だそうです。
一般的見地から、例えば上司への言行等が反抗的に見えたのを、比喩的に使ったのではないでしょうか。あまりお役にたてなくてすみません。

Q第三者の意義、心理について。

第三者の意義、心理について。
最近、人間関係でふと気になりったことがあり質問させていただきました。
個人的なことですが、先日 友人とちょっとした口論をしていたとき、また別の友人が一人現れ 
一方のことを否定し続けました。このとき、この第三者は僕たちの口論内容をほとんど知りません。また、口論している内容の最低限の見識もないようです。
この第三者の友人は、仲裁好きというのか(いいことだとは思うのですが)すこし過剰なところがあります。しかも、一方の意見だけを鵜呑みにし一方の意見を聞かない。これは少しおかしいと思います。
ですが、第三者の介入の影響は大きいと思います。(味方についてもらった側は有利な状況になるので)
この辺を含めて少し聞きたいのが、第三者の心理、正当な対応みたいなのを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

第三者は時には必要ですが、その人に平等に判断する物が備わってるか?いないか?

平等な心が備わってない人は止める事はしても、口をだしてはいけません。

殆どの場合どちらかにかたを持つ形になってしまうでしょうね。感情で動いてる場合が多いからです。

「仲裁」って文字通りの意味だと思うのですが(和解)、勝敗・可否・正違等と勘違いしてる様に思います

Q第三者からの立場からみて どちらが悪いですか?

最近、職場の同僚ともめましたので、第三者からの立場からどちらに分が悪いのか?要はどっちが悪いのか?意見をきかせてください。

会社での出来事です。
会社の同僚(同い年)に机の上においていた、私(俺)の携帯電話をいじられてしまいました。
彼は悪ふざけで、携帯の履歴番号へ不特定多数にリダイヤル・ワンコールしたのです。さらにメール一件の書き込み送信。私は携帯を奪い返そうとしたらできたのですが、周りを気にし、いい年した大人が奪い合いになったらみっともないので静観していました。その後彼は悪びれた様子もなく、私の内心は怒り噴火寸前でしたが抑えてました。そこで、それ相応の責任を取ってもらおうと考えたのです。
それは・・・同僚かけた連絡先の人達へその同僚の電話番号を教え、直接彼へ電話してもらうことでした。もちろん、その人たちと、同僚はまったく赤の他人です。
適当に理由つけて、同僚へ電話させて「用事はなにか?」と聞くよう仕向けました。
何人か同僚に電話をかけたのですが留守のようで、同僚の携帯にはもちろん、見ず知らずの着信歴がたまっていくばかりです。
しばらくしたら、その同僚から、私に連絡がありました。着信を見て私が仕向けたことを悟ったようで・・・怒り心頭で「なんで俺の番号勝手に教えたんだ!!!」といつもの生真面目な同僚とは別人のようでした。私は自分もあなたにやられたからだと答えたんですが、彼の怒りは収まらず・・・
翌日、その同僚から私とは縁を切るみたいなことを言ってきました。
私は内心「あなたが度を過ぎた悪ふざけが発端でこのような事態になったのに・・それに、縁を切るとか言うけど、本来それは俺のセリフでは?」と。
まあ、自分はそれ相応の対応したので、これで円満に収まればよいという考えでしたが、彼は納得いかなかったようです。

以上です。
はっきりいってばかばかしいと思われるかも思いませんが、それはそれで・・。
今回の場合、私が起こした彼の責任の償いかたはやりすぎですかね?というのが質問です。
よろしくおねがいします。(くだらないことは承知の覚悟です)

最近、職場の同僚ともめましたので、第三者からの立場からどちらに分が悪いのか?要はどっちが悪いのか?意見をきかせてください。

会社での出来事です。
会社の同僚(同い年)に机の上においていた、私(俺)の携帯電話をいじられてしまいました。
彼は悪ふざけで、携帯の履歴番号へ不特定多数にリダイヤル・ワンコールしたのです。さらにメール一件の書き込み送信。私は携帯を奪い返そうとしたらできたのですが、周りを気にし、いい年した大人が奪い合いになったらみっともないので静観していました。その後彼...続きを読む

Aベストアンサー

本当にビックリするほどくだらないですね。職場でのやりとりとは思えないです。
こんなヒマな職場があるのだろうか・・・。

まあ自覚されているようなので、それはさておき。

両方とも悪いでしょうね。
そもそも他人の携帯を悪ふざけでいじり、勝手に架電、メール送信をするなどという
非常識にもほどがあるその同僚。

でも、それを見ていて制止しないあなたもあなた。
制止すれば、その後の面倒も無く済んだわけですから。
おまけに、電話を受けたあなたにその同僚の電話番号を伝えたなんてのも、なんでわざわざそんな
面倒なことするかな、と言う感じ。
しょうもないやり取りに巻き込まれたあなたの知人が一番迷惑。

結論:勤務時間中にこのようなくだらないやり取りをするような社員を採用した人事部が一番悪い。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報